飯豊まりえ映画一覧

飯豊まりえが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「惡の華」のネタバレあらすじ結末

惡の華の紹介:2019年日本映画。押見修造の同名漫画を原作とし、過去にテレビアニメ化された作品を実写映画化した作品です。キャッチフレーズは「絶望の青春を突き進む、超<変態>狂騒劇の幕が上がる!」。一人の少年が出来心から取った行動を発端とする彼と彼を取り巻く女性たちとの関係を描いていきます。
監督:井口昇 出演者:伊藤健太郎(春日高男)、玉城ティナ(仲村佐和)、飯豊まりえ(常磐文)、秋田汐梨(佐伯奈々子)、坂井真紀、鶴見辰吾、高橋和也、ほか

「烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー」のネタバレあらすじ結末

烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIEの紹介:2015年日本映画。『スーパー戦隊シリーズ』第38作の『烈車戦隊トッキュウジャー』と第37作『獣電戦隊キョウリュウジャー』が共演する作品です。キョウリュウジャーの宿敵・デーボス軍の創造主デビウスがトッキュウジャーの宿敵・シャドーラインと手を組み、両戦隊に襲い掛かります。第39作『手裏剣戦隊ニンニンジャー』も放送開始に先駆けてゲスト参戦しています。
監督:渡辺勝也 出演者:志尊淳(ライト/トッキュウ1号)、竜星涼(桐生ダイゴ/キング/キョウリュウレッド)、平牧仁(トカッチ/トッキュウ2号)、小島梨里杏(ミオ/トッキュウ3号)、横浜流星(ヒカリ/トッキュウ4号)、森高愛(カグラ/トッキュウ5号)、長濱慎(虹野明/トッキュウ6号)、斉藤秀翼(イアン・ヨークランド/キョウリュウブラック)、金城大和(有働ノブハル/ノッさん/キョウリュウブルー)、塩野瑛久(立風館ソウジ/キョウリュウグリーン)、今野鮎莉(アミィ結月/キョウリュウピンク)ほか

「祈りの幕が下りる時」のネタバレあらすじ結末

祈りの幕が下りる時の紹介:2017年日本映画。東野圭吾の人気ミステリー小説「新参者」シリーズの完結作となる「祈りの幕が下りる時」の映画化作品。TBSドラマシリーズからの最終完結となる本作では、謎多き殺人事件の捜査によって、女性演出家が捜査線上に浮上したことにより、ずっと閉ざされてきた、阿部寛演じる加賀恭一郎が日本橋署で新参者になった経緯や、加賀の母親の失踪理由や、父親との不和などが明かされる作品となっている。
監督:福澤克雄 出演:阿部寛(加賀恭一郎)、松嶋菜々子(浅居博美)、溝端淳平(松宮脩平)、田中麗奈(金森登紀子)、キムラ緑子(浅居厚子)、烏丸せつこ(宮本康代)、春風亭昇太(大林)、伊藤蘭(田島百合子)、小日向文世(浅居忠雄)、及川光博(苗村誠三)、ほか

「きょうのキラ君」のネタバレあらすじ結末

きょうのキラ君の紹介:2017年日本映画。みきもと凜の原作漫画「きょうのキラ君」を実写映画化。学校の女子にモテモテの吉良ゆいじに恋をしたヒロイン、岡村ニノンが、他人とうまく付き合うのが苦手にもかかわらず、ある秘密を持っているキラ君を笑顔にするため奔走する様子が描かれるラブストーリー。どうか2人の恋が終わらないで!と願わずにはいられない。
監督:川村恭祐 出演者:中川大志(吉良ゆいじ/キラ)、飯豊まりえ(岡村二ノン)、葉山奨之(矢部和弘)、平佑奈(矢作澪)、安田顕(二ノンの父)、三浦理恵子(二ノンの母)、岡田浩暉(キラの父)

「暗黒女子」のネタバレあらすじ結末

暗黒女子の紹介:2016年日本映画。2017年公開、秋吉理香子原作のミステリー小説を映画化。定期的に行われる文学サークル闇鍋会。その日の会はいつもと違った。サークルの会長小百合の進行の中、闇鍋をほおばりながら一人ずつ自身の書いた小説を朗読する。テーマは先日死んだ前会長であり、彼女達の通う女子高のスター的存在白石いつみに関すること。それは小百合の仕掛けた、いつみを殺した犯人を探す復讐だった。清水富美加と飯豊まりえのダブル主演で送る。
監督:耶雲哉治 出演:清水富美加(澄川小百合)、飯豊まりえ(白石いつみ)、清野菜名(高岡志夜)、玉城ティナ(ディアナ・デチェヴァ)、小島梨里杏(小南あかね)、千葉雄大(北条先生)、ほか

「高台家の人々」のネタバレあらすじ結末

高台家の人々の紹介:2016年日本映画。「ごくせん」の森本梢子が書き下ろし、「NEXTブレイク漫画RANKING BEST50」で第1位になった大人気コミック「高台家の人々」を実写映画化した作品。妄想癖があるOL平野木絵とテレパシー能力を持ったエリートサラリーマン高台光正の恋を家族との騒動を交えながら描く。
監督:土方政人 出演:綾瀬はるか(平野木絵)、斎藤工(高台光正)、水原希子(高台茂子)、間宮祥太朗(高台和正)、大地真央(高台由布子)、市村正親(高台茂正Jr.)、夏帆(斉藤純)、坂口健太郎(岸本浩平)、シャーロット・ケイト・フォックス(高台アン)ほか

「MARS ただ、君を愛してる」のネタバレあらすじ結末

MARS(マース) ただ、君を愛してるの紹介:2016年日本映画。90年代に「別冊フレンド」に連載され、ディープなテーマや禁断の世界観で人気を博した惣領冬実による少女漫画が原作のテレビドラマ「MARS(マース) ただ、君を愛してる」の劇場版。幼なじみの2人と人見知りなヒロインとの交錯する思いが描かれる。
監督:耶雲哉治 出演:藤ヶ谷太輔(樫野零)、窪田正孝(桐島牧生)、飯豊まりえ(麻生キラ)、山崎紘菜(杉原晴美)、稲葉友(木田達也)、ほか

TOP↑