加瀬亮映画一覧

加瀬亮が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「理由」のネタバレあらすじ結末

理由の紹介:2004年アメリカ映画。宮部みゆきの同名の直木賞受賞作を映画化。荒川区の超高層マンションで、一家惨殺事件が起き、その容疑者として石田が指名手配されるものの、捜査が進むうちに一家の4人全員が赤の他人だったことが判明、事件は予期せぬ展開に。インタビュー形式でストーリーは進み、出演者は100名以上に及ぶ。多部未華子の映画デビュー作。
監督:大林宣彦 出演:村田雄浩(交番の石川巡査長)、寺島咲(片倉信子)、大和田伸也(1225号室住人 佐藤義男)、久本雅美(2024号室住人 葛西美枝子)、宝生舞(資産家の妻 とし子)、風吹ジュン(小糸信治の妻 小糸静子)、渡辺裕之(警察庁捜査一課警部)、柄本明(片倉ハウス主人 片倉義文)、小林聡美(2026号室住人 北畠敦子)、加瀬亮(八代祐司)、伊藤歩(宝井綾子)、小林稔侍(石田直澄の弁護士 戸村六郎)、宮崎将(石田直澄の長男 石田直己)、宮崎あおい(石田直澄の長女 石田由香里)、ほか

「はじまりのみち」のネタバレあらすじ結末

はじまりのみちの紹介:2013年日本映画。昭和を代表する映画監督である木下恵介の生誕100周年を記念して作られた作品。アニメ監督として有名な原恵一が初めて実写作品に挑んだ。木下恵介監督が戦時中に病気である母を疎開させるため、リヤカーに乗せて山越えをした実話をもとに、戦争という時代の荒波のなか、お互いを思いやる母子の愛情を描く。
監督:原恵一 出演:加瀬亮(木下惠介 / 正吉)、田中裕子(木下たま)、ユースケ・サンタマリア(木下敏三)、濱田岳(便利屋)、斉木しげる(木下周吉)、光石研(庄平)、濱田マリ(こまん)、山下リオ(木下作代)、藤村聖子(木下芳子)、松岡茉優(やゑ子)、相楽樹(義子)、大杉漣(松竹・城戸四郎)、宮崎あおい(学校の先生)、

「舞妓はレディ」のネタバレあらすじ結末

舞妓はレディの紹介:2014年日本映画。訛りのきつい少女が一人前の舞妓になるべく奮闘する姿を描いた作品。歌は吹き替えなしで出演者が生歌を披露している。
監督:周防正行 出演:上白石萌音(西郷春子)、長谷川博己(京野法嗣)、富司純子(小島千春)、田畑智子(百春)、草刈民代(里春)、渡辺えり(豆春)、竹中直人(富さん)、ほか

「ぐるりのこと。」のネタバレあらすじ結末

ぐるりのこと。の紹介:2008年日本映画。出版社に勤めしっかり者の翔子と女好きでマイペースのカナオ。翔子はカナオとの夜の営みは週3回と決め積極的だった。一方カナオはその気が起きないといつも言い訳をし説得されるのであった。そんな翔子のお腹には二人の赤ん坊がいた。日々成長していくお腹の子に二人は幸せをかみしめていた。カナオは先輩の進めで法廷画家の仕事を始めた。絵画教室もやっていた。だがある日子供が亡くなってしまう。翔子は次第に心を病んでいく。
監督:橋口亮輔 出演:木村多江(佐藤翔子)、リリー・フランキー(佐藤カナオ)、倍賞美津子(吉田波子)、寺島進(吉田勝利)、安藤玉恵(吉田雅子)、ほか

「アズミ・ハルコは行方不明」のネタバレあらすじ結末

アズミ・ハルコは行方不明の紹介:2016年日本映画。山内マリコの長編小説「アズミ・ハルコは行方不明」を蒼井優、高畑充希らによって映画化。地方都市で突如姿を消した安曇春子を軸に、さまざまな人物の地方都市独特のやるせない感情や行き場の無い生き方をキャッチーに描いた作品です。
監督:松居大悟 出演:蒼井優(安曇春子)、高畑充希(木南愛菜)、太賀(富樫ユキオ)、葉山奨之(三橋学)、石崎ひゅーい(曽我雄二)、菊池亜希子(今井えり)、芹那(杉崎ひとみ)、国広富之(社長)、加瀬亮(警官・沢井)、ほか

