ジャック・ブラック映画一覧

ジャック・ブラックが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ルイスと不思議の時計」のネタバレあらすじ結末

ルイスと不思議の時計の紹介:2018年アメリカ映画。両親を亡くしたばかりの10歳の少年ルイス。引き取られた伯父のジョナサンの屋敷は古く怪しい雰囲気が漂う。不安を募らせるルイスの前に現れたのは亡き母だった。優しい母に勇気を授けられ隠された時計を探すために立ち向かったルイスだったが、同時にある秘密に出くわすことになる。"ハリーポッターの原点"といわれるジョン・ベレアーズ作「ルイスと不思議の時計」を原作とし、スティーヴン・スピルバーグのアンブリン・エンターテインメントが贈るマジック・ファンタジー。
監督:イーライ・ロス 出演:ジャック・ブラック(ジョナサン・バーナヴェルト)、ケイト・ブランシェット(フローレンス・ツィマーマン)、オーウェン・ヴァカーロ(ルイス・バーナヴェルト)、レネー・エリス・ゴールズベリー(セリーナ・イザード)、サニー・スリッチ(タービー・コリガン)、コリーン・キャンプ(ハンチェット夫人)、ロレンツァ・イッツォ(ルイスママ)、ヴァネッサ・アン・ウィリアムズ(ローズ・リタ・ポッティンジャー)、カイル・マクラクラン(アイザック・イザード)、ほか

「マーゴット・ウェディング」のネタバレあらすじ結末

マーゴット・ウェディングの紹介:2007年アメリカ映画。絶縁中だった妹の結婚式のために帰省した姉。情緒不安定で自説を押し付ける姉が家族や周囲の人々を巻き込んで騒動を起こすファミリードラマ。
監督:ノア・バームバック 出演:ニコール・キッドマン、ジェニファー・ジェイソン・リー、ゼイン・パイス、
ジャック・ブラック、ジョン・タートゥーロ、フローラ・クロス、キアラン・ハインズ、ほか

「ケーブルガイ」のネタバレあらすじ結末

ケーブルガイの紹介:1996年アメリカ映画。ベン・スティラー監督、ジム・キャリー主演で送るサイコムービー。依頼客の私生活にやたらと踏み込んでくる常軌を逸したテレビの配線工、ケーブルガイをジム・キャリーが怪演するブラックコメディー。
監督:ベン・スティラー 出演:ジム・キャリー(ケーブルガイ)、マシュー・ブロデリック(スティーヴン・コヴァックス)、レスリー・マン(ロビン・ハリス)、ジャック・ブラック(リック)、ベン・スティラー(サム・スウィート/スタン・スウィート)、ほか

「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のネタバレあらすじ結末

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングルの紹介:2017年アメリカ映画。4人の高校生は学校で偶然発見した古いカセットゲームで遊ぶとゲームの世界に吸い込まれてしまう。それぞれが選んだキャラクターに変身してゲームの中の世界で生き残りをかけてステージクリアを目指す。
監督:ジェイク・カスダン 出演:ドウェイン・ジョンソン(スペンサー/スモルダー・ブレイブストーン博士)、ケビン・ハート(フリッジ/ムース・フィンバー)、ジャック・ブラック(ベサニー/シェリー・オベロン教授)、カレン・ギラン(マーサ/ルビー・ラウンドハウス)ほか

「僕らのミライへ逆回転」のネタバレあらすじ結末

僕らのミライへ逆回転の紹介:2008年アメリカ映画。小さな町の廃れたレンタルビデオ店で、ひょんなことからビデオテープをダメにしてしまった店員とその親友が、苦し紛れに自分たちで映画をリメイクする爆笑コメディ。
監督:ミシェル・ゴンドリー 出演:ジャック・ブラック(ジェリー)、モス・デフ(マイク)、ダニー・グローヴァー(フレッチャー)、ミア・ファロー(ファレヴィチ)、メロニー・ディアス(アルマ)、シガーニー・ウィーヴァー(ミス・ローソン)、ほか

