Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

カーク・ダグラス映画一覧

カーク・ダグラスが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「悪夢のファミリー」のネタバレあらすじ結末

悪夢のファミリーの紹介:1979年アメリカ映画。内気な青年とその家族が繰り広げる、悪い夢のような日々を綴ったブラック・コメディ。高校生デニスの家族はとにかく変人揃いだった。浮気性の父にヒステリックな母、禁欲主義の兄ジェームス。家族の中で目立たないデニスも次第に覗き趣味をこじらせていく。デニスはジェームスの婚約者クリスティナに惹かれ始めるが、彼女は禁欲生活に苦しんでいた。ある日デニスの前に現れたマエストロなる男は、彼を主役にすべく映画の撮影を勧める。監督を務めるのは「キャリー(1976年)」「殺しのドレス(1980年)」等で知られるブライアン・デ・パルマ。
監督:ブライアン・デ・パルマ 出演者:ナンシー・アレン(クリスティナ)、カーク・ダグラス(ザ・マエストロ)、キース・ゴードン(デニス・バード)、ヴィンセント・ガーディニア(ドクター・バード)、ゲリット・グレアム(ジェームス・バード)ほか

「三つの恋の物語」のネタバレあらすじ結末

三つの恋の物語の紹介:1953年アメリカ映画。三話からなるオムニバス恋愛映画。ニューヨークへ向かう客船のデッキで思い思いに時間を過ごす乗客たち。その中の三人のそれぞれの恋の物語。『赤い靴』のモイラ・シアラー、『スタア誕生』のジェームズ・メイソン、『パリのアメリカ人』のレスリー・キャロン等が出演する、1950年代のMGM映画の秘宝。
監督:ゴットフリード・ラインハルト[第1、3章]、ヴィンセント・ミネリ[第2章] 出演者:ジェームズ・メイソン(チャールズ・カウトレイ)、モイラ・シアラー(ポーラ),アグネス・ムーアヘッド(ポーラのおば)、レスリー・キャロン(マドモワゼル)、ファーリー・グレンジャー(青年になったトミー)、エセル・バリモア(ペニコット夫人)、カーク・ダグラス(ピエール・ナーヴァル)、ピア・アンジェリ(ニーナ・ブルクハルト)、ほか

「炎の人ゴッホ」のネタバレあらすじ結末

炎の人ゴッホの紹介:1956年アメリカ映画。オランダの世界的画家フィンセント・ファン・ゴッホの生涯を描いた伝記映画。彼の伝記映画としては最も知名度の高い作品と言える。聖職者の道に挫折したフィンセントは画家を志し、一心不乱に筆を走らせる日々を送っていた。弟テオとの絆や絵画の道を邁進する友人達との交流は、フィンセントの情熱をいっそう激しいものにさせる。しかしその情熱は孤独を呼び、彼は次第に精神を病んでいくのだった。
監督:ヴィンセント・ミネリ 出演者:カーク・ダグラス(フィンセント・ファン・ゴッホ)、ジェームズ・ドナルド(テオ・ファン・ゴッホ)、アンソニー・クイン(ポール・ゴーギャン)、パメラ・ブラウン(クリスティン)、ジル・ベネット(ウィリーマイン)、エヴェレット・スローン(ガッシェ)、ニオール・マッギニス(ルーラン)、ほか

「テレマークの要塞」のネタバレあらすじ結末

テレマークの要塞の紹介:1965年イギリス,アメリカ映画。第二次世界大戦中実際にあった、ガナーサイド作戦を題材にした戦争アクション映画。ナチスドイツ占領下のノルウェーでは、原子力爆弾を製造するための重水が大量に作り出されていた。それを阻止すべく、レジスタンスは命懸けで製造工場の爆破作戦に身を投じるのだった。
監督:アンソニー・マン 出演者:カーク・ダグラス(ロルフ・ペデルセン教授)、リチャード・ハリス(クヌート・ストラウド)、ウーラ・ヤコブソン(アンナ)、マイケル・レッドグレーヴ(ヒュッテ)、デヴィッド・ウェストン(アーネ)ほか

「戦う幌馬車」のネタバレあらすじ結末

戦う幌馬車の紹介:1967年アメリカ映画。クレア・ハフェイカーの西部小説「悪党」を彼自身の脚本で映画化した西部劇です。町の有力者に無実の罪を着せられた牧場主が復讐のため仲間を見つけて集め、有力者の所有する鋼鉄製の重装甲馬車に積まれた砂金を奪う計画を立てます…。
監督:バート・ケネディ 出演者:ジョン・ウェイン(トウ・ジャクソン)、カーク・ダグラス(ローマックス)、ハワード・キール(リーヴァイ・ウォーキング・ベア)、ロバート・ウォーカーJr.(ビリー・ハイアット)、ブルース・キャボット(フランク・ピアース)ほか

「海底二万哩」のネタバレあらすじ結末

海底二万哩(かいていにまんマイル)の紹介:1954年アメリカ映画。ジュール・ヴェルヌのSF小説『海底二万里』をウォルト・ディズニーが映画化した冒険ファンタジー。19世紀末、南太平洋では船舶の沈没事故が続いていた。調査に赴いたアロナクス教授は潜水艦ノーチラス号の艦長ネモと出会う。アロナクスはネモに革命の希望を見出すが、ネモ自身は地上を深く嫌悪していた。
監督:リチャード・フライシャー 出演者:カーク・ダグラス(ネッド・ランド)、ジェームズ・メイソン(ネモ艦長)、ポール・ルーカス(アロナクス教授)、ピーター・ローレ(コンセイユ)、テッド・デ・コルシア(ファラガット艦長)ほか

