ジョン・カーペンター監督映画一覧

ジョン・カーペンター監督のネタバレあらすじ一覧です。ジョン・カーペンター監督のおすすめ映画、人気映画や最新作まで、ジョン・カーペンター監督作品の一覧です。

「パラダイム」のネタバレあらすじ結末

パラダイムの紹介:1987年アメリカ映画。古い教会にある緑色の液体を発見した司祭は悪魔の仕業だと感じ、教授に調査を依頼しました。教授は研究員たちを集め、最新機器を導入し調査に乗り出しますが、この液体は人の体を乗っ取り、悪魔の父親を復活させるものでした・・・という内容のジョン・カーペンター監督のオカルトホラー映画です。
監督:ジョン・カーペンター 出演者:ドナルド・プレザンス(司祭)、 ジェームソン・パーカー(ブライアン・マーシュ)、 ヴィクター・ウォン(ハワード・バイラック教授)、リサ・ブロント(キャサリン・ダンフォース)、デニス・ダン(ウォルター)、スーザン・ブランチャード(ケリー)、アン・ハワード(スーザン・キャボット)、
アン・イェン(リサ)ほか

「光る眼」のネタバレあらすじ結末

光る眼の紹介:1995年アメリカ映画。1960年のSF映画『未知空間の恐怖/光る眼』のリメイクです。ある日何かによって妊娠させられたミッドウイッチの女性たちが出産した子供たちが、成長するにつれ、目を光らせ大人たちをコントロールし始めるという話です。リメイクの監督はホラー映画の名監督のジョン・カーペンターです。
監督:ジョン・カーペンター 出演者:クリストファー・リーヴ(アラン・チェフィー医師)、カースティ・アレイ(スーザン・ヴァーナー博士)、リンダ・コズラウスキー(ジル)、マイケル・パレ(フランク)、メレディス・サレンジャー(メラニー)、マーク・ハミル(ジョージ牧師)、ピッパ・ペアスリー(サラ)、ピーター・ジェイソン(ベン)、コンスタンス・フォルスランド(キャリ)、カレン・カーン(バーバラ)、トーマス・デッカー(デヴィッド)ほか

「ザ・ウォード/監禁病棟」のネタバレあらすじ結末

ザ・ウォード/監禁病棟の紹介:2010年アメリカ映画。放火によって捕まったクリステンは精神病院の隔離区域に連れていかれ、そこで亡霊を見るも誰にも信じてもらえない。入院している少女達が亡霊の手にかかり次々と姿を消していく中、クリステンは亡霊から逃れる為に脱走を試みるが・・・。ジョニー・デップとの結婚、離婚で話題となったアンバー・ハード主演のホラーサスペンス作品。
監督:ジョン・カーペンター 出演:アンバー・ハード(クリステン)、メイミー・ガマー(エミリー)、ダニエル・パナベイカー(サラ)、ローラ=リー(ゾーイ)、リンジー・フォンセカ(アイリス)、ミカ・ブーレム(アリス)、ジャレッド・ハリス(ストリンガー)、ダン・アンダーソン(ロイ)ほか

「ゴースト・ハンターズ」のネタバレあらすじ結末

ゴースト・ハンターズの紹介:1986年アメリカ映画。原題『Big Trouble in Little China』。キャッチコピーは「おもしろラビリンス(迷路)アドベンチャー大作!」で、伝説のゴーストに恋人を誘拐された2人の男たちが恋人救出に奮闘する姿をコメディタッチで描いたSFファンタジー・カンフーアクション映画です。
監督:ジョン・カーペンター 出演:カート・ラッセル(ジャック・バートン)、キム・キャトラル(グレイシー・ロウ)、デニス・ダン(ワン・チー)、ジェームズ・ホン(デヴィッド・ロー・パン)、ヴィクター・ウォン(エッグ・シェン)、ケイト・バートン(マーゴ)、ほか

