長谷川博己映画一覧

長谷川博己が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「半世界」のネタバレあらすじ結末

半世界の紹介:2018年日本映画。「どついたるねん」や「亡国のイージス」、最近ではキューバとの合作「エルネスト」を撮るなど国内外で活躍する映画監督・阪本順治。今回は稲垣吾郎を主演に迎え、ずっとあたためてきたオリジナル脚本を映像化した。志摩半島の小さな町を舞台に、人生の折返し点にさしかかった男たちの現実、絶望、そして希望が描かれた本作は、第31回東京国際映画祭コンペティション部門で観客賞を受賞した。「稲垣くんがやったらおもしろいんじゃないか」という監督の狙いどおり、稲垣の演技が自然で、山で生きる男に見事にはまっている。
監督:阪本順治 キャスト:稲垣吾郎(高村絋)、長谷川博己(沖山瑛介)、渋川清彦(岩井光彦)、池脇千鶴(高村初乃)、竹内都子(岩井麻里)、杉田雷麟(高村明)、小野武彦(大谷吉晴)、石橋蓮司(岩井為夫)ほか

「この国の空」のネタバレあらすじ結末

この国の空の紹介:2015年日本映画。戦争末期の日本を舞台に、妻子ある男性との許されざる恋を二階堂ふみの主演で描いた。芥川賞作家である高井有一の谷崎潤一郎賞受賞作を映画化。
監督:荒井晴彦 出演:二階堂ふみ(田口里子)、長谷川博己(市毛孟男)、工藤夕貴(里子の母/蔦江)、富田靖子(里子の伯母/瑞枝)、川瀬陽太、利重剛、上田耕一、石橋蓮司、奥田瑛二、ほか

「舞妓はレディ」のネタバレあらすじ結末

舞妓はレディの紹介:2014年日本映画。訛りのきつい少女が一人前の舞妓になるべく奮闘する姿を描いた作品。歌は吹き替えなしで出演者が生歌を披露している。
監督:周防正行 出演:上白石萌音(西郷春子)、長谷川博己(京野法嗣)、富司純子(小島千春)、田畑智子(百春)、草刈民代(里春)、渡辺えり(豆春)、竹中直人(富さん)、ほか

「散歩する侵略者」のネタバレあらすじ結末

散歩する侵略者の紹介:2017年日本映画。黒沢清監督が、劇団イキウメの舞台を原作に侵略SFに取り組む。とある町で人知れず三体の侵略者が活動を始める。彼らは、人間の体を乗っ取り、別の人間からある概念を奪うことによって人間のもつ様々な概念を学んでいく。全く別人になってある日帰ってきた夫を松田龍平が、彼に困惑しながら夫婦の暮らしを作り直す妻を長澤まさみが、侵略者に独占取材するジャーナリストを長谷川博己がそれぞれ演じる。
監督:黒沢清 出演者:長澤まさみ(加瀬鳴海)、松田龍平(加瀬真治)、高杉真宙(天野)、恒松祐里(立花あきら)、前田敦子(明日美)、満島真之介(丸尾)、長谷川博己(桜井)、ほか

「劇場版 MOZU」のネタバレあらすじ結末

劇場版 MOZUの紹介:2015年日本映画。最愛の妻子を惨い殺され方で奪われた刑事、倉木尚武が家族の死の真相を知るべく最強の敵「ダルマ」に立ち向かう。逢坂剛のベストセラー小説を基にしたテレビドラマの劇場版。
監督:羽住英一郎 出演:西島秀俊(倉木尚武)、香川照之(大杉良太)、真木よう子(明星美希)、伊勢谷友介(高柳隆市)、松坂桃李(権藤剛)、長谷川博己(東和夫)、小日向文世(津城俊輔)、池松壮亮(新谷和彦)、伊藤淳史(鳴宮啓介)、大杉恵(杉咲花)、阿部力(村西悟)、ビートたけし(だるま【吉田こまお】)、マーシュ彩(えれな)

