Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

本郷奏多映画一覧

本郷奏多が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「キングダム」のネタバレあらすじ結末

キングダムの紹介:2019年日本映画。紀元前の中国を舞台に、天下の大将軍を夢見る少年と若き王が、困難に立ち向かいながら中華統一を目指す壮大な物語。原泰久原作の漫画は単行本54巻(映画公開日現在)にもおよぶ超人気シリーズで「実写化は不可能」といわれていた。今回原作者が脚本に全面協力、アクションを得意とする佐藤信介監督がメガホンをとり、ファンを納得させる映画が完成した。驚くべきは俳優陣の再現度の高さだ。主演の山﨑賢人はもちろん、肉体改造した大沢たかおや二役に挑んだ吉沢亮など、見ないと損するレベルの作品に仕上がっている。
監督:佐藤信介 キャスト: 山﨑賢人(信)、吉沢亮(漂/嬴政:二役)、長澤まさみ(楊端和)、橋本環奈(河了貂=てん)、本郷奏多(成蟜)、石橋蓮司(竭氏)、加藤雅也(肆氏)、宇梶剛士(魏興)、高島政宏(昌文君)、満島真之介(壁)、要潤(騰)、大沢たかお(王騎)、ほか

「凜 りん」のネタバレあらすじ結末

凜-りん-の紹介:2018年日本映画。又吉直樹が芥川賞を受賞した『火花』より前のに書いた初長編、それが『凛』。2007年に舞台化され、又吉の文才がファンの間で話題になった幻の作品が待望の映画化。物語は長野県の小さな村を舞台に、神隠しの伝説さながらに起こった子どもたちの失踪事件を追う男子高校生たちの日々が描かれる。7人組ボーカルダンスユニット「M!LK」のメンバーとしても活躍する佐野勇斗と、漫画原作の実写化作品に多く出演する本郷奏多がW主演を果たし、7歳の年の差を感じさせない同級生ぶりを演じている。
監督:池田克彦 脚本:又吉直樹 キャスト:佐野勇斗(野田耕太)、本郷奏多(天童義男)、須賀健太(石倉優太[大仏])、亀田侑樹(折田竜二)、櫻井圭佑(真島泰輔)ほか

「GOTH ゴス」のネタバレあらすじ結末

GOTH ゴスの紹介:2008年日本映画。死体を見るのが好きな変わった趣味を持つ高校生の男女が、お互い魅かれあい、その時発生していた手首切断猟奇連続殺人事件を二人で調査し始めました。そして行きつけの喫茶店で犯人のものと思われる手帳を拾ってから状況が一変し始めました・・・という乙一の同名ミステリー小説を映画化したものです。
監督:高橋玄 出演者:本郷奏多(神山樹)、高梨臨(森野夜)、松尾敏伸(喫茶店の常連客)、柳生みゆ(樹の妹)、山中聡(喫茶店の常連客)、鳥肌実(喫茶店の常連客)、長塚圭史(夜が通う喫茶店の店主)、ほか

「奴隷区 僕と23人の奴隷」のネタバレあらすじ結末

奴隷区 僕と23人の奴隷の紹介:2014年日本映画。人を奴隷にすることが出来る装置SCMを巡って、離れ離れだった双子の姉弟のエイアとユウガが再会し、奴隷にされた23人を解放するために、組織と闘うサスペンスアクション映画です。元AKB48の秋元才加がヒロインを演じています。
監督:佐藤佐吉 出演者:秋元才加(荒川エイア)、本郷奏多(大田ユウガ)、大沢ひかる(葛飾ジュリア)、山田裕貴(中央アタル)、久保田悠来(新宿セイヤ)、板垣李光人(江戸川リュウオウ)、斎藤洋介(世田谷ツバキ)、鳥居みゆき(台東フジ)ほか

