要潤映画一覧

要潤が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「トラさん~僕が猫になったワケ~」のネタバレあらすじ結末

トラさん~僕が猫になったワケ~の紹介:2019年日本映画。板羽皆原作の人気漫画をKis-My-Ft2の北山宏光主演で実写映画化。交通事故によって突然死んでしまった売れない漫画家が、猫になって現世に蘇り、家族の元で1ヶ月過ごしたことで、自分を見つめ直し、家族のために奮闘する姿を描いたハートウォーミングな感動作となっている。監督は「Sweet Rain 死神の精度」の筧昌也。
監督:筧昌也 出演:北山宏光(高畑寿々男)、多部未華子(高畑奈津子)、平澤宏々路(高畑実優)、飯豊まりえ(ホワイテスト)、富山えり子(桜木亜子)、要潤(浦上栄剛)、バカリズム(裁判長)、ほか

「キングダム」のネタバレあらすじ結末

キングダムの紹介:2019年日本映画。紀元前の中国を舞台に、天下の大将軍を夢見る少年と若き王が、困難に立ち向かいながら中華統一を目指す壮大な物語。原泰久原作の漫画は単行本54巻(映画公開日現在)にもおよぶ超人気シリーズで「実写化は不可能」といわれていた。今回原作者が脚本に全面協力、アクションを得意とする佐藤信介監督がメガホンをとり、ファンを納得させる映画が完成した。驚くべきは俳優陣の再現度の高さだ。主演の山﨑賢人はもちろん、肉体改造した大沢たかおや二役に挑んだ吉沢亮など、見ないと損するレベルの作品に仕上がっている。
監督:佐藤信介 キャスト: 山﨑賢人(信)、吉沢亮(漂/嬴政:二役)、長澤まさみ(楊端和)、橋本環奈(河了貂=てん)、本郷奏多(成蟜)、石橋蓮司(竭氏)、加藤雅也(肆氏)、宇梶剛士(魏興)、高島政宏(昌文君)、満島真之介(壁)、要潤(騰)、大沢たかお(王騎)、ほか

「アウト&アウト」のネタバレあらすじ結末

アウト&アウトの紹介:2018年日本映画。『藁の楯』の原作者であり木内一裕が自らの同名小説を“きうちかずひろ”名義で映画化した犯罪映画です。訳ありの小学生の少女と共に探偵事務所を営む元ヤクザが、若き殺し屋の罠にハメられたことから政界をも巻き込んだ陰謀に迫ることになります。
監督:きうちかずひろ 出演者:遠藤憲一(矢能政男)、岩井拳士朗(池上数馬)、白鳥玉季(黒木栞)、小宮有紗(北川理恵)、成瀬正孝(堂島哲士)、竹中直人(情報屋)、高畑淳子(婆さん)、要潤(鶴丸清彦)ほか

「タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」のネタバレあらすじ結末

劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日の紹介:2013年日本映画。NHKで放送された人気番組の劇場版作品。未来のタイムスクープ社から派遣され、人々の営みを映像で記録しアーカイブ化している時空ジャーナリスト。本能寺の変直後に焼失した安土城を舞台に、時空ジャーナリスト・沢嶋雄一がその最後の日の謎に迫ります。
監督:中尾浩之 出演:要潤(沢嶋雄一)、杏(古橋ミナミ)、夏帆(細野ヒカリ)、カンニング竹山(谷崎勉)、宇津井健(一ノ瀬忠文)、上島竜兵(島井宗叱)、矢島権之助(時任三郎)、嶋田久作(判山三郎兵衛)ほか

「スマホを落としただけなのに」のネタバレあらすじ結末

スマホを落としただけなのに の紹介:2018年日本映画。志駕晃の同名小説「スマホを落としただけなのに」をリングなどを手掛けた中田秀夫監督、北川景子主演で映画化したSNSミステリー作品です。ごく普通の女性の恋人が偶然にもスマホを落としてしまったことから、スマホの拾い主から監視され、追い詰められていく女性。思わぬ事件に巻き込まれていき、やがて女性の秘められた過去が明らかになる様子を描きます。原作では続編となる『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』が発売されている。
監督:中田秀夫 出演者:北川景子(稲葉麻美)、千葉雄大(加賀谷学)、田中圭(富田誠)、成田凌(浦野善治)、原田泰造(毒島徹)、バカリズム(小柳守)、要潤(武井雄哉)、高橋メアリージュン(杉本加奈子)、酒井健太(大野俊也)、筧美和子(天城千尋)、桜井ユキ(山本美奈代)ほか

