橋本環奈映画一覧

橋本環奈が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「バイオレンスアクション」のネタバレあらすじ結末

バイオレンスアクションの紹介:2022年日本映画。このマンガがすごい!WEB大賞で一位を獲得した同名漫画を原作に映画化。日商簿記の資格をとりたいという風変わりな凄腕殺し屋のケイが、ヤクザの次世代抗争に巻き込まれていく姿を描いています。
監督:瑠東東一郎 出演:橋本環奈(菊野ケイ)、杉野遥亮(テラノ)、鈴鹿央士(渡辺)、馬場ふみか(店長)、森崎ウィン(金子)、大東駿介(アヤベ)、太田夢莉(だりあ)、猪塚健太(クラ)、箭内夢菜(りっか)、兵動大樹(国津)、くっきー!(大男)、佐藤二朗(三代目組長)、城田優(みちたかくん)、高橋克典(木下)、岡村隆史(ヅラさん)、ほか

「キングダム2 遥かなる大地へ」のネタバレあらすじ結末

キングダム2 遥かなる大地への紹介:2022年日本映画。原泰久原作のコミック「キングダム」の実写映画第2弾。成キョウの反乱における功で下僕の身分を脱した信は、侵攻してきた魏軍を撃つべく蛇甘平原に向かう討伐軍に入ります。秦は兵力不足と総大将ヒョウ公の無茶な突撃命令で苦戦し、信も活躍するものの敗走を余儀なくされます。その際に同じ伍の仲間となった剣の達人羌カイが実は女性で、姉の敵を討つために旅をしていることを知ります。なんとか生き延びた信達でしたが、信の直属の上官である千人将縛虎申から、魏軍副将宮元がいる陣への突撃命令を受けます。不利な戦況を覆すには、宮元がいる丘の占領が不可欠で、信は秦の勝利のために縛虎申と共に突撃します。
監督:佐藤信介 原作:原泰久 出演:山﨑賢人(信)、吉沢亮(エイ政/漂)、橋本環奈(河了貂)、清野菜名(羌カイ)、満島真之介(壁)、岡山天音(尾平)、三浦貴大(尾到)、濱津隆之(澤圭)、真壁刀義(沛浪)、山本千尋(羌象)、豊川悦司(ヒョウ公)、高嶋政宏(昌文君)、要潤(騰)、加藤雅也(肆氏)、高橋努(宮元)、渋川清彦(縛虎申)、平山祐介(蒙武)、玉木宏(昌平君)、小澤征悦(呉慶)、佐藤浩市(呂不韋)、大沢たかお(王騎)、ほか

「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル」のネタバレあらすじ結末

かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナルの紹介:2021年日本映画。赤坂アカの人気漫画を実写映画化し、興行収入20億円を売り上げた『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』(2019年公開)の続編です。主演の平野紫耀(King & Prince)と橋本環奈を始めメインキャスト・スタッフが続投、原作の「体育祭編」と「文化祭編」を基に主役二人の恋愛頭脳戦が展開されます。
監督:河合勇人 出演者:平野紫耀(白銀御行)、橋本環奈(四宮かぐや)、佐野勇斗(石上優)、浅川梨奈(藤原千花)、堀田真由(早坂愛)、影山優佳(伊井野ミコ)、福原遥(子安つばめ)、板橋駿谷(風野)、高橋文哉(荻野コウ)、池間夏海(柏木渚)、ゆうたろう(田沼翼)、髙嶋政宏(白銀の父)、佐藤二朗(田沼正造/ナレーション)ほか

「劇場版 ルパンの娘」のネタバレあらすじ結末

劇場版 ルパンの娘の紹介:2021年日本映画。大胆なアクションと小気味いいコメディが入り混じりヒットしたドラマ版の『ルパンの娘』が劇場版としてさらにパワーアップして登場。豪華な俳優陣に加えてさらに個性的なサブキャラも加わり、新たなストーリーを盛り上げています。
監督:武内英樹 出演:深田恭子(三雲華)、瀬戸康史(桜庭和馬)、橋本環奈(北条美雲)、小沢真珠(三雲悦子)、栗原類(三雲渉)、どんぐり[女優](三雲マツ)、観月ありさ(三雲玲)、岡田義徳(月島俊哉)、太田莉菜(ナターシャ)、藤岡弘、(桜庭和一)、市村正親(円城寺豪)、大貫勇輔(円城寺輝)、小畑乃々(三雲杏)、マルシア(桜庭美佐子)、信太昌之(桜庭典和)、我修院達也(山本猿彦)、麿赤兒(三雲巌)、渡部篤郎(三雲尊)、ほか