「マーズ・アタック!」のネタバレあらすじ結末

マーズ・アタック!の紹介:1996年アメリカ映画。ある日火星から宇宙船がやってくる。アメリカ大統領デイルは、しゃれこうべのような奇妙な様相の宇宙人を大々的に歓迎するが、彼らの目的は人類のジェノサイドであった!未確認の兵器・宇宙船に次々と都市が破壊されていく中、地球を救ったのは人間のある音楽だった…!?
監督:ティム・バートン 出演:ジャック・ニコルソン、グレン・クローズ、アネット・ベニング、ピアース・ブロスナン、ダニー・デヴィート、マーティン・ショート、サラ・ジェシカ・パーカー、マイケル・J・フォックス、ナタリー・ポートマン、ジャック・ブラック、ほか

「ガリバー旅行記」のネタバレあらすじ結末

ガリバー旅行記の紹介:2010年アメリカ映画。ジョナサン・スウィフト原作の風刺小説「ガリバー旅行記」を現代風にアレンジして映画化したアドベンチャー・コメディです。ニューヨークの新聞社に勤めるガリバーは、ひょんなことから小人の国や巨人の国へ行くことになり…。
監督:ロブ・レターマン 出演者:ジャック・ブラック(レミュエル・ガリバー)、エミリー・ブラント(メアリー王女)、アマンダ・ピート(ダーシー・シルバーマン)、ジェイソン・シーゲル(ホレイショ)、ビリー・コノリー(セオドア王)ほか

「シャーク・テイル」のネタバレあらすじ結末

シャーク・テイルの紹介:2004年アメリカ映画。会社に多額の借金があるオスカーはアンジーから大きな真珠をもらい一攫千金を狙い馬券にしてしまう。賭けに負けクラゲに捕まるオスカー。そこで優しいベジタリアンのサメレニーと出会う。逃げろと言うが兄弟サメのフランキーに襲われるがフランキーが事故に遭い亡くなってしまう。オスカーは自分がサメを倒したと嘘をつきスターになるのだったが…。
声優:ウィル・スミス(オスカー)、ジャック・ブラック(レニー)、ロバート・デ・ニーロ(ドン・リノ)、レネー・ゼルウィガー(アンジー)、アンジェリーナ・ジョリー(ローラ)、マーティン・スコセッシ(サイクス)、ジギー・マーリー(アーニー)、ダグ・E・ダグ(バーニー)、ほか

「ナチョ・リブレ 覆面の神様」のネタバレあらすじ結末

ナチョ・リブレ 覆面の神様の紹介:2006年アメリカ映画。普段はメキシコの修道院で給仕係をしている修道士イグナシオ、そのもうひとつの顔はメキシコのプロレス“ルチャ・リブレ”で活躍する覆面レスラー“ナチョ”でした…。ジャック・ブラックが二つの顔を持つ男を演じる痛快プロレスコメディ映画です。
監督:ジャレッド・ヘス 出演者:ジャック・ブラック(イグナシオ/ナチョ)、エクトル・ヒメネス(スティーブンス/ヤセ)、アナ・デ・ラ・レゲラ(シスター・エンカルナシオン)、リチャード・モントーヤ(ギレルモ)、セサール・ゴンザレス(ラムセス)ほか

「ザ・マペッツ」のネタバレあらすじ結末

ザ・マペッツの紹介:2011年アメリカ映画。人間とマペット(人形)達が織り成すミュージカル・コメディ。人間とマペットが共存する世界で、兄弟同然に育った人間ゲイリーとマペットのウォルター。彼らはマペットのカリスマグループ「マペッツ」の大ファンだったが、その人気は今や過去の栄光となっていた。偶然石油王リッチマンの悪巧みを知ったウォルターは、マペッツの危機を救うためカエルのカーミットを探し出す。カーミットはかつての仲間を揃え、再び「マペット・ショー」を開催するため東奔西走するのだった。
監督:ジェームズ・ボビン 出演者:ジェイソン・シーゲル(ゲイリー)、ピーター・リンツ(ウォルター)、エイミー・アダムス(エミリー)、クリス・クーパー(テックス・リッチマン)、スティーヴ・ホイットマイア(カーミット)ほか

