ヒラリー・スワンク映画一覧

ヒラリー・スワンクが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ディア・ファミリー あなたを忘れない」のネタバレあらすじ結末

ディア・ファミリー ~あなたを忘れない~の紹介:2018年アメリカ映画。認知症の症状が進んだ母を巡り、自身で面倒を見続けた父、家族の負担から施設に入れることを強く願う息子、その間で葛藤する娘、それぞれの苦悩と決断を描いたヒューマンストーリー。
監督:エリザベス・チョムコ 出演:ヒラリー・スワンク(ビティ)、マイケル・シャノン(ニッキー)、ブライス・ダナー(ルース)、ロバート・フォスター(ノルベルト)、タイッサ・ファーミガ(エマ)、ジョシュ・ルーカス(エディ)、ほか

「ザ・ハント」のネタバレあらすじ結末

ザ・ハントの紹介:2020年アメリカ映画。2016年、保守政党である共和党のドナルド・トランプが大統領選挙に勝利後、ますます激しくなった保守派とそれに反対するリベラル派の対決。リベラル派の不満はネットやデモなどで表明されます。しかしこの映画のリベラル派集団は、保守的な思想を持つ一般市民や、ネットで意見を表明する市民を誘拐して殺戮ゲームの対象にします。『ザ・ハント』は、アメリカの保守とリベラルの対立を描いたストーリーですが、民主主義的な意見の討論ではなく暴力により反対派を殺戮する恐ろしさを描いた映画です。
監督:クレイグ・ゾベル 出演:ベティ・ギルピン(クリスタル・クリーシー)、ヒラリー・スワンク(アシーナ・ストーン)、エマ・ロバーツ(金髪の女性)、アイク・バリンホルツ、ウェイン・デュヴァル、イーサン・サプリー、ほか

「フリーダム・ライターズ」のネタバレあらすじ結末

フリーダム・ライターズの紹介:2007年アメリカ映画。新米国語教師のエリン・グルーウェルは学級崩壊したある底辺クラスを受け持つことになる。はじめは聞く耳を持たず喧嘩に明け暮れる少年少女たちだったが、次第に心開き始める…。
監督:リチャード・ラグラヴェネーズ 出演:ヒラリー・スワンク(エリン・グルーウェル)、パトリック・デンプシー(スコット)、スコット・グレン(スティーブ)、イメルダ・スタウントン(マーガレット・キャンベル教科主任)、マリオ(アンドレ)、エイプリル・リー・エルナンデス(エバ)、ジェイソン・フィン(マーカス)、ハンター・パリッシュ(ベン)、ほか

「アメリア 永遠の翼」のネタバレあらすじ結末

アメリア 永遠の翼の紹介:2009年アメリカ,カナダ映画。長距離の飛行が危険であった時代に活躍した女性飛行士アメリア・イアハートの自由と冒険を求めた人生。アメリア役はアカデミー賞主演女優賞を2度受賞のヒラリー・スワンク。理解者であった夫をリチャード・ギアが演じる。監督は『サラーム・ボンベイ!』や『モンスーン・ウェディング』で知られるインド出身の女性監督ミーラー・ナーイル。
監督:ミーラー・ナーイル 出演者:ヒラリー・スワンク(アメリア・イアハート)、リチャード・ギア(ジョージ・パットナム)、ユアン・マクレガー(ジーン・ヴィダル)、クリストファー・エクルストン(フレッド・ヌーナン)、ミア・ワシコウスカ(エリノア・スミス)

「リーピング」のネタバレあらすじ結末

リーピングの紹介:2007年アメリカ映画。海外ドラマ「マンハッタンに恋をして~キャリーの日記~」で、「セックス・アンド・ザ・シティ」の主人公キャリーの若い頃を演じたアナソフィア・ロブが、ミステリアスな美少女を演じるオカルト・ホラー。主演はアカデミー賞女優のヒラリー・スワンク。信仰心厚い素朴な人々が暮らす田舎町ヘイブン。そこで旧約聖書に記された「十の災い」と酷似した異常現象が連続して起こる。過去に夫と娘を亡くしたことから、神への信仰を失った大学教授のキャサリンは、科学的原因を証明するためにヘイブンの調査を引き受ける。そこで彼女を待っていたものとは…?
監督:スティーヴン・ホプキンス 出演者:ヒラリー・スワンク(キャサリン)、アナソフィア・ロブ(ローレン)、スティーヴン・レイ(コスティガン神父)、デヴィッド・モリシ―(ダグ)、イドリス・エルバ(ベン)、アンドレア・フランクル(ローレンの母)、ウィリアム・ラグズデール(保安官)ほか

