伊丹十三映画一覧

伊丹十三が出演・監督する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「執炎」のネタバレあらすじ結末

執炎の紹介:1964年日本映画。加茂菖子の同名小説にもとづくメロドラマ。後に監督となった伊丹十三の初期の出演作のひとつ。「南極物語」や「憎いあンちくしょう」で知られる蔵原惟繕が演出。脚色は監督とずっとコンビを組んできた山田信夫が担当している。
監督:蔵原惟繕 出演:浅丘ルリ子(久坂きよの)、伊丹十三(吉井拓治)、平田大三郎(吉井秀治)、宇野重吉(小島)、信欣三(きよのの父)、細川ちか子(きよのの母)、ほか

「マルタイの女」のネタバレあらすじ結末

マルタイの女の紹介:1997年日本映画。巨匠・伊丹十三監督が自らの経験を元に脚本を書き上げて映画化したクライム映画で、監督の遺作ともなった作品です。偶然にも殺人事件を目撃してしまった女優が、事件の背後に潜む巨大な陰謀に巻き込まれていきます。
監督:伊丹十三 出演者:宮本信子(磯野ビワコ)、西村まさ彦(立花刑事)、村田雄浩(近松刑事)、名古屋章(波多野管理官)、高橋和也(大木珠男)、津川雅彦(真行寺編成局長)ほか

「ドレミファ娘の血は騒ぐ」のネタバレあらすじ結末

ドレミファ娘の血は騒ぐの紹介:1985年日本映画。お蔵入りになっていた日活ロマンポルノ作品「女子大生恥ずかしゼミナール」を再編集して制作された映画。洞口依子の映画初主演作。心理学の教授が、上京した女子大生を自らの理論の実験材料にするコメディ作品。
監督:黒沢清 出演:洞口依子(秋子)、伊丹十三(平山教授)、麻生うさぎ(エミ)、加藤賢崇(吉岡)、ほか

「スウィートホーム」のネタバレあらすじ結末

スウィートホームの紹介:1989年日本映画。フレスコ画家・間宮一郎が没して30年。無人の間宮屋敷には未だに発見されていないフレスコ画が存在しているという。テレビ局のクルー達は間宮の屋敷で取材を始めるが、その屋敷は間宮夫人の怨念によって支配された呪われた屋敷だった。
監督:黒沢清 出演:宮本信子(早川秋子/ディレクター)、山城新伍(星野和男(プロデューサー)、NOKKO(星野エミ/和男の娘)、黒田福美(アスカ/レポーター)、古舘伊知郎(田口亮/カメラマン)、伊丹十三(山村健一)、渡辺まち子(間宮夫人/悪霊)、ほか

「お葬式」のネタバレあらすじ結末

お葬式の紹介:1984年日本映画。伊丹十三の監督デビュー作となった当作品は、監督自らの経験を元に書き下ろしたオリジナルストーリーで、妻の父が急死し、喪主を務めることになった男の姿を周囲の人間関係とともにコメディタッチで描き大ヒットした作品です。
監督:伊丹十三 出演者:山崎努(井上侘助)、宮本信子(雨宮千鶴子)、菅井きん(雨宮きく江)、大滝秀治(雨宮正吉)、江戸家猫八(海老原)ほか

「家族ゲーム」のネタバレあらすじ結末

家族ゲームの紹介:1983年日本映画。本間洋平の同名小説の映画化作品で、その斬新な演出や作風で大きな話題を巻き起こした作品です。松田優作演じる変わり者の家庭教師が、受験生を抱える家庭にもたらす騒動を描いています。鹿賀丈史や長渕剛、櫻井翔(嵐)の主演で3度テレビドラマ化もされています。
監督:森田芳光 出演者:松田優作(吉本勝)、宮川一朗太(沼田茂之)、伊丹十三(沼田孝助)、由紀さおり(沼田千賀子)、辻田順一(沼田慎一)ほか

