ケヴィン・スペイシー映画一覧

ケヴィン・スペイシーが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ビリオネア・ボーイズ・クラブ」のネタバレあらすじ結末

ビリオネア・ボーイズ・クラブの紹介:2018年アメリカ映画。1980年代、ビバリーヒルズ、ロサンゼルスを舞台とした「ビリオネア・ボーイズ・クラブ(BBC)事件」はアメリカで多くの注目を集めました。ビリオネアとは億万長者のことですが、20代の若者たちがうまい投資話をもちかけ、資金に行き詰まり犯罪に手を染めていく事件でした。『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』は若者の栄光と没落を描き、アメリカでも簡単には金持ちになれない、金儲けには努力が必要、資産運用は慎重に、など多くの教訓を与えてくれる映画です。
監督:ジェームズ・コックス 出演:アンセル・エルゴート(ジョー・ハント)、ケヴィン・スペイシー(ロン・レヴィン)、タロン・エガートン(ディーン・カーニー)、エマ・ロバーツ(シドニー・エヴァンズ)、ジェレミー・アーヴァイン(カイル・ビルトモア)、ほか

「心みだれて」のネタバレあらすじ結末

心みだれての紹介:1986年アメリカ映画。お互い離婚歴がある男女が出会って結婚、2人の子供にも恵まれてかつて経験しなかった喜びを得るが、夫の浮気によって幸せだった今回の結婚生活も破綻を迎える。
監督:マイク・ニコルズ 出演:メリル・ストリープ(レイチェル)、ジャック・ニコルソン(マーク)、モーリン・ステイプルトン(ベラ)、ジェフ・ダニエルズ(リチャード)、ストッカード・チャニング、リチャード・メイサー、キャサリン・オハラ、ケヴィン・スペイシー、

「16歳の合衆国」のネタバレあらすじ結末

16歳の合衆国の紹介:2002年アメリカ映画。恋人の弟を殺した16歳の少年とその家族、殺された側の遺族と二種類の立場に立って描かれている人間ドラマ。
監督:マシュー・ライアン・ホーグ 出演:ライアン・ゴズリング(リーランド・P・フィッツジェラルド)、ドン・チードル(パール・マディソン)、クリス・クライン(アレン・ハリス)、ジェナ・マローン(ベッキー・ポラード)、レナ・オリン(メアリベス・フィッツジェラルド)、ケヴィン・スペイシー(アルバート・T・フィッツジェラルド)、ミシェル・ウィリアムズ(ジュリー・ポラード)、マーティン・ドノヴァン(ハリー・ポラード)、ほか

「リカウント アメリカが揺れた36日間」のネタバレあらすじ結末

リカウント アメリカが揺れた36日間の紹介:2008年アメリカ映画。2000年のアメリカ大統領選挙の舞台裏を描いた社会派ドラマ。共和党のブッシュ候補と民主党のゴア候補が激突した大統領選挙。ブッシュ候補の勝利が伝えられる中、フロリダ州の結果が僅差であると判明した。州法に則り再集計(リカウント)が行われるが、ゴア陣営は手作業による集計を要求。それに反発するブッシュ陣営との間で、激ししい駆け引きが行われる。
監督:ジェイ・ローチ 出演者:ケヴィン・スペイシー(ロン・クレイン)、ボブ・バラバン(ベン・ギンスバーグ)、ローラ・ダーン(キャサリン・ハリス)、ジョン・ハート(ウォーレン・クリストファー)、トム・ウィルキンソン(ジェームズ・ベイカー)ほか

「メン・イン・キャット」のネタバレあらすじ結末

メン・イン・キャットの紹介:2016年フランス,中国映画。ひょんなことから猫に意識が移ってしまった男性が、家族との絆と取り戻す様を描いたドタバタコメディ。ワンマン社長で猫嫌いのトムは、娘にせがまれ渋々猫を購入する。ところがある出来事がきっかけで、トムの意識は猫の中に入ってしまった。何とか家族に気付いて貰おうと奮闘する内に、トムは今まで蔑ろにしてきた家族の大切さに気付いていく。
監督:バリー・ソネンフェルド 出演者:ケヴィン・スペイシー(トム・ブランド)、ジェニファー・ガーナー(ララ・ブランド)、ロビー・アメル(デヴィッド・ブランド)、シェリル・ハインズ(マディソン・カムデン)、マーク・コンスエロス(イアン・コックス)ほか