「小説の神様 君としか描けない物語」のネタバレあらすじ結末

小説の神様 君としか描けない物語の紹介:2020年日本映画。現役高校生の小説家・一也はデビュー作でヒットを出したものの、その後低迷し、大きな壁にぶち当たっています。そんな時、人気若手作家の小余綾詩凪が編入してきます。水と油のような関係の二人に、出版社の河埜が二人で小説の共作をやってくれと言ってきます。やがて共作を始めた二人でしたが…という相沢沙呼の人気小説『小説の神様』を佐藤大樹と橋本環奈共演による実写映画化です。
監督:久保茂昭 出演者:佐藤大樹(千谷一也)、橋本環奈(小余綾詩凪)、佐藤流司(九ノ里正樹)、杏花(成瀬秋乃)、莉子(千谷雛子)、坂口涼太郎(野中)、山本未來(河埜)、片岡愛之助(千谷昌也)、和久井映見(千谷優理子)ほか

「弱虫ペダル(実写版)」のネタバレあらすじ結末

弱虫ペダルの紹介:2020年日本映画。運動の苦手な主人公がとあるきっかけで高校の自転車競技部に入部するはめになってしまいます。そこで本人すら知らなかった才能に目覚めていく、累計2500万部突破した原作コミックの実写版で気持ちの良い青春映画でもあります。
監督:三木康一郎 原作:渡辺航 出演:永瀬廉(小野田坂道)、伊藤健太郎(今泉俊輔)、橋本環奈(寒咲幹)、坂東龍汰(鳴子章吉)、柳俊太郎(巻島裕介)、菅原健(田所迅)、井上瑞稀(杉元照文)、竜星涼(金城真護)、皆川猿時(寒咲幸司)、ほか

「今日から俺は!!劇場版」のネタバレあらすじ結末

今日から俺は!!劇場版の紹介:2020年日本映画。1990年代にアニメ化やVシネマ化され、2018年にテレビドラマがリバイバルヒットした西森博之原作の漫画『今日から俺は!!』の劇場版作品です。本作は原作の「北根壊高校編」を映像化し、テレビドラマ版のキャスト・スタッフが再集結しています。本作はコロナ禍にあって興行収入53億円を超え、2020年度の日本国内公開作品で『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(興行収入374億円)に次ぐヒット作となりました。
監督:福田雄一 出演者:賀来賢人(三橋貴志)、伊藤健太郎(伊藤真司)、清野菜名(赤坂理子)、橋本環奈(早川京子)、仲野太賀(今井勝俊)、矢本悠馬(谷川安夫)、若月佑美(川崎明美)、柾木玲弥(佐川直也)、鈴木伸之(片桐智司)、磯村勇斗(相良猛)、じろう(坂本先生)、長谷川忍(反町先生)、猪塚健太(水谷先生)、愛原実花(山口先生)、ムロツヨシ(椋木先生)、瀬奈じゅん(三橋愛美)、佐藤二朗(赤坂哲夫)、吉田鋼太郎(三橋一郎)、泉澤祐希(森川悟)、山本舞香(森川涼子)、柳楽優弥(柳鋭次)、栄信(大嶽重弘)ほか