「ゴースト・オブ・マーズ」のネタバレあらすじ結末

ゴースト・オブ・マーズの紹介:2001年アメリカ映画。植民地化した火星を舞台にした、霊に体を乗っ取られるオカルト的スプラッターホラー映画です。ホラー映画の名監督のジョン・カーペンター監督がグロシーンを駆使して新たな境地を開いた作品です。
監督:ジョン・カーペンター 出演者:アイス・キューブ(ジェームズ“デゾレーション”ウイリアムズ)、ナターシャ・ヘンストリッジ(メラニー・バラード警部補)、ジェイソン・ステイサム(ジェリコ)、クレア・デュヴァル(バシラ)、パム・グリア(ヘレナ・ブラドック指揮官)、ジョアンナ・キャシディ(ウィットロック)、ほか

「クリスティーン」のネタバレあらすじ結末

クリスティーンの紹介:1983年アメリカ映画。邪悪な意思を持った車が惨劇を引き起こすホラー作品。内気な高校生アーニーは、廃車寸前の真っ赤なプリムス・フューリーに心奪われ即決で購入した。以降取り憑かれたように、クリスティーンという名のその車を愛でるようになる。人が変わったように攻撃的になったアーニーを救うため、友人デニスと恋人リーはクリスティーンを破壊しようとするのだが。原作はスティーヴン・キングの同名小説。
監督:ジョン・カーペンター 出演者:キース・ゴードン(アーニー)、アレクサンドラ・ポール(リー)、ジョン・ストックウェル(デニス)、ロバート・プロスキー(ウィル)、ハリー・ディーン・スタントン(ジャンキンス警部)ほか

「ジョン・カーペンターの要塞警察」のネタバレあらすじ結末

ジョン・カーペンターの 要塞警察の紹介:1976年アメリカ映画。ストリートギャングを迎え撃つ警官と囚人の共闘を描いた籠城アクション作品。カーペンター監督が心酔するハワード・ホークス監督作品「リオ・ブラボー(1959年)」のオマージュである。治安最悪のアンダーソン地区を訪れたローソンは、ストリートギャングに幼い娘を殺害されてしまった。半狂乱で復讐を遂げた彼は逆にギャングから狙われる身となってしまい、慌てて警察署に逃げ込む。あっという間に大勢のギャングに囲まれる警察署。臨時で指揮を任されていたビショップ警部補は、少ない人員でなんとか窮地を脱しようとする。
監督:ジョン・カーペンター 出演者:オースティン・ストーカー(イーサン・ビショップ警部補)、ダーウィン・ジョストン(ナポレオン・ウィルソン)、ローリー・ジマー(リー)、マーティン・ウェスト(ローソン)、トニー・バートン(ウェルズ)ほか

「ニューヨーク1997」のネタバレあらすじ結末

ニューヨーク1997の紹介:1981年アメリカ映画。1997年、犯罪増加に伴い巨大な刑務所になったニューヨークマンハッタン。そこにエアフォース1が墜落し、大統領が取り残される。警察は、その時偶然収監された元英雄のプリスキン、通称スネークに大統領救出を依頼する。意外に強い影響力を残したカーペンター、カート・ラッセルの黄金コンビが贈る、カルトSFアクション映画。
監督:ジョン・カーペンター 出演:カート・ラッセル(スネーク・プリスキン)、リー・ヴァン・クリーフ(ボブ・ホーク)、アイザック・ヘイズ(デューク)、ドナルド・プレザンス(合衆国大統領)、ほか

