ジョン・フォード監督映画一覧

ジョン・フォード監督映画のネタバレあらすじ一覧です。ジョン・フォード監督のおすすめ映画、人気映画や最新作まで、ジョン・フォード監督作品の一覧です。

「ジョン・フォード/ギデオン」のネタバレあらすじ結末

ジョン・フォード/ギデオンの紹介:1959年アメリカ映画。しばらくアメリカを脱出したかったジョン・フォードがロンドンで撮影した刑事もの。スコットランドヤード主任警部ジョージ・ギデオンの多忙な1日。同時進行する複数の事件、そして妻に頼まれたおつかいも果たさなければならない。娘が演奏する初めてのコンサートに果たして彼は聴きに行けるだろうか。
監督:ジョン・フォード 出演者:ジャック・ホーキンス(ジョージ・ギデオン)、アンナ・リー(ケイト・ギデオン)、アンナ・マッセイ(サリー・ギデオン)、ダイアン・フォスター(ジョアンナ・デラフィールド)、シリル・キューサック(バーディ)その他

「アパッチ砦」のネタバレあらすじ結末

アパッチ砦の紹介:1948年アメリカ映画。南北戦争時代、サーズデイ中佐は先住民族アパッチとの間に不穏な空気が流れる前線の砦に赴任します。「いつか何かを成し遂げる」そんな野望をもつ彼はアパッチ砦に何をもたらすのか?
監督:ジョン・フォード 出演:ジョン・ウェイン(カービー・ヨーク大尉)、ヘンリー・フォンダ(サースデイ中佐)、シャーリー・テンプル(フィラデルフィア・サースデイ)、ジョン・エイガー(マイケル・オローク中尉)、ワード・ボンド(オローク軍曹)、ジョージ・オブライエン(サム・コリングウッド大尉)、アンナ・リー(エミリー・コリングウッド)、アイリーン・リッチ(メアリー・オローク)、グラント・ウェザース(サイラス・ミーチャム)、ほか

「月の出の脱走」のネタバレあらすじ結末

月の出の脱走の紹介:1957年アイルランド映画。4度のアカデミー賞監督賞に輝くジョン・フォードは祖先の地であるアイルランドをこよなく愛していた。アイルランドの映画製作を促進するために、アイルランドの物語をアイルランド人の俳優を使い全てアイルランドで撮影したオムニバス映画。
監督:ジョン・フォード 出演:タイロン・パワー(各話の紹介役)、シリル・キューザック(ディロン警部)、ノエル・パーセル(ダン・オフラハティ)、ジミー・オディア(パディ)、デニス・オディア(マイケル・オハラ)、ショーン・カラン(ドナル・ドネリー)ほか

「太陽は光り輝く」のネタバレあらすじ結末

太陽は光り輝くの紹介:1953年アメリカ映画。アービング・S・コップの短編小説『太陽は光り輝く』『虐殺の暴徒』『神は救う』の3編を映画化したヒューマンドラマです。アメリカ南北戦争終結から40年後を舞台に、再選を目指しながら町の問題を解決していく判事の姿を描きます。
監督:ジョン・フォード 出演者:チャールズ・ウィニンジャー(ウィリアム・ピットマン・プリースト)、アーリーン・ウィラン(ルーシー・リー・レイク)、ジョン・ラッセル(アシュビー・コーウィン)、ステピン・フェチット(ジェフ・ポインデクスター)、ラッセル・シンプソン(ルート・レイク)ほか

「最後の歓呼」のネタバレあらすじ結末

最後の歓呼の紹介:1958年アメリカ映画。エドウィン・オコナーの原作小説をジョン・フォードが製作・監督。庶民に人気の老市長が最後の市長選挙に挑む。はたして彼は「最後の歓呼」に包まれることになるのか。名優、そしてキャサリン・ヘップバーンのパートナーとしても知られたスペンサー・トレイシーが市長を演じる。
監督:ジョン・フォード 出演者:スペンサー・トレイシー(フランク・スケフィングトン)、ジェフリー・ハンター(アダム・コールフィールド)、ダイアン・フォスター(メイブ・コールフィールド)、パット・オブライエン(ジョン・ゴーマン)、ベイジル・ラスボーン(ノーマン・キャス)、ドナルド・クリスプ(枢機卿)、ジョン・キャラダイン(エイモス・フォース)その他

