ケイト・ウィンスレット映画一覧

ケイト・ウィンスレットが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「オール・ザ・キングスメン」のネタバレあらすじ結末

オール・ザ・キングスメンの紹介:2006年アメリカ映画。ルイジアナの田舎から州知事にまで上りつめた一人の男の生涯を描いた物語。ウィリーは民衆の権利、貧困層の解放などを叫び、その言葉と行動で民衆を熱狂させました。”悪から善は生まれる”彼の信じた言葉です。そんな彼の行動は果たして正しいのか?
監督:スティーヴン・ザイリアン 出演:ショーン・ペン(ウィリー・スターク)、ジュード・ロウ(ジャック・バーデン)、アンソニー・ホプキンス(アーウィン判事)、ケイト・ウィンスレット(アン・スタントン)、マーク・ラファロ(アダム・スタントン)、パトリシア・クラークソン(セイディ・バーク)、ジェームズ・ガンドルフィーニ(タイニー・ダフィ)、ほか

「とらわれて夏」のネタバレあらすじ結末

とらわれて夏の紹介:2013年アメリカ映画。刑務所の病院を脱獄してきた殺人犯と彼を匿うことになった母子との心の交流を描いた人間ドラマ。「JUNO/ジュノ」、「マイレージ、マイライフ」のジェイソン・ライトマンによる監督・脚本作品。心に闇を抱える母アデル役をケイト・ウィンスレットが熱演しています。
監督:ジェイソン・ライトマン 出演者: ケイト・ウィンスレット(アデル・ウィーラー)、 ジョシュ・ブローリン(フランク・チェンバース)、 ガトリン・グリフィス(少年期のヘンリー・ウィーラー)、トビー・マグワイア(成人後のヘンリー・ウィーラー)、マイカ・モンロー(マンディ)ほか

「女と男の観覧車」のネタバレあらすじ結末

女と男の観覧車の紹介:2017年アメリカ映画。1950年代のアメリカ、コニーアイランドはニューヨーク近郊の当時の人気アミューズメントパークでした。そのコニーアイランドで飲んだくれの男と再婚し、女優になれず過去を後悔し現状の生活に不満の女性は、ビーチで魅力的なアルバイトの男性と出会って関係をもちます。ある日、夫の娘が突然現れ、そのアルバイトの男性といい関係になります。しかし、娘は暴力団とトラブルを起こし追い掛けられる羽目になりますが、娘と一家の運命は?『女と男の観覧車』は現代アメリカを代表するウディ・アレン監督の作品、歌手と俳優として成功するジャスティン・ティンバーレイクにアカデミー主演女優賞獲得『タイタニック』のヒロイン役のケイト・ウインスレットが共演する見ごたえのある作品です。
監督:ウディ・アレン キャスト:ジム・ベルーシ(ハンプティ)、ジュノー・テンプル(キャロライナ)、ジャスティン・ティンバーレイク(ミッキー)、ケイト・ウィンスレット(ジニー)、ジャック・ゴア(リッチー)ほか

「乙女の祈り」のネタバレあらすじ結末

乙女の祈りの紹介:1994年ニュージーランド,アメリカ映画。実際に米国で起きた「ポーリーンとジュリエット」の事件に基づく。この作品のモデルとなったミステリー作家、アン・ペリーはジュリエット本人。大人は分かってくれない、私達を引き離さないで!思春期の友情が狂気に変わる瞬間(とき)を描く。
監督:ピーター・ジャクソン 出演者:メラニー・リンスキー(ポーリーン)、ケイト・ウィンスレット(ジュリエット)、ダイアナ・ケント(ジュリエットの母)、クライヴ・メリン(ジュリエットの父、ヘンリー)、サラ・パーズ(ポーリーンの母)、サイモン・オコナ―(ハーバード)

「ヴェルサイユの宮廷庭師」のネタバレあらすじ結末

ヴェルサイユの宮廷庭師の紹介:2014年アメリカ映画。ルイ14世の時世、ヴェルサイユの庭園建設を任された名もなき女性庭師が、師と仰ぐ宮廷庭師とともに苦難を乗り越えながら庭園を作り上げていく、勇気と愛の物語。
監督:アラン・リックマン 出演:ケイト・ウィンスレット(サビーヌ・ド・バラ)、マティアス・スーナールツ(アンドレ・ル・ノートル)、アラン・リックマン(ルイ14世)、スタンリー・トゥッチ(フィリップ1世、オルレアン公)、ヘレン・マックロリー(マダム・ル・ノート)、ほか

