加瀬亮映画一覧

加瀬亮が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ベル・カント とらわれのアリア」のネタバレあらすじ結末

ベル・カント とらわれのアリアの紹介:2017年アメリカ映画。南米のある国での工場建設プロジェクトのため出張する日本人ビジネスマン。しかし工場建設には乗り気ではなくパーティで歌う歌手と会うのが目的でした。しかし、パーティにテロリストが乱入、参加者を人質にとります。膠着状態が続く中、人質とテロリストに交流と恋愛感情が生まれますが、その関係はどうなるのでしょうか?『ベル・カント とらわれのアリア』は、1996年12月から1997年4月にフジモリ大統領政権下で起こった「在ペルー日本大使公邸占拠事件」を題材に、渡辺謙、加瀬亮にジュリアン・ムーアなどのキャストで固めた国際的な映画となっています。
監督:ポール・ワイツ 出演:ジュリアン・ムーア(ロクサーヌ・コス)、渡辺謙(ホソカワ)、セバスチャン・コッホ(赤十字のメスネル)、クリストファー・ランバート(フランス大使ティボー)、加瀬亮(ゲン・ワタナベ)、テノッチ・ウエルタ(ベンハミン指揮官)、マリア・メルセデス・コロイ(カルメン)、ほか

「旅のおわり世界のはじまり」のネタバレあらすじ結末

旅のおわり世界のはじまりの紹介:2019年日本,ウズベキスタン映画。日本のテレビバラエティ番組のリポーターである葉子は、異郷をさまよい異文化の人々と出会い、新しい世界に自分を開いていく。日本とウズベキスタンが国交を樹立してから25年が経ち、また戦後に抑留された日本人が建設に関わったナヴォイ劇場が完成から70周年を迎えたことを記念した両国の合作映画のために黒沢清監督がオリジナル脚本を執筆。主演は『Seventh Code』、『散歩する侵略者』に続き黒沢監督と組んだ前田敦子。ウズベキスタンの人気俳優アディズ・ラジャボフが見事に日本語の台詞をこなしている。
監督:黒沢清 出演者:前田敦子(藤田葉子)、染谷将太(吉岡)、柄本時生(佐々木)、アディズ・ラジャボフ(テムル)、加瀬亮(岩尾)その他

「メールで届いた物語」のネタバレあらすじ結末

メールで届いた物語(ストーリー)の紹介:2005年日本映画。加瀬亮、相武紗季、吹石一恵や北村一輝など豪華キャストが出演する、メールにまつわる4つの恋のショートストーリー。嘘から始まる恋や守りたい恋など、普段何気なく使用するメールのやり取りで始まる恋物語です。
監督:清水浩、伊藤裕彰、鈴木元、鳥井邦男 出演者:加瀬亮(高村修)、相武紗季(谷村理沙)、吹石一恵(小柳葉子)、岡田義徳(山口)、北村一輝(柏木聡)、 ほか

「劇場版 SPEC~天~」のネタバレあらすじ結末

劇場版 SPEC~天~ 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿の紹介:2012年日本映画。特殊能力・SPECを持った犯人たちに、警視庁公安部の特別捜査官たちが立ち向かっていく姿を、ユーモアを交えつつもシリアスに描いたTVドラマの劇場版です。キャッチコピーは「真実を疑え。」「未来を掴め。」で、新たなSPECを持った強敵が出現し、更にスケールアップしたバトルを繰り広げるクライムサスペンスドラマです。
監督:堤幸彦 出演:戸田恵梨香(当麻紗綾)、加瀬亮(瀬文焚流)、福田沙紀(志村美鈴)、でんでん(市柳賢蔵)、岡田浩暉(馬場香)、松澤一之(鹿浜歩)、載寧龍二(猪俣宗次)、有村架純(正汽雅)、麿赤兒(似内晶)、三浦貴大(宮野珠紀)、利重剛(福富薫)、伊藤淳史(伊藤淳史)、栗山千明(青池里子)、浅野ゆう子(マダム陽)、神木隆之介(一十一)、椎名桔平(津田助広)、竜雷太(野々村光太郎)、ほか