「ローガン・ラッキー」のネタバレあらすじ結末

ローガン・ラッキーの紹介:2017年アメリカ映画。仕事を失い、離婚、最愛の娘とも別れる駄目男、戦争の英雄ながら、馬鹿にされるバーテンダーの弟と大犯罪を計画します。元妻を見返してやりたい、娘にも会いたい男は、犯罪チームを結成、FBIと対決します。ローガン・ラッキーは大スター、実力派のキャストで固めた、批評家から絶賛された犯罪コメディ映画です。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:チャニング・テイタム(ジミー・ローガン)、アダム・ドライヴァー(クライド・ローガン)、ライリー・キーオ(メリー・ローガン )、ヒラリー・スワンク(サラ・グレイソン)、ダニエル・クレイグ(ジョー・バング)、ほか

「インソムニア」のネタバレあらすじ結末

インソムニアの紹介:2002年アメリカ映画。事件の応援で白夜のアラスカを訪れたロス市警のベテラン刑事が捜査中に誤って相棒を射殺したことから不眠症に陥り、事件の犯人からも追い詰められていくサスペンス。
監督:クリストファー・ノーラン 出演:アル・パチーノ(ウィル・ドーマー)、ロビン・ウィリアムズ(ウォルター・フィンチ)、ヒラリー・スワンク(エリー・バー)、モーラ・ティアニー(レイチェル・クレメント)、マーティン・ドノヴァン(ハップ・エクハート)、ほか

「サヨナラの代わりに」のネタバレあらすじ結末

サヨナラの代わりにの紹介:2014年アメリカ映画。愛情深い弁護士の夫と、裕福な生活。そんな誰もが羨む幸せな人生を歩んでいる女性ケイト。しかし、彼女の体はALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵されていました。車椅子の生活になり、新しい介護人の面接にやって来たのは大学生のベック。介護の経験がほとんどないうえに遅刻ばかりする彼女に、ケイトは不思議と親近感を覚えます。そしてある事件をきっかけに、彼らの間に介護人と患者を越えた友情が芽生えますが…。「ボーイズ・ドント・クライ」や「ミリオンダラー・ベイビー」のアカデミー賞女優ヒラリー・スワンクが製作・主演を務めた、2人の女性の心の交流を描いたヒューマン・ドラマ。
監督:ジョージ・C・ウルフ 出演者:ヒラリー・スワンク(ケイト)、エミー・ロッサム(ベック)、ジョシュ・デュアメル(エヴァン)、ロレッタ・デヴァイン(マリリン)、マーシャ・ゲイ・ハーデン(エリザベス)、アリ・ターナー(キーリー)、ジェイソン・リッター(ウィル)、フランシス・フィッシャー(グウェン)、ほか

「ブラック・ダリア」のネタバレあらすじ結末

ブラック・ダリアの紹介:2006年アメリカ映画。1947年に実際に起こった未解決殺人事件「ブラック・ダリア事件」を元に作られたミステリー作品。元ボクサーの刑事バッキーと、その仕事のパートナーであるリーは、残虐に殺された女優志望の女性エリザベスの事件を調べ始めます。
監督:ブライアン・デ・パルマ 出演:ジョシュ・ハートネット(バッキー・ブライカート)、アーロン・エッカート(リー・ブランチャード)、スカーレット・ヨハンソン(ケイ・レイク)、ヒラリー・スワンク(マデリン・リンスコット)、ミア・カーシュナー(エリザベス・ショート)、フィオナ・ショウ(ラモーナ・リンスコット)、ジョン・カヴァノー(エメリット・リンスコット)、ビル・フィンレイ(ジョージ・チルデン)、リチャード・ブレイク(ボビー・デウィット)、ほか

「ギフト」のネタバレあらすじ結末

ギフトの紹介:2000年アメリカ映画。人の運命を見抜くという超感覚(ギフト)を持った女性が、その能力を使って街で起きた失踪事件を解明していくサスペンス・スリラー映画。昔、アメリカと日本で流行したテレビドラマシリーズ「ツインピークス」にテイストが似ています。
監督: サム・ライミ 出演者: ケイト・ブランシェット(アニー・ウィルソン)、ジョバンニ・リビシ(バディー・コール)、キアヌ・リーブス(ドニー・バークスデール)、ケイティ・ホームズ(ジェシカ・キング)、グレッグ・キニア(ウェイン・コリンズ)ほか

