井浦新映画一覧

井浦新が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「おもいで写眞」のネタバレあらすじ結末

おもいで写眞の紹介:2021年日本映画。『おと・な・り』『君に届け』『ユリゴコロ』などを手がけた熊澤尚人監督が、自ら執筆した同名小説を映画化したヒューマンドラマです。主演を元「乃木坂46」の深川麻衣が務め、東京で夢破れて故郷の富山に戻ってきた主人公が遺影の撮影の仕事を通じて生きがいや新たな夢を見出す姿を描きます。
監督:熊澤尚人 出演者:深川麻衣(音更結子)、高良健吾(星野一郎)、香里奈(樫井美咲)、井浦新(居酒屋の大将)、今本洋子(千代)、古谷一行(柏葉雅俊)、吉行和子(山岸和子)、古川凛(音更結子(幼少期))ほか

「朝が来る」のネタバレあらすじ結末

朝が来るの紹介:2020年日本映画。1997年、『萌の朱雀』でカンヌ国際映画祭カメラ・ドール(新人監督賞)を受賞した河瀨直美監督の最新作。『家族』『故郷・奈良』にこだわり続ける河瀬が選んだ題材は、「特別養子縁組」を描いた直木賞作家・辻村深月の『朝が来る』。養子を受け入れる側の夫婦の状況と、実母の事情が前半と後半に分かれて描かれている。夫婦を演じるのは『八日目の蝉』の永作博美と『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』の井浦新。実母のひかりは是枝作品に多く出演している蒔田彩珠が繊細に演じている。
監督・脚本・撮影:河瀨直美 原作:辻村深月 キャスト:永作博美(栗原佐都子)、井浦新(栗原清和)、蒔田彩珠(片倉ひかり)、浅田美代子(浅見静恵)、佐藤令旺(栗原朝斗)、田中偉登(麻生巧)、中島ひろ子(片倉貴子)、平原テツ(片倉勝)、駒井蓮(片倉美咲)、利重剛(浜野剛)ほか

「DISTANCE/ディスタンス」のネタバレあらすじ結末

DISTANCE/ディスタンスの紹介:2001年日本映画。カルト集団が無差別殺人事件を起こし、その実行犯の遺族4人が命日に湖を訪れる。そこで実行犯でありながら事件直前に逃げ出した元信者と出会い、ロッジで5人が過ごした時間を描いた物語。是枝監督の長編映画3作目であり、カンヌ国際映画祭コンペティション部門招待作品である。
監督:是枝裕和 出演:ARATA(敦)、伊勢谷友介(勝)、寺島進(実)、夏川結衣(きよか)、浅野忠信(坂田)、りょう(夕子)、遠藤憲一(きよかの夫 環)、中村梅雀(菊間刑事)、津田寛治(勝の兄)、山下容莉枝(実の元、妻)、村杉蝉之介(宮村)、梓(勝のガールフレンド、梓)、木村多江(老人ホームの看護婦)、平岩友美(実の現、妻)、中村育二(実の上司)、杉本安生(田辺老人)、ほか

「二十六夜待ち」のネタバレあらすじ結末

二十六夜待ちの紹介:2017年日本映画。佐伯一麦の同名小説を原作とする作品。記憶を取り戻せない男と震災によってすべてを失った女。孤独を抱える二人は何かに引き寄せられるかのように激しい恋に落ちていきますが…。井浦新、黒川芽以共演による官能的なラブストーリーです。
監督:越川道夫 出演者:井浦新(杉谷)、黒川芽以(由実)、天衣織女(由実の叔母)、鈴木晋介(由実の叔父)、鈴木慶一(大沢)、諏訪太朗(木村)、ほか

「スマホを落としただけなのに2 囚われの殺人鬼」のネタバレあらすじ結末

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼の紹介:2019年日本映画。2018年に人気を博したロングセラー小説の映画化第2弾。あれから数年後、難解な事案を解決した加賀谷にMと名乗る男から挑戦が届く。私活動をめぐっての不具合から放たれ、つかの間の休息を堪能する美乃里のスマホにも新たな魔の手が迫っていた。今作ではバリアフリー鑑賞として音声ガイドや日本語字幕が展開されている。
監督:中田秀夫 出演:千葉雄大(加賀谷学)、白石麻衣(松田美乃里)、成田凌(浦野善治)、鈴木拡樹(笹岡一)、音尾琢真(根岸剛志)、江口のりこ(荒木寛子)、奈緒(安西優香)、飯尾和樹(三宅卓也)、高橋ユウ(神宮寺紗綾子)、ko-dai(野崎隼人)、平子祐希(吉原宏樹)、谷川りさこ(藤井未央)、アキラ100%(西)、今田美桜(丹羽亮子)、田中哲司(牧田英俊)、北川景子(稲葉麻美)、田中圭(富田誠)、原田泰造(毒島徹)、井浦新(兵頭彰)、ほか

