邦画・日本映画一覧

「THE LAST MESSAGE 海猿」のネタバレあらすじ結末

THE LAST MESSAGE (ザ・ラストメッセージ)海猿の紹介:2010年日本映画。THE LAST MESSAGE 海猿は人気連続ドラマ「海猿」の映画版3部作の最終作品と言われましたが、のちにファンからの待望の声で、4作目「BRAVE HEARTS 海猿」が本作の後に作られています。海上保安庁で働く青年の成長と人生を壮大な時間とアクションで作られており、ドラマの時からそのクオリティは高く、大変評判が良い作品でした。海猿シリーズはどれも評判がよく見応えがある作品になっていますが、本作「THE LAST MESSAGE (ザ・ラストメッセージ)海猿」はスタッフもキャストもこれが最後であるという緊張感の中で制作されているため、かなり迫力のある作品となっています。
監督:羽住英一郎 出演:伊藤英明(仙崎大輔)、加藤あい(仙崎環菜)、佐藤隆太(吉岡哲也)、加藤雅也(桜木浩一郎)、吹石一恵(西沢夏) 、三浦翔平(服部拓也)、時任三郎(下川嵓)ほか

「SP 野望篇」のネタバレあらすじ結末

SP 野望篇の紹介:2010年日本映画。フジテレビの深夜枠の連続ドラマとしてスタートし、人気が出てスペシャルドラマから映画へと波及しました。子供の頃のトラウマから特殊能力を持つこととなった主人公のSPがプロフェッショナルに職務を全うする姿を描いていますが、それだけではなく、政治や警察の深い闇に触れ真実を追い求める姿も描かれています。野望編は映画作品の前編の位置づけとなっており、多くの謎や伏線がドラマから張り巡らされていて、見逃せない作品となっています。
監督:金城一紀 出演:岡田准一(井上薫)、堤真一(尾形総一郎)、真木よう子(笹本絵里)、松尾諭(山本隆文)、神尾佑(石田光男)、香川照之(伊達國男)ほか

「クローズド・ノート」のネタバレあらすじ結末

クローズド・ノートの紹介:2007年日本映画。小学校の教員を目指す女子大生の香恵は、引っ越しをする。そこで、以前そこに住んでいた住人の忘れものと思われる一冊のノートを見つける。
監督:行定勲 出演者:沢尻エリカ(堀井香恵)、 伊勢谷友介(石飛リュウ)、 竹内結子(真野伊吹)、 黄川田将也(夏目涼)、 ほか

「恋愛寫眞」のネタバレあらすじ結末

恋愛寫眞 Collage of Our Lifeの紹介:2003年日本映画。売れないカメラマンの誠人。そんな誠人の元に、死んだはずの元恋人からニューヨークの消印で手紙が届く。その手紙で彼女が死んでいるわけがないと思った誠人は彼女の秘密を知るためにシューヨークに行く。
監督:堤幸彦 出演者:広末涼子( 里中静流)、 松田龍平( 瀬川誠人)、 小池栄子( アヤ)、 山崎樹範( 白浜)、 ほか

「蛇のひと」のネタバレあらすじ結末

蛇のひとの紹介:2010年日本映画。第2回WOWOシナリオ大賞受賞作。その人は出会った人をすこし不幸にする~人間の血と業、哀しいひとの物語。今までにない新しい展開。よくできた脚本と俳優陣の演技力。
監督:森淳一 出演:三辺陽子(永作博美)、今西由起夫(西島秀俊)、今西の幼なじみ(板尾創路)、島田剛(劇団ひとり)、田中一(田中圭)、里中(勝村政信)、柴田(河井)、のりこ(ふせえり)、里中の妻(佐津川愛美)、原田(北村有起哉)、原田の妻(奥貫薫)功太夫(河原崎建三)、今西の母(遠山景織子)、伊東部長(國村隼)、伊東牧子(石野真子)、陽子の婚約者(ムロツヨシ)

「告白」のネタバレあらすじ結末

告白の紹介:2010年日本映画。湊かなえの同名ベストセラー小説を映画化したものです。愛娘を自分のクラスの生徒に殺された女性中学教師が、生徒たちを相手にその真相を告白、追究し、復讐するというミステリー学園映画です。キャッチコピーは「告白が、あなたの命につきささる。」で、その内容と描写には、少年犯罪、イジメ、家庭内暴力などの過激な部分があります。しかし、現代社会が抱える学校教育での問題点などを考えさせるシリアスな内容で、第34回日本アカデミー賞では4冠を受賞、他にも多数の映画賞を受賞した作品です。
監督:中島哲也 出演:松たか子(森口悠子)、木村佳乃(下村優子(直樹の母))、岡田将生(寺田良輝(ウェルテル))、西井幸人(渡辺修哉)、藤原薫(下村直樹)、橋本愛(北原美月)ほか

「プリンセス トヨトミ」のネタバレあらすじ結末

プリンセス トヨトミの紹介:2011年日本映画。会計検査院の松平は大阪で不審な財団法人の調査に当たります。調査を進めるうちに明らかになった大阪国という存在。そして大阪国が守っている王女の存在とは?
監督:鈴木雅之 出演:堤真一(松平元)、綾瀬はるか(鳥居忠子)、岡田将生(旭ゲンズブール)、沢木ルカ(橋場茶子)、森永悠希(真田大輔)ほか