「いぬやしき」のネタバレあらすじ結末

いぬやしきの紹介:2018年日本映画。「GANTZ」を手がけた奥浩哉による人気コミック「いぬやしき」を実写化。メガホンを取るのは「GANTZ」に引き続き今回で2回目のタッグとはる佐藤信介監督。主演は木梨憲武、佐藤健。冴えないサラリーマン、犬屋敷壱郎はとある事故に巻き込まれ、超人的な力を手に入れる。同じ事故に巻き込まれたごく普通の高校生、獅子神皓は、壱郎が能力で人命を救う反面、力を殺人に使っていく。対極な2人はやがて激しくぶつかり、命をかけた闘いに発展していく。
監督:佐藤信介 出演:木梨憲武(犬屋敷壱郎)、佐藤健(獅子神皓)、本郷奏多(安堂直行)、二階堂ふみ(渡辺しおん)、三吉彩花(犬屋敷麻理)、濱田マリ(犬屋敷万理江)福崎那由他(犬屋敷剛史)、伊勢谷友介(萩原刑事)

「氷菓」のネタバレあらすじ結末

氷菓の紹介:2017年日本映画。米澤穂信のデビュー作にあたる、『古典部シリーズ』の第一弾。テレビアニメ化もされている人気作であり、主役は数多くの実写映画に出演している山崎賢人が務める。文集、『氷菓』に隠された謎とは。
監督:安里麻里 出演:山崎賢人(折木奉太郎)、広瀬アリス(千反田える)、小島藤子(伊原摩耶花)、岡山天音(福部里志)、本郷奏多(関谷純)、斉藤由貴(糸魚川養子)、ほか

「鋼の錬金術師」のネタバレあらすじ結末

鋼の錬金術師の紹介:2017年日本映画。「鋼の錬金術師」は2001年から約10年間『月刊少年ガンガン』に連載された荒川弘の大人気コミック。アニメ化もされているこの作品が満を持して実写化された。監督は、「ピンポン」でもコミック実写化に成功している曽利文彦監督。錬金術は、物質を分解して新たなものに作り替える魔法のような術。物語はその錬金術が存在している19世紀ヨーロッパ風の世界が舞台。幼い兄弟が錬金術によって失った身体を取り戻すため、“賢者の石”を求めて旅をする壮大なファンタジーである。
監督:曽利文彦 キャスト:山田涼介(エド)、本田翼(ウィンリィ)、ディーン・フジオカ(マスタング大佐)、蓮佛美沙子(ホークアイ中尉)、佐藤隆太(ヒューズ中佐)、小日向文世(ハクロ将軍)、大泉洋(ショウ・タッカー)、夏菜(ロス少尉)、水石亜飛夢(アル:声)、松雪泰子(ラスト)、本郷奏多(エンヴィィ)、内山信二(グラトニー)、國村隼(ドクター・マルコー)、石丸謙二郎(コーネロ)、原田夏希(ヒューズ中佐の妻)ほか

「NANA2」のネタバレあらすじ結末

NANA2の紹介:2006年日本映画。多くの女性ファンを魅了した伝説の少女漫画、『NANA』の実写化。ブラストのデビューにハチの恋人、妊娠など多くのストーリーが展開される怒涛の第二弾。青春の輝きを見逃すな。
監督:大谷健太郎 原作:矢沢あい 出演:中島美嘉(木崎ナナ)、市川由衣(小松奈々(ハチ))、玉山鉄二(一ノ瀬巧)、姜暢雄(本城蓮)、丸山智己(高木泰士)、本郷奏多(岡崎真一)、成宮寛貴(寺島伸夫)、伊藤由奈(芹澤レイラ)、ほか

「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」のネタバレあらすじ結末

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!の紹介:2017年日本映画。映画版ポケモンシリーズ20作目。サトシとピカチュウの出会いを描く物語。10歳になる少年サトシ。記念にポケモンをもらい旅へと出発しポケモンマスターへとなる、はずだったが最初から災難続き。モンスターボールを嫌いサトシをも嫌う相棒ピカチュウ、襲い来るオニスズメの大群。2人の絆が結ばれる時、空からある羽が降り注ぐ。
監督:湯山邦彦 声優:松本梨香(サトシ)、大谷育江(ピカチュウ)、林原めぐみ(ムサシ)、三木眞一郎(コジロウ)、犬山イヌコ(ニャース)、佐藤栞里(マコト)、本郷奏多(ソウジ)、古田新太(ボンジイ)、中川翔子(ジョーイ)、山寺宏一(マーシャドー)、ほか

