菊地凛子映画一覧

菊地凛子が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「恋するマドリ」のネタバレあらすじ結末

恋するマドリの紹介:2007年日本映画。一人暮らしを始めた大学生の結が様々な人との出会いや淡い恋を経験しながら、少しずつ成長していく様子を描いた青春映画です。新垣結衣の初主演映画として話題を呼びました。
監督:大九明子 出演者:新垣結衣(青木結)、菊地凛子(順田温子)、松田龍平(大野隆)、内海桂子(野田きつこ)、ピエール瀧(田中)、ほか

「パシフィック・リム2:アップライジング」のネタバレあらすじ結末

パシフィック・リム:アップライジングの紹介:2018年アメリカ映画。超巨大人型兵器、イェーガーが謎の巨大生物KAIJUに挑むSFアクション超大作「パシフィック・リム」の続編。物語は前作の10年後。再び現れたKAIJUに、人類は新たなパイロットとイェーガーで立ち向かう。監督は前作と変わり、スティーブン・S・デナイト。主演は「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のジョン・ボイエガ。日本人キャストに菊地凛子、新田真剣佑を迎える。
監督:スティーブン・S・デナイト 出演:ジョン・ボイエガ(ジェイク・ペントコスト)、スコット・イーストウッド(ネイト・ランバート)、カイリー・スパイニー(アマーラ・ナマーニ)、菊地凛子(森マコ)、チャーリー・デイ(ニュートン・ガイズラー)、ジン・ティエン(リーウェン・シャオ)、バーン・ゴーマン(ハーマン・ゴッドリーブ)、マックス・チャン(チュアン司令官)、新田真剣佑(リョーイチ)

「ディアーディアー」のネタバレあらすじ結末

ディアーディアーの紹介:2015年日本映画。幼少期に幻のシカを見たといったものの、誰にも信じてもらえず、これが原因で人生を大きく狂わされてしまった3兄妹の哀愁漂うコメディ映画。日本の名匠の元で助監督を務めた菊地健雄が、初監督として挑んだ作品です。
監督:菊地健雄 出演者:中村ゆり(顕子) 、斉藤陽一郎(義夫 )、桐生コウジ(冨士夫) 、染谷将太(タカシ) 、菊地凛子(見物客) 、山本剛史(西野) 、松本若菜(清美) 、柳憂怜(清一)、ほか

「スカイ・クロラ」のネタバレあらすじ結末

スカイ・クロラ The Sky Crawlersの紹介:2008年日本映画。原作は、森博嗣のベストセラー「スカイ・クロラ」他、全6冊のシリーズ。思春期の姿のまま、永遠に生きることを宿命づけられた子ども達「キルドレ」。他者に殺されることでのみ、死を得られる特別な体で、戦闘機のパイロットとして空へ。無情に繰り返される同じような毎日の中で、それでも懸命に生き、誰かを愛し、運命を変えようとする子ども達の姿を描く物語です。ヴェネチア国際映画祭でデジタル賞を受賞した、臨場感あふれる3DCG映像にも注目です。
監督:押井守 出演者:菊地凛子(草薙水素)、加瀬亮(函南優一)、谷原章介(土岐野尚史)、栗山千明(三ツ矢碧)、竹中直人(マスター)、ひし美ゆり子(ユリ)、榊原良子(笹倉永久)

「テラフォーマーズ」のネタバレあらすじ結末

テラフォーマーズの紹介:2016年日本映画。近未来、人類は火星への移住を視野に入れていた。しかしそんな人類の行動を阻むものが。それは何と、進化したゴキブリだった!?ゴキブリと人間の、生存をかけた戦いが始まる!
監督:三池崇史 出演:伊藤英明(小町小吉)、武井咲(秋田奈々緒)、山下智久(武藤仁)、山田孝之(蛭間一郎)、小栗旬(本多晃)、ケイン・コスギ(ゴッド・リー)、菊地凛子(森木明日香)、ほか

「バベル」のネタバレあらすじ結末

バベルの紹介:2006年アメリカ映画。時間軸が交差する群像劇で、モロッコでテロリストとして追われる幼い兄弟、その弾丸に撃たれたアメリカ人の夫婦、アメリカで働くメキシコ人の不法就労者、東京で暮らす聾唖の女子高生のストーリーが展開される。言葉や心が通じない世界で生きる人々を描く本作は、カンヌ国際映画祭において監督賞を受賞するなど、多くの栄冠に輝いた。
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演者:ブラッド・ピット (リチャード)、ケイト・ウィンスレット(スーザン)、役所広司(ヤスジロー)、菊地凛子(チエコ)、アドリアナ・バラッザ(アメリア) ほか

「47RONIN」のネタバレあらすじ結末

47RONINの紹介:2013年アメリカ映画。東洋の国日の本に将軍徳川が君臨した時代、緑豊かな地赤穂の藩主浅野内匠頭が長門の藩主吉良上野介の姦計はまり、切腹を命じられた。大石内蔵助は、その仇を討つ決意をするが、吉良は妖孤に守られて居た為、天狗の縁者である鬼子カイの力を借り、討ち入りに挑む。三大仇討ちの一つ忠臣蔵をモチーフに作られたオリンエントファンタジーのアクション映画。
監督:カール・リンシュ 出演:真田広之(大石内蔵助)、浅野忠信(吉良上野介)、菊地凛子(ミヅキ)、柴咲コウ(ミカ)、赤西仁(大石主税)、ケイリー=ヒロユキ・タガワ(徳川綱吉)、ほか

「ノルウェイの森」のネタバレあらすじ結末

ノルウェイの森の紹介:2010年日本映画。直子はかつての親友の死を乗り越えられずにいた。そんな直子をワタナベは支えたいと寄り添う。1987年発刊のベストセラーで村上春樹の代表作「ノルウェイの森」を映画化。亡くなった親友の恋人との関係を通して主人公の青年の愛と性、生と死を描く。
監督:トラン・アン・ユン 原作:村上春樹 出演:松山ケンイチ(ワタナベ)、菊地凛子(直子)、水原希子(緑)、高良健吾(キズキ)、霧島れいか(レイコ)、初音映莉子(ハツミ)、ほか

「パシフィック・リム」のネタバレあらすじ結末

パシフィック・リムの紹介:2013年アメリカ映画。突如太平洋グアム沖に次元の裂け目が生まれ、そこから怪獣が出現するようになる。怪獣は街を襲い、人類は多大は犠牲を払いながらも、対怪獣決戦兵器巨大ロボット、イェーガーを完成させた。イェーガー完成当初、優勢に転じた人類ですが、出現の度に怪獣も強力になり、次第に劣勢を強いられるようになる。追い詰められた人類は、決死の覚悟で裂け目を破壊する為の作戦を決行する。日本のロボット、怪獣作品に触発され作られたSFアクション映画。タイトルの「パシフィック・リム」とは、環太平洋地域を意味する。
監督:ギレルモ・デル・トロ 出演者:ローリー・ベケット(チャーリー・ハナム)、森マコ(菊地凛子)、スタッカー・ペントコスト(イドリス・エルバ)、ハーク・ハンセン(マックス・マルティーニ)、チャック・ハンセン(ロバート・カジンスキー)、ニュートン・ガイズラー(チャーリー・デイ)、ハーマン・ゴットリーブ(バーン・ゴーマン)、テンドー・チョイ(クリフトン・コリンズ・Jr)、ハンニバル・チャウ(ロン・パールマン)ほか

TOP↑