「嵐電」のネタバレあらすじ結末

嵐電の紹介:2019年日本映画。京都市内を走る路面電車・京福電気鉄道の嵐山本線・北野線、通称 嵐電(らんでん)の沿線を舞台に、ノンフィクション作家の男、カフェで働く女、修学旅行のために京都に来た青森県の女子高生の嵐電にまつわる3つの恋愛エピソードを描いていく群像劇です。
監督:鈴木卓爾 出演者:井浦新(平岡衛星)、大西礼芳(小倉嘉子)、安部聡子(平岡斗麻子)、金井浩人(吉田譜雨)、窪瀬環(北門南天)、石田健太(有村子午線)、福本純里(川口明輝尾)、水上竜士(永嶺巡)ほか

「こはく」のネタバレあらすじ結末

こはくの紹介:2018年日本映画。サザンオールスターズのプロモーションビデオなどを手掛けてきた横尾初喜監督の自身2作目となる長編作品は、監督の幼少期の実体験を基にしており、監督の故郷・長崎を舞台に幼い頃別れた父を探して歩く兄弟を描きます。本作ではお笑い芸人のアキラ100%が本名の大橋彰として井浦新演じる主人公の兄を、横尾監督の妻である遠藤久美子が主人公の妻を、2019年11月に惜しくも他界した木内みどりが主人公兄弟の母を演じています。
監督:横尾初喜 出演者:井浦新(広中亮太)、大橋彰(広中章一)、遠藤久美子(広中友里恵)、嶋田久作(佐久本)、塩田みう(宮本優希)、寿大聡(越野啓介)、鶴田真由(小形晃子)、石倉三郎(宮本哲郎)、鶴見辰吾(三田崇之)、木内みどり(広中元子)ほか

「返還交渉人 いつか沖縄を取り戻す」のネタバレあらすじ結末

返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻すの紹介:2018年日本映画。民主党政権下の時代に、沖縄返還に関する機密資料が公開され、沖縄返還に尽力した外務省の千葉一夫という職員の存在がわかりました。この作品は千葉一夫が、沖縄返還の為、アメリカとの交渉に粘り強く挑み、日本の要求をほぼのませた姿をリアルに再現したドラマです。元々NHKで放映されたものですが、新たな映像を加え、劇場用に再編集された映画です。
監督:柳川強 出演者:井浦新(千葉一夫)、戸田菜穂 (千葉惠子)、尾美としのり(石野文男)、中島歩(倉持昌幸)、佐野史郎(西條公彦)、大杉漣(植田啓三)、石橋蓮司(屋良朝苗)ほか

「ニワトリ★スター」のネタバレあらすじ結末

ニワトリ★スターの紹介:2017年日本映画。東京の底辺でマリファナを吸いながら、何も目的もなく自堕落な生活を楽しんでいた楽人と草太。ヤクザの八田に目をつけられたことによって、2人は別々の道を歩むことになります。人間の闇と複雑な心情を様々な映像効果で表現した作品です。
監督:かなた狼 出演:井浦新(雨屋草太)、成田凌(星野楽人)、紗羅マリー(知花月海)、阿部亮平(爬部井学)、LiLiCo(管理人)、鳥肌実(神の男)、津田寛治(八田清)、奥田瑛二(草太の父)、山田スミ子(草太の母)、ほか

「ワンダフルライフ」のネタバレあらすじ結末

ワンダフルライフの紹介:1999年日本映画。亡くなった人々がある施設の中に入って行き、そこで自分の一番大切な思い出を選ぶ。施設のスタッフは選ばれた思い出を映像化し、人々はその思い出を胸に死後の世界へと旅立っていく。「幻の光」に続く是枝裕和監督の2作目の映画。
監督:是枝裕和 出演:ARATA/井浦新(望月隆)、小田エリカ(里中しおり)、寺島進(川嶋さとる)、内藤剛志(渡辺一朗)、香川京子(渡辺京子)、伊勢谷友介(伊勢谷友介)、谷啓、原ひさ子、阿部サダヲ、ほか