「ファイナル・カウントダウン」のネタバレあらすじ結末

ファイナル・カウントダウンの紹介:1980年アメリカ映画。1980年空母ニミッツは、訓練航海の為真珠湾を出航した。ニミッツは出航して間もなく奇妙な嵐に遭遇する。無事嵐を抜けると、ニミッツは遭遇前と若干違う状況に居る事に気付く。偵察等を行い知った事は、ニミッツは1941年、真珠湾攻撃直前にタイムスリップしていた事だった。その事実を知った空母ニミッツは、歴史へ介入するかどうかで揺れ動く。現役の原子力空母と艦載機を使ったSF映画。F‐14戦闘機とスカルマークを一般にも強く印象付けた作品。
監督:ドン・テイラー 出演者:ウォーレン・ラスキー(マーティン・シーン)、リチャード・T・オーエンス中佐(ジェームズ・ファレンティノ)、ローレル・スコット(キャサリン・ロス)、マシュー・イーランド艦長(カーク・ダグラス)、サミュエル・チャップマン上院議員(チャールズ・ダーニング)

「フューリー(1978年)」のネタバレあらすじ結末

フューリーの紹介:1978年アメリカ映画。デ・パルマ監督としては異色のSFサスペンス。悪人を演じるジョン・カサヴェテスが出色で、彼の演技面での代表作のひとつ。彼の最期の場面は話題となった。音楽をジョン・ウィリアムズが担当している。
監督:ブライアン・デ・パルマ 出演:カーク・ダグラス(ピーター)、ジョン・カサヴェテス(チルドレス)、エイミー・アーヴィング、チャールズ・ダーニング、ほか

「スパルタカス」のネタバレあらすじ結末

スパルタカスの紹介:1960年アメリカ映画。主演のカーク・ダグラスが自らプロデュース、「突撃」でコンビを組んだキューブリックを監督に起用したスペクタクル史劇の名作。キューブリック監督としては、そのキャリアで唯一の自らの企画ではない作品となった。
監督:スタンリー・キューブリック 出演:カーク・ダグラス(スパルタカス)、ローレンス・オリヴィエ(マーカス・リシニアス・クラサス)、チャールズ・ロートン(グラッカス)、ジーン・シモンズ(バリニア)、ほか

「過去を逃れて」のネタバレあらすじ結末

過去を逃れての紹介:1947年アメリカ映画。第2次大戦後に流行したフィルム・ノワールの代表的傑作。ホラー映画を得意としたジャック・ターナー監督がモノクロの陰影を活かした見事な演出を見せる。1984年、「カリブの熱い夜」のタイトルでリメイクされた。
監督:ジャック・ターナー 出演:ロバート・ミッチャム、ジェーン・グリア、カーク・ダグラス、ロンダ・フレミング、リチャード・ウェッブ、スティーヴ・ブロディ、ほか

「OK牧場の決斗」のネタバレあらすじ結末

OK牧場の決斗の紹介:1957年アメリカ映画。「荒野の七人」や「大脱走」で知られたジョン・スタージェス監督が、実際にあったアープ兄弟とクラントン一家の決闘を描いた名作西部劇。同じ題材はジョン・フォードの「荒野の決闘」などでも繰り返し扱われている。
監督:ジョン・スタージェス 出演:バート・ランカスター(ワイアット・アープ)、カーク・ダグラス(ドク・ホリディ)、ロンダ・フレミング、ライル・ベトガー、ジョン・アイアランド、ほか

「地獄の英雄」のネタバレあらすじ結末

地獄の英雄の紹介:1951年アメリカ映画。些細な事件を大掛かりなイベントにしてしまう新聞記者を通し、現在のマスコミに対する批判を行ったビリー・ワイルダーの異色作。自らもジャーナリストだった監督自身の経験が活かされている。
監督:ビリー・ワイルダー 出演:カーク・ダグラス(チャールズ・テータム)、リチャード・ベネディクト(レオ・ミノザ)、ジャン・スターリング、ボブ・アーサー、ポーター・ホール、ほか

「突撃」のネタバレあらすじ結末

突撃の紹介:1957年アメリカ映画。29歳のスタンリー・キューブリック監督による反戦映画。第1次大戦でのフランス将校の無謀な突撃命令と、その結果による自国兵士の銃殺刑を描く。長らくフランスでは上映禁止処分が取られた。
監督:スタンリー・キューブリック 出演:ダックス大佐(カーク・ダグラス)、ミロー大将(ジョージ・マクレディ)ほか

「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のネタバレあらすじ結末

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男の紹介:2015年アメリカ映画。名作「ローマの休日」を書いた脚本家の半生を描いた伝記映画です。しかし、トランボはハリウッドから長い間、追放されていました。何故でしょう?それは、時代のせいでした。彼は他の数千人の人々同様、「赤狩り」の犠牲者だったのです。アメリカは自由の国と言われますが、それは勝ち取って掴み取った物。建国時の独立戦争の時から、銃で戦っていたため、未だに銃を手放せず、銃犯罪が絶えません。アメリカは建国から240年、未だに間違い続けることも多いですが、それでも正しい選択をした人もいて、その苦悩と葛藤の日々から得た結論は感動します。
監督:ジェイ・ローチ 出演:ブライアン・クランストン(ダルトン・トランボ)、アドウェール・アキノエ=アグバエ(ヴァージル・ブルックス)、ルイス・C・K(アーレン・ハード)、デヴィッド・ジェームズ・エリオット(ジョン・ウェイン)、エル・ファニング(ニコラ・トランボ)、ほか

TOP↑