「いつか晴れた日に」のネタバレあらすじ結末

いつか晴れた日にの紹介:1995年イギリス,アメリカ映画。19世紀のイギリスを舞台に、貴族が遺した3人の娘の切ない恋愛模様を、遺産相続の問題などを絡めて描きます。主演のエマ・トンプソンが脚本を手掛けており、アカデミー賞で脚色賞を受賞しています。
監督:アン・リー 出演者:エマ・トンプソン(エリノア・ダッシュウッド)、ケイト・ウィンスレット(マリアンヌ・ダッシュウッド)、ヒュー・グラント(エドワード・フェラース)、アラン・リックマン(ブランドン大佐)、ジェマ・ジョーンズ(ダッシュウッド夫人)ほか

「ダイバージェントNEO」のネタバレあらすじ結末

ダイバージェントNEOの紹介:2015年アメリカ映画。ヴェロニカ・ロスの大ヒット小説を映画化した2014年公開の「ダイバージェント」の続編で、人類は性格診断により「勇敢」「高潔」「無欲」「平和」「博学」のいずれかのテリトリーに分類されている近未来のシカゴを舞台に、いずれにも属さない異端者とされた主人公たちがこの世界の謎を解き明かそうとするSFアクションです。
監督:ロベルト・シュヴェンケ 出演者:シェイリーン・ウッドリー(ベアトリス・“トリス”・プライアー)、テオ・ジェームズ(トビアス・“フォー”・イートン)、マイルズ・テラー(ピーター・ヘイズ)、ナオミ・ワッツ(イブリン・ジョンソン=イートン)、ケイト・ウィンスレット(ジェニーン・マシューズ)ほか

「素晴らしきかな、人生」のネタバレあらすじ結末

素晴らしきかな、人生の紹介:2016年アメリカ映画。失意のどん底に突き落とされた男が、友人や奇妙な舞台俳優と出会うことで生きる力を取り戻すドラマ映画。大変豪華なキャスティングで注目を集め、プラダやグッチ、トム・フォードといった著名なブランドが協力している。また、監督のデヴィッド・フランケルは2006年に大ヒットした映画「プラダを着た悪魔」の監督として知られている。
監督:デヴィッド・フランケル 出演:ウィル・スミス(ハワード)、ケイト・ウィンスレット(クレア)、エドワード・ノートン(ホイット)、キーラ・ナイトレイ(エイミー)、ヘレン・ミレン(ブリジット) ほか

「バベル」のネタバレあらすじ結末

バベルの紹介:2006年アメリカ映画。時間軸が交差する群像劇で、モロッコでテロリストとして追われる幼い兄弟、その弾丸に撃たれたアメリカ人の夫婦、アメリカで働くメキシコ人の不法就労者、東京で暮らす聾唖の女子高生のストーリーが展開される。言葉や心が通じない世界で生きる人々を描く本作は、カンヌ国際映画祭において監督賞を受賞するなど、多くの栄冠に輝いた。
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演者:ブラッド・ピット (リチャード)、ケイト・ウィンスレット(スーザン)、役所広司(ヤスジロー)、菊地凛子(チエコ)、アドリアナ・バラッザ(アメリア) ほか

「リトル・チルドレン」のネタバレあらすじ結末

リトル・チルドレンの紹介:2006年アメリカ映画。トム・ペロッタ原作の全米ベストセラー小説を元に映画化。閑静な住宅街で暮らす住人たちが、今の自分を受け入れることが出来ず、新しい自分を手に入れようと模索する様を描く。
監督:トッド・フィールド 出演:ケイト・ウィンスレット(サラ・ピアース)、パトリック・ウィルソン(ブラッド・アダムソン)、ジェニファー・コネリー(キャシー・アダムソン)、ジャッキー・アール・ヘイリー(ロニー・マゴーヴィー)、ノア・エメリッヒ(ラリー・ヘッジス)、ほか

