鹿賀丈史映画一覧

鹿賀丈史が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「蜜蜂と遠雷」のネタバレあらすじ結末

蜜蜂と遠雷(みつばちとえんらい)の紹介:2019年日本映画。原作は、2017年に直木賞と本屋大賞W受賞という快挙を成し遂げた恩田陸の同名小説。映像化不可能といわれた508ページの大作を、『愚行録』で知られる石川慶監督が2時間の脚本にまとめ、まるで聴衆として国際ピアノコンクールを聞きにきているかのような緊張感のある映画に仕立て上げた。主演は、『勝手にふるえてろ』や『万引き家族』などでその演技力を高く評価されている松岡茉優。かつて天才少女と呼ばれたピアニストの復活を、セリフの少ない表情のみで表現するその演技は一見の価値あり。
監督:石川慶 出演:松岡茉優(栄伝亜夜)、松坂桃李(高島明石)、森崎ウィン(マサル・カルロス・レヴィ・アナトール)、鈴鹿央士(風間塵)、臼田あさ美(高島満智子)、ブルゾンちえみ(仁科雅美)、福島リラ(ジェニファ・チャン)、眞島秀和(ピアノ修理職人の男)、片桐はいり(コンクール会場のクローク係)、光石研(菱沼忠明)、平田満(田久保寛)、アンジェイ・ヒラ(ナサニエル・シルヴァーバーグ)、斉藤由貴(嵯峨三枝子)、鹿賀丈史(小野寺昌幸)、ほか

「麻雀放浪記」のネタバレあらすじ結末

麻雀放浪記の紹介:1984年日本映画。麻雀小説作家として知られた阿佐田哲也の同名小説を映画化した作品。戦後復興期の東京を舞台に麻雀の世界に足を踏み入れた少年が様々な博徒たちと出会い、勝負の世界で逞しくのし上がっていく様を描いた痛快な娯楽映画です。イラストレーターの和田誠による映画初監督作品です。
監督:和田誠 出演者:真田広之(坊や哲)、鹿賀丈史(ドサ健)、加賀まりこ(八代ゆき)、大竹しのぶ(まゆみ)、加藤健一(女衒の達)、名古屋章(上州虎)、高品格(出目徳)ほか

「七つの会議」のネタバレあらすじ結末

七つの会議の紹介:2018年日本映画。池井戸潤原作の社会派エンターテインメント映画「空飛ぶタイヤ」に続く第2弾です。ぐうたら社員からのパワハラ告発をきっかけに社内に思わぬ波乱が巻き起こる。その先で待っていたのは巨大企業の深い闇だった…。野村萬斎、香川照之といった豪華実力派俳優が集結。会社や仕事の「正義」と、そこで働く「意義」とは何なのか、日本企業の在り方に問題提起をする「七つの会議」は、リコール隠しや内部告発をテーマにした、働く人全てに贈る究極の企業サスペンス映画です。
監督:服澤克雄 キャスト:野村萬斎(八角民夫)、香川照之(北川誠)、及川光博(原島万二)、片岡愛之助(坂戸宣彦)、音尾琢真(三沢逸郎)、藤森慎吾(新田雄介)、朝倉あき(浜本優衣)、岡田浩暉(佐野健一郎)、木下ほうか(田部)、吉田羊(淑子)、土屋太鳳(三沢奈々子)、小泉孝太郎(奈倉翔平)、溝端淳平(星野)、春風亭昇太(飯山孝実)、立川談春(江木恒彦)、勝村政信(加茂田久司)、世良公則(村西京助)、鹿賀丈史(梨田元就)、橋爪功(宮野和広)、北大路欣也(徳山郁夫)、ほか

「疑惑」のネタバレあらすじ結末

疑惑の紹介:1982年日本映画。夫に多額の保険金をかけ殺害したという疑惑をかけられた魔性の女、球磨子。彼女の弁護を担当することになった佐原律子は球磨子の無罪を立証すべく法廷に立つ。松本清張原作、野村芳太郎監督による手に汗握る法廷サスペンス映画です。捉えどころのない悪女球磨子役の桃井かおりとクールな弁護士律子役の岩下志摩、二大女優の演技対決が話題となりました。
監督:野村芳太郎 出演者:桃井かおり(白河(鬼塚)球磨子)、岩下志摩(佐原律子)、鹿賀丈史(豊崎勝雄)、柄本明(秋谷茂一)、 仲谷昇(白河福太郎)、 森田健作(藤原好郎)、北林谷栄(白河はる江)ほか