「ラブ&ピース(ラブアンドピース)」のネタバレあらすじ結末

ラブ&ピースの紹介:2015年日本映画。かつてはロックミュージシャンという夢を抱いていたが現在は落ちぶれた会社員の鈴木良一が、1匹の小さなミドリガメ、ピカドンと出会ったことから奇想天外な物語が始まる。
監督:園子温 出演:長谷川博己(鈴木良一)、麻生久美子(寺島裕子)、渋川清彦(稲川さとる)、奥野瑛太(Revolution Qメンバー)、マキタスポーツ(良一の会社の課長)、星野源(PC-300)、西田敏行(謎の老人)、ほか

「ラブ&ピース」のネタバレあらすじ結末

ラブ&ピースの紹介:2015年日本映画。「ラブ&ピース」は園子温監督の「愛」をテーマにした映画作品です。園子監督初の特撮技術を使った大変変わった作品です。うだつが上がらない主人公が屋上で亀を拾ったことにより巻き起こるファンタジックな出来事を描いています。謎の老人役を西田敏行が演じています。いつもクールでかっこよい役が多い長谷川博己がこの上なく惨めな主人公を演じます。
監督:園子温 出演者:長谷川博己(鈴木良一 )、麻生久美子(寺島裕子)、西田敏行(謎の老人)、渋川清彦(マネージャー/稲川さとる)、マキタスポーツ(良一の会社の課長)、ほか

「セーラー服と機関銃 卒業」のネタバレあらすじ結末

セーラー服と機関銃 卒業の紹介:2015年日本映画。「セーラー服と機関銃-卒業-」は1981年に薬師丸ひろ子主演で映画化した「セーラー服と機関銃」のその後を描いた作品。「セーラー服と機関銃」は当時社会現象を巻き起こした大ヒット映画です。ヤクザの組長という過去を持つ女子高生が、その友人達を巻き込む詐欺の黒幕と対峙する様子を描く。
監督:前田弘二 出演者:橋本環奈(星泉)、長谷川博己(月永)、安藤政信(安井)、大野拓郎(祐次)、宇野祥平(晴雄)、武田鉄矢(土井)、ほか

「地獄でなぜ悪い」のネタバレあらすじ結末

地獄でなぜ悪いの紹介:2013年日本映画。武藤組組長・武藤大三は、服役中の妻・しずえの夢であった娘・ミツコを主演にした映画を作る事を決意する。少年時代から自主映画を作り続けてきた青年・平田純と、通りすがりの青年・橋本公次を監督に、スタッフキャストは全員自分の組の子分達・やくざで構成した映画を撮り始める。さらには、対立する池上組まで巻き込んで、殴り込みをそのまま撮影する真の実録ヤクザ映画を撮り続けて行く……。
監督:園子温 出演:國村隼(武藤大三)、堤真一(池上純)、長谷川博己(平田鈍)、星野源(橋本公次)、二階堂ふみ(武藤ミツコ)、ほか

「鈴木先生」のネタバレあらすじ結末

鈴木先生の紹介:2012年日本映画。武富健治の漫画を原作とした映画。原作漫画は2007年に文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞しており、2011年にはテレビ東京でTVドラマ化され、第49回ギャラクシー賞テレビ部門優秀賞(2012年)、日本民間放送連盟賞テレビドラマ番組部門最優秀賞(2011年)などを受賞し、高い評価を受けたので、2013年、劇場版が制作されました。主演の長谷川博己はこの作品が映画初主演作となりました。キャッチコピーは「常識を打ち破れ、世界は変わる」で、ちょっと妄想癖のある鈴木先生が独自の教育理論で、学校で起きる問題を解決していく様子を描いている作品です。
監督:河合勇人 出演:長谷川博己(鈴木先生)、臼田あさ美(鈴木麻美)、土屋太鳳(小川蘇美(2-A))、北村匠海(出水正(2-A))、ほか

