東出昌大映画一覧

東出昌大が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「峠 最後のサムライ」のネタバレあらすじ結末

峠 最後のサムライの紹介:2019年日本映画。慶応3年(1867年)、大政奉還。260年余りに及んだ徳川幕府は終焉を迎え、諸藩は旧幕府軍の東軍と、明治新政府軍の西軍に二分していた。慶応4年、鳥羽伏見の戦いを皮切りに戊辰戦争が勃発。越後の小藩、長岡藩の長老・河井継之助は東軍西軍いずれにも属さず、近代兵器を備えてスイスのような武装中立を目指した。しかし、平和への願いもむなしく談判は決裂。継之助は徳川譜代の大名として義を貫き、西軍と戦う決断を下した。原作は累計発行部数398万部超の大ベストセラーとして今なお読まれ続けている司馬遼太郎の名著『峠』。動乱の幕末に生きた最後のサムライ、河井継之助の最後の1年を描いた歴史超大作。
監督:小泉堯史 出演:役所広司(河井継之助)、松たか子(おすが)、香川京子(お貞)、田中泯(河井代右衛門)、永山絢斗(松蔵)、芳根京子(むつ)、坂東龍汰(小山正太郎)、榎木孝明(川島億次郎)、渡辺大(花輪求馬)、AKIRA(山本帯刀)、東出昌大(徳川慶喜)、佐々木蔵之介(小山良運)、井川比佐志(月泉和尚)、山本學(老人)、吉岡秀隆(岩村精一郎)、仲代達矢(牧野雪堂)ほか

「コンフィデンスマンJP 英雄編」のネタバレあらすじ結末

コンフィデンスマンJP 英雄編の紹介:2021年日本映画。ドラマシリーズが人気となり映画化されたコンフィデンスマンJPシリーズの第三弾。お馴染みのダー子、ボクちゃん、リチャードがマルタ島を舞台に、欲にまみれた詐欺師同士の戦いに参戦していく様を描いています。
監督:田中亮 出演:長澤まさみ(ダー子)、東出昌大(ボクちゃん)、小手伸也(五十嵐)、小日向文世(リチャード)、松重豊(丹波)、瀬戸康史(マルセル真梨邑)、城田優(ジェラール・ゴンザレス)、生田絵梨花(畠山麗奈)、広末涼子(韮山波子)、織田梨沙(モナコ)、関水渚(コックリ)、赤ペン瀧川(ちょび髭)、石黒賢(城ヶ崎善三)、梶原善(奪われた男)、徳永えり(海上自衛官)、高嶋政宏(政府官僚)、生瀬勝久(ホウ・ナムシェン)、真木よう子(謎の女)、角野卓造(三代目ツチノコ)、江口洋介(赤星栄介)、ほか

「ボクたちはみんな大人になれなかった」のネタバレあらすじ結末

ボクたちはみんな大人になれなかったの紹介:2021年日本映画。原作は“燃え殻”によるWeb小説。note運営のコンテンツ配信サイト・cakesに連載されたこの小説は、その後2017年に書籍化され、あいみょんや糸井重里・兼近大樹(EXIT)などに絶賛された。テレビ業界の片隅で働くボクの半自伝的恋愛小説であり、現代から1990年代に巻き戻っていく形で映画は展開していく。ボク・佐藤誠を演じるのは、ダンサーとしても活躍する森山未來。彼の忘れられない恋人・かおりを、体当たりの演技が評価されている伊藤沙莉が演じている。
監督:森義仁 脚本:高田亮 キャスト:森山未來(佐藤誠)、伊藤沙莉(加藤かおり)、萩原聖人(三好英明)、大島優子(石田恵)、東出昌大(関口賢太)、SUMIRE(スー)、篠原篤(七瀬俊彦)、平岳大(左内慶一郎)、片山萌美(いわい彩花)、高嶋政伸(恩田隆行)、ラサール石井(大黒光夫)ほか

「草の響き」のネタバレあらすじ結末

草の響きの紹介:2021年日本映画。東出昌大3年ぶりの主演作である『草の響き』。心を病んで故郷に戻った男が、治療のため函館の街を淡々と走り続ける。そこで知り合った若者との交流、友人や妻との関係…。この映画は彼らの日常をゆったりと追い続ける。原作は「そこのみにて光輝く」「きみの鳥はうたえる」などの映画化作品で知られる佐藤泰志の小説で、映画館・函館シネマアイリスの25周年記念作品となっている。監督の斎藤久志は原作にはなかった妻を登場させ、夫婦の崩壊と再スタートという映画オリジナルの要素を追加したと語る。
監督: 斎藤久志 キャスト:東出昌大(工藤和雄)、奈緒(工藤純子)、大東駿介(佐久間研二)、Kaya(小泉彰)、林裕太(高田弘斗)、三根有葵(高田恵美)、室井滋(宇野正子)ほか