「GANTZ」のネタバレあらすじ結末

GANTZ(ガンツ)の紹介:2010年日本映画。就活中の大学生玄野 計は、特にやりたいことも見つからず、なんとなく面接を受け続けている毎日を送っていました。ある日、駅の線路に落ちた酔っぱらいを引き上げようとしていた幼馴染の加藤 勝と再会し、加藤を助けようとしますが、二人は誤って電車に轢かれてしまいます。目を覚ました二人は黒い球があるマンションの一室に転送されていたのでした。
監督:佐藤信介 出演者:二宮和也(玄野計)、松山ケンイチ(加藤勝)、吉高由里子(小島多恵)、本郷奏多(西丈一郎)、夏菜(岸本恵)、綾野剛(謎の集団リーダー)、ほか

「闇金ウシジマくん Part3」のネタバレあらすじ結末

闇金ウシジマくん Part3の紹介:2016年日本映画。アルバイトを頑張る青年、沢村真司はネットビジネスのカリスマ天生塾を訪れた。ノウハウを手に入れるためには多額のお金が必要だった。母から金を借り、丑嶋から金を借り、父親の通帳にも手を出し始めた。自分なりに成果を上げ先生と崇める天生に近づいていく。良いところに住み良い車をなれるようになった。一方不倫にハマる加茂はキャバクラの花蓮にもハマり丑嶋から金を借りる。どんどんエスカレート借金が膨らんでいくのであった。
監督:山口雅俊 出演:山田孝之(丑嶋馨)、綾野剛(戌亥)、本郷奏多(沢村真司)、白石麻衣(麻生りな)、筧美和子(花蓮(花織))、ほか

「青い鳥(2008年)」のネタバレあらすじ結末

青い鳥の紹介:2008年日本映画。東ヶ丘中学校は、かつていじめを苦に自殺未遂をした生徒の事件から立ち直ろうとしていた。新学期、その生徒がいた学級に吃音症の村内先生が転任してきた。村内先生は生徒たちに自分たちがしたことを忘れないように説いていく。重松清の小説を基にした人間ドラマ。
監督:中西健二 出演者:阿部寛(村内先生)、伊藤歩(島崎先生)、井上肇(石野先生)、重松収(宮崎先生)、岸博之(小泉先生)、本郷奏多(園部真一)、太賀(井上武志)、山崎和也(野口哲也)ほか

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」のネタバレあらすじ結末

進撃の巨人 ATTACK ON TITANの紹介:2015年日本映画。100年の時を経て、再び巨人に喰われた村。家族、大切な人の仇をとるため巨人に復讐を誓うエレンだったが・・・
監督:樋口真嗣 出演:三浦春馬(エレン)、長谷川博己(シキシマ)、水原希子(ミカサ)、本郷奏多(アルミン)、三浦貴大(ジャン)、桜庭ななみ(サシャ)、ほか

「進撃の巨人 エンド オブ ザ ワールド」のネタバレあらすじ結末

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールドの紹介:2015年日本映画。巨人が人間を食べるという衝撃的なテーマが話題性を呼びました。諌山創の人気コミック 進撃の巨人を実写映画化した後編。
監督:樋口真嗣 出演者:三浦春馬(エレン)、長谷川博己(シキシマ)、水原希子(ミカサ)、本郷奏多(アルミン)、三浦貴大(ジャン)、桜庭ななみ(サシャ)、松尾諭(サンナギ)、石原さとみ(ハンジ)、ピエール瀧(ソウダ)、國村隼(クバル)ほか

TOP↑