ケイト・ハドソン映画一覧

ケイト・ハドソンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「スケルトン・キー」のネタバレあらすじ結末

スケルトン・キーの紹介:2005年アメリカ映画。看護師のキャロラインが、新聞広告で見つけた住み込み介護の仕事をすることになり、老夫婦の家で働きはじめました。この家には屋根裏部屋があり、その中に開かずの扉を見つけてしまった事から、不思議な現象に見舞われ出すという内容のオカルトホラーです。
監督:イアン・ソフトリー 出演者:ケイト・ハドソン(キャロライン)、ジーナ・ローランズ(ヴァイオレット)、ピーター・サースガード(ルーク)、ジョイ・ブライアント(ジル)、ジョン・ハート(ベン)ほか

「フールズ・ゴールド」のネタバレあらすじ結末

フールズ・ゴールド/カリブ海に沈んだ恋の宝石の紹介:2008年アメリカ映画。2003年公開のラブコメディ『10日間で男を上手にフル方法』で共演したマシュー・マコノヒーとケイト・ハドソンが再び共演したアドベンチャー・コメディ作品です。カリブ海に沈んだ18世紀初頭のスペイン国王を巡って、妻に逃げられたトレジャーハンターやマフィアが争奪戦を繰り広げます。
監督:アンディ・テナント 出演者:マシュー・マコノヒー(ベンジャミン・“フィン”・フィネガン)、ケイト・ハドソン(テス・フィネガン)、ドナルド・サザーランド(ナイジェル・ハニーカット)、ユエン・ブレムナー(アルフォンズ)、アレクシス・ジーナ(ジェマ・ハニーカット)、ケヴィン・ハート(ビッグ・バニー)、レイ・ウィンストン(モー・フィッチ)、デヴィッド・ロバーツ(サイラス)、マイケル・マルヘレン(エディ)、アダム・ルフェーヴル(ゲーリー)ほか

「ブライダル・ウォーズ」のネタバレあらすじ結末

ブライダル・ウォーズの紹介:2009年アメリカ映画。幼なじみで親友の2人が同時期に結婚することになるが、手違いから挙式が同じ日になってしまったことで、互いが完璧な結婚式を挙げるためにバトルを繰り広げる。
監督:ゲイリー・ウィニック 出演:ケイト・ハドソン(リヴ)、アン・ハサウェイ(エマ)、ブライアン・グリーンバーグ(ネイサン)、クリス・プラット(フレッチャー)、スティーヴ・ハウイー(ダニエル)、キャンディス・バーゲン(マリオン)、ほか

「パーフェクト・プラン」のネタバレあらすじ結末

パーフェクト・プランの紹介:2013年アメリカ,イギリス,デンマーク,スウェーデン映画。マーカス・セイキーのミステリー小説『Good People』を映画化したサスペンス・スリラーです。ロンドンの安アパートを舞台に、急死した階下の住人が遺した大金を偶然にも手にしてしまったアメリカ人夫婦がマフィアや麻薬密売人が絡んだ陰謀に巻き込まれていく姿を描きます。
監督:ヘンリク・ルーベン・ゲンツ 出演者:ジェームズ・フランコ(トム・ライト)、ケイト・ハドソン(アナ・ライト)、オマール・シー(カーン)、トム・ウィルキンソン(ジョン・ホールデン警部補)、サム・スプルエル(ジャック・ウィトコウスキー)、フランシス・マギー(ベン・タトル)ほか

「キラー・インサイド・ミー」のネタバレあらすじ結末

キラー・インサイド・ミーの紹介:2010年アメリカ,スウェーデン,イギリス,カナダ映画。温厚で評判の良い保安官助手がある出来事をきっかけにうちに秘めた凶暴性を目覚めさせ、次々と凶悪な犯罪に手を染めていくクライム・サスペンス。
監督:マイケル・ウィンターボトム キャスト:ケイシー・アフレック(ルー・フォード保安官助手)、ケイト・ハドソン(エイミー・スタントン)、ジェシカ・アルバ(ジョイス・レイクランド)、ネッド・ビーティ(チェスター・コンウェイ建築会社社長)、イライアス・コティーズ(ジョー・ロスマン建築業評議会会長)、ほか