「家族ゲーム」のネタバレあらすじ結末

家族ゲームの紹介:1983年日本映画。本間洋平の同名小説の映画化作品で、その斬新な演出や作風で大きな話題を巻き起こした作品です。松田優作演じる変わり者の家庭教師が、受験生を抱える家庭にもたらす騒動を描いています。鹿賀丈史や長渕剛、櫻井翔(嵐)の主演で3度テレビドラマ化もされています。
監督:森田芳光 出演者:松田優作(吉本勝)、宮川一朗太(沼田茂之)、伊丹十三(沼田孝助)、由紀さおり(沼田千賀子)、辻田順一(沼田慎一)ほか

「相棒 劇場版IV 首都クライシス…」のネタバレあらすじ結末

相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断の紹介:2017年日本映画。劇場版「相棒シリーズ」4作目の作品で、相棒が反町隆史演じる冠城亘に代わってからの初の映画化となります。銀座に集まった観衆がテロの人質になると言う設定で、九州の街で大掛かりなロケが行われました。いつも紳士的な振る舞いの主人公の杉下右京ですが、今回はたくさん走り回ったり戦う杉下右京がたくさん見れます。日本国家を憎みつつも故郷の望郷を忘れられなかったある人物の悲哀をとても丁寧に表現しており、平和な日本日本問題を投げかける作品となっています。
監督:橋本一 出演:水谷豊(杉下右京)、冠城亘(反町隆史)、鈴木杏樹(月本幸子)、伊丹憲一(川原和久)、山中崇史(芹沢健)、山西惇(角田六郎)、北村一輝(黒衣の男)、鹿賀丈史(マーク・リュウ)ほか

「武士の献立」のネタバレあらすじ結末

武士の献立の紹介:2013年日本映画。武士の献立は江戸時代を背景にした「包丁侍」にスポットを当てた日本映画です。「包丁侍」とは剣術ではなく、料理の腕で大名や将軍家を支える武士のことです。題名からして男性が主人公と想像しますが、その「包丁侍」を支える妻が主人公の物語です。主人公を演じるのは女優の上戸彩で、映画の主演が8年ぶりということで話題ともなりました。主人公は女性でありながら、大名や将軍家の胃袋を掴むすばらしい料理の腕を持っており、嫁いだ先の「包丁侍」として生きる夫のために料理の指南をします。この夫がいまいち「包丁侍」としての職務に身が入らず、彼女のことも最初のうちは冷たく当たります。あまりにも主人公の女性が献身的に尽くしているにも関わらず、それに応えようとしない夫にかなりの時間いらいらしてしまいますが、最終的には彼女の愛は報われるので、見終わると満足した気持ちになります。厳しい時代を生き抜かなければいけなかった人々の知恵と情熱を感じ取れることができます。
監督:朝原雄三  出演者: 上戸彩(舟木春)、高良健吾(舟木安信)、西田敏行(舟木伝内)、余貴美子(舟木満)、成海璃子(今井佐代)、柄本佑(今井定之進)、夏川結衣(真如院)、緒方直人(大槻伝蔵)、鹿賀丈史(前田直躬)ほか

「武士の献立(2013年)」のネタバレあらすじ結末

武士の献立の紹介:2013年日本映画。料理上手の腕を見込まれて加賀藩の包丁侍の家に嫁いだヒロインが、持ち前の料理の腕を発揮し、活躍する姿を描いた心温まる人情ドラマ。実在する加賀料理の指南書「料理無言抄」を題材にした作品です。
監督:朝原雄三 出演者:上戸彩(舟木春)、高良健吾(舟木安信)、余貴美子(舟木満)、成海璃子(今井佐代)、柄本佑(今井定之進)、夏川結衣(お貞の方~真如院)、緒形直人(大槻伝蔵)、鹿賀丈史(前田土佐守直躬)、西田敏行(舟木伝内)、ほか

「ひみつのアッコちゃん」のネタバレあらすじ結末

ひみつのアッコちゃんの紹介:2012年日本映画。赤塚不二夫の大ヒットコミックの『ひみつのアッコちゃん』の実写映画化です。小学生のアッコちゃんが変身した大人を綾瀬はるかさん、トキメキの上司に岡田将生さん、そして豪華キャストが脇を固め、夢のあるファンタジーコメディに仕上がっています。特に綾瀬はるかさんの演技が光っています。
監督:川村泰祐 出演者:綾瀬はるか(加賀美あつ子(アッコ))、岡田将生(早瀬尚人)、谷原章介(熱海専務)、吹石一恵(青山マリ)、塚地武雅(守衛)、大杉漣(中村前社長)、吉田里琴(少女のあつ子(アッコ))、もたいまさこ(大庭鶴子)、鹿賀丈史(鬼頭)香川照之(鏡の精)ほか

