市原隼人映画一覧

市原隼人が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」のネタバレあらすじ結末

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂの紹介:2007年日本映画。第5回角川学園小説大賞特別賞を受賞した小説家・滝本竜彦のデビュー作を実写映画化した異色の青春ドラマです。代わり映えのない日常を送っていた男子高生が、正体不明のチェーンソー男と戦う女子高生との出会い頭をきっかけに日常を大きく変えていく様を描きます。
監督:北村拓司 出演:市原隼人(山本陽介)、関めぐみ(雪崎絵里)、浅利陽介(渡辺)、三浦春馬(能登)、野波麻帆(裕美)、板尾創路(加藤先生)、堀井茶渡(C組の港)、坂田直貴(D組の鳥越)、佐藤佐吉(市場の肉屋・店長)、木口亜矢(ファミレスのウェイトレス)、赤嶺星奈(少女時代の雪崎絵里)、新上博巳(チェーンソー男)ほか

「3人の信長」のネタバレあらすじ結末

3人の信長の紹介:2019年日本映画。主君今川義元の憎っくき敵である織田信長を捉えた元今川軍の侍たち。しかし捉えた信長が3人いた?もし影武者を撃とうものならいい笑い者になってしまう、あの手この手で本物を炙り出そうとしますがどの信長も我こそが本物と引かない姿勢を見せる。
監督:渡辺啓 出演:TAKAHIRO(信長・甲)、市原隼人(信長・乙)、岡田義徳(信長・丙)、相島一之(瀬名信輝)、前田公輝(半兵衛)、坂東希(朽木ハル)、高嶋政宏(蒲原氏徳)、ほか

「太陽は動かない」のネタバレあらすじ結末

太陽は動かないの紹介:2020年日本映画。『怒り』『悪人』などの著者・吉田修一のスパイアクション小説『太陽は動かない』『森は知っている』を藤原竜也と竹内涼真のダブル主演で映画化したサスペンス・アクション作品です。産業スパイ組織の2人の日本人諜報員が機密情報を巡って各国の裏組織や権力者たちとの頭脳戦に挑む様を描きます。
監督:羽住英一郎 出演者:藤原竜也(鷹野一彦)、竹内涼真(田岡亮一)、ハン・ヒョジュ(AYAKO)、ピョン・ヨハン(デイビッド・キム)、市原隼人(山下竜二)、南沙良(菊池詩織)、日向亘(鷹野一彦(高校時代))、加藤清史郎(柳勇次)、横田栄司(ジミー・オハラ)、翁華栄(アンディ・黄)、醍醐虎汰朗(デイビッド・キム(少年期))、八木アリサ(小田部奈々)、勝野洋(小田部教授)、宮崎美子(河上麻子)、鶴見辰吾(河上満太郎)、佐藤浩市(風間武)ほか

「ヤクザと家族 The Family」のネタバレあらすじ結末

ヤクザと家族 The Familyの紹介:2021年日本映画。日本アカデミー賞など数々の映画賞に輝いた『新聞記者』(2019年)の藤井道人監督とスタッフが贈る、ヤクザの世界に足を踏み入れた孤独な若者と父親代わりとなったヤクザ組長との絆を、1999年・2005年・2019年の3つの時代に分けて描いたヒューマンドラマです。綾野剛と舘ひろしがダブル主演を務め、綾野剛は19歳時から39歳時までの全ての年代の主人公を一人で演じ切っています。
監督:藤井道人 出演者:綾野剛(山本賢治)、舘ひろし(柴咲博)、尾野真千子(工藤由香)、北村有起哉(中村努)、市原隼人(細野竜太)、磯村勇斗(木村翼)、菅田俊(竹田誠)、康すおん(豊島徹也)、小宮山莉渚(工藤彩)、二ノ宮隆太郎(大原幸平)、駿河太郎(川山礼二)、岩松了(大迫和彦)、豊原功補(加藤雅敏)、寺島しのぶ(木村愛子)ほか

「劇場版 おいしい給食 Final Battle」のネタバレあらすじ結末

劇場版 おいしい給食 Final Battleの紹介:2020年日本映画。2019年10月から12月にかけてテレビ放映されたドラマ『おいしい給食』を、テレビ版のキャストとスタッフ続投で映画化した学園グルメコメディです。1980年代の中学校を舞台に“給食絶対主義者”の教師と“給食マニア”の男子生徒の給食にかけるバトルを描きます。
監督:綾部真弥 出演者:市原隼人(甘利田幸男)、武田玲奈(御園ひとみ)、佐藤大志(神野ゴウ)、豊嶋花(藤井マコ)、辻本達規(鷲頭星太郎)、水野勝(佐野正輝)、直江喜一(鏑木)、ドロンズ石本(磐田)、いとうまい子(牧野文枝)、酒向芳(渡田寛治)ほか

「夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風」のネタバレあらすじ結末

夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風の紹介:2019年日本映画。福岡県遠賀郡芦屋町が地域おこしの一環として立ち上げたプロジェクト『芦屋町で映画を作ろう』により製作されたオムニバス作品集です。幼なじみとの恋に揺れる女子中学生が主人公の『ナツヨゾラ』、ボクシングで大学への推薦入学を目指す高校生の行く末を描いた『時々もみじ色』、自らの才能に悩む女性革職人を描いた『冬のふわふわ』、余命わずかな妻のために仕事を辞めた小学校教師を描いた『桜咲く頃に君と』といった、四季をテーマにした4話の短編で構成されています。
監督:向井宗敏 出演者:『桜咲く頃に君と』市原隼人(古賀尚也)、平田薫(古賀真奈)、池田旭広、大谷史土、松本一沙、一木花漣ほか 『ナツヨゾラ』齊藤なぎさ(田中ゆみ)、宮世琉弥(小杉亘)、萩原護(高橋圭)、岩佐真悠子(小杉美江)、荒井敦史(吉村先生)ほか 『時々もみじ色』鈴木伸之(中島大和)、モロ師岡(安田剛志)、松田るか(橋本美咲)、麻木玲那(山川佳奈子)、安井順平(小林博史)ほか 『冬のふわふわ』飯豊まりえ(菊池綾子)、袴田吉彦(修二)、原日出子(貴子)、こくぼつよし(横山敦)ほか

「DOG×POLICE 純白の絆」のネタバレあらすじ結末

DOG×POLICE 純白の絆の紹介:2011年日本映画。自分勝手で、単独行動の多い警官の早川は、警備課に転勤を命じられます。警備課は警備犬の訓練所で、警視庁では犬屋と呼ばれる左遷場所でした・・・という内容の、警備犬を訓練する警官と犬との関係、そしてお互い成長しながら事件に立ち向かうアクションドラマです。
監督:七高剛 出演者:市原隼人(早川勇作)、戸田恵梨香(水野夏希)、村上淳(竹清悟)、阿部進之介(永井孝介)、カンニング竹山(西村孝)、時任三郎(向井寛)、ほか

「空母いぶき」のネタバレあらすじ結末

空母いぶきの紹介:2019年日本映画。「沈黙の艦隊」などで知られる漫画家かわぐちかいじが現在連載中の「空母いぶき」。2017年に小学館漫画賞を受賞した本作が満を持して映画化された。監督は「ホワイトアウト」「沈まぬ太陽」など重厚な大作に定評のある若松節朗。また企画には、「亡国のイージス」「終戦のローレライ」などで数々の受賞歴のある作家、福井晴敏が名を連ねる。空自出身<いぶき>艦長秋津は西島秀俊、海自出身の副長新波に佐々木蔵之介。防衛大同期で主席、次席の対照的な二人をリアルに演じ、映画に説得力を与えている。
監督:若松節朗 原作・監修:かわぐちかいじ キャスト: 西島秀俊(秋津竜太:<いぶき>艦長)、佐々木蔵之介(新波歳也:<いぶき>副長)、藤竜也(涌井継治:群司令)、戸次重幸(淵上晋:第92飛行群群司令)、市原隼人(迫水洋平:アルバトロス隊隊長)、玉木宏(瀬戸斉昭:<はつゆき>艦長)、高嶋政宏(滝隆信:<はやしお>艦長)、山内圭哉(浮船武彦:<いそかぜ>艦長)、佐藤浩市(垂水慶一郎:内閣総理大臣)、益岡徹(石渡俊通:官房長官)、本田翼(本多裕子:ネットニュース記者)、中井貴一(中野啓一:コンビニエンスストア店長)ほか

「あいあい傘」のネタバレあらすじ結末

あいあい傘の紹介:2018年日本映画。俳優・演出家の宅間孝行がかつて主宰していた劇団「東京セレソンデラックス」と新ユニット「TAKUMA FESTIVAL JAPAN(タクフェス)」で上演した同名舞台劇を自らのメガホンで映画化した作品です。25年前に姿を消した父を探す娘と、その一方で新しい家族を築いていた父の再会の物語です。主題歌を竹内まりやが担当しています。
監督:宅間孝行 出演者:倉科カナ(高島さつき)、市原隼人(雨宮清太郎)、入山杏奈(松岡麻衣子)、高橋メアリージュン(福田日出子)、やべきょうすけ(竹内力也)、布川隼汰(船田知之)、永井大(雨宮虎蔵)、金田明夫(代議士)、大和田獏(製薬会社のドン)、トミーズ雅(車海老貫一)、立川談春(東雲六郎)、原田知世(松岡玉枝)ほか