「200本のたばこ」のネタバレあらすじ結末

200本のたばこの紹介:1998年アメリカ映画。大晦日のニューヨークを舞台に新年を共に祝うパートナーを探そうと集まってきた若者達。複数の男女が織りなす恋愛模様を軽妙なテンポで描いた恋愛群像劇です。ベン・アフレックやクリスティーナ・リッチ、ケイシー・アフレックやケイト・ハドソンなど豪華俳優陣の共演が話題になりました。80年代のファッションや音楽も楽しめる映画です。
監督:リサ・ブラモン・ガルシア 出演者:ケイト・ハドソン(シンディ)、ベン・アフレック(バーテンダー)、ケイシー・アフレック(トム)、クリスティーナ・リッチ(ヴァル)、ポール・ラッド(ケヴィン)、コートニー・ラヴ(ルーシー)ほか

「WISH I WAS HERE/僕らのいる場所」のネタバレあらすじ結末

WISH I WAS HERE/僕らのいる場所の紹介:2014年アメリカ映画。生活費を妻や父に頼り、未だに夢にしがみつき続ける売れない中年俳優が、父のガン闘病をきっかけに家族や疎遠だった弟と向き合い、悩みながらも成長していく姿を描いたヒューマンドラマです。
監督:ザック・ブラフ 出演者:ザック・ブラフ(エイダン・ブルーム)、ケイト・ハドソン(サラ・ブルーム)、マンディ・パティンキン(ゲイブ・ブルーム)、ジョシュ・ギャッド(ノア・ブルーム)、ジョーイ・キング(グレース・ブルーム)、ピアース・ガニォン(タッカー・ブルーム)ほか

「バーニング・オーシャン」のネタバレあらすじ結末

バーニング・オーシャンの紹介:2016年アメリカ映画。2010年にメキシコ湾で発生した原油流出事故をモチーフに製作されたパニック映画です。油田で大爆発事故が発生、被害を食い止めようとする従業員、安全よりも利益を優先する会社幹部、そして懸命の脱出劇と救助活動が臨場感溢れる映像で綴られます。
監督:ピーター・バーグ 出演者:マーク・ウォールバーグ(マイク・ウィリアムズ)、カート・ラッセル(ジミー・ハレル)、ジョン・マルコヴィッチ(ドナルド・ヴィドリン)、ジーナ・ロドリゲス(アンドレア・フレイタス)、ディラン・オブライエン(ケイレブ・ハロウェイ)、ケイト・ハドソン(フェリシア・ウィリアムズ)ほか

「トラブル・マリッジ」のネタバレあらすじ結末

トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合の紹介:2006年アメリカ映画。建築デザイナーとして働くカールはモリーとの結婚式をハワイで盛大にあげました。モリーはカールの務める会社社長トンプソンの一人娘です。娘を取られた嫉妬からトンプソンはカールに冷たく当たっていました。ですがカールはモリーのためにひたすら耐えます。新婚生活が始まりましたが、職を失い住む場所もないカールの親友デュプリーをしばらくの間新居に住ませる事になり…。
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ 出演:オーウェン・ウィルソン(ランディ・デュプリー)、ケイト・ハドソン(モリー・パターソン)、マット・ディロン(カール・パターソン)、マイケル・ダグラス(トンプソン氏)、セス・ローゲン(ニール)、ほか

「10日間で男を上手にフル方法」のネタバレあらすじ結末

10日間で男を上手にフル方法の紹介:2003年アメリカ映画。アンディは女性向けファッション誌でハウツー記事を書くライター。ある日男を10日間でいかに上手くフルかという記事を書くことになります。同じ頃、広告代理店のベンは、大きな仕事の担当を賭けて 10日間で彼を愛してくれる彼女を見つけるよう上司に命じられます。
監督:ドナルド・ペトリ 出演:ケイト・ハドソン(アンディ・アンダーソン)、マシュー・マコノヒー(ベン・バリー)、キャスリン・ハーン(ミシェル)、アニー・パリッセ(ジェニー)、アダム・ゴールドバーグ(トニー)、ほか

