磯村勇斗映画一覧

磯村勇斗が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「前科者」のネタバレあらすじ結末

前科者の紹介:2021年日本映画。罪を犯し、その後更生するために奮闘する前科者。その彼らの社会復帰を後押しするために存在する保護司。犯した罪に苦しむ工藤を優しく支える保護司の佳代、再び警察から追われることになった工藤を頑なに信じる姿が印象的です。
監督:岸善幸 出演:有村架純(阿川佳代)、森田剛(工藤誠)、磯村勇斗(滝本真司)、若葉竜也(実)、マキタスポーツ(鈴木充)、石橋静河(斉藤みどり)、北村有起哉(高松直治)、宇野祥平(松山)、リリー・フランキー(遠山史雄)、木村多江(宮口エマ)、ほか

「劇場版 きのう何食べた?」のネタバレあらすじ結末

劇場版 きのう何食べた?の紹介:2021年日本映画。同名原作やドラマで人気の作品を映画化。同性カップルという厳しい環境で生きる弁護士と美容師が難題に直面しながら少しずつ絆を深めていく話です。彼らが作り食べる数々の食事がとても美味しそうに映ります。劇場版の新キャストとして松村北斗が出演しています。
監督:中江和仁 出演:西島秀俊(筧史朗 / シロさん)、内野聖陽(矢吹賢二 / ケンジ)、山本耕史(小日向大策)、磯村勇斗(井上航)、マキタスポーツ(三宅祐)、高泉淳子(上町美江)、松村北斗(田渕剛)、田中美佐子(富永佳代子)、チャンカワイ(上町修)、奥貫薫(三宅玲子)、田山涼成(筧悟朗)、梶芽衣子(筧久栄)、ほか

「彼女が好きなものは」のネタバレあらすじ結末

彼女が好きなものはの紹介:2021年日本映画。普通の男女としてつき合い始める【ゲイ】の男子と【BL好き】の女子の物語。原作は、2016年に発表された浅原ナオトのWEB小説「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」。2019年に「腐女子、うっかりゲイに告る。」のタイトルでテレビドラマ化もされている。ゲイであることを隠して“普通”の幸せを模索する男子高校生・純を演じるのは、NEXT国宝級イケメン1位にも選ばれた神尾楓珠。BLを好みながらも自分の恋人がゲイだという現実に戸惑う女子高生・紗枝を、『ひらいて』など主演作目白押しの山田杏奈が演じる。
監督・脚本: 草野翔吾 原作: 浅原ナオト キャスト:神尾楓珠(安藤純)、山田杏奈(三浦紗枝)、前田旺志郎(高岡亮平)、三浦獠太(小野雄介)、池田朱那(今宮くるみ)、渡辺大知(近藤隼人)、三浦透子(佐倉奈緒)、磯村勇斗(Mr.ファーレンハイト)、山口紗弥加(安藤みづき)、今井翼(佐々木誠)ほか

「東京リベンジャーズ」のネタバレあらすじ結末

東京リベンジャーズの紹介:2020年日本映画。旬の若手俳優を集めた人気マンガの実写化映画『東京リベンジャーズ』。監督は『映像研には手を出すな!』など実写化作品に定評のある英勉。主役の花垣武道は映画にドラマ、そしてバンドDISH//のフロントマンとしても活躍中の北村匠海。ヒロイン橘日向に今田美桜、その弟直人に杉野遥亮、そのほか磯村勇斗、吉沢亮、山田裕貴、間宮祥太朗、清水尋也、眞栄田郷敦、鈴木伸之など、全員マンガから抜け出てきたかのようなビジュアルの再現度でキャラクターを演じている。
監督: 英勉 原作:「東京卍リベンジャーズ」和久井健(週刊少年マガジン) 出演:北村匠海(花垣武道[タケミチ])、山田裕貴(龍宮寺堅[ドラケン])、杉野遥亮(橘直人[ナオト])、今田美桜(橘日向[ヒナ])、鈴木伸之(清水将貴[キヨマサ])、眞栄田郷敦(三ツ谷隆[ミツヤ])、清水尋也(半間修二[ハンマ])、磯村勇斗(千堂敦[アッくん])、間宮祥太朗(稀咲鉄太[キサキ])、吉沢亮(佐野万次郎[マイキー])ほか