「ボックス!」のネタバレあらすじ結末

ボックス!の紹介:2010年日本映画。百田尚樹の小説を映画化した、高校のボクシング部が題材の青春映画です。市原隼人と高良健吾が演じる、まったくタイプの異なる青年2人がリングに青春を懸ける姿を鮮やかに映し出しています。
監督:李闘士男 出演:市原隼人(鏑矢義平 / カブ)、高良健吾(木樽優紀 / ユウキ)、谷村美月(丸野智子)、宝生舞(鏑矢こと美)、山崎真実(鏑矢昌美)、清水美沙(丸野祥子)、香椎由宇(高津耀子)、筧利夫(沢木一至)、諏訪雅士(稲村和明)ほか

「天使の卵」のネタバレあらすじ結末

天使の卵の紹介:2006年日本映画。浪人中で美大を目指す青年が、満員電車で偶然会った女性に魅かれ、その女性の絵ばかり描くうち、自分の彼女の姉だと知り、青年は女性にのめり込み、女性も青年に魅かれ始める・・・という青年と年上の女性とのラブストーリーです。村山由佳による恋愛小説の映画化です。
監督:冨樫森 出演者:市原隼人(一本槍歩太)、小西真奈美(五堂春妃)、沢尻エリカ(斎藤夏姫)、戸田恵子(一本槍幸恵)、北村想(一本槍直規)、鈴木一真(長谷川)、三浦友和(渋沢)、キムラ緑子(斎藤彰子)ほか

「T.R.Y. トライ」のネタバレあらすじ結末

T.R.Y. トライの紹介:2002年日本,中国,韓国映画。原作は横溝正史ミステリ大賞を受賞した井上尚登のベストセラー小説。この映画は、日中韓の合作です。上海で暗躍する日本人ペテン師の伊沢が、中国人革命軍のために武器を手に入れようと画策する物語。ラストは想像を超えるどんでん返しの連続です。
監督:大森一樹 出演者:織田裕二(伊沢修)、黒木瞳(喜春)、邵兵(関飛虎)、孫暢敏(パク・チャイク)、楊若兮(丁愛鈴)、ピーター・ホー(肖丁)、今井雅之(東謙介)、市原隼人(陳思平)、渡辺謙(東正信)

「偶然にも最悪な少年」のネタバレあらすじ結末

偶然にも最悪な少年の紹介:2003年日本映画。市原隼人や中島美嘉が主演で有名なだけでなく、この作品には脇役なのに豪華な俳優陣が並んでいる事にも注目してほしい。唐突無謀な挑戦をした差別やいじめを受ける高校生の青春。
監督: グー・スーヨン 出演者:市原隼人(カネシロヒデノリー)、中島美嘉(佐々木由美ー)、矢沢心(カネシロナナコー)、池内博之(タロー)、蒼井優(原田の彼女)、柄本佑(原田)、岡田義徳(佐々木)、ほか

「猿ロック THE MOVIE」のネタバレあらすじ結末

猿ロック THE MOVIEの紹介:2010年日本映画。芹沢直樹の人気コミックのTVドラマ化した映画版です。下ネタ大好きの鍵師猿丸がある銀行強盗をきっかけにどんどん事件に巻き込まれていきます。果たして猿丸は全ての鍵を開ける事が出来るのでしょうか。
監督:前田哲 出演:市原隼人(猿丸耶太郎)、比嘉愛未(篠崎マユミ)、高岡蒼甫(山田)、芦名星(リツコ)、渡部豪太(山本)、ほか

「闇金ウシジマくん」のネタバレあらすじ結末

闇金ウシジマくんの紹介:2012年日本映画。イケメン5人でイベントサークルを運営する小川純はいろいろな所から金を借り、イベントを開いた会場代を踏み倒していた。返済に困り丑嶋にお金を借りる。鈴木未來は進学、就職をしないでフリーターをしていた。母親は売りをしていて丑嶋にも借金があった。その借金を未來が払わなければいけなくなり出会い系カフェで働くようになる。純は丑嶋を訴え借金を踏み倒そうとするのであった。
監督:山口雅俊 出演:山田孝之(丑嶋馨)、大島優子(鈴木未來)、林遣都(小川純)、崎本大海(高田)、市原隼人(アキト)、ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