「ベイビー・ドライバー」のネタバレあらすじ結末

ベイビー・ドライバーの紹介:2017年アメリカ映画。音楽を聴きながら犯罪組織の片棒を担ぐ凄腕ドライバーのベイビーが、ウェイトレスと恋に落ちたことから犯罪の世界から足を洗うことを決め、更なる事件に巻き込まれていく姿を、多彩な劇中音楽とともに描いたカー・アクション作品。音楽と映像がシンクロした新感覚映画。
監督:エドガー・ライト 出演者:アンセル・エルゴート(ベイビー)、リリー・ジェームズ(デボラ)、ケビン・スペイシー(ドク)、ジェイミー・フォックス(バッツ)、ジョン・ハム(バディ)、エイザ・ゴンザレス(ダーリン)ほか

「ビヨンドtheシー 夢見るように歌えば」のネタバレあらすじ結末

ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~の紹介:2004年アメリカ,ドイツ,イギリス映画。37歳の若さでこの世を去ったアメリカのエンターテイナー、ボビー・ダーリンの半生を描いたヒューマンドラマ。監督・主演を務めたケヴィン・スペイシーが吹き替えなしの美声を披露し、話題を呼びました。
監督:ケヴィン・スペイシー 出演者:ケヴィン・スペイシー(ボビー・ダーリン)、ウィリアム・ウルリッチ(少年時代のボビー)、ケイト・ボスワース(サンドラ・ディー)、ブレンダ・ブレッシン(ポリー・カソート)、ボブ・ホスキンス(チャーリー・カソート・マフィア)

「真夜中のサバナ」のネタバレあらすじ結末

真夜中のサバナの紹介:1997年アメリカ映画。ジョーシア州サバナの町で起こった殺人事件をめぐり、偶然町を訪れていたジャーナリストが一癖も二癖もある町の人々に翻弄されながらも真相解明に乗り出す。
監督:クリント・イーストウッド 出演:ジョン・キューザック、ケヴィン・スペイシー、ジャック・トンプソン、イルマ・P・ホール、ジュード・ロウ、アリソン・イーストウッド、ほか

「ペイ・フォワード 可能の王国」のネタバレあらすじ結末

ペイ・フォワード 可能の王国の紹介:2000年アメリカ映画。ラスベガスに住むトレバーはアルコール依存症の母親と家庭内暴力を振るう父親を持ち、中学校1年生になります。彼は社会の授業でシモネット先生から「もし自分の手で世界を変えたいと思ったら、何をするか?」という課題を出されます。彼が提案したのは自分が思いやりを受けたものを別の相手3人に返すといった「ペイ・フォワード」というものでした。
監督:ミミ・レダー 出演:ハーレイ・ジョエル・オスメント(トレバー)、ケヴィン・スペイシー(シモネット先生)、ヘレン・ハント(アーリー)、ジェームズ・カヴィーゼル(ジェリー)、ジョン・ボン・ジョヴィ(リッキー)、ほか

「評決のとき」のネタバレあらすじ結末

評決のときの紹介:1996年アメリカ映画。若き白人弁護士ジェイクは、黒人労働者のカールの裁判を担当する事になりました。カールは自分の幼い娘をレイプし瀕死に追いやった白人男性二人を復讐として射殺したのです。人種差別が根付く土地での裁判はジェイクにとって不利を極めます。白人至上主義KKKからの脅迫や暴力を受けながらも仲間達と共に戦い、ついにはカールを無罪にするまでの物語です。
監督:ジョエル・シューマカー 原作:ジョン・グリシャム 出演:マシュー・マコノヒー(ジェイク・タイラー・ブリガンス)、サンドラ・ブロック(エレン・ロアーク)、サミュエル・L・ジャクソン, (カール・リー・ヘイリー)、ケヴィン・スペイシー(ルーファス・バックリー)、ドナルド・サザーランド(ルシアン・ウィルバンクス)、オリヴァー・プラット(ハリー・レックス・ボナー)、ほか