「OVER DRIVE」のネタバレあらすじ結末

OVER DRIVE(オーバードライブ)の紹介:2018年日本映画。世界最高峰のラリー選手権『WRC』への出場を目指す天才肌ながらも素行の悪いドライバーと、その兄で堅実なメカニックとの絆と確執を描くカースポーツムービーです。実際のラリードライバーやチーム、メカニックの全面協力のもと、見ごたえたっぷりの大迫力のレースシーンをあますとこなく再現しています。
監督:羽住英一郎 出演者:東出昌大(檜山篤洋)、新田真剣佑(檜山直純)、森川葵(遠藤ひかる)、北村匠海(新海彰)、町田啓太(増田順平)、要潤(香川久俊)、吉田鋼太郎(都築一星)、ほか

「Bros.マックスマン」のネタバレあらすじ結末

Bros.マックスマンの紹介:2016年日本映画。ヒーローアクションコメディ「Mr.マックスマン」の続編。主役の竜星涼、千葉雄大をはじめ、内田理央、要潤、松島庄汰など、戦隊シリーズや仮面ライダーシリーズなどの特撮出演者が数多く参加している。兄の部屋で見つけた隕石のかけらを使ってスーパーヒーローに変身する能力を得たマックスマンこと谷口正義の弟・英雄だったが…。
監督:増田哲英 出演:竜星涼(谷口英雄)、内田理央(五十嵐梨奈)、千葉雄大(谷口正義)、山本美月(辻村祐子)、要潤(谷口真一郎)、ケンドーコバヤシ(堤貴之)、なだぎ武(津村徹)、大和田伸也(海東剛史)、久保田悠来(神田隆俊)、松島庄汰(堀北海斗)、丸山敦史(島崎英二)、髙橋裕二郎(ユーリ)ほか

「Mr.マックスマン」のネタバレあらすじ結末

Mr.マックスマンの紹介:2015年日本映画。いつも失敗してばかりのダメなテレビアナウンサーが、偶然手にした不思議な力でスーパーヒーローに変身、父の死の真相を探るため戦う姿を描いた特撮コメディ作品です。『天装戦隊ゴセイジャー』でブレイクした主演・千葉雄大をはじめ、歴代の仮面ライダー・スーパー戦隊出演者やスタッフが数多く参加しています。
監督:増田哲英 出演者:千葉雄大(谷口正義)、山本美月(辻村祐子)、要潤(谷口真一郎)、高田延彦(深大寺亮)、大和田伸也(海東剛史)ほか

「DESTINY 鎌倉ものがたり」のネタバレあらすじ結末

DESTINY 鎌倉ものがたりの紹介:2017年日本映画。累計発行部数1,000万部のベストセラー漫画『鎌倉ものがたり』を実写映画化。鎌倉に暮らす売れないミステリー作家と、その作家のもとへ嫁いだ新妻の周りで起こる奇妙な体験から、次第に自分達の運命の謎が紐解かれていくファンタジー作品。人間だけでなく魔物や幽霊も共存しているという鎌倉を舞台に、ミステリー作家は新妻と共に、怪事件に巻き込まれていく。『ALWAYS 三丁目の夕日』で日本アカデミー賞12部門で最優秀賞を受賞した山崎貴監督が、実力派俳優、堺雅人を主演に、活躍が目覚ましい女優の高畑充希をヒロインに迎えて映画化。
監督:山崎貴 出演:堺雅人(一色正和)、高畑充希(一色亜紀子)、堤真一(本田)、安藤サクラ(死神)、田中泯(貧乏神)、中村玉緒(キン)、市川実日子(本田里子)、要潤(稲荷刑事)、古田新太(天頭鬼)、鶴田真由(一色絵美子)、薬師丸ひろ子(女将)、吉行和子(瀬戸優子)、橋爪功(優子の旦那)、三浦友和(甲滝五四朗)、ほか