「今日から俺は!!劇場版」のネタバレあらすじ結末

今日から俺は!!劇場版の紹介:2020年日本映画。1990年代にアニメ化やVシネマ化され、2018年にテレビドラマがリバイバルヒットした西森博之原作の漫画『今日から俺は!!』の劇場版作品です。本作は原作の「北根壊高校編」を映像化し、テレビドラマ版のキャスト・スタッフが再集結しています。本作はコロナ禍にあって興行収入53億円を超え、2020年度の日本国内公開作品で『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(興行収入374億円)に次ぐヒット作となりました。
監督:福田雄一 出演者:賀来賢人(三橋貴志)、伊藤健太郎(伊藤真司)、清野菜名(赤坂理子)、橋本環奈(早川京子)、仲野太賀(今井勝俊)、矢本悠馬(谷川安夫)、若月佑美(川崎明美)、柾木玲弥(佐川直也)、鈴木伸之(片桐智司)、磯村勇斗(相良猛)、じろう(坂本先生)、長谷川忍(反町先生)、猪塚健太(水谷先生)、愛原実花(山口先生)、ムロツヨシ(椋木先生)、瀬奈じゅん(三橋愛美)、佐藤二朗(赤坂哲夫)、吉田鋼太郎(三橋一郎)、泉澤祐希(森川悟)、山本舞香(森川涼子)、柳楽優弥(柳鋭次)、栄信(大嶽重弘)ほか

「ヤクザと家族 The Family」のネタバレあらすじ結末

ヤクザと家族 The Familyの紹介:2021年日本映画。日本アカデミー賞など数々の映画賞に輝いた『新聞記者』(2019年)の藤井道人監督とスタッフが贈る、ヤクザの世界に足を踏み入れた孤独な若者と父親代わりとなったヤクザ組長との絆を、1999年・2005年・2019年の3つの時代に分けて描いたヒューマンドラマです。綾野剛と舘ひろしがダブル主演を務め、綾野剛は19歳時から39歳時までの全ての年代の主人公を一人で演じ切っています。
監督:藤井道人 出演者:綾野剛(山本賢治)、舘ひろし(柴咲博)、尾野真千子(工藤由香)、北村有起哉(中村努)、市原隼人(細野竜太)、磯村勇斗(木村翼)、菅田俊(竹田誠)、康すおん(豊島徹也)、小宮山莉渚(工藤彩)、二ノ宮隆太郎(大原幸平)、駿河太郎(川山礼二)、岩松了(大迫和彦)、豊原功補(加藤雅敏)、寺島しのぶ(木村愛子)ほか

「新解釈・三國志」のネタバレあらすじ結末

新解釈・三國志の紹介:2020年日本映画。『銀魂』『勇者ヨシヒコ』『今日から俺は!!』などの福田雄一が、幾度となく映像化されてきた歴史書『三國志』を自らの解釈を加え、自ら監督と脚本を務めて映画化した完全オリジナルの痛快エンタテインメント作品です。主演に今回が初タッグとなる大泉洋を迎え、脇を福田作品の常連で固めました。主題歌は福山雅治が手掛けています。
監督:福田雄一 出演者:大泉洋(劉備)、賀来賢人(周瑜)、橋本環奈(黄夫人)、山本美月(小喬)、岡田健史(孫権)、橋本さとし(関羽)、高橋努(張飛)、岩田剛典(趙雲)、渡辺直美(貂蝉)、磯村勇斗(荀彧)、矢本悠馬(黄蓋)、阿部進之介(夏侯惇)、半海一晃(魯粛)、ムロツヨシ(孔明)、山田孝之(黄巾)、城田優(呂布)、佐藤二朗(董卓)、小栗旬(曹操)、西田敏行(蘇我宗光/ナレーション)ほか