「新解釈・三國志」のネタバレあらすじ結末

新解釈・三國志の紹介:2020年日本映画。『銀魂』『勇者ヨシヒコ』『今日から俺は!!』などの福田雄一が、幾度となく映像化されてきた歴史書『三國志』を自らの解釈を加え、自ら監督と脚本を務めて映画化した完全オリジナルの痛快エンタテインメント作品です。主演に今回が初タッグとなる大泉洋を迎え、脇を福田作品の常連で固めました。主題歌は福山雅治が手掛けています。
監督:福田雄一 出演者:大泉洋(劉備)、賀来賢人(周瑜)、橋本環奈(黄夫人)、山本美月(小喬)、岡田健史(孫権)、橋本さとし(関羽)、高橋努(張飛)、岩田剛典(趙雲)、渡辺直美(貂蝉)、磯村勇斗(荀彧)、矢本悠馬(黄蓋)、阿部進之介(夏侯惇)、半海一晃(魯粛)、ムロツヨシ(孔明)、山田孝之(黄巾)、城田優(呂布)、佐藤二朗(董卓)、小栗旬(曹操)、西田敏行(蘇我宗光/ナレーション)ほか

「かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦」のネタバレあらすじ結末

かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~の紹介:2019年日本映画。アニメ化もされた赤坂アカの同名人気ラブコメ漫画『かぐや様は告らせたい』を「King & Prince」の平野紫耀と橋本環奈の共演で実写映画化した作品。舞台はセレブの集まる学園で、生徒会長をする白銀と、副会長のかぐやが、お互い魅かれながらも、高いプライドが邪魔をして相手に告白させようと頭脳戦で戦うという内容です。
監督:河合勇人 出演者:平野紫耀(白銀御行)、橋本環奈(四宮かぐや)、佐野勇斗(石上優)、池間夏海(柏木渚)、浅川梨奈(藤原千花)、ゆうたろう(翼)、堀田真由(早坂愛)、高嶋政宏(白銀の父)、佐藤二朗(田沼正造/ナレーション)ほか

「シグナル100」のネタバレあらすじ結末

シグナル100の紹介:2019年日本映画。宮月新と近藤しぐれによる同名人気漫画を実写映画化した、主人公の女子高生と同級生たちによる命をかけたデスゲームを描いたスリラー作品です。主人公は4年ぶりの映画単独主演となる橋本環奈が演じ、『仮面ライダーエグゼイド』で共演した瀬戸利樹と甲斐翔真が約2年ぶりに共演しています。R15+指定作品です。
監督:竹葉リサ 出演者:橋本環奈(樫村怜奈)、小関裕太(榊蒼汰)、瀬戸利樹(和田隼)、甲斐翔真(西園寺聖也)、中尾暢樹(藤春昴)、福山翔大(桐野玄)、中田圭祐(羽柴健太)、山田愛奈(園田樹里)、若月佑美(小泉はるか)、前原滉(関克美)、栗原類(山本英司)、恒松祐里(箕輪紀子)、中村獅童(下部)ほか

「午前0時、キスしに来てよ」のネタバレあらすじ結末

午前0時、キスしに来てよの紹介:2019年日本映画。みきもと凜の同名少女漫画を片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)と橋本環奈のダブル主演で映画化した青春ドラマです。平凡な女子高生と国民的スーパースターとのまさかの出逢いと身分違いの恋を描いていきます。
監督:新城毅彦 出演者:片寄涼太(綾瀬楓)、橋本環奈(花澤日奈々)、眞栄田郷敦(浜辺彰)、八木アリサ(内田柊)、岡崎紗絵(磯山光)、鈴木勝大(中条充希)、酒井若菜(花澤陽子)、遠藤憲一(高橋茂雄)、野田理人(森川あやみ)、宇佐卓真(有村勇太)、内藤秀一郎(桐谷ナオト)ほか

「キングダム」のネタバレあらすじ結末

キングダムの紹介:2019年日本映画。紀元前の中国を舞台に、天下の大将軍を夢見る少年と若き王が、困難に立ち向かいながら中華統一を目指す壮大な物語。原泰久原作の漫画は単行本54巻(映画公開日現在)にもおよぶ超人気シリーズで「実写化は不可能」といわれていた。今回原作者が脚本に全面協力、アクションを得意とする佐藤信介監督がメガホンをとり、ファンを納得させる映画が完成した。驚くべきは俳優陣の再現度の高さだ。主演の山﨑賢人はもちろん、肉体改造した大沢たかおや二役に挑んだ吉沢亮など、見ないと損するレベルの作品に仕上がっている。
監督:佐藤信介 キャスト: 山﨑賢人(信)、吉沢亮(漂/嬴政:二役)、長澤まさみ(楊端和)、橋本環奈(河了貂=てん)、本郷奏多(成蟜)、石橋蓮司(竭氏)、加藤雅也(肆氏)、宇梶剛士(魏興)、高島政宏(昌文君)、満島真之介(壁)、要潤(騰)、大沢たかお(王騎)、ほか