「新劇場版 頭文字D Legend2 闘走」のネタバレあらすじ結末

新劇場版 頭文字[イニシャル]D Legend 2 -闘走-の紹介:2015年日本映画。父の豆腐屋を手伝う藤原拓海は、“秋名のハチロク”として、名を馳せる、クールな走り屋。我関せずの拓海だったが、あることがきっかけで、秋名でのドライブバトルを叩きつけられる!
監督:中智仁 声優:宮野真守(藤原拓海)、諏訪部順一(中里毅)、中村悠一(高橋啓介)、小野大輔(高橋涼介)、阪口周平(庄司慎吾)ほか

「心が叫びたがってるんだ。」のネタバレあらすじ結末

心が叫びたがってるんだ。の紹介:2015年日本映画。玉子の妖精に魔法をかけられ、喋るとお腹が痛くなるという、呪いをかけられた少女・成瀬順と、その再生を描く、超青春ど真ん中ムービー。
監督:長井龍雪 声優:水瀬いのり(成瀬順)、内山昂輝(坂上拓実/玉子)、雨宮天(仁藤菜月)、細谷佳正(田崎大樹)、村田太志(三嶋樹)、高橋李依(宇野陽子)ほか

「うさぎドロップ」のネタバレあらすじ結末

うさぎドロップの紹介:2011年日本映画。祖父の訃報で訪れた祖父の家で、河地大吉は一人の少女と出会う。その少女、りんは祖父の隠し子であった。大吉はりんを自分が引き取り育てることを決める。
監督:SABU 出演者:松山ケンイチ(河地大吉)、 芦田愛菜( 鹿賀りん)、 佐藤瑠生亮( 二谷コウキ)、 香里奈( 二谷ゆかり)ほか

「リリイ・シュシュのすべて」のネタバレあらすじ結末

リリイ・シュシュのすべての紹介:2001年日本映画。いじめや売春、犯罪などをテーマに、14歳という多感な時期にいる子供達の心の闇を鮮烈に描いた衝撃作。インターネットに書き込まれる子供たちの心の叫びが、心に突き刺さります。
監督:岩井俊二 出演者:市原隼人(蓮見雄一)、忍成修吾(星野修介)、蒼井優(津田詩織)、伊藤歩(久野陽子)ほか

「WOOD JOB!(ウッジョブ)」のネタバレあらすじ結末

WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~の紹介:2014年日本映画。都会育ちの若者が山奥の村で林業をすることになり、厳しい先輩の指導や、危険と隣り合わせの過酷な状況に悪戦苦闘しながら、村人や自然との触れ合いで成長する姿を描く。2014年9月12日から14日にかけてアメリカ合衆国・ロサンゼルスで開催されたLA EigaFest 2013では招待作品として上映された。
監督:矢口史靖 出演者:染谷将太(平野勇気)、 長澤まさみ(石井直紀)、伊藤英明( 飯田与喜(よき))、 優香(飯田みき(与喜の妻))、 ほか

「東京家族」のネタバレあらすじ結末

東京家族の紹介:2012年日本映画。大人になって東京で暮らしている子供たちに会いに行った父と母。子供たちともっと長い時間を過ごしたいと思っている父と母と両親よりは自分たちのことが大事になった子供たち。
監督:山田洋次 出演者:橋爪功 ( 平山周吉:父 )、 吉行和子平山とみこ:母( 平山とみこ:母 )、西村雅彦( 平山幸一:長男 )、 中嶋朋子 ( 金井滋子:娘 )、妻夫木聡 ( 平山昌次:末っ子 )、蒼井優( 間宮紀子 ) ほか

「モヒカン故郷に帰る」のネタバレあらすじ結末

モヒカン故郷に帰るの紹介:2015年日本映画。バンド活動に行き詰った永吉は恋人との結婚報告のために故郷の島へ帰る。七年の不在を埋め合わせるべく始めたモヒカンの親孝行はうまく行くのか?
監督:沖田修一 出演者:松田龍平(田村永吉)、柄本明(田村治)、前田敦子(会沢由佳)、もたいまさこ(田村春子)、千葉雄大(田村浩二)ほか

「大奥<男女逆転>」のネタバレあらすじ結末

大奥の紹介:2010年日本映画。男女逆転の大奥という設定で大ヒットしたよしながふみの漫画を映画化したものです。今回は徳川吉宗の時代をピックアップして、嵐の二宮和成を主演に迎え、徳川吉宗を柴崎コウが演じています。質素倹約を信条に賢く政治を進めた吉宗の大奥での采配を描いています。
監督:英勉 出演:二宮和成(水野祐之進)、柴崎コウ(徳川吉宗)、堀北真希(お信)、大倉忠義(鶴岡)、玉木宏(松嶋)、佐々木蔵之助(藤波)、中村蒼(垣添)ほか

1 102 103 104 105 106 107 108 109 110 124
TOP↑