「スカイ・クロラ」のネタバレあらすじ結末

スカイ・クロラ The Sky Crawlersの紹介:2008年日本映画。原作は、森博嗣のベストセラー「スカイ・クロラ」他、全6冊のシリーズ。思春期の姿のまま、永遠に生きることを宿命づけられた子ども達「キルドレ」。他者に殺されることでのみ、死を得られる特別な体で、戦闘機のパイロットとして空へ。無情に繰り返される同じような毎日の中で、それでも懸命に生き、誰かを愛し、運命を変えようとする子ども達の姿を描く物語です。ヴェネチア国際映画祭でデジタル賞を受賞した、臨場感あふれる3DCG映像にも注目です。
監督:押井守 出演者:菊地凛子(草薙水素)、加瀬亮(函南優一)、谷原章介(土岐野尚史)、栗山千明(三ツ矢碧)、竹中直人(マスター)、ひし美ゆり子(ユリ)、榊原良子(笹倉永久)

「ハッシュ!」のネタバレあらすじ結末

ハッシュ!の紹介:2001年日本映画。ペットショップに働くゲイの長谷直也はある夜ゲイ友達と飲み歩き栗田勝裕に出会い一夜を共にする。勝裕もゲイなのだ。会社にバレないように慎重に生活をしていた。それから二人は付き合いだす。藤倉朝子は不摂生な生活で筋層内筋腫になり手術を勧められる。子供が産めなくなるかもと、初めて真剣に考える。ある雨の日、蕎麦屋で食事をしていた二人は傘が無かった朝子に出会い傘を貸す。二人がゲイだと気付いた朝子は勝裕に結婚は求めないが子供が欲しいと精子の提供を求めた。戸惑う勝裕だったが徐々に真剣に考え出し、妙な三角関係になってゆく。
監督:橋口亮輔 出演:田辺誠一(栗田勝裕)、高橋和也(長谷直也)、片岡礼子(藤倉朝子)、秋野暢子(栗田容子)、冨士眞奈美(長谷克美)、ほか

「犬と私の10の約束」のネタバレあらすじ結末

犬と私の10の約束の紹介:2008年日本映画。足が靴下を履いているように白いのでソックスと名付けられた子犬のゴールデンレトリバーは、飼い主のあかりと共に一日を生きていく。「犬の十戒」をモチーフにしている。
監督:本木克英 出演:田中麗奈(斉藤あかり)、加瀬亮(星進)、福田麻由子(斉藤あかり(子ども時代))、池脇千鶴(井上ゆうこ )、高島礼子(斉藤芙美子)、豊川悦司(斉藤祐市)、ほか

「オリヲン座からの招待状」のネタバレあらすじ結末

オリヲン座からの招待状の紹介:2007年日本映画。浅田次郎の短編小説を映画化したもので、昭和30年代と現代の京都を舞台に、時代に翻弄されながらも映画館「オリヲン座」を守ろうとした男女の姿を、常連だった少年少女のエピソードも交えて描いた作品です。
監督:三枝健起 出演者:宮沢りえ(豊田トヨ)、加瀬亮(仙波留吉)、宇崎竜童(豊田松蔵)、田口トモロヲ(三好祐次)、樋口可南子(三好良枝)ほか

「ペコロスの母に会いに行く」のネタバレあらすじ結末

ペコロスの母に会いに行くの紹介:2013年日本映画。認知症の母と介護に奮闘する息子の日常を描いたコメディ&ヒューマン・ドラマ。母の症状は少しずつ悪化するが、家族は「ボケるとも悪か事ばかりじゃなかかもしれん」と前向きに認知症と向き合っていく。監督は「男はつらいよ フーテンの寅(1970年)」等で知られる森﨑東。岩松了とダブル主演を務めた赤木春恵が世界最高齢の映画初主演女優としてギネス世界記録に認定された。原作は岡野雄一の同名コミックエッセイ。
監督:森﨑東 出演者:岩松了(岡野ゆういち)、赤木春恵(岡野みつえ)、原田貴和子(若き日のみつえ)、加瀬亮(岡野さとる)、竹中直人(本田)ほか