「スーパーの女」のネタバレあらすじ結末

スーパーの女の紹介:1996年日本映画。安土敏の「小説スーパーマーケット」を伊丹十三監督が映画化した作品です。スーパーが大好きな主婦が、幼馴染が経営する潰れかけのスーパーを救うべくライバルのスーパーに真っ向勝負を挑んでいく人情喜劇です。
監督:伊丹十三 出演者:宮本信子(井上花子)、津川雅彦(小林五郎)、三宅裕司(キヨちゃん)、小堺一機(販促部員)、伊東四朗(「安売り大魔王」社長)ほか

「居酒屋兆治」のネタバレあらすじ結末

居酒屋兆治の紹介:1983年日本映画。山口瞳原作。函館で居酒屋「兆治」を、妻の茂子と切り盛りする、元高校球児の藤野栄治と、かつての恋人で今は資産家の奥さんとなった、さよや、居酒屋に訪れる人々が織りなす、切なく、あたたかい人間模様を描いた映画です。
監督:降旗康男 出演:高倉健(藤野英治)、加藤登紀子(藤野茂子)、大原麗子(神谷さよ)、田中邦衛(岩下義治)、伊丹十三(河原)、ちあきなおみ(峰子)、ほか

「ミンボーの女」のネタバレあらすじ結末

ミンボーの女の紹介:1992年日本映画。ホテル・ヨーロッパはサミットを開催する為にホテル内にいるヤクザを全て追い払う事を決意する。しかし、対策チームの鈴木と若杉はヤクザに脅される毎日を送ってしまう。そんな中、ミンボー対策の弁護士として井上まひるが二人の前に現れる。三人は、ホテルの為にヤクザ達と対決をする事となる。
監督:伊丹十三 出演者:宮本信子(井上まひる)、宝田明(小林総支配人)、大地康雄(鈴木勇気)、村田雄浩(若杉太郎)、伊東四朗(入内島)

「マルサの女2」のネタバレあらすじ結末

マルサの女2の紹介:1988年日本映画。1987年公開「マルサの女」の続編。脱税を取り締まる国税局査察部、通称マルサに勤務する女性査察官の板倉が、宗教法人を利用して脱税する地上げ屋や、権力者達と繰り広げる攻防を描いています。
監督:伊丹十三 出演:宮本信子(板倉亮子)、津川雅彦(花村)、三國連太郎(鬼沢鉄平)、加藤治子(赤羽キヌ)、中村竹弥(漆原)、ほか

「マルサの女」のネタバレあらすじ結末

マルサの女の紹介:1987年日本映画。国税局査察部、通称マルサに勤務する女性査察官が、脱税者の脱税のカラクリを捜査し解明していく過程での攻防をコミカルに描いています。
監督:伊丹十三 出演:宮本信子(板倉亮子)、山崎努(権藤英樹)、津川雅彦(花村)、大地康雄(伊集院)、金子(桜金造)、ほか

「タンポポ」のネタバレあらすじ結末

タンポポの紹介:1985年日本映画。伊丹十三監督による人情コメディ作品です。売れないラーメン屋を立て直そうと奮闘する行きずりの二人のトラック運転手らの姿を、周りの人間模様と共に描いています。
監督:伊丹十三 出演者:山崎努(ゴロー)、渡辺謙(ガン)、宮本信子(タンポポ)、ピスケン(安岡力也)、センセイ(加藤嘉)、ショーヘイ(桜金造)ほか

「細雪 (1983年)」のネタバレあらすじ結末

細雪の紹介:1983年日本映画。谷崎潤一郎の『細雪』が原作。関西を舞台にして、三女の縁談、四女の恋愛騒動を中心に、船場育ちの四姉妹の一年間を、独特の船場言葉で描いた映画です。
監督:市川崑 出演:岸惠子(蒔岡鶴子)、佐久間良子(蒔岡幸子)、吉永小百合(蒔岡雪子)、古手川祐子(蒔岡妙子)、伊丹十三(辰雄:鶴子の夫)、石坂浩二(貞之助:幸子の夫)、ほか

TOP↑