「月に囚われた男」のネタバレあらすじ結末

月に囚われた男の紹介:2009年イギリス映画。月でAIとの単独任務として3年間ヘリウム3を発掘し地球に送る契約をルナ産業と交わしたサムは、任期を終わりを間近に控えながらも事故にあってしまいます。このことから月面基地に隠されたルナ産業の秘密が明らかになっていきます。
監督:ダンカン・ジョーンズ 出演者:サム・ロックウェル(サム・ベル)、ケヴィン・スペイシー(ガーティー)、ドミニク・マゲリゴット(テス・ベル)、カヤ・スコデラリオ(イヴ・ベル)ほか

「L.A.コンフィデンシャル」のネタバレあらすじ結末

L.A.コンフィデンシャルの紹介:1997年アメリカ映画。ガイ・ピアーズとラッセル・クロウの出世作であるこの作品。真逆のタイプの警官二人が助け合いながら事件を解決するストーリーは最高に面白いです。キム・ベイシンガーの美しさも必見です。
監督:カーティス・ハンソン 出演者:ケヴィン・スペイシー(ジャック・ヴィンセンズ刑事)、ラッセル・クロウ(バド・ホワイト巡査)、ガイ・ピアーズ(エド・クリスリー警部補)、キム・ベイシンガー(リン・ブラッケン)、ジェームズ・クロムウェル(ダドリー・スミス警部)ほか

「交渉人」のネタバレあらすじ結末

交渉人の紹介:1998年アメリカ映画。この作品のキャッチコピーは「IQ180の駆け引き」で、殺人と横領の濡れ衣を着せられた人質交渉人が自らの無実を訴えるため、警察ビルに人質をとり立て籠もり、自ら指名したもう一人の優秀な人質交渉人との緊迫した交渉・駆け引きの中で、次第に真実が明らかになっていく様子を描いたアクション・サスペンス映画です。
監督:F・ゲイリー・グレイ 出演:サミュエル・L・ジャクソン(ダニー・ローマン)、ケヴィン・スペイシー(クリス・セイビアン)、デヴィッド・モース(アダム・ベック)、ロン・リフキン(グラント・フロスト)、ほか

「ラスベガスをぶっつぶせ」のネタバレあらすじ結末

ラスベガスをぶっつぶせの紹介:2008年アメリカ映画。マサチューセッツ大学の卒業生、学生たちがラスベガスで行ったカードカウンティング事件から着想を得て制作された映画で、スリリングなカジノでのやり取りが映像化され、アメリカでは大ヒットを記録しました。
監督 :ロバート・ルケティック 出演:ジム・スタージェス(ベン・キャンベル)、ケイト・ボスワース(ジル・テイラー)、ローレンス・フィッシュバーン(コール・ウィリアムス)、ケヴィン・スペイシー(ミッキー・ローザ教授)、アーロン・ヨー(チョイ)ほか

「バグズ・ライフ」のネタバレあらすじ結末

バグズ・ライフの紹介:1998年アメリカ映画。虫の世界を舞台に、ディズニー・ピクサーで制作されたフルCG作品です。アリと、アリを虐げるバッタとの関係を断ち切ろうと、空回りをしまくる主人公と、サーカス一座が行動を引き起こします。主人公は、仲間達をバッタの脅威から救うことができるのでしょうか。
監督:ジョン・ラセター/アンドリュー・スタントン 出演:フリック(デイブ・フォーリー/宮本充)/ホッパー(ケヴィン・スペイシー/壌晴彦)/アッタ姫(ジュリア・ルイス=ドレイファス/土井美加)/ドット姫(ヘイデン・パネッティーア/須藤祐実)/スリム(デヴィッド・ハイド・ピアース/伊藤和晃)ほか

1 2
TOP↑