「スティーブ・ジョブズ」のネタバレあらすじ結末

スティーブ・ジョブズの紹介:2015年アメリカ映画。「最低な男が、最高の未来を創った。」というキャッチコピーで、1971年から2011年までのスティーブ・ジョブズを描いたヒューマン・ドラマ映画です。2013年サンダンス映画祭でクロージング作品として上映された。主人公のスティーブ・ジョブズ役をアシュトン・カッチャーが、Apple社の共同設立者のスティーブ・ウォズニアック役をジョシュ・ギャッドが演じました。
監督:ダニー・ボイル 原作:ウォルター・アイザックソン 出演:マイケル・ファスベンダー(スティーブ・ジョブズ)、ケイト・ウィンスレット(ジョアンナ・ホフマン)、セス・ローゲン(スティーブ・ウォズニアック)、ジェフ・ダニエルズ(ジョン・スカリー)、ほか

「ネバーランド」のネタバレあらすじ結末

ネバーランドの紹介:2004年イギリス,アメリカ映画。劇作家ジェームズ・マシュー・バリと、心に傷を負ったデイヴィズ一家の交流を繊細に描くヒューマンドラマ。新作が失敗に終わり落ち込むジェームズは、ある日美しい未亡人シルヴィアとその4人の息子達に出会う。父を亡くし心を閉ざした少年にジェームズは信じることの大切さを教える。そして一家との交流を深める中で、ジェームズは名作「ピーター・パン」を作り上げるのだった。
監督:マーク・フォスター 出演者:ジョニー・デップ(ジェームズ・マシュー・バリ)、ケイト・ウィンスレット(シルヴィア・ルウェリン・デイヴィズ)、フレディ・ハイモア(ピーター・ルウェリン・デイヴィズ)、ジュリー・クリスティ(デュ・モーリエ夫人)、ラダ・ミッチェル(メアリー・アンセル・バリ)ほか

「ムービー43」のネタバレあらすじ結末

ムービー43の紹介:2013年アメリカ映画。ある映画製作会社に一人の男が現れる。男はその会社のプロデューサーにいくつかの映画の脚本を持参していた。しかしそのどれもが酷い出来でプロデューサーはことごとく却下。しかしそれが男をある行動に駆り立ててしまう。ヒュー・グラント、ケイト・ウィンスレットを始めとする豪華俳優陣が集結したコメディ。
監督:ピーター・ファレリー、グリフィン・ダン、ブレット・ラトナー、スティーブン・ブリル、エリザベス・バンクス、ジェームズ・ガン、ウィル・グラハム 出演:ケイト・ウィンスレット、ヒュー・ジャックマン、クリス・プラット、アンナ・ファリス、エマ・ストーン、ユマ・サーマン、クリステン・ベル、ハル・ベリー、ジェラルド・バトラー、ジョシュ・デュアメル、リチャード・ギア、クロエ・グレース・モレッツ、ナオミ・ワッツ、テレンス・ハワード ほか

「愛を読むひと」のネタバレあらすじ結末

愛を読むひとの紹介:2008年アメリカ,ドイツ映画。15歳のマイケルはその21歳年上のハンナと第二次世界対戦後のドイツで出会い恋をします。朗読を好むハンナに、マイケルは様々な本を朗読して聞かせますが、ハンナはある日姿を消してしまいます。大学に進学したマイケルは、被告人席にたつハンナを見つけます。ナチスの強制収監所の看守として働いていたハンナが、ある秘密を持っていたことにマイケルは気づきます。
監督:スティーヴン・ダルドリー 出演:ケイト・ウィンスレット(ハンナ・シュミッツ)、レイフ・ファインズ(マイケル・バーグ)、デヴィッド・クロス(青年時代のマイケル・バーグ)、レナ・オリン(ローズ・メイザー/イラナ・メイザー)、アレクサンドラ・マリア・ララ(若き日のイラナ・メイザー)、ブルーノ・ガンツ(ロール教授)、ほか

「レボリューショナリー・ロード」のネタバレあらすじ結末

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまでの紹介:2008年アメリカ,イギリス映画。フランクは妻エイプリルと二人の子どもに囲まれ平凡だが幸せな毎日を送っていました。しかし仕事を辞めてパリへ移住しようと決めた時から、その歯車は狂い始めていたのです。
監督:サム・メンデス 出演:レオナルド・ディカプリオ(フランク・ウィーラー)、ケイト・ウィンスレット(エイプリル・ウィーラー)、キャシー・ベイツ(ヘレン・ギヴィングス夫人)、マイケル・シャノン(ジョン・ギヴィングス)、キャスリン・ハーン(ミリー・キャンベル)、デヴィッド・ハーバー(シェップ・キャンベル)、ほか

1 2
TOP↑