「TOKYO!」のネタバレあらすじ結末

TOKYO!の紹介:2008年フランス,日本,韓国映画。フランスと韓国の三人の有名監督達による短編オムニバス。東京を舞台に摩訶不思議な物語が繰り広げられていく。
監督:ミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス、ポン・ジュノ 出演者:藤谷文子、加瀬亮、伊藤歩、妻夫木聡、大森南朋、でんでん、ドニ・ラヴァン、ジャン=フランソワ・バルメ、石橋蓮司、北見敏之、嶋田久作、香川照之、蒼井優、竹中直人、荒川良々、山本浩司、松重豊、ほか

「ムーンライト下落合」のネタバレあらすじ結末

ムーンライト下落合の紹介:2017年日本映画。長田は友人である三上を泊め、深夜に目が覚めた二人はポツポツと会話を始める。かみ合うようでかみ合わない二人の数時間を描いた作品。加藤一浩の短編戯曲を俳優柄本佑が映画化。
監督:柄本佑 出演:加瀬亮(長田)、宇野祥平(三上)、ほか

「スクラップ・ヘブン」のネタバレあらすじ結末

スクラップ・ヘブンの紹介:2005年日本映画。世界を一瞬で消す方法がわかりました…。退屈な日々にうんざりしていた警官と、バスジャック事件をきっかけに偶然知り合った便所掃除の若者が意気投合し、世の中を浄化すべく「復讐代行業」を開始しますが、爆弾を作る義眼の女も巻き込んで事態は思わぬ方向へと動き出していきます…。
監督:李相日 出演者:加瀬亮(粕谷シンゴ)、オダギリジョー(葛井テツ)、栗山千明(藤村サキ)、光石研(嶋田係長)、森下能幸(佐藤)、田中哲司(斎藤)、水木薫(サキの母)、鈴木砂羽(相川美佐)、団時朗(吉田院長)、山田辰夫(葛井守)、柄本明(薮田刑事)ほか

「自由が丘で」のネタバレあらすじ結末

自由が丘で の紹介:2014年韓国映画。愛する女性に会うためソウルへやってきた日本人男性のモリ。彼女の帰りを待ちながらゲストハウスやカフェ自由が丘で様々な人々と交流し、ゆったりとした時間は流れていきます。モリは果たして愛する女性に会えるのか。「3人のアンヌ」のホン・サンス監督が加瀬亮を主演に迎えて描く異色の恋愛映画です。
監督:ホン・サンス 出演者:加瀬亮(モリ)、ムン・ソリ(ヨンソン)、ソ・ヨンファ(クォン)、キム・ウィソン(サンウォン)、ユン・ヨジョン(ゲストハウスの女主人)、ほか

「モリのいる場所」のネタバレあらすじ結末

モリのいる場所の紹介:2017年日本映画。「画壇の仙人」との異名を持つ画家・熊谷守一(1880~1977)。彼が晩年の30年間をほとんど外に出ずに過ごした東京の自宅を舞台に、彼と妻とのある1日を史実とフィクションを織り交ぜて描いたヒューマンドラマです。
監督:沖田修一 出演者:山崎努(熊谷守一)、樹木希林(熊谷秀子)、加瀬亮(藤田武)、吉村界人(鹿島公平)、光石研(朝比奈)、青木崇高(岩谷)、吹越満(水島)、池谷のぶえ(美恵)、きたろう(荒木)、林与一(昭和天皇)、三上博史(知らない男)、嶋田久作(文部大臣)ほか

「叫(さけび)」のネタバレあらすじ結末

叫(さけび)の紹介:2006年日本映画。湾岸沿いの埋め立て地で、海水で出来時させる殺人事件が頻発しました。刑事の吉岡が捜査を進めますが、自分が犯人のような状況証拠が出てきて混乱した吉岡の前に、赤い服の幽霊が現れはじめ、吉岡は自分の過去を捜査しはじめる・・・という話のミステリーホラー映画です。
監督:黒沢清 出演者: 役所広司(吉岡登)、小西真奈美(仁村春江)、葉月里緒奈(赤い服の女)、伊原剛志(宮地徹)、オダギリジョー(精神科医・高木)、加瀬亮(作業船の船員)、平山広行(刑事・桜井)、奥貫薫(矢部美由紀)ほか