「3月のライオン 後編」のネタバレあらすじ結末

3月のライオン 後編の紹介:2017年日本映画。3月のライオン前編の続編。中学生にしてプロ棋士になった桐山零。家族との確執はいまだ綺麗に無くなったわけではなかったが確実に前に進みつつあった。しかしある時零が身を寄せていた家族のひなたが学校でいじめに合っているのが発覚。同時期に零は将棋のトーナメント師子王戦が始まろうとしていた。自身の腕を磨きながらひなたを守ろうと躍進する。しかし零の熱血は暴走を始めてしまう。原作者羽海野チカの同名人気コミックの実写化後編。監督は実写映画「るろうに剣心」の大友啓史。
監督:大友啓史 出演:神木隆之介(桐山零)、有村架純(幸田香子)、倉科カナ(川本あかり)、染谷将太(二海堂晴信)、佐々木蔵之介(島田開)、加瀬亮(宗谷冬司)、伊藤英明(後藤正宗)、ほか

「壬生義士伝」のネタバレあらすじ結末

壬生義士伝(みぶぎしでん)の紹介:2002年日本映画。第27回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した浅田次郎原作の同名小説を映画化した作品。とある田舎侍が新撰組に入隊し、武士としての義理、家族への愛をつらぬき幕末の時代を駆け抜けた姿を描いた作品です。
監督:滝田洋二郎 出演:中井貴一(吉村貫一郎)、三宅裕司(大野次郎右衛門)、夏川結衣(しづ)、中谷美紀(ぬい)、佐藤浩市(斎藤一)ほか

「アウトレイジビヨンド」のネタバレあらすじ結末

アウトレイジビヨンドの紹介:2012年日本映画。北野武監督が手掛ける、登場人物が全員悪人の映画シリーズ、アウトレイジ2作目の映画。2010年公開の前作アウトレイジから5年後を舞台に、関東最大の暴力団・山王会と関西最大の暴力団・花菱会が絡む権力抗争が描かれたバイオレンスヤクザ映画です。前作のラストで死んだはずだった大友組組長の大友が実は生きており、東西の抗争に巻き込まれていく。ヤクザ同士の言い争いシーンは迫力があり見ものです。2017年10月にはアウトレイジビヨンドの続編となる「アウトレイジ最終章」が公開。
監督:北野武 出演者:ビートたけし(大友)、西田敏行(西野)、三浦友和(加藤)、加瀬亮(石原)、小日向文世(片岡)ほか

「永遠の僕たち」のネタバレあらすじ結末

永遠の僕たちの紹介:2011年アメリカ映画。子供の頃の事故がきっかけで死にとらわれた少年が、不治の病に冒された少女に出会い、彼女の死を看取るまでの心の機微を描く。主人公の唯一の“友人”役に日本の加瀬亮が共演。
監督:ガス・ヴァン・サント 出演:ヘンリー・ホッパー(イーノック)、ミア・ワシコウスカ(アナベル)、加瀬亮(ヒロシ)、シュイラー・フィスク(エリザベス)、ほか

「わたしのハワイの歩きかた」のネタバレあらすじ結末

わたしのハワイの歩きかたの紹介:2014年日本映画。日本での煩わしい日々に悩む主人公が、ハワイに行ったことをきっかけに、素敵な人達と出会い、いきいきと輝く姿を描いたラブ・コメディ。ハワイの豊かな自然や、素敵なお店などがたくさん登場し、まるでハワイに行ったかのような楽しさを味わえるハワイ好き必見の作品です。
監督:前田弘二 出演:榮倉奈々(小山田みのり)、高梨臨(吉村茜)、瀬戸康史(鎌田勉)、加瀬亮(阿部知哉)、池松壮亮(田嶋祐一)、安田顕(塚原聡)ほか

1 2
TOP↑