「K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝」のネタバレあらすじ結末

K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝の紹介:2008年日本映画。北村想の原作を元にしているものの、怪人二十面相が超人的身体能力を備えた人物だったり、、時代設定を第二次世界大戦が「回避」されたというパラレルワールドとしての1949年とするなど、大胆な舞台設定でストーリーが展開されています。アクションにはワイヤーアクションの他、邦画の大作としては初めてパルクールにおける動作を採用しています。主人公の遠藤平吉と怪人二十面相の一連の動作をロシア人スタントマンがパルクールで培われた身体能力を駆使して表現しています。美しい映像と奇想天外なアクションが見どころです。
監督:佐藤嗣麻子 出演:金城武(遠藤平吉)、松たか子(羽柴葉子)、仲村トオル(明智小五郎)、國村隼(源治)、小日向文世(南部先生)、大滝秀治(羽柴会長)、鹿賀丈史(殿村弘三)

「西遊記」のネタバレあらすじ結末

西遊記(2007年)の紹介:2007年日本映画。香取慎吾主演の連続ドラマ「西遊記」の映画版。ほぼ連続ドラマのメンバーがそのまま映画に出演し、スケールアップして映画化されました。海外ロケにも行って背景や舞台にも凝って制作されています。
監督:澤田鎌作 出演:香取慎吾(孫悟空)、深津絵里(三蔵法師)、内村光良(沙悟浄)、伊藤淳史(猪八戒)、鹿賀丈史(金閣大王)、岸谷五朗(銀閣大王)ほか

「ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕」のネタバレあらすじ結末

劇場版ポケットモンスター/幻のポケモン ルギア爆誕(ばくたん)の紹介:1999年日本映画。この作品は、アニメ「ポケットモンスター」の劇場版第2作品目に当たります。船に乗っていたサトシ達が、嵐にあいアーシア島にたどり着きます。アーシア島の祭りに伝わる伝承に当てはまるサトシは、伝承の通り儀式を行いますが、世界各地で異変が起きていました。サトシは、捕まった伝説のポケモンを助け出すことはできるのか。そして、世界を救うことはできるのでしょうか。
監督:湯山邦彦 出演:サトシ(松本梨香)、カスミ(飯塚雅弓)、フルーラ(平松昌子)、ジラルダン(鹿賀丈史)、ルギア(山寺宏一)ほか

「忍たま乱太郎(2011年実写版)」のネタバレあらすじ結末

忍たま乱太郎(2011年実写版)の紹介:2011年日本映画。NHKの人気長寿アニメ「忍たま乱太郎」が豪華キャスト陣を迎え実写映画化。戦国時代、忍者を育成するための学校、忍術学園に入学した乱太郎が、個性的な仲間たちと力を合わせて困難に立ち向かうギャグコメディ。
監督:三池崇史 脚本:浦沢義雄 出演:加藤清史郎、林遼威、木村風太、寺島進、三浦貴大、中村獅童、檀れい、鹿賀丈史、松方弘樹、平幹二朗ほか

「デスノート」のネタバレあらすじ結末

デスノートの紹介:2006年日本映画。そのノートに名前を書くだけで人が殺せるという「デスノート」、ある雨の日に一冊のノートを拾った「夜神月」は、そのノートの魅力に取り憑かれていくのである。そのノートの落とし主は死神デュークだったのだ。
監督:金子修介 出演:藤原竜也、松山ケンイチ、香椎由宇、リューク声優・中村獅童、鹿賀丈史、細川茂樹ほか

「想いのこし」のネタバレあらすじ結末

想いのこしの紹介:2014年日本映画。岡本貴也の小説「彼女との上手な別れ方」の映画化作品です。金と女のことしか頭にない男が、ひょんなことからこの世に未練を残して死んでいった4人の幽霊を成仏させてやろうと奮闘します。
監督:平川雄一朗 脚本・原作: 岡本貴也 出演:岡田将生(本多ガジロウ)、広末涼子(笠原ユウコ)、木南晴夏(円山ルカ)、松井愛莉(犬塚ケイ)、巨勢竜也(笠原幸太郎)、ほか

キーワードから探す

TOP↑