ジェイソン・クラーク映画一覧

ジェイソン・クラークが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ファースト・マン」のネタバレあらすじ結末

ファースト・マンの紹介:2018年アメリカ映画。1960年代のアメリカ。まだ携帯電話すらなかった時代に、ブリキ缶のようや宇宙船で月を目指した者たちがいた。このミッションの発足と過酷な訓練、またそれを通して結ばれた宇宙飛行士たちの絆、そして様々なトラブルにより散った仲間の命や家族の葛藤など、1969年に成し遂げられた人類初の月面着陸の裏で起こった人間ドラマを描く。臨場感溢れる映像により、まるでアポロ11号に同乗しているかのように緊張感と閉塞感、そして宇宙に放たれた開放感の中であの一歩を体感することができる。
監督:デイミアン・チャゼル 出演:ライアン・ゴズリング(ニール・アームストロング)、クレア・フォイ(ジャネット・アームストロング)、ジェイソン・クラーク(エド・ホワイト)、カイル・チャンドラー(ディーク・スレイトン)、コリー・ストール(バズ・オルドリン)、キアラン・ハインズ(ボブ・ギルルース)、パトリック・フュジット(エリオット・シー)、ルーカス・ハース(マイク・コリンズ)ほか

「ナチス第三の男」のネタバレあらすじ結末

ナチス第三の男の紹介:2017年フランス,イギリス,ベルギー映画。ローラン・ビネのベストセラー小説『HHhH プラハ、1942年』の映画化。ラインハルト・ハイドリヒの暗殺事件は『死刑執行人もまた死す』(1943年)、『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』(2016年)等の映画によってあつかわれてきたが、本作品ではレジスタンス組織の英雄的活動と悲劇的末路のみならず、青年ハイドリヒがナチ党の残忍さを象徴する存在、ユダヤ人大量虐殺の首謀者へと変貌する過程をも描いている。
監督:セドリック・ヒメネス 出演:ジェイソン・クラーク(ラインハルト・ハイドリヒ)、ロザムンド・パイク(リナ・ハイドリヒ)、ジャック・オコンネル(ヤン・クビシュ)、ジャック・レイナー(ヨゼフ・ガブチーク)、ミア・ワシコウスカ(アンナ・ノヴァーク)その他

「かごの中の瞳」のネタバレあらすじ結末

かごの中の瞳の紹介:2016年アメリカ映画。盲目の女性の頼りは優しい夫のみ。そんな彼女に視力回復のチャンスが訪れ、目が見えるようになります。夫に頼らずに自立できるようになった彼女は、髪の毛を染めるなど自由を満喫します。しかし、彼女をコントロールできなくなった夫は怒りが爆発、妻を再びコントロールするため、ある奇怪な行動に出ますが夫婦関係はどうなるのでしょうか?『かごの中の瞳は』夫婦関係の複雑さを描いたスリラー・サスペンス映画です。
監督:マーク・フォースター 出演:ブレイク・ライヴリー(ジーナ)、ジェイソン・クラーク(ジェームズ)、ダニー・ヒューストン(ヒューズ医師)、ウェス・チャサム(ダニエル)、アナ・オライリー(カーラ)、ほか

「愛人契約」のネタバレあらすじ結末

愛人契約の紹介:2008年アメリカ映画。やり手マーケッターの男性が、バーで謎の美女と出会い恋に落ちる。美女には夫がいたが、互いに浮気公認の自由な夫婦だと言われ…。ウィル・スミスの妻で、モデル/女優のジェイダ・ピンケット・スミス。ウィル・スミスとはおしどり夫婦で知られる彼女が、製作総指揮・監督・出演をつとめたのがこの作品。実生活とは反対に、夫がいながら複数の男性と関係を持つ自由奔放な女性を生々しく描いて話題となった。翻弄される主人公には、「ターミネーター新起動/ジェニシス」(2015)ほか、テレビ番組でも活躍するオーストラリア出身の俳優、ジェイソン・クラーク。
監督:ジェイダ・ピンケット=スミス 出演者:ジェイソン・クラーク(ジュリアン)、パス・ベガ(マイケル)、テッド・ダンソン(エリソン)、イドリス・エルバ(ラリー)、アン・ラムゼイ(シェリル)、ジェイダ・ピンケット=スミス(リタ)、ジョアンナ・キャシディ(ローズ)、スティーヴン・ブランド(ボイド)、ダヴァ・スマイリー(ブレンダ)ほか

