本郷奏多映画一覧

本郷奏多が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー」のネタバレあらすじ結末

鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカーの紹介:2022年日本映画。荒川弘原作の大人気コミックを実写化。シリーズ完結編二部作の第一作目にあたります。原作でも人気の高いキャラとなっている謎の男スカーとの戦いを中心に話が繰り広げられます。原作の世界観を見事に再現している様子が見どころです。
監督:曽利文彦 出演:山田涼介(エドワード・エルリック)、本田翼(ウィンリィ・ロックベル)、ディーン・フジオカ(ロイ・マスタング)、蓮佛美沙子(リザ・ホークアイ)、本郷奏多
(エンヴィー)、黒島結菜(ランファン)、渡邊圭祐(リン・ヤオ)、寺田心(セリム・ブラッドレイ)、内山信二(グラトニー)、大貫勇輔(スカーの兄)、ロン・モンロウ(メイ・チャン)、水石亜飛夢(アルフォンス・エルリック)、山田裕貴(ゾルフ・J・キンブリー)、堀内敬子(ブラッドレイ夫人)、麿赤兒(スカーの師父)、舘ひろし(キング・ブラッドレイ)、藤木直人(ユーリ・ロックベル)、奥貫薫(サラ・ロックベル)、高橋努(バルド)、山本耕史(アレックス・ルイ・アームストロング)、筧利夫(フー)、杉本哲太(ノックス)、風吹ジュン(ピナコ・ロックベル)、佐藤隆太(マース・ヒューズ)、新田真剣佑(スカー)、内野聖陽(ヴァン・ホーエンハイム/お父様)、ほか

「鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成」のネタバレあらすじ結末

鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成の紹介:2022年日本映画。累計発行部数7000万を超える人気コミックを実写映画化。完結編の後編にあたります。失われた体を求めて旅してきたエドとアルの兄弟も、終わりが近づいてきています。どのような結末が待っているのかが一番の見どころです。
監督:曽利文彦 出演:山田涼介(エドワード・エルリック)、本田翼(ウィンリィ・ロックベル)、ディーン・フジオカ(ロイ・マスタング)、蓮佛美沙子(リザ・ホークアイ)、本郷奏多(エンヴィー)、黒島結菜(ランファン)、渡邊圭祐(リン・ヤオ)、寺田心(セリム・ブラッドレイ)、内山信二(グラトニー)、ロン・モンロウ(メイ・チャン)、水石亜飛夢(アルフォンス・エルリック)、丸山智己(バッカニア)、遼河はるひ(イズミ・カーティス)、平岡祐太(マイルズ)、大和田伸也(レイブン)、舘ひろし(キング・ブラッドレイ)、山本耕史(アレックス・ルイ・アームストロング)、筧利夫(フー)、栗山千明(オリヴィエ・ミラ・アームストロング少将)、風吹ジュン(ピナコ・ロックベル)、仲間由紀恵(トリシャ・エルリック)、新田真剣佑(スカー)、内野聖陽(ヴァン・ホーエンハイム/お父様)、ほか

「嘘喰い」のネタバレあらすじ結末

嘘喰いの紹介:2022年日本映画。ヤングジャンプで連載され、累計800万部を突破した人気コミックの映画化です。闇の世界に生き、相手の嘘を喰らうギャンブラー斑目貘の活躍を描いています。風変わりなゲームながらも、命を賭けて挑む姿が迫力満点です。
監督:中田秀夫 出演:横浜流星(斑目貘)、佐野勇斗(梶隆臣)、白石麻衣(鞍馬蘭子)、本郷奏多(目蒲鬼郎)、森崎ウィン(レオ)、櫻井海音(切間創一)、木村了(草波渉)、鶴見辰吾(小野寺昌弘)、村上弘明(夜行妃古壱)、三浦翔平(佐田国一輝)、ほか

「シネマの天使」のネタバレあらすじ結末

シネマの天使の紹介:2015年日本映画。1892年に芝居小屋からスタートした広島県福山市の映画館・シネフク大黒座の実際の閉館をテーマにし、その映画館を使って撮影された、閉館する映画館にまつわる人間ドラマを、新入社員の女性と幼馴染の映画好きの青年を中心に描いた作品です。阿藤快さんの遺作となりました。
監督:壷井濯 出演者:藤原令子(明日香)、本郷奏多(アキラ)、ミッキー・カーチス(天使と名乗る老人)、石田えり(藤本)、阿藤快(大久保)、岡崎二朗(豊下)、安井順平(新見)、及川奈央(仙人のアシスタント)、横山雄二(仙人)、佳村さちか(谷村)ほか

「ANOTHER GANTZ」のネタバレあらすじ結末

ANOTHER GANTZ(アナザーガンツ)の紹介:2011年日本。劇場版GANTZでは語られなかったもう一つのストーリーを描いたテレビ作品。電車に轢かれて大事故になったはずの現場から忽然と姿を消した遺体。その不可解な現象を追いかけるルポライターの菊地が、GANTZの存在を知り玄野達の足跡を追いながら、GANTZの秘密に迫ろうとする。
監督:佐藤信介 出演:二宮和也(玄野計)、松山ケンイチ(加藤勝)、加藤晴彦(菊地誠一)、本郷奏多(西丈一郎)、夏菜(岸本恵)、田口トモロヲ(鈴木良一)、山田孝之(重田正光)、ほか

