池松壮亮映画一覧

池松壮亮が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「カツベン!」のネタバレあらすじ結末

カツベン!の紹介:2019年日本映画。5年ぶりとなる周防正行監督の待望の新作。まだ映画に音がなかった時代、映画に喋りを乗せて観客を沸かせた活動弁士にスポットをあて、本物の活動弁士を目指す青年の青春と恋模様、泥棒や警察をも巻き込む大騒動を描いた、コミカルで人情味あふれる極上エンターテインメント。オーディションで選ばれた成田凌と黒島結菜をはじめ、周防作品初参加の面々から常連メンバーまで、個性的なキャストが名を連ねる。
監督:周防正行 出演:成田凌(染谷俊太郎)、黒島結菜(栗原梅子)、永瀬正敏(山岡秋聲)、高良健吾(茂木貴之)、音尾琢真(安田虎夫)、山本耕史(牧野省三)、池松壮亮(二川文太郎)、竹中直人(青木富夫)、渡辺えり(青木豊子)、井上真央(橘琴江)、小日向文世(橘重蔵)、竹野内豊(木村忠義)、成河(浜本祐介)、徳井優(定夫)、田口浩正(金造)、正名僕蔵(耕吉)、森田甘路(内藤四郎)、酒井美紀(梅子の母)、ほか

「ウィーアーリトルゾンビーズ」のネタバレあらすじ結末

WE ARE LITTLE ZOMBIES ウィーアーリトルゾンビーズの紹介:2018年日本映画。日本人で初めてサンダンス映画祭短編部門でグランプリを獲得した長久允監督の長編デビュー作になります。両親を失ったにも関わらず全く泣けなかった4人の少年少女がバンドを結成し、音楽を通じて失った心を取り戻していく話です。
監督:長久允 出演:二宮慶多(ヒカリ)、水野哲志(イシ)、奥村門土(タケムラ)、中島セナ(イクコ)、佐々木蔵之介(高見弦)、工藤夕貴(大田理恵)、池松壮亮(望月悟)、初音映莉子(江口栗子)、村上淳(竹村倫太郎)、西田尚美(竹村南)、佐野史郎(加茂慶一郎)、菊地凛子(伊武侑子)、永瀬正敏(伊武春彦)、ほか

「斬、」のネタバレあらすじ結末

斬、の紹介:2018年日本映画。農家に身を寄せ、農業を手伝いながら農家の息子に剣を教える浪人の杢之進は、澤村という剣豪から、江戸に戦に行くメンバーに入ってくれと頼まれました。そのころ村には悪党集団が入って来ていて、息子が暴行を受けたことで、澤村が仕返しに、悪党数人を切り殺しました。このことから悪党の仕返しが始まり、殺しの報復が始まりました…という内容の塚本晋也監督による時代劇です。世界的に高評価を受けた作品です。
監督:塚本晋也 出演者:池松壮亮(都築杢之進)、蒼井優(ゆう)、中村達也(源田瀬左衛門)、前田隆成(市助)、塚本晋也(澤村次郎左衛門)ほか

「宮本から君へ」のネタバレあらすじ結末

宮本から君への紹介:2019年日本映画。人一倍正義感が強いが愚直で暑苦しい営業マン・宮本が自立した女と恋に落ちるが、二人を試練が待ち受けていた。1990年に連載開始した原作漫画の作者・新井英樹も宮本の父の役で出演。『ディストラクション・ベイビーズ』の真利子哲也が、全12話のテレビドラマ「宮本から君へ」に続いて監督を務めた。主演の池松壮亮にとって22歳で原作に出会って以来強い思い入れのある企画。マンション8階の外に張り出した非常階段で撮影された生々しい決闘シーンは必見。
監督:真利子哲也 出演者:池松壮亮(宮本浩)、蒼井優(中野靖子)、井浦新(風間裕二)、一ノ瀬ワタル(馬淵拓馬)、古舘寛治(岡崎部長)、ピエール瀧(馬淵敬三)、佐藤二朗(大野平八郎)、松山ケンイチ(神保和男)ほか