「BLUE/ブルー」のネタバレあらすじ結末

BLUE/ブルーの紹介:2020年日本映画。『ヒメアノ〜ル』『愛しのアイリーン』などの吉田恵輔監督が、自ら30年以上続けているボクシングを題材に執筆したオリジナル脚本を映画化したヒューマンドラマです。誰よりもボクシングに情熱を傾けながらも負け続きのボクサー、将来有望のボクサー、主人公の幼馴染の女性などが織りなす人間模様が描かれていきます。タイトルのブルーとは挑戦者が立つ青コーナーを意味しています。
監督・脚本・殺陣指導:吉田恵輔 出演者:松山ケンイチ(瓜田信人)、木村文乃(天野千佳)、柄本時生(楢崎剛)、東出昌大(小川一樹)、守谷周徒(洞口正司)、吉永アユリ(佐藤多恵)ほか

「おらおらでひとりいぐも」のネタバレあらすじ結末

おらおらでひとりいぐもの紹介:2020年日本映画。第158回芥川賞と第54回文藝賞を受賞した若竹千佐子の同名小説を『横道世之介』『モリのいる場所』の沖田修一監督が映画化したヒューマンドラマです。夫に先立たれ、娘との疎遠になった一人暮らしの老女は心の中でかつての自分や様々な人々と故郷の東北弁を交えての会話を楽しむようになっていきます…。
監督:沖田修一 出演者:田中裕子(桃子)、蒼井優(桃子(青年期))、東出昌大(周造)、濱田岳(寂しさ1)、青木崇高(寂しさ2)、宮藤官九郎(寂しさ3)、田畑智子(桃子の娘)、黒田大輔(警官)、山中崇(医師)、岡山天音(車メーカーの営業)、三浦透子(桃子の同僚)、六角精児(桃子の心の声「どうせ」)、大方斐紗子(桃子の祖母)、鷲尾真知子(図書館の司書)ほか

「スパイの妻<劇場版>」のネタバレあらすじ結末

スパイの妻<劇場版>の紹介:2020年日本映画。太平洋戦争前夜、貿易会社を経営する優作は満州で恐ろしい国家機密を知った。優作と妻の聡子は狂気に満ちていく時代の中で愛ゆえに次々と重大な決断を迫られる。8Kカメラで撮影されNHK・BS8Kで放送されたサスペンス・ドラマの劇場版。第77回ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)受賞。脚本作りには黒沢清監督が教授を務める東京藝術大学大学院の学生だった二人――『寝ても覚めても』を監督した濱口竜介と、濱口が監督した『ハッピーアワー』等の脚本を担当した野原位――に黒沢監督自身が加わる。
監督:黒沢清 出演者:蒼井優(福原聡子)、高橋一生(福原優作)、坂東龍汰(竹下文雄)、恒松祐里(駒子)、みのすけ(金村)、玄理(草壁弘子)、東出昌大(津森泰治)、笹野高史(野崎医師)、ほか

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」のネタバレあらすじ結末

コンフィデンスマンJP プリンセス編の紹介:2020年日本映画。2018年にテレビドラマで人気を得た「コンフィデンスマンJP」の劇場版シリーズ第2弾。信用詐欺師のダー子、ボクちゃん、リチャード達いつものメンバーが大富豪達の遺産争いに乱入し、10兆円とされる莫大な遺産を手にしようと悪戦苦闘する話です。
監督:田中亮 出演:長澤まさみ(ダー子)、東出昌大(ボクちゃん)、小手伸也(五十嵐)、小日向文世(リチャード)、織田梨沙(モナコ)、関水渚(コックリ)、瀧川英次(ちょび髭)、前田敦子(鈴木さん)、ビビアン・スー(ブリジット)、白濱亜嵐(アンドリュー)、古川雄大(クリストファー)、滝藤賢一(ホテルの支配人)、濱田岳(ユージーン)、濱田マリ(ヤマンバ)、デヴィ・スカルノ(元某国大統領夫人)、石黒賢(城ケ崎善三)、生瀬勝久(ホウ・ナムシェン)、柴田恭兵(トニー)、北大路欣也(レイモンド・フウ)、竹内結子(スタア)、三浦春馬(ジェシー)、広末涼子(波子)、江口洋介(赤星栄介)、ほか

「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」のネタバレあらすじ結末

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実の紹介:2020年日本映画。1969年5月13日、政治の季節のただなか、東京大学駒場キャンパス900番教室で行われた三島由紀夫と東大全共闘の討論会の映像をTBSが保管していた。1000人を超える学生たちを前に政治的立場が正反対と思われる三島と全共闘の若者たちが熱く言葉を戦わせる。貴重な映像と共に、元東大全共闘、元盾の会会員、三島に同行した新潮社のカメラマン、元TBS記者、文学者、研究者、三島の友人といった人々があの日の討論と三島、そして全共闘運動について語る。監督は討論の20年後に駒場キャンパスで学生生活を送った豊島圭介。三島原作の舞台「豊穣の海」で主演し、三島文学を愛する東出昌大がナビゲーターを務める。
監督:豊島圭介 出演者:椎根和、平野啓一郎、内田樹、小熊英二、瀬戸内寂聴、ほか