「GANTZ: PERFECT ANSWER」のネタバレあらすじ結末

GANTZ: PERFECT ANSWER(ガンツ:パーフェクトアンサー)の紹介:2011年日本映画。奥浩哉原作の人気コミックを実写化した二部作の後編部分に当たるのが本作。謎の黒い球体GANTZに集められた者達が街に潜む星人と命懸けの戦いを繰り広げる様を描いています。原作とは違うオリジナルの展開に注目です。
監督:佐藤信介 原作:奥浩哉 出演:二宮和也(玄野計)、松山ケンイチ(加藤勝)、吉高由里子(小島多恵)、本郷奏多(西丈一郎)、夏菜(岸本恵)、千阪健介(加藤歩)、白石隼也(桜井弘斗)、緑友利恵(山本真子)、玄覺悠子(坂野理沙)、若葉竜也(高橋光輝)、阪田マサノブ(小林新一)、越村友一(中村孝太)、橋本まつり(玉男)、戸田菜穂(北倉玲子)、綾野剛(黒服 壹)、伊藤歩(鮎川映莉子)、田口トモロヲ(鈴木良一)、山田孝之(重田正光)、ほか

「Diner ダイナー」のネタバレあらすじ結末

Diner ダイナーの紹介:2019年日本映画。大胆な色使いで知られる蜷川実花監督。三作めとなるこの『Diner』では、初の男性主人公、初のヴァイオレンスアクションに挑戦している。主役のボンベロを演じるのは、監督の父、演出家蜷川幸雄に見出された藤原竜也。亡きボスとして、肖像画で登場する恩師に見守られながら、藤原は超豪華でぶっ飛んだ共演者たちと死のバトルを繰り広げる。蜷川監督の次回作は、小栗旬主演の『人間失格 太宰治と3人の女たち』で、2019年9月に公開される。
監督:蜷川実花 キャスト:藤原竜也(ボンベロ)、玉城ティナ(オオバカナコ)、窪田正孝(スキン)、本郷奏多(キッド)、武田真治(ブロ)、斎藤工(カウボーイ)、佐藤江梨子(ディーディー)、金子ノブアキ(ブタ男)、小栗旬(マテバ)、土屋アンナ(マリア)、真矢ミキ(無礼図)、奥田瑛二(コフィ)、ほか

「キングダム」のネタバレあらすじ結末

キングダムの紹介:2019年日本映画。紀元前の中国を舞台に、天下の大将軍を夢見る少年と若き王が、困難に立ち向かいながら中華統一を目指す壮大な物語。原泰久原作の漫画は単行本54巻(映画公開日現在)にもおよぶ超人気シリーズで「実写化は不可能」といわれていた。今回原作者が脚本に全面協力、アクションを得意とする佐藤信介監督がメガホンをとり、ファンを納得させる映画が完成した。驚くべきは俳優陣の再現度の高さだ。主演の山﨑賢人はもちろん、肉体改造した大沢たかおや二役に挑んだ吉沢亮など、見ないと損するレベルの作品に仕上がっている。
監督:佐藤信介 キャスト: 山﨑賢人(信)、吉沢亮(漂/嬴政:二役)、長澤まさみ(楊端和)、橋本環奈(河了貂=てん)、本郷奏多(成蟜)、石橋蓮司(竭氏)、加藤雅也(肆氏)、宇梶剛士(魏興)、高島政宏(昌文君)、満島真之介(壁)、要潤(騰)、大沢たかお(王騎)、ほか

「凜 りん」のネタバレあらすじ結末

凜-りん-の紹介:2018年日本映画。又吉直樹が芥川賞を受賞した『火花』より前のに書いた初長編、それが『凛』。2007年に舞台化され、又吉の文才がファンの間で話題になった幻の作品が待望の映画化。物語は長野県の小さな村を舞台に、神隠しの伝説さながらに起こった子どもたちの失踪事件を追う男子高校生たちの日々が描かれる。7人組ボーカルダンスユニット「M!LK」のメンバーとしても活躍する佐野勇斗と、漫画原作の実写化作品に多く出演する本郷奏多がW主演を果たし、7歳の年の差を感じさせない同級生ぶりを演じている。
監督:池田克彦 脚本:又吉直樹 キャスト:佐野勇斗(野田耕太)、本郷奏多(天童義男)、須賀健太(石倉優太[大仏])、亀田侑樹(折田竜二)、櫻井圭佑(真島泰輔)ほか