「シンゴジラ」のネタバレあらすじ結末

シンゴジラの紹介:2016年日本映画。シンゴジラは日本版ゴジラとしては12年ぶりの映画化作品で、ゴジラシリーズ第29作目。ある日突然東京湾で水蒸気爆発が起きた。すぐに総理の耳にも入り慌ただしく動く日本政府。その原因は海の中に潜む巨大な生物ゴジラだった。目的も正体も分からないその生物ゴジラに翻弄される日本。そんな中内閣官房副長官を務める矢口はその存在に対抗する術を見つける。しかし遠くの国の人間は核を使い街もろとも破壊しようと考えていた。
監督:庵野秀明(総監督) 樋口真嗣(監督・特技監督) 出演:矢口蘭堂(長谷川博己) 赤坂秀樹(竹野内豊) カヨコ・アン・パタースン(石原さとみ) 大河内清次(大杉漣) 東竜太(柄本明) 志村祐介(高良健吾)ほか

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」のネタバレあらすじ結末

進撃の巨人 ATTACK ON TITANの紹介:2015年日本映画。100年の時を経て、再び巨人に喰われた村。家族、大切な人の仇をとるため巨人に復讐を誓うエレンだったが・・・
監督:樋口真嗣 出演:三浦春馬(エレン)、長谷川博己(シキシマ)、水原希子(ミカサ)、本郷奏多(アルミン)、三浦貴大(ジャン)、桜庭ななみ(サシャ)、ほか

「二重生活」のネタバレあらすじ結末

二重生活の紹介:2016年日本映画。大学院で哲学を学ぶ平凡な学生・珠。同棲しているゲームデザイナーの恋人・卓也との日々は、穏やかなものでした。ところがそんな毎日は、担当教授から修士論文の題材に“哲学的尾行”の実践を持ちかけられたことで一変します。それは、無作為に選んだ対象を追ういわば“理由なき尾行”。半信半疑ではじめた、隣人・石坂への尾行でしたが、彼の秘密が明らかになっていくにつれ、珠は異常なほどの胸の高鳴りを感じ、やがてその禁断の行為にのめり込んでいくのでした。まるで観客自ら尾行をしているかのようなリアルなカメラワークが伝える高揚感と胸騒ぎ、そして、その果てに浮かび上がるそれぞれの二重生活の向こう側にある孤独に、気づけば日常と内面までも侵蝕されていきます。これは、ひとりの女性の心の成長物語です。これまでの日本映画にはない、全く新しい心理エンターテイメント映画の誕生です。

「セカンドバージン」のネタバレあらすじ結末

セカンドバージンの紹介:2011年日本映画。17歳年下の男性と道ならぬ恋をした45歳女性の、スキャンダラスな不倫愛を描いた衝撃作。互いを想いあう2人の、悲しくも美しい愛の形に心を揺さぶられる作品となっています。NHKドラマ「セカンドバージン」の映画化作品。
監督:黒崎博 出演者:鈴木京香(中村るい)、長谷川博己(鈴木行)、深田恭子(鈴木万理)、天野義久、田丸麻紀ほか

「進撃の巨人 エンド オブ ザ ワールド」のネタバレあらすじ結末

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールドの紹介:2015年日本映画。巨人が人間を食べるという衝撃的なテーマが話題性を呼びました。諌山創の人気コミック 進撃の巨人を実写映画化した後編。
監督:樋口真嗣 出演者:三浦春馬(エレン)、長谷川博己(シキシマ)、水原希子(ミカサ)、本郷奏多(アルミン)、三浦貴大(ジャン)、桜庭ななみ(サシャ)、松尾諭(サンナギ)、石原さとみ(ハンジ)、ピエール瀧(ソウダ)、國村隼(クバル)ほか

1 2
TOP↑