「ウィンチェスターハウス」のネタバレあらすじ結末

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷の紹介:2018年オーストラリア,アメリカ映画。19世紀のアメリカ西部開拓時代に活躍したウィンチェスター銃、その社長の妻は自宅に謎の増築をします。彼女は夫と子供の死はウィンチェスター銃で殺された人の亡霊のたたりと信じ、亡霊を増築した部屋に閉じ込められるという不可解な迷信を信じているからでした。ウィンチェスター社の幹部は、彼女を会社から追放するためにある精神科医を雇いますが、彼にも不可解な事件が起こります。精神科医は彼女とウィンチェスターハウスの謎を解明できるのでしょうか?ウィンチェスターハウスはアメリカではよく知られた怪談ストーリーで、映画やドラマの題材によく取り上げられます。現在はウィンチェスター・ミステリー・ハウスとしてグーグル本社などハイテク企業が多いシリコンバレー(サンフランシスコ郊外)の観光名所です。
監督:マイケル・スピエリッグ、ピーター・スピエリッグ 出演:ヘレン・ミレン(サラ・ウィンチェスター)、ジェイソン・クラーク(エリック・プライス)、セーラ・スヌーク(マリオン・マリオット)、エイモン・ファーレン(ベン・ブロック)、フィン・シクルーナ=オプレイ(ヘンリー・マリオット)、ほか

「欲望のバージニア」のネタバレあらすじ結末

欲望のバージニアの紹介:2012年アメリカ映画。禁酒法時代のアメリカ。とりわけバージニア州のフランクリンは世界で最も密造酒の製造が盛んな街だった。その地において密造酒ビジネスで名を馳せ、不死身で知られたボンデュラント3兄弟の実話に基づく物語。原作はボンデュラント兄弟の末っ子ジャックの孫がつづった同名ベストセラー小説。アメリカ南部の無法地帯で起こった復讐劇と哀愁ある挿入曲の数々も見どころの作品。
監督:ジョン・ヒルコート 出演:シャイア・ラブーフ(ジャック・ボンデュラント )、トム・ハーディ(フォレスト・ボンデュラント)、 ジェイソン・クラーク(ハワード・ボンデュラント)、 ガイ・ピアース(チャーリー・レイクス)、ゲイリー・オールドマン(フロイド・バナー)、ジェシカ・チャステイン(マギー・ボーフォード)、 ミア・ワシコウスカ(バーサ・ミニクス)、デイン・デハーン(クリケット・ペイト)ほか

「マッドバウンド 哀しき友情」のネタバレあらすじ結末

マッドバウンド 哀しき友情の紹介:2017年アメリカ映画。アメリカの激動の時代、世界大恐慌から第二次世界大戦(1930年代-1940年代)、人種差別の激しいミシシッピー州での白人と黒人一家の葛藤、アメリカの黒人とドイツの白人の恋愛を描いた映画です。マッド(泥)だらけのミシシッピー、人種差別ゆえに歓迎されない白人と黒人の悲しい友情と素晴らしい愛情を描いた映画です。原作はヒラリー・ジョーダン『Mudbound』。
監督:ディー・リース 出演:キャリー・マリガン (ローラ・マッカラン)、ギャレット・ヘドランド -(ジェイミー・マッカラン)、ジェイソン・クラー (ヘンリー・マッカラン)、ジェイソン・ミッチェル ( ロンゼル・ジャクソン)、メアリー・J・ブライジ (フローレンス・ジャクソン)、ほか

「ウォール・ストリート」のネタバレあらすじ結末

ウォール・ストリートの紹介:2010年アメリカ映画。オリバー・ストーン監督の映画「ウォール街」(1987年)の23年ぶりとなる続編です。インサイダー取引と証券詐欺罪で服役していた前作登場の大物投資家が若手金融マンと手を組み、危険な駆け引きに乗り込んでいきます。
監督:オリバー・ストーン 出演者:マイケル・ダグラス(ゴードン・ゲッコー)、シャイア・ラブーフ(ジェイコブ・ムーア)、ジョシュ・ブローリン(ブレトン・ジェームズ)、キャリー・マリガン(ウィニー・ゲッコー)、イーライ・ウォラック(ジュリー・スタインハル)ほか

「キリング・フィールズ 失踪地帯」のネタバレあらすじ結末

キリング・フィールズ 失踪地帯の紹介:2011年アメリカ映画。テキサスに実在する犯罪多発地域、通称「キリング・フィールズ」で起きた実話を基に、連続して発生した少女の失踪事件を追う2人の刑事を描いたクライムサスペンスです。
監督:アミ・カナーン・マン 出演者:サム・ワーシントン(マイク・サウンダー)、クロエ・グレース・モレッツ(リトル・アン・スライガー)、ジェフリー・ディーン・モーガン(ブライアン・ヘイ)、ジェシカ・チャステイン(パム・ストール)、ジェイソン・クラーク(ルール・バリー)ほか