「亀は意外と速く泳ぐ」のネタバレあらすじ結末

亀は意外と速く泳ぐの紹介:2005年日本映画。平凡な毎日に飽き飽きしている主婦・雀は、ある日偶然「スパイ募集」の広告を見つけます。興味本位で応募してみると、あっさり合格してしまい、スパイとしての生活が始まるのでした。スパイになったことにより、雀の生活はどう変化するのでしょうか。
監督:三木聡 出演者:片倉スズメ(上野樹里)、扇谷クジャク(蒼井優)、クギタニシズオ(岩松了)、クギタニエツコ(ふせえり)、ラーメン屋のおやじ(松重豊)ほか

「新宿スワンII」のネタバレあらすじ結末

新宿スワンIIの紹介:2017年日本映画。スカウトマンが増えた新宿でバーストと渋谷のスカウトパラサイツが縄張り争いをしていた。そんな中バースト社長が島を増やすと言いだす。横浜進出だ。横浜には白鳥龍彦と関玄介が行くことになった。横浜には関の因縁の相手で横浜を仕切る滝正樹、突然バーストから姿を消した洋介がいるという。そして滝が仕切る横浜ウィザードと新宿バーストの戦いが始まる。
監督:園子温 出演:綾野剛(白鳥龍彦)、浅野忠信(滝マサキ)、伊勢谷友介(真虎)、深水元基(関玄介)、金子ノブアキ(葉山豊)、ほか

「探偵ミタライの事件簿 星籠の海」のネタバレあらすじ結末

探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海の紹介:2016年日本映画。島田荘司の本格ミステリー小説シリーズ「御手洗潔シリーズ」の映画化作品で、天才脳科学者で探偵の御手洗潔が女編集者と共に3つの難事件に挑む推理サスペンスです。潮の満ち引きが6時間ごとに繰り返される海が舞台となる。
監督:和泉聖治 出演者:玉木宏(御手洗潔)、広瀬アリス(小川みゆき)、石田ひかり(滝沢加奈子)、要潤(小坂井准一)、吉田栄作(槙田邦彦)ほか

「あやしい彼女」のネタバレあらすじ結末

あやしい彼女の紹介:2016年日本映画。大ヒットした韓国映画「怪しい彼女」のリメイクで、舞台を日本に置き換えて制作したコメディ映画です。73歳の老人がひょんなことから20歳の姿に若返ってしまったことから騒動に巻き込まれていきます。
監督:水田伸生 出演者:多部未華子(大鳥節子/20歳の瀬山カツ)、倍賞美津子(73歳の瀬山カツ)、小林聡美(瀬山幸恵)、北村匠海(瀬山翼)、志賀廣太郎(中田次郎)ほか

「UDON」のネタバレあらすじ結末

UDONの紹介:2006年日本映画。松井香助は「世界中を笑わせるコメディアンになる」という夢を持って、アメリカへ向かった。しかし、アメリカのニューヨークでクビになり、借金を背負ったまま、帰国する。香川に戻った香助はタウン誌の編集者・宮川恭子と運命的な出会いを果たす。香助はタウン誌に就職することになった。タウン誌の売り上げを伸ばすため、香助はうどんの特集記事を企画する。そのコラムにより、うどんの一大ブームが起こる。香川県の「うどんブーム」を作るきっかけになった意欲作。
監督:本広克行 出演:ユースケ・サンタマリア(松井香助)、小西真奈美(宮川恭子)、トータス松本(鈴木庄介)、鈴木京香(藤元万里)、要潤(青木和哉)、小日向文世(藤元良一)、池松壮亮(水沢翔太)、ムロツヨシ(石松)、ほか

「CASSHERN キャシャーン」のネタバレあらすじ結末

CASSHERN キャシャーンの紹介:2004年日本映画。戦いとは何か、生きるとはどういうことかを問いかけるSFアクション。長年の戦争で世界は荒廃し、人々は公害病に苦しんでいた。1人の科学者が究極の再生医療である「新造細胞」の開発に乗り出す。しかし新造細胞から生まれた「新造人間」達は、強い憎しみを持って人間に戦争を仕掛けてくるのだった。原作はテレビアニメ「新造人間キャシャーン」。
監督:紀里谷和明 出演者:伊勢谷友介(東鉄也/キャシャーン)、要潤(バラシン)、及川光博(内藤薫)、麻生久美子(上月ルナ)、寺尾聰(東博士)、樋口可南子(東ミドリ)、唐沢寿明(ブライキング・ボス)、宮迫博之(アクボーン)ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