「コンフィデンスマンJP ロマンス編」のネタバレあらすじ結末

コンフィデンスマンJP ロマンス編の紹介:2019年日本映画。2018年にテレビドラマとして放送されて人気を博した「コンフィデンスマンJP」が劇場版として帰ってきました。信用詐欺師のダー子達が再び大物から大金をせしめるために暴れまわります。隅々まで伏線が張り巡らされていて予想不可能な展開が面白い作品です。
監督:田中亮 出演:長澤まさみ(ダー子)、東出昌大(ボクちゃん)、小手伸也(五十嵐)、小日向文世(リチャード)、竹内結子(ラン・リウ)、三浦春馬(ジェシー)、江口洋介(赤星栄介)、織田梨沙(モナコ)、瀧川英次(ちょび髭)、マイケル・キダ(バトラー)、ほか

「ビブリア古書堂の事件手帖」のネタバレあらすじ結末

ビブリア古書堂の事件手帖の紹介:2018年日本映画。過去にテレビドラマ化されたこともある三上延の同名ライトノベルを映画化したミステリー作品です。鎌倉の片隅にある古書店「ビブリア古書堂」を舞台に、若き女性店主と本の読めないアルバイトの店員が協力しあい、書籍に関わる様々なミステリーに挑みます。主題歌はサザンオールスターズが担当しています。
監督:三島有紀子 出演者:黒木華(篠川栞子)、野村周平(五浦大輔)、成田凌(稲垣)、夏帆(五浦絹子(過去))、東出昌大(田中嘉雄)ほか

「0.5ミリ」のネタバレあらすじ結末

0.5ミリの紹介:2013年日本映画。監督安藤桃子が自身の介護経験をもとに執筆した小説を題材にメガホンを取った作品。ある事件から職と金を失った介護ヘルパーと孤独な老人達の奇妙な交流を描いたヒューマンドラマ。主演の訳ありヘルパーを演じるのは安藤桃子の実妹で実力派女優の安藤サクラ。津川雅彦や柄本明、草笛光子らベテラン俳優が脇を固めています。
監督:安藤桃子 出演者:安藤サクラ(山岸サワ)、織本順吉(片岡昭三)、木内みどり(片岡雪子)、土屋希望(片岡マコト)、井上竜夫(康夫)、東出昌大(カラオケ店員)、ベンガル(斉藤末男)、ほか

「寝ても覚めても」のネタバレあらすじ結末

寝ても覚めてもの紹介:2018年日本映画。麦(バク)は予測不能の自由人。3年後に出会った亮平は優しい、気遣いの人。朝子が愛した二人の男は全く違う人なのに同じ顔だった。朝子のリアクションがスリリングなラブストーリー。『ハッピーアワー』が数々の映画賞に輝いた濱口竜介監督が柴崎友香の小説を映画化。第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された。
監督:濱口竜介 出演者:東出昌大(丸子亮平/鳥居麦)、唐田えりか(泉谷朝子)、瀬戸康史(串橋耕介)、山下リオ(鈴木マヤ)、伊藤沙莉(島春代)、渡辺大知(岡崎伸行)、仲本工事(平川)、田中美佐子(岡崎栄子)その他

「クローズEXPLODE」のネタバレあらすじ結末

クローズEXPLODEの紹介:2013年日本映画。高橋ヒロシの人気漫画『クローズ』を原作としたシリーズ第3弾の学園バトル・アクション映画です。キャッチコピーは「凶乱怒濤。」で、前2作からキャストを一新し、主演は東出昌大、共演には早乙女太一、勝地涼、矢本悠馬、永山絢斗、やべきょうすけ、高岡早紀、広瀬すず、板尾創路らです。
監督:豊田利晃 出演:東出昌大(鏑木旋風雄)、早乙女太一(加賀美遼平)、勝地涼(小岐須健一)、KENZO(高木哲次)、矢本悠馬(岩田五郎)、奥野瑛太(桃山春樹)、遠藤雄弥(寺島総司)、柿澤勇人(本多保)、やべきょうすけ(片桐拳)、板尾創路(奈良岡精三)、ELLY(山下甲兵)、岩田剛典(柴田浩樹)、永山絢斗(藤原一)、柳楽優弥(強羅徹)、ほか

「OVER DRIVE」のネタバレあらすじ結末

OVER DRIVE(オーバードライブ)の紹介:2018年日本映画。世界最高峰のラリー選手権『WRC』への出場を目指す天才肌ながらも素行の悪いドライバーと、その兄で堅実なメカニックとの絆と確執を描くカースポーツムービーです。実際のラリードライバーやチーム、メカニックの全面協力のもと、見ごたえたっぷりの大迫力のレースシーンをあますとこなく再現しています。
監督:羽住英一郎 出演者:東出昌大(檜山篤洋)、新田真剣佑(檜山直純)、森川葵(遠藤ひかる)、北村匠海(新海彰)、町田啓太(増田順平)、要潤(香川久俊)、吉田鋼太郎(都築一星)、ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