「サハラに舞う羽根」のネタバレあらすじ結末

サハラに舞う羽根の紹介:2002年アメリカ,イギリス映画。イギリス文学古典、A・E・W・メイソンの小説「四枚の羽根」を原作とした映画。イギリス帝国の領土拡大の戦争に疑問をもった若い士官ハリーは、スーダン派遣直前に除隊を申し込み、臆病者の象徴とされる白い羽根を仲間と婚約者に送られます。しかし、スーダンで苦戦する仲間を助けるため、ハリーは一人スーダンへと向かいます。
監督:シェカール・カプール 出演者:ヒース・レジャー(ハリー)、ウェス・ベントレー(ジャック)、ケイト・ハドソン(エスネ)、マイケル・シーン(ウィリアム)、ルパート・ペンリー=ジョーンズ(トム)ほか

「ロック・ザ・カスバ!」のネタバレあらすじ結末

ロック・ザ・カスバ!の紹介:2015年アメリカ映画。コメディ界の大御所、ビル・マーレイの主演作。人生の再生を賭けた、中年男の切なくも可笑しい物語。落ち目の芸能マネージャーの男が、アフガニスタンで奇跡の歌声を持つ少女と出会う。男は少女をオーディション番組に出そうとするが、イスラム教の厳しい戒律のもと、女性が人前で歌うことは禁じられていた。共演はブルース・ウィリス、ケイト・ハドソン。劇中に流れるキャット・スティーヴンス、ボブ・ディラン、ディープ・パープル、シャキーラなど、ノリノリのロックの名曲&ヒット曲にも注目。
監督:バリー・レビンソン 出演者:ビル・マーレイ(リッチー・ランツ)、ブルース・ウィリス(ボンベイ・ブライアン)、ケイト・ハドソン(マーシー)、リーム・リュ-バニ(サリーマ)、ゾーイ・デシャネル(ロニー)、アリアン・モーイエド(リザ)、スコット・カーン(ジェイク)ほか

「あの頃ペニー・レインと」のネタバレあらすじ結末

あの頃ペニー・レインとの紹介:2000年アメリカ映画。若干15歳の天才少年が音楽ジャーナリズムの世界に飛び込み、『ローリング・ストーン』誌の記者として、あるバンドに密着取材する青春映画です。キャメロン・クロウ監督が実体験に基づき、自ら脚本を手がけた本作は、第58回ゴールデングローブ賞作品賞を受賞し、数多くの音楽ファンからも支持されています。
監督:キャメロン・クロウ、出演者:パトリック・フュジット(ウィリアム・ミラー)、ケイト・ハドソン(ペニー・レイン)、ビリー・クラダップ(ラッセル・ハモンド)、フランシス・マクドーマンド(エレイン・ミラー)、ほか

「私だけのハッピー・エンディング」のネタバレあらすじ結末

私だけのハッピー・エンディングの紹介:2011年に製作されたケイト・ハドソン主演のアメリカ映画。キャリアウーマンとして充実した毎日を送っていたマーリーは、本気の恋愛だけはしない主義。そんなある日、検診のために訪れた病院で、余命わずかなガンを宣告される。
監督:ニコール・カッセル 出演:ケイト・ハドソン(マーリー・コーベット)、ガエル・ガルシア・ベルナル(ジュリアン・ゴールドスタイン医師)、ウーピー・ゴールドバーグ(ゴッド)、キャシー・ベイツ(ヴェバリー・コーベット)、ほか

「NINE」のネタバレあらすじ結末

NINEの紹介:2009年アメリカ映画。イタリアの映画監督グイドは次の映画の脚本がなかなか書けず制作発表の場から姿を消してしまう。街から離れた場所で愛人であるカルラとの密会を重ねるも心を癒されることはなくついにはプロデューサーに居場所を突き止められる。なんとか映画の製作を続けようとするスタッフだが脚本の無い状況ではどうすることもできない。そんな状況にも関わらずグイドに様々な欲望が迫る。欲望に翻弄される映画監督の苦悩を描くミュージカル映画。
監督:ロブ・マーシャル 出演:グイド(ダニエル・デイ=ルイス) ルイザ(マリオン・コティヤール) カルラ(ペネロペ・クルス) クラウディア(ニコール・キッドマン) ステファニー(ケイト・ハドソン) サラギーナ(ファーギー) リリー(ジュディ・デンチ) マンマ(ソフィア・ローレン)ほか

TOP↑