「グースバンプス モンスターと秘密の書」のネタバレあらすじ結末

グースバンプス モンスターと秘密の書の紹介:2015年アメリカ映画。『ガリバー旅行記』のジャック・ブラックとロブ・レターマン監督が再び手を組み、R・L・スタインの児童小説「グースバンプス」シリーズを基に描くファンタジー映画。突然現実の世界に飛び出してきた伝説のモンスターたちと、人間たちの壮絶な闘いを描く。
監督:ロブ・レターマン 出演者:ジャック・ブラック(スタイン)、ディラン・ミネット(ザック)、オデイア・ラッシュ(ハンナ)、エイミー・ライアン(ゲイル)ほか

「SEXテープ」のネタバレあらすじ結末

SEXテープの紹介:2014年アメリカ映画。関係の冷え切った夫婦が寄りを戻そうと撮影したセックスの動画がひょんなことから流出してしまい、大騒動になる様を描いたお色気ドタバタコメディです。
監督:ジェイク・カスダン 出演者:キャメロン・ディアス(アニー)、ジェイソン・シーゲル(ジェイ)、 ロブ・コードリー(ロビー)、エリー・ケンパー(テス)、ロブ・ロウ(ハンク・ローゼンバーグ)ほか

「カンフー・パンダ3」のネタバレあらすじ結末

カンフー・パンダ3の紹介:2016年アメリカ映画。大ヒットシリーズ「カンフー・パンダ」の第3弾。カンフーマスターとして成長したパンダのポー。仲間と平和に暮らしていましたが、遥か昔に消えたはずの悪党カイが蘇り、カンフーマスターを次々と倒していきます。ポーは、生き別れた実の父親との再会を喜ぶ間も無く、生まれ故郷のパンダ村に戻り、カイを待ち受けます。ポーの師匠でもあるシーフー老師までも倒したカイは、パンダ村に辿り着きます。手に汗握る緊迫の戦いと、パンダ達の愛くるしさがコントラストを成す、前作2作を上回る作品です。
監督:ジェニファー・ユー・ネルソン、アレッサンドロ・カルローニ 声の出演: ジャック・ブラック(ポー)、ダスティン・ホフマン(シーフー老師)、アンジェリーナ・ジョリー(タイガー)、J・K・シモンズ(カイ) ほか

「カンフーパンダ2」のネタバレあらすじ結末

カンフーパンダ2の紹介:2011年アメリカ映画。2008年に公開されたアメリカのアニメーション映画「カンフーパンダ」の続編として制作されました。前回よりも映像が美しくなり、「カンフー」らしさは前作を上回っています。今回は主人公ポーの出生の秘密にも踏み込んでいます。悪役として登場するシェン大老は気持ち良いほどに徹底した悪役ぶりなので、物語の構成はとても分かりやすくなっています。泣き所もあり見応えがあります。シーンは短いですがポーと「育ての親」である父とのシーンは切なくもあり温かみもあり良いシーンです。
監督:ジェニファー・ユー  出演:ジャック・ブラック(ポー)、ダスティン・ホフマン(シーフー老師)、ジャッキー・チェン(マスター・モンキー)、アンジェリーナ・ジョリー(マスター・タイガー)、ミシェール・ヨー(予言おばば)、ゲイリー・オールドマン(シェン大老)ほか

「トロピック・サンダー 史上最低の作戦」のネタバレあらすじ結末

トロピック・サンダー/史上最低の作戦の紹介:2008年アメリカ映画。ある映画の撮影のためわがまま放題な豪華俳優陣を無理やりジャングルの奥地へと連れてきた監督。半ば強引にいざ撮影を開始したところで監督が地雷を踏み吹っ飛んでしまう。それも演出だと考える主演俳優であるタグはそのまま撮影を続行。しかしそこは謎のアジア人の集団がいる麻薬の密造所だった。コメディー俳優ベン・スティラーが主演と監督を務めるアクション・コメディ。
監督:ベン・スティラー 出演:ベン・スティラー(タグ・スピードマン)、ジャック・ブラック(ジェフ・ポートノイ)、ロバート・ダウニー・Jr(カーク・ラザラス)、ブランドン・T・ジャクソン(アルパ・チーノ)、ジェイ・バルシェル(ケヴィン・サンダスキー)、ダニー・マクブライド(コディ)、ほか

1 2
TOP↑