「エスケープ・フロム・L.A.」のネタバレあらすじ結末

エスケープ・フロム・L.A.の紹介:1996年アメリカ映画。反政府勢力の力が増した事で国家警察を編成したアメリカの大統領に宗教家が選出される。彼は巨大地震で孤島化し、廃墟となったL.A.をニューヨーク同様の巨大刑務所にする。酒も、タバコも、配偶者以外の性的関係も禁止されたアメリカで、国家機密兵器を盗み出し転覆を図る大統領令嬢が逃げ込み、それを回収する為にあの男が選ばれた。ファン待望のカルトSFアクション映画のセルフリメイクにして続編でもある。
監督:ジョン・カーペンター 出演者:カート・ラッセル(スネーク・プリスキン)、ステイシー・キーチ(マロイ)、スティーヴ・ブシェミ(エディ)、ピーター・フォンダ(パイプライン)、ジョージ・コラフェイス(クレボ・ジョーンズ)、ブルース・キャンベル(ビバリーヒルズの外科医)、ほか

「ゼイリブ」のネタバレあらすじ結末

ゼイリブの紹介:1988年アメリカ映画。カーペンターが脚本・監督・音楽をひとりでこなしたホラーSFで彼の代表作のひとつ。ストーリーそのものより、途中で延々と続けられる主人公たちのプロレスシーンがファンの間で話題となった。
監督:ジョン・カーペンター 出演:ロディ・パイパー(ジョン・ネイダ)、メグ・フォスター、キース・デヴィッド(フランク)、ジョージ・“バック”・フラワー、ほか

「ザ・フォッグ」のネタバレあらすじ結末

ザ・フォッグの紹介:1980年アメリカ映画。「ハロウィン」でヒットメーカーとなったジョン・カーペンター監督が前作と同じスタッフで臨んだ伝奇ホラー。いつものようにカーペンター自身がシンセサイザーによる音楽を担当している。
監督:ジョン・カーペンター 出演:エイドリアン・バーボー(スティーヴィー)ジェイミー・リー・カーティス、ジャネット・リー、ハル・ホルブルック(マローン神父)、トム・アトキンス、

「ハロウィン(1978年)」のネタバレあらすじ結末

ハロウィンの紹介:1978年アメリカ映画。カーペンター監督がそのホラーの名手としての地位を確立した傑作。独立プロ製作の映画として、当時としては記録的な興行記録を樹立した。監督自身が手掛けた音楽も古典となっている。
監督:ジョン・カーペンター 出演:ドナルド・プレザンス(サム・ルーミス医師)、ジェイミー・リー・カーティス(ローリー・ストロード)、ナンシー・キーズ(アニー・ブラケット)、チャールズ・サイファーズ(リー・ブラケット保安官)、トニー・モラン(マイケル・マイヤーズ)、ほか

「スターマン 愛・宇宙はるかに」のネタバレあらすじ結末

スターマン 愛・宇宙はるかにの紹介:1984年アメリカ映画。SFと恋愛ものを組み合わせた異色作。ジェフ・ブリッジスがその演技力を発揮し、ジャンル映画ながらアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。後にTVシリーズにもなっている。
監督:ジョン・カーペンター・出演:ジェフ・ブリッジス(スターマン)、カレン・アレン(ジェニー・ヘイデン)、チャールズ・マーティン・スミス(マーク・シャーミン)、リチャード・ジャッケル(ジョージ・フォックス)、ロバート・フェイレン(ベル少佐)、ほか

「遊星からの物体X」のネタバレあらすじ結末

遊星からの物体X(1982年版)の紹介:1982年アメリカ映画。南極という極限の地で起こる血も凍るSFサスペンスホラー。人が人以外のものに代わり、人に化けて潜み、襲うという「THING(それ)」の恐怖が南極基地という閉ざされた環境で巻き起こる。1951年に発表されたクリスティアン・ナイビイ監督の作品をリメイクしたジョン・カーペンターの贈る、混沌3部作の1作。
監督:ジョン・カーペンター 出演:マクレディ(カート・ラッセル)、ブレア(A・ウィルフォード・ブリムリー)、ドクター・コッパー(リチャード・ダイサート)、ギャリー(ドナルド・モファット)、ノールス(T・K・カーター)、パーマー(デイヴィッド・クレノン)、チャイルズ(キース・デイヴィッド)ほか

TOP↑