「春待つ僕ら」のネタバレあらすじ結末

春待つ僕らの紹介:2018年日本映画。イケメンたちに囲まれた内気なヒロイン。キュンキュンな少女マンガ満載の月刊デザートで連載中の『春待つ僕ら』。活発さを封印した土屋太鳳、憂いを含んだ複雑な表情を浮かべる北村匠海、初心者とは思えないバスケの技を見せつける小関裕太。キャスト陣の頑張りが、王道少女マンガを説得力のあるドラマへと進化させた…。主演の二人(TAOTAK)が歌う「Anniversary」も爽やかで、ラストシーンの幸福感を盛り上げるのにピッタリの楽曲となっている。
監督:平川雄一朗 キャスト:土屋太鳳(春野美月)、北村匠海(浅倉永久)、小関裕太(神山亜哉)、磯村勇斗(若宮恭介)、杉野遥亮(多田竜二)、稲葉友(宮本瑠衣)、泉里香(柏木ナナセ)、佐生雪(山田レイナ)、緒川たまき(神山ユーコ)、ほか

「恋は雨上がりのように」のネタバレあらすじ結末

恋は雨上がりのように の紹介:2018年日本映画。冴えないファミリーレストランの店長に片想いする女子高生の恋模様を描く。眉月じゅん原作コミック「恋は雨上がりのように」を、「帝一の國」「世界から猫が消えたなら」の永井怜が実写化。店長を「アイアムアヒーロー」の大泉洋、女子高生を「乾き。」の小松菜奈が演じる。
監督:永井聡 キャスト:小松菜奈(橘あきら)、大泉洋(近藤正己)、清野菜名(喜屋武はるか)、磯村勇斗(加瀬亮介)、葉山奨之(吉澤タカシ)、松本穂香(西田ユイ)、山本舞香(倉田みずき)、篠原篤(大塚)、濱田マリ(久保佳代子)、戸次重幸(九条ちひろ)、吉田羊(橘ともよ)、ほか

「覆面系ノイズ」のネタバレあらすじ結末

覆面系ノイズの紹介:2017年日本映画。福山リョウコ原作の同名少女漫画を実写映画化した青春ロックムービーで、音楽に情熱を燃やす若者たちの姿が描かれています。出演者らによる劇中バンド「in NO hurry to shout;」は実際にメジャーデビューも果たしています。
監督:三木康一郎 出演者:中条あやみ(有栖川仁乃/ニノ)、志尊淳(杠花奏/ユズ)、小関裕太(榊桃/モモ)、真野恵里菜(珠久里深桜/ミオウ)、杉野遥亮(悠埜佳斗/ハルヨシ)、磯村勇斗(黒瀬歩/クロ)、ほか

「ガールズ・ステップ」のネタバレあらすじ結末

ガールズ・ステップの紹介:2015年日本映画。宇山佳佑の同名小説を映画化した作品で、それぞれの事情を抱えた5人の冴えない女子高生がひょんなことからダンス部を結成、ダンスフェスティバルへの出場を目指すうちにダンスの面白さと友情に目覚めていく青春ドラマです。
監督:川村泰祐 出演者:石井杏奈(西原あずさ)、小芝風花(片瀬愛海)、小野花梨(小沢葉月)、秋月三佳(岸本環)、上原実矩(貴島美香)ほか

「仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間」のネタバレあらすじ結末

劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間の紹介:2016年日本映画。死んだはずのアランの兄アルゴスが100人の英雄の魂を使って、この世の全ての人間をゴースト化しようと企む。その野望を阻止するためにはタケルは自身の肉体を消滅させなければいけない。タケルの選択は?「さよならオレ」
監督:諸田敏 出演:天空寺タケル/仮面ライダーゴースト(西銘駿)、月村アカリ(大沢ひかる)、深海マコト / 仮面ライダースペクター(山本涼介)、御成(柳喬之)、アラン/仮面ライダーネクロム(磯村勇斗)、深海カノン(工藤美桜)、仙人(竹中直人)、ユルセン(悠木碧)、宮本武蔵(唐橋充)、卑弥呼(平田裕香)ほか

キーワードから探す

TOP↑