「十二人の死にたい子どもたち」のネタバレあらすじ結末

十二人の死にたい子どもたちの紹介:2018年日本映画。集団安楽死を望んで廃病院に集まった少年少女12人が死体を見つける。死体は何者なのか、自殺?他殺?殺人犯がこの12人の中にいるのか。疑心暗鬼に陥りながら、12人の死にたい理由が明かされていく。直木賞の候補になったことでも知られる「十二人の死にたい子どもたち」は、様々なジャンルの作品を生み出すことで知られる作家 冲方丁初のサスペンス。その傑作小説を「SPEC」シリーズや「人魚の眠る家」の記憶も新しい堤幸彦監督がメガホンをとり、当代きっての若手俳優たちによる息つく暇もない密室劇に仕立て上げた。ここ数年の活躍もめざましいイケメン俳優たち、美少女の面影残る女優たちの濃密な演技バトルが繰り広げられ、特に5台のカメラによる40分の長回しシーンは圧巻。
監督:堤幸彦 原作:冲方丁 キャスト:高杉真宙(サトシ – 1番)、渕野右登(ケンイチ – 2番)、古川琴音(ミツエ – 3番)、橋本環奈(リョウコ – 4番)、新田真剣佑(シンジロウ – 5番)、黒島結菜(メイコ – 6番)、杉咲花(アンリ – 7番)、萩原利久(タカヒロ – 8番)、北村匠海(ノブオ – 9番)、坂東龍汰(セイゴ – 10番)、吉川愛(マイ – 11番)、竹内愛紗(ユキ – 12番)、とまん(ユウキ – 0番)、ほか

「銀魂2 掟は破るためにこそある」のネタバレあらすじ結末

銀魂2 掟は破るためにこそある の紹介:2018年日本映画。空知英秋による人気コミック「銀魂」を福田雄一監督が映画化したヒット作の第2弾。原作の「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を融合させたストーリーが展開される。家賃も払えないほど追い詰められた万次屋の3人はアルバイトする事になるが、国をも揺るがすような大事態へと発展していく。主役の銀時を前作に引き続き小栗旬が演じる。
監督:福田雄一 出演:小栗旬(坂田銀時)、菅田将暉(志村新八)、橋本環奈(神楽)、柳楽優弥(土方十四郎)、三浦春馬(伊東鴨太郎)、窪田正孝(河上万斉)、吉沢亮(沖田総悟)、勝地涼(徳川茂茂)、夏菜(猿飛あやめ)、長澤まさみ(志村妙)、岡田将生(桂小太郎)、ムロツヨシ(平賀源外)、キムラ緑子(お登勢)、佐藤二朗(キャバクラ店長)、堤真一(松平片栗虎)、中村勘九郎(近藤勲)、堂本剛(高杉晋助)、ほか

「ハルチカ」のネタバレあらすじ結末

ハルチカの紹介:2016年日本映画。初野晴の小説をSexy Zoneの佐藤勝利と橋本環奈のダブル主演で映画化した青春ドラマです。それぞれ様々な事情を抱えながらもコンクール目指す吹奏楽部の奮闘を、主人公二人の淡い恋と共に描き上げます。
監督:市井昌秀 出演者:佐藤勝利(上条春太(ハル))、橋本環奈(穂村千夏(チカ))、小出恵介(草壁信二郎)、恒松祐里(芹澤直子)、清水尋也(檜山界雄)、前田航基(片桐誠治)、平岡拓真(宮本恭二)、上白石萌歌(米沢妙子)、二階堂姫瑠(野口わかば)、志賀廣太郎(岩井俊雄)ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