「ベスト・キッド4」のネタバレあらすじ結末

ベスト・キッド4の紹介:1994年アメリカ映画。この作品は『ベスト・キッド』シリーズの第4作目でシリーズ最後の作品です。主人公は、心を閉ざした女子高生ジュリー・ピアースを日系人空手家ミヤギが空手を通して、彼女の心を開いていく青春アクション映画です。監督は『ヤングガン』(1988年)を手がけたクリストファー・ケイン、音楽は第49回アカデミー賞作品賞ならびに第34回ゴールデングローブ賞ドラマ作品賞を受賞した『ロッキー』(1976年)を手がけたビル・コンティです。
監督:クリストファー・ケイン 出演:ノリユキ・パット・モリタ(ミヤギ)、ヒラリー・スワンク(ジュリー・ピアース)、クリス・コンラッド(エリック)、マイケル・アイアンサイド(ドゥーガン)、マイケル・カヴァリエリ(ネッド)、ほか

「P.S. アイラヴユー」のネタバレあらすじ結末

P.S. アイラヴユーの紹介:2007年アメリカ映画。ホリーは最愛の人と幸せな結婚生活を送っていました。そんな矢先に愛する旦那が脳腫瘍でこの世を去ってしまいました。立ち直れずにいるホリーのもとに1通の手紙が届きました。なんとその手紙は亡くなった旦那からだったのです。その日から消印がついていない手紙が毎月1日に届くようになり、ホリーは少しずつ元気を取り戻していき…。
監督: リチャード・ラグラヴェネーズ 出演者:ヒラリー・スワンク(ホリー・ケネディ)、ジェラルド・バトラー(ジェリー・ケネディ)、リサ・クドロー(デニース・ヘネシー)、キャシー・ベイツ(パトリシア・ライリー)ほか

「ミリオンダラー・ベイビー」のネタバレあらすじ結末

ミリオンダラー・ベイビーの紹介:2004年アメリカ映画。ミリオンダラー・ベイビーは巨匠クリント・イーストウッドの監督25作目にしてアカデミー賞主要4部門を制したヒューマンドラマです。うらぶれたボクシングジムの老トレーナーと、ボクサーを目指す愛を知らない女性。やがて女性はボクシングの才能を開花させていきますが、試合中の事故で全身不随に…。老トレーナーの取った決断とは…。
監督:クリント・イーストウッド 出演者:クリント・イーストウッド(フランキー・ダン)、ヒラリー・スワンク(マーガレット・“マギー”・フィッツジェラルド)、モーガン・フリーマン(エディ・“スクラップ・アイアン”・デュプリス)、ジェイ・バルチェル(デンジャー)、マイク・コルター(ビッグ・ウィリー)ほか

「ボーイズ・ドント・クライ」のネタバレあらすじ結末

ボーイズ・ドント・クライの紹介:1999年アメリカ映画。アメリカのネブラスカ州でブランドンティーナ氏が殺害された実際の出来事を元に映画化した作品で、出演したヒラリースワンクはアカデミー主演女優賞を獲得しました。
監督:キンバリー・ピアース 出演:ヒラリー・スワンク(ブランドン・ティーナ)、クロエ・セヴィニー(ラナ)、ピーター・サースガード(ジョン)ほか

「マリー・アントワネットの首飾り」のネタバレあらすじ結末

マリー・アントワネットの首飾りの紹介:2001年アメリカ映画。フランス革命の遠因となった首飾り事件を題材とした映画で、女性の欲望が周囲の人間を動かし、やがて思いもよらない事態に発展する展開が見どころのストーリーとなっています。
監督:チャールズ・シャイア 出演者:ヒラリー・スワンク(ジャンヌ)、サイモン・ベイカー(レトー)、エイドリアン・ブロディ(ニコラ)、ジョナサン・プライス(ロアン枢機卿)、ブライアン・コックス(ブルトゥイユ男爵)、ジョエリー・リチャードソン(マリー・アントワネット)、クリストファー・ウォーケン(カリオストロ伯爵)ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