「シャイアン」のネタバレあらすじ結末

シャイアンの紹介:1964年アメリカ映画。マリ・サンドスの『Cheyenne Autumn』とハワード・ファストの『The Last Frontier』を基に、アメリカ政府の政策により強制移住を強いられたシャイアン族が故郷へ戻るために苦難の脱出を敢行した“北部シャイアンの脱出”の実話を映画化した西部劇です。
監督:ジョン・フォード 出演者:リチャード・ウィドマーク(トーマス・アーチャー)、キャロル・ベイカー(デボラ・ライト)、ジェームズ・スチュワート(ワイアット・アープ)、アーサー・ケネディ(ドク・ホリデイ)、エドワード・G・ロビンソン(カール・シュルツ)ほか

「静かなる男」のネタバレあらすじ結末

静かなる男の紹介:1952年アメリカ映画。アイルランド移民の子として夢の企画を実現したこのコメディーでジョン・フォードは架空の美しい村イニスフリーを創造し、四つ目のアカデミー賞監督賞を受賞する。心に傷を負って先祖の土地であるアイルランドの村に帰った元ボクサーをジョン・ウェインが、その妻になる女性をアイルランド出身のモーリン・オハラが演じる。テクニカラーによるアイルランドのロケーション撮影も美しい。
監督:ジョン・フォード 出演者:ジョン・ウェイン(ショーン・ソーントン)、モーリン・オハラ(メアリー・ケイト・ダナハー)、ヴィクター・マクラグレン(レッド・ウィル・ダナハー)、ミルドレッド・ナットウィック(サラ・ティラン)、バリー・フィッツジェラルド(ミケリーン・オグ・フリン)、ワード・ボンド(ピーター・ロナガン神父)、アーサー・シールズ(プレイフェア牧師)その他

「わが谷は緑なりき」のネタバレあらすじ結末

わが谷は緑なりきの紹介:1941年アメリカ映画。19世紀末のイギリス・ウェールズ地方の炭坑町を舞台にした作品で、男たちが皆炭鉱で働くモーガン一家の姿を、年老いた末弟の回想という形で描いたヒューマンドラマです。
監督:ジョン・フォード 出演者:ロディ・マクドウォール(ヒュー・モーガン)、ドナルド・クリスプ(ギルム・モーガン)、モーリン・オハラ(アンハード・モーガン)、ウォルター・ピジョン(グリュフィード牧師)、パトリック・ノウルズ(イヴォール・モーガン)ほか

「ドノバン珊瑚礁」のネタバレあらすじ結末

ドノバン珊瑚礁の紹介:1963年アメリカ映画。常夏の島で繰り広げられるドタバタ劇を描くコメディ&ドラマ作品。島で酒屋を営む退役軍人ドノバンは、ある日友人デダムの娘アメリアが島にやって来ると知る。デダムが島の女性と結ばれ子どもをもうけていることをアメリアは知らない。問題が起こりそうだと感じたドノバン達は、何とかしてアメリアの目を誤魔化そうとするのだった。監督ジョン・フォード、主演ジョン・ウェインによる黄金コンビ最後の作品。
監督:ジョン・フォード 出演者:ジョン・ウェイン(マイケル・ドノバン)、リー・マーヴィン(ギルフーリー)、エリザベス・アレン(アメリア・デダム)、ジャック・ウォーデン(ウィリアム・デダム)、ドロシー・ラムーア(ラ・フルール)ほか

「西部開拓史」のネタバレあらすじ結末

西部開拓史の紹介:1962年アメリカ映画。アメリカの西部開拓時代の1830年代後半から1880年代後半までの激動の約50年間に渡って壮絶に生きたある家系の三世代の物語を、全5話からなるオムニバス形式で描いた超大作です。
監督: ヘンリー・ハサウェイ、ジョン・フォード、ジョージ・マーシャル
出演者:カール・マルデン(ゼブロン・プレスコット)、デビー・レイノルズ(リリー・プレスコット)、ジョージ・ペパード(ゼブ・ローリングス)、ジェームズ・スチュアート(ライナス・ローリング)、キャロリン・ジョーンズ(ジュリー・ローリングス)ほか