「チャイルド44 森に消えた子供たち」のネタバレあらすじ結末

チャイルド44 森に消えた子供たちの紹介:2014年アメリカ映画。トム・ロブ・スミスの小説を映画化したサスペンスミステリー作品で、1950年代のスターリン独裁政権下のソ連を舞台に少年ばかりが犠牲となった連続猟奇殺人事件の真相を追う捜査官の姿を描いています。
監督:ダニエル・エスピノーサ 出演者:トム・ハーディ(レオ・デミドフ)、ゲイリー・オールドマン(ネステロフ将軍)、ノオミ・ラパス(ライーサ・デミドフ)、ジョエル・キナマン(ワシーリー)、ジェイソン・クラーク(ブロツキー)ほか

「パブリック・エネミーズ」のネタバレあらすじ結末

パブリック・エネミーズの紹介:2009年アメリカ映画。1930年代、アメリカを震撼させた実在するギャング、ジョン・デリンジャーを題材とした作品。その苛烈かつ何処か儚げな人生をジョニー・デップが熱演。
監督:マイケル・マン 出演:ジョニー・デップ(ジョン・デリンジャー)、マリオン・コティヤール(ビリー・フレシェット)、ジェイソン・クラーク(ジョン・”レッド”・ハミルトン)、デビッド・ウェナム(ハリー・”ピート”・ピアポント)、スティーヴン・グレアム(“ベビーフェイス”・ネルソン)、ほか

「華麗なるギャツビー」のネタバレあらすじ結末

華麗なるギャツビーの紹介:2012年アメリカ映画。第66回カンヌ国際映画祭でオープニング作品として上映された。誰もが偉大と言い、みんなの憧れだったギャツビーが本当に欲しかったのは他でもないただ彼女の愛だけだった。
監督:バズ・ラーマン 出演者:レオナルド・ディカプリオ(ジェイ・ギャツビー)、トビー・マグワイア(ニック・キャラウェイ)、キャリー・マリガン(デイジー・ブキャナン)、ジョエル・エドガートン(トム・ブキャナン )、 アイラ・フィッシャー(マートル・ウィルソン)ほか

「エベレスト 3D」のネタバレあらすじ結末

エベレスト 3Dの紹介:2015年アメリカ映画。1996年5月にエベレストで発生、12人の犠牲者を出した大量遭難事故を実話に基づいて映画化した作品です。事故に巻き込まれた登山隊の隊員たち顛末を家族との絆も含めて描いています。
監督:バルタザール・コルマウクル 出演者:ジェイソン・クラーク(ロブ・ホール)、ジョシュ・ブローリン(ベック・ウェザーズ)、ジョン・ホークス(ダグ・ハンセン)、ロビン・ライト(ロビン・ライト)、エミリー・ワトソン(ヘレン・ウィルトン)ほか

「ホワイトハウスダウン」のネタバレあらすじ結末

ホワイトハウス・ダウンの紹介:2013年アメリカ映画。偶然、娘を連れてホワイトハウスの見学に訪れた議会警察官が、謎のテロリストの襲撃場面に遭遇、占拠されたホワイトハウスと大統領の命を守るべく奮闘する姿を描いたサスペンス・アクション映画です。キャッチコピーは「世界は、ここから落ちる」です。
監督:ローランド・エメリッヒ 出演:チャニング・テイタム(ジョン・ケイル)、ジェイミー・フォックス(ジェームズ・ソイヤー大統領)、マギー・ギレンホール(キャロル・フィナティ特別警護官)、ジェイソン・クラーク(エミール・ステンツ)、リチャード・ジェンキンス(イーライ・ラフェルソン)、ジョーイ・キング(エミリー・ケイル)ほか

「ゼロ・ダーク・サーティ」のネタバレあらすじ結末

ゼロ・ダーク・サーティの紹介:2012年アメリカ映画。911全米同時多発テロの首謀者でテロ組織アルカイダの指導者のビンラディン殺害計画が題材のサスペンス映画。実際のビンラディン暗殺作戦を映画化した本作は、拷問シーンがCIAが拷問を行ったことが大衆に知れ渡るとして政治的問題となるなど、話題を呼んだ作品です。
監督:キャサリン・ビグロー 出演:ジェシカ・チャスティン、ジェイソン・クラーク、ジョエル・エドガートン、マーク・ストロングほか

1 2
TOP↑