「GOTH ゴス」のネタバレあらすじ結末

GOTH ゴスの紹介:2008年日本映画。死体を見るのが好きな変わった趣味を持つ高校生の男女が、お互い魅かれあい、その時発生していた手首切断猟奇連続殺人事件を二人で調査し始めました。そして行きつけの喫茶店で犯人のものと思われる手帳を拾ってから状況が一変し始めました・・・という乙一の同名ミステリー小説を映画化したものです。
監督:高橋玄 出演者:本郷奏多(神山樹)、高梨臨(森野夜)、松尾敏伸(喫茶店の常連客)、柳生みゆ(樹の妹)、山中聡(喫茶店の常連客)、鳥肌実(喫茶店の常連客)、長塚圭史(夜が通う喫茶店の店主)、ほか

「奴隷区 僕と23人の奴隷」のネタバレあらすじ結末

奴隷区 僕と23人の奴隷の紹介:2014年日本映画。人を奴隷にすることが出来る装置SCMを巡って、離れ離れだった双子の姉弟のエイアとユウガが再会し、奴隷にされた23人を解放するために、組織と闘うサスペンスアクション映画です。元AKB48の秋元才加がヒロインを演じています。
監督:佐藤佐吉 出演者:秋元才加(荒川エイア)、本郷奏多(大田ユウガ)、大沢ひかる(葛飾ジュリア)、山田裕貴(中央アタル)、久保田悠来(新宿セイヤ)、板垣李光人(江戸川リュウオウ)、斎藤洋介(世田谷ツバキ)、鳥居みゆき(台東フジ)ほか

「いぬやしき」のネタバレあらすじ結末

いぬやしきの紹介:2018年日本映画。「GANTZ」を手がけた奥浩哉による人気コミック「いぬやしき」を実写化。メガホンを取るのは「GANTZ」に引き続き今回で2回目のタッグとはる佐藤信介監督。主演は木梨憲武、佐藤健。冴えないサラリーマン、犬屋敷壱郎はとある事故に巻き込まれ、超人的な力を手に入れる。同じ事故に巻き込まれたごく普通の高校生、獅子神皓は、壱郎が能力で人命を救う反面、力を殺人に使っていく。対極な2人はやがて激しくぶつかり、命をかけた闘いに発展していく。
監督:佐藤信介 出演:木梨憲武(犬屋敷壱郎)、佐藤健(獅子神皓)、本郷奏多(安堂直行)、二階堂ふみ(渡辺しおん)、三吉彩花(犬屋敷麻理)、濱田マリ(犬屋敷万理江)福崎那由他(犬屋敷剛史)、伊勢谷友介(萩原刑事)

「氷菓」のネタバレあらすじ結末

氷菓の紹介:2017年日本映画。米澤穂信のデビュー作にあたる、『古典部シリーズ』の第一弾。テレビアニメ化もされている人気作であり、主役は数多くの実写映画に出演している山崎賢人が務める。文集、『氷菓』に隠された謎とは。
監督:安里麻里 出演:山崎賢人(折木奉太郎)、広瀬アリス(千反田える)、小島藤子(伊原摩耶花)、岡山天音(福部里志)、本郷奏多(関谷純)、斉藤由貴(糸魚川養子)、ほか

「鋼の錬金術師」のネタバレあらすじ結末

鋼の錬金術師の紹介:2017年日本映画。「鋼の錬金術師」は2001年から約10年間『月刊少年ガンガン』に連載された荒川弘の大人気コミック。アニメ化もされているこの作品が満を持して実写化された。監督は、「ピンポン」でもコミック実写化に成功している曽利文彦監督。錬金術は、物質を分解して新たなものに作り替える魔法のような術。物語はその錬金術が存在している19世紀ヨーロッパ風の世界が舞台。幼い兄弟が錬金術によって失った身体を取り戻すため、“賢者の石”を求めて旅をする壮大なファンタジーである。
監督:曽利文彦 キャスト:山田涼介(エド)、本田翼(ウィンリィ)、ディーン・フジオカ(マスタング大佐)、蓮佛美沙子(ホークアイ中尉)、佐藤隆太(ヒューズ中佐)、小日向文世(ハクロ将軍)、大泉洋(ショウ・タッカー)、夏菜(ロス少尉)、水石亜飛夢(アル:声)、松雪泰子(ラスト)、本郷奏多(エンヴィィ)、内山信二(グラトニー)、國村隼(ドクター・マルコー)、石丸謙二郎(コーネロ)、原田夏希(ヒューズ中佐の妻)ほか

「NANA2」のネタバレあらすじ結末

NANA2の紹介:2006年日本映画。多くの女性ファンを魅了した伝説の少女漫画、『NANA』の実写化。ブラストのデビューにハチの恋人、妊娠など多くのストーリーが展開される怒涛の第二弾。青春の輝きを見逃すな。
監督:大谷健太郎 原作:矢沢あい 出演:中島美嘉(木崎ナナ)、市川由衣(小松奈々(ハチ))、玉山鉄二(一ノ瀬巧)、姜暢雄(本城蓮)、丸山智己(高木泰士)、本郷奏多(岡崎真一)、成宮寛貴(寺島伸夫)、伊藤由奈(芹澤レイラ)、ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