「リバティ・バランスを射った男」のネタバレあらすじ結末

リバティ・バランスを射った男の紹介:1962年アメリカ映画。西部開拓時代を経て新時代に突入したアメリカ西部。しかし無法者による蛮行は続いており、弱者は虐げられていた。若手弁護士ランスは現状を変えるため奮闘し、幅を利かせる悪党リバティ・バランスとの決闘を制する。しかし対決には意外な真実が隠されていた。原作はドロシー・M・ジョンソンの同名小説。ジョン・フォード&ジョン・ウェインのコンビとしては最後の西部劇映画となった。
監督:ジョン・フォード 出演者:ジョン・ウェイン(トム・ドニファン)、ジェームズ・スチュワート(ランス・ストッダード)、ヴェラ・マイルズ(ハリー・ストッダード)、リー・マーヴィン(リバティ・バランス)、エドモンド・オブライエン(ダットン・ピーボディ編集長)ほか

「リオ・グランデの砦」のネタバレあらすじ結末

リオ・グランデの砦の紹介:1950年アメリカ映画。ジョン・フォード監督が「アパッチ砦」「黄色いリボン」に続く“騎兵隊三部作”の第三作として製作した西部劇です。インディアン討伐に派遣された指揮官が、新兵として配属された息子や仲違いした妻との関係を経てインディアンとの戦いに臨んでいきます。
監督:ジョン・フォード 出演者:ジョン・ウェイン(カービー・ヨーク)、モーリン・オハラ(キャサリーン・ヨーク)、クロード・ジャーマン・ジュニア(ジェフ・ヨーク)、ベン・ジョンソン(トラヴィス・タイリー)、ハリー・ケリー・ジュニア(ダニエル・”サンデー”・ブーン)ほか

「騎兵隊」のネタバレあらすじ結末

騎兵隊の紹介:1959年アメリカ映画。南北戦争の戦いのひとつ、ビックスバーグの包囲戦を舞台に、南軍の拠点となる駅の破壊という任務を負った北軍の騎兵隊の戦いを、隊長と軍医の確執や北軍に恨みを持つ農園の女主人のエピソードも交えて描いた西部劇です。
監督:ジョン・フォード 出演者:ジョン・ウェイン(ジョン・マーロー大佐)、ウィリアム・ホールデン(ヘンリー・ケンドール少佐)、コンスタンス・タワーズ(ハンナ・ハンター)、アリシア・ギブソン(ルーキー)、スタン・ジョーンズ(ユリシーズ・グラント将軍)ほか

「荒野の決闘」のネタバレあらすじ結末

荒野の決闘の紹介:1946年アメリカ映画。巨匠ジョン・フォードの代表作のひとつ。ワイアット・アープとドク・ホリデイで有名なOKコラルの銃撃を映像化したもの。この題材は後に「OK牧場の決斗」や「トゥームストーン」などで何度も描かれることになる。
監督:ジョン・フォード 出演:ヘンリー・フォンダ(ワイアット・アープ)、リンダ・ダーネル(チワワ)、ヴィクター・マチュア(ドク・ホリデイ)、キャシー・ダウンズ(クレメンタイン)、ウォルター・ブレナン(オールドマン・クラントン)

「怒りの葡萄」のネタバレあらすじ結末

怒りの葡萄の紹介:1940年アメリカ映画。ジョン・スタインベックの代表作の映画化。撮影監督グレッグ・トーランドによるドキュメンタリーのようなモノクロ撮影が絶賛を浴びた。ジョン・フォードが2度目のアカデミー賞監督賞を受賞。
監督:ジョン・フォード 出演:ヘンリー・フォンダ(トム・ジョード)、ジェーン・ダーウェル(トムの母)、ジョン・キャラダイン、チャーリー・グレープウィン、ドリス・ボードン、ほか

1 2
TOP↑