「宮本から君へ」のネタバレあらすじ結末

宮本から君への紹介:2019年日本映画。人一倍正義感が強いが愚直で暑苦しい営業マン・宮本が自立した女と恋に落ちるが、二人を試練が待ち受けていた。1990年に連載開始した原作漫画の作者・新井英樹も宮本の父の役で出演。『ディストラクション・ベイビーズ』の真利子哲也が、全12話のテレビドラマ「宮本から君へ」に続いて監督を務めた。主演の池松壮亮にとって22歳で原作に出会って以来強い思い入れのある企画。マンション8階の外に張り出した非常階段で撮影された生々しい決闘シーンは必見。
監督:真利子哲也 出演者:池松壮亮(宮本浩)、蒼井優(中野靖子)、井浦新(風間裕二)、一ノ瀬ワタル(馬淵拓馬)、古舘寛治(岡崎部長)、ピエール瀧(馬淵敬三)、佐藤二朗(大野平八郎)、松山ケンイチ(神保和男)ほか

「赤い雪 Red Snow」のネタバレあらすじ結末

赤い雪 Red Snowの紹介:2017年日本映画。一希は30年前に弟の卓巳が行方不明になった日の事を思い出していました。近所の女性が犯人ではないかと取り調べを受けていましたが、その女性も行方不明でした。ある日、木立という記者が早奈江の娘の居場所を見つけたと言ってきたことから、卓巳の失踪の真相を知ろうと動きはじめました…という内容のミステリー映画です。
監督:甲斐さやか 出演者:永瀬正敏(白川一希)、菜葉菜(江藤早百合)、井浦新(木立省吾)、夏川結衣(江藤早奈江)、佐藤浩市(宅間隆)ほか

「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」のネタバレあらすじ結末

ドラゴンクエスト ユア・ストーリーの紹介:2019年日本映画。誰もが熱狂した国民的RPGゲーム「ドラゴンクエスト」の映画化作品。今回はシリーズの中でも人気の高い「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」の話を原案に、壮大な話が3DCGアニメーションで甦ります。親子3代に渡る感動のストーリーです。
監督:八木竜一 花房真 声の出演:佐藤健(リュカ)、有村架純(ビアンカ)、波瑠(フローラ)、坂口健太郎(ヘンリー)、山田孝之(パパス)、ケンドーコバヤシ(サンチョ)、安田顕(プサン)、古田新太(ブオーン)、松尾スズキ(ルドマン)、山寺宏一(スラりん)、井浦新(ミルドラース)、賀来千香子(マーサ)、吉田鋼太郎(ゲマ)、ほか

「渋谷」のネタバレあらすじ結末

渋谷の紹介:2009年日本映画。渋谷の街の日常を赤裸々に描いた作品。フリーカメラマンの水澤は、ある日渋谷の路上で言い争う少女と母親を見かけます。なぜ少女が母親につらく当たるのか、理由を知りたい水澤は少女と接触をはかりますが…。
監督:西谷真一 出演:綾野剛(水澤一成)、佐津川愛美(ユリカ)、松田美由紀(ユリカの母)、ARATA(ヘルスの店員)、大島優子(ユウ)、西村和彦(ヘルスの客)、石田えり(栗山)、斎藤工、藤井リナ、ほか

「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」のネタバレあらすじ結末

すーちゃん まいちゃん さわ子さんの紹介:2012年日本映画。田ミリの人気四コマ漫画「すーちゃん」シリーズ待望の映画化作品。すーちゃん、まいちゃん、さわ子さんの3人は十数年の付き合いになる女友達。3人ともそれぞれ、将来への不安や悩みを抱えながらも、日々の仕事や生活を送っている。柴咲コウ、真木よう子、寺島しのぶの3人が、何気ない日常を送る3人の女性を好演。
監督:御法川修 出演:柴咲コウ(すーちゃん・森本好子)、真木よう子(まいちゃん・岡村まい子)、寺島しのぶ(さわ子さん・林さわ子)、染谷将太(千葉恒輔)、井浦新(中田誠一郎)、木野花(カフェのオーナー)、ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