「よこがお」のネタバレあらすじ結末

よこがおの紹介:2019年日本映画。職場で皆に頼りにされ、結婚を控えた市子の人生がある事件を機会に暗転する。犯罪の「加害者」にされ人生を奪われた彼女の哀しい復讐。カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞した『淵に立つ』に続く、監督深田晃司、主演筒井真理子のサスペンス。
監督:深田晃司 出演者:筒井真理子(白川市子)、市川実日子(大石基子)、池松壮亮(米田和道)、須藤蓮(鈴木辰男)、小川未祐(大石サキ)、吹越満(戸塚健二)、大方斐紗子(大石塔子)その他

「ダイブ!!」のネタバレあらすじ結末

ダイブ!!の紹介:2008年日本映画。森絵都のベストセラー小説を映画化。弱小ダイビングクラブの少年たちが、クラブの存続をかけて、飛び込みでオリンピック出場を目指す青春映画。それぞれ悩みを抱え、葛藤や挫折しながらも、飛び込みを続ける中で何かを掴もうとする三人の少年。彼らはクラブの危機を救えるのか?
監督:熊澤尚人 出演:林遣都(坂井 知季)、池松壮亮(富士谷 要一)、溝端淳平(沖津 飛沫)、瀬戸朝香(麻木 夏陽子)、蓮佛美沙子(西川 恭子)、山崎将平(丸山 レイジ)、福田雄也(大広 陵)、村瀬継太(吉田 幸也)、椎名鯛造(井上 大介)、小野賢章(鈴木 英雄)、池田純(坂井 弘也)、瓜生美咲(野村 未羽)、寺内健(寺本 健太郎)、光石研(富士谷 敬介)、江守徹(前原 一朗)、ほか

「半分の月がのぼる空」のネタバレあらすじ結末

半分の月がのぼる空の紹介:2009年日本映画。肝炎で入院中の祐一は、夜に病院を抜け出し、友達と遊んで帰って来るとナースの亜希子に見つかりました。罰として新しい入院患者の友達になれと言われた裕一が会いに行くと、それは里香という女子でした。なんでも命令する里香は心臓病を患い死を覚悟していました。やがてお互いを意識し始め…という内容の切ないラブストーリーです。別の時間軸が同時進行し、後半、想定外の展開になるという、ひねりを加えた作品です。
監督:深川栄洋 出演:池松壮亮(裕一)、忽那汐里(里香)、大泉洋(夏目先生)、濱田マリ(亜希子先生)、加藤康起(保)、川村亮介(司)、緑友利恵(みゆき)、森田直幸(夏目先生に訴える少年)、螢雪次朗(現・青葉病院院長)、中村久美(里香の母親)、西岡徳馬(青葉病院院長)、ほか

「シェル・コレクター」のネタバレあらすじ結末

シェル・コレクターの紹介:2016年日本,アメリカ映画。アメリカの作家アンソニー・ドーアの小説「シェル・コレクター/貝を集める人」を題材にした作品。沖縄の離島を舞台に奇病を治癒する貝を見つけ出した貝類学者が辿る奇妙な運命をファンタジーを交えて描いていきます。盲目の貝類学者という難しい役どころをリリーフランキーが熱演しています。
監督:坪田義史 出演者:リリー・フランキー(貝類学者)、池松壮亮(光)、普久原明(弓場宗治)、新垣正弘(清吉)、ジム・スターク(ジム)、瀬名波孝子(おばあ)、城間やよい(屋敷の女)、内田周作(眼科医)、橋本愛(弓場嶌子)、寺島しのぶ(山岡いづみ)、ほか

「散り椿」のネタバレあらすじ結末

散り椿の紹介:2018年日本映画。葉室麟の同名時代小説を、日本を代表するキャメラマン・木村大作が自身3作目となるメガホンを執り、『雨あがる』『蜩ノ記』を監督した小泉堯史が脚本を手掛けて映画化した時代劇です。架空の藩・扇野藩を追われた剣の達人が妻の死を機に故郷に舞い戻り、自分が追われるきっかけとなった藩の不正の真実に迫っていきます。モントリオール世界映画祭で審査員特別グランプリを受賞しています。
監督:木村大作 出演者:岡田准一(瓜生新兵衛)、西島秀俊(榊原采女)、黒木華(坂下里美)、池松壮亮(坂下藤吾)、麻生久美子(瓜生篠)、緒形直人(篠原三右衛門)、新井浩文(宇野十蔵)、柳楽優弥(平山十五郎)、芳根京子(篠原美鈴)、駿河太郎(坂下源之進)、渡辺大(千賀谷政家)、石橋蓮司(田中屋惣兵衛)、富司純子(榊原滋野)、奥田瑛二(石田玄蕃)、豊川悦司(ナレーション)ほか