「理由」のネタバレあらすじ結末

理由の紹介:2004年日本映画。宮部みゆきの同名の直木賞受賞作を映画化。荒川区の超高層マンションで、一家惨殺事件が起き、その容疑者として石田が指名手配されるものの、捜査が進むうちに一家の4人全員が赤の他人だったことが判明、事件は予期せぬ展開に。インタビュー形式でストーリーは進み、出演者は100名以上に及ぶ。多部未華子の映画デビュー作。
監督:大林宣彦 出演:村田雄浩(交番の石川巡査長)、寺島咲(片倉信子)、大和田伸也(1225号室住人 佐藤義男)、久本雅美(2024号室住人 葛西美枝子)、宝生舞(資産家の妻 とし子)、風吹ジュン(小糸信治の妻 小糸静子)、渡辺裕之(警察庁捜査一課警部)、柄本明(片倉ハウス主人 片倉義文)、小林聡美(2026号室住人 北畠敦子)、加瀬亮(八代祐司)、伊藤歩(宝井綾子)、小林稔侍(石田直澄の弁護士 戸村六郎)、宮崎将(石田直澄の長男 石田直己)、宮崎あおい(石田直澄の長女 石田由香里)、ほか

「はじまりのみち」のネタバレあらすじ結末

はじまりのみちの紹介:2013年日本映画。昭和を代表する映画監督である木下恵介の生誕100周年を記念して作られた作品。アニメ監督として有名な原恵一が初めて実写作品に挑んだ。木下恵介監督が戦時中に病気である母を疎開させるため、リヤカーに乗せて山越えをした実話をもとに、戦争という時代の荒波のなか、お互いを思いやる母子の愛情を描く。
監督:原恵一 出演:加瀬亮(木下惠介 / 正吉)、田中裕子(木下たま)、ユースケ・サンタマリア(木下敏三)、濱田岳(便利屋)、斉木しげる(木下周吉)、光石研(庄平)、濱田マリ(こまん)、山下リオ(木下作代)、藤村聖子(木下芳子)、松岡茉優(やゑ子)、相楽樹(義子)、大杉漣(松竹・城戸四郎)、宮崎あおい(学校の先生)、

「舞妓はレディ」のネタバレあらすじ結末

舞妓はレディの紹介:2014年日本映画。訛りのきつい少女が一人前の舞妓になるべく奮闘する姿を描いた作品。歌は吹き替えなしで出演者が生歌を披露している。
監督:周防正行 出演:上白石萌音(西郷春子)、長谷川博己(京野法嗣)、富司純子(小島千春)、田畑智子(百春)、草刈民代(里春)、渡辺えり(豆春)、竹中直人(富さん)、ほか

「ぐるりのこと。」のネタバレあらすじ結末

ぐるりのこと。の紹介:2008年日本映画。出版社に勤めしっかり者の翔子と女好きでマイペースのカナオ。翔子はカナオとの夜の営みは週3回と決め積極的だった。一方カナオはその気が起きないといつも言い訳をし説得されるのであった。そんな翔子のお腹には二人の赤ん坊がいた。日々成長していくお腹の子に二人は幸せをかみしめていた。カナオは先輩の進めで法廷画家の仕事を始めた。絵画教室もやっていた。だがある日子供が亡くなってしまう。翔子は次第に心を病んでいく。
監督:橋口亮輔 出演:木村多江(佐藤翔子)、リリー・フランキー(佐藤カナオ)、倍賞美津子(吉田波子)、寺島進(吉田勝利)、安藤玉恵(吉田雅子)、ほか

「アズミ・ハルコは行方不明」のネタバレあらすじ結末

アズミ・ハルコは行方不明の紹介:2016年日本映画。山内マリコの長編小説「アズミ・ハルコは行方不明」を蒼井優、高畑充希らによって映画化。地方都市で突如姿を消した安曇春子を軸に、さまざまな人物の地方都市独特のやるせない感情や行き場の無い生き方をキャッチーに描いた作品です。
監督:松居大悟 出演:蒼井優(安曇春子)、高畑充希(木南愛菜)、太賀(富樫ユキオ)、葉山奨之(三橋学)、石崎ひゅーい(曽我雄二)、菊池亜希子(今井えり)、芹那(杉崎ひとみ)、国広富之(社長)、加瀬亮(警官・沢井)、ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