「君が君で君だ」のネタバレあらすじ結末

君が君で君だの紹介:2018年日本映画。好きになった女性のために、自らを捨てて彼女が憧れる人物(尾崎豊、ブラッド・ピット、坂本龍馬)にそれぞれなりきった3人の男の10年間に及ぶ愛の軌跡と結末を描いた異色のラブストーリーです。
監督:松居大悟 出演者:池松壮亮(尾崎豊になりきる男)、キム・コッピ(ソン)、満島真之介(ブラッド・ピットになりきる男)、大倉孝二(坂本龍馬になりきる男)、高杉真宙(宗太)、向井理(友枝)、YOU(星野)ほか

「上京ものがたり」のネタバレあらすじ結末

上京ものがたりの紹介:2012年日本映画。西原理恵子の自伝的コミックを映画化した作品。田舎の女の子が画家を目指して上京するも才能のなさに挫折、苦悩しながら新たな道を自ら切り開こうと突き進む青春ドラマ
出演:北乃きい(菜都美)、池松壮亮(良介)、谷花音(沙希)、瀬戸朝香(吹雪)、ほか

「万引き家族」のネタバレあらすじ結末

万引き家族の紹介:2018年日本映画。万引きという犯罪を通して繋がっていく家族の物語を「誰も知らない」「そして父になる」の是枝裕和監督がオリジナル脚本で映画化。親の年金を不正受給していた家族が逮捕されるという実際の事件から着想を得たという物語で、育児放棄などの題材も交えながら、一人の少年の成長と選択を描きます。2018年第71回カンヌ国際映画祭で日本映画としては21年ぶりとなる最高賞パルムドールを受賞した話題作。リリー・フランキー、安藤さくら、樹木希林等、ベテラン俳優に、松岡茉優や城桧吏ら期待の若手俳優が出演。
監督:是枝裕和 出演:リリー・フランキー(柴田治)、安藤サクラ(柴田信代)、城桧吏(柴田祥太)、松岡茉優(柴田亜紀)、樹木希林(柴田初枝)、佐々木みゆ(ゆり / 凛)、池松壮亮(4番さん)、柄本明(川戸頼次)、高良健吾(前園巧)、池脇千鶴(宮部希衣)、ほか

「春を背負って」のネタバレあらすじ結末

春を背負っての紹介:2014年日本映画。笹本稜平の同名小説を、日本を代表するカメラマン・木村大作が自身2作目の監督作品として映画化した山岳ドラマです。立山連峰を舞台に、東京でトレーダーをしていた主人公が、山小屋を経営していた父の死をきっかけに故郷に戻り、父の後を継ごうとするのですが…。撮影は一切CGに頼らず、丸1年かけて実際に立山連峰の四季折々を撮影しています。
監督:木村大作 出演者:松山ケンイチ(長嶺亨)、小林薫(長嶺勇夫)、檀ふみ(長嶺菫)、蒼井優(高澤愛)、豊川悦司(多田悟郎)、新井浩文(中川聡史)、池松壮亮(須永幸一)、仲村トオル(朝倉隆史)ほか

「大人ドロップ」のネタバレあらすじ結末

大人ドロップの紹介:2013年日本映画。樋口直哉の同名小説を映画化した青春ドラマです。4人の男女の高校生が恋愛を経験するうちに悩みもがきながらも大人に成長していくひと夏の過程を、池松壮亮と橋本愛のダブル主演で描きます。
監督:飯塚健 出演者:池松壮亮(浅井由)、橋本愛(入江杏)、前野朋哉(岡田始)、小林涼子(野中春)、渡辺大知(辻本裕也)ほか

「夜空はいつでも最高密度の青色だ」のネタバレあらすじ結末

夜空はいつでも最高密度の青色だの紹介:2017年日本映画。詩人・最果タヒの同名詩集を映画化した作品で、東京を舞台に、昼は看護師・夜はガールズバーで働く女性と左目がほとんど見えない日雇い労働者、二人の孤独な男女の出会いと切ない恋を描いたラブストーリーです。2017年の第91回キネマ旬報ベスト・テンで日本映画1位を獲得しています。
監督:石井裕也 出演者:石橋静河(美香)、池松壮亮(慎二)、市川実日子(美香の母)、松田龍平(智之)、田中哲司(岩下)ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