北村匠海映画一覧

北村匠海が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「OVER DRIVE」のネタバレあらすじ結末

OVER DRIVE(オーバードライブ)の紹介:2018年日本映画。世界最高峰のラリー選手権『WRC』への出場を目指す天才肌ながらも素行の悪いドライバーと、その兄で堅実なメカニックとの絆と確執を描くカースポーツムービーです。実際のラリードライバーやチーム、メカニックの全面協力のもと、見ごたえたっぷりの大迫力のレースシーンをあますとこなく再現しています。
監督:羽住英一郎 出演者:東出昌大(檜山篤洋)、新田真剣佑(檜山直純)、森川葵(遠藤ひかる)、北村匠海(新海彰)、町田啓太(増田順平)、要潤(香川久俊)、吉田鋼太郎(都築一星)、ほか

「勝手にふるえてろ」のネタバレあらすじ結末

勝手にふるえてろの紹介:2017年日本映画。芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を映画化したラブコメディです。映画初主演となる松岡茉優扮する恋愛経験がなく妄想癖のあるOLが二人の男の間で揺れ動くさまを描いています。
監督:大九明子 出演者:松岡茉優(江藤良香)、北村匠海(一宮/イチ)、渡辺大知(霧島/ニ)、石橋杏奈(月島来留美)、古舘寛治(釣りおじさん)、片桐はいり(オカリナ)、趣里(金髪店員)、前野朋哉(最寄り駅の駅員)ほか

「恋と嘘」のネタバレあらすじ結末

恋と嘘の紹介:2017年日本映画。無料マンガアプリ「マンガボックス」で連載され、人気を博した「恋と嘘」。夏にはアニメ化までされた今作が遂に待望の実写映画化。舞台は少子化の進んだ近未来の日本。これ以上の少子化に歯止めをかけるため、政府は「超・少子化対策法案」を施行していた。この政策は国民の遺伝子情報等を分析し、国が科学的に最良の結婚相手を決めるというもの。しかし、この政策は少子化が改善される反面、16歳にその相手を知らせる政府通知がいた以降、それ以外の相手とは自由に恋愛ができなくなってしまうという不自由で束縛された面もあった。そして、ついに主人公の仁坂葵のもとにも政府通知が届く。しかし、葵には政府通知の相手の他に既に恋人がいた。
監督:古澤健 出演:森川葵(仁坂葵)、北村匠海(司馬優翔)、佐藤寛太(高千穂蒼佑)、浅川梨奈(小夏)、田辺桃子(秋帆)、遠藤章造(仁坂遥一)、三浦理恵子(仁坂真理恵)、徳井義実(四谷大輔)、木下ほうか(高千穂匠社)、中島ひろこ(高千穂香澄)

「君の膵臓をたべたい」のネタバレあらすじ結末

君の膵臓をたべたい(キミスイ)の紹介:2017年日本映画。住野よる原作のベストセラー「君の膵臓をたべたい」を実写映画化した切ない青春ドラマ映画。高校教師生活6年目を迎えた志賀春樹こと【僕】は教師を辞めることを考えながらぼんやりとした日々を過ごす。ふと【僕】はかつて唯一の「友達」だった山内桜良の事を思い出す。クラスの人気者だった桜良は誰にも言えない「秘密」を抱えていて、【僕】がその秘密を知ったことで桜良との関係を築いていく。あまりにも儚い2人の過去と現在。そして、誰にでも起こりうる日常の生と死を描く。「君の膵臓をたべたい」この意味を知った時、あなたはきっと涙するだろう。若手人気俳優の北村匠海と浜辺美波が主演を務めた話題作。
監督:月川翔 出演:浜辺美波(山内桜良)、北村匠海(僕 / 志賀春樹)、大友花恋(恭子)、矢本悠馬(ガム君 / 宮田一晴)、桜田通(委員長)、森下大地(栗山)、上地雄輔(宮田一晴)、北川景子(12年後の恭子)、小栗旬(12年後の僕)、ほか

「あやしい彼女」のネタバレあらすじ結末

あやしい彼女の紹介:2016年日本映画。大ヒットした韓国映画「怪しい彼女」のリメイクで、舞台を日本に置き換えて制作したコメディ映画です。73歳の老人がひょんなことから20歳の姿に若返ってしまったことから騒動に巻き込まれていきます。
監督:水田伸生 出演者:多部未華子(大鳥節子/20歳の瀬山カツ)、倍賞美津子(73歳の瀬山カツ)、小林聡美(瀬山幸恵)、北村匠海(瀬山翼)、志賀廣太郎(中田次郎)ほか

「沈まぬ太陽」のネタバレあらすじ結末

沈まぬ太陽の紹介:2009日本映画。山崎豊子の同名ベストセラーを映画化したものです。昭和のある航空会社を舞台に、会社に人生を捧げる男の生き様を組織の腐敗や堕落などを交えて描きます。
監督:若松節朗 出演者:渡辺謙(恩地元)、三浦友和(行天四郎)、松雪泰子(三井美樹)、鈴木京香(恩地りつ子)、石坂浩二(国見正之)、香川照之(八木和夫)、ほか

「セーラー服と機関銃 卒業」のネタバレあらすじ結末

セーラー服と機関銃 卒業の紹介:2015年日本映画。「セーラー服と機関銃-卒業-」は1981年に薬師丸ひろ子主演で映画化した「セーラー服と機関銃」のその後を描いた作品。「セーラー服と機関銃」は当時社会現象を巻き起こした大ヒット映画です。ヤクザの組長という過去を持つ女子高生が、その友人達を巻き込む詐欺の黒幕と対峙する様子を描く。
監督:前田弘二 出演者:橋本環奈(星泉)、長谷川博己(月永)、安藤政信(安井)、大野拓郎(祐次)、宇野祥平(晴雄)、武田鉄矢(土井)、ほか

「鈴木先生」のネタバレあらすじ結末

鈴木先生の紹介:2012年日本映画。武富健治の漫画を原作とした映画。原作漫画は2007年に文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞しており、2011年にはテレビ東京でTVドラマ化され、第49回ギャラクシー賞テレビ部門優秀賞(2012年)、日本民間放送連盟賞テレビドラマ番組部門最優秀賞(2011年)などを受賞し、高い評価を受けたので、2013年、劇場版が制作されました。主演の長谷川博己はこの作品が映画初主演作となりました。キャッチコピーは「常識を打ち破れ、世界は変わる」で、ちょっと妄想癖のある鈴木先生が独自の教育理論で、学校で起きる問題を解決していく様子を描いている作品です。
監督:河合勇人 出演:長谷川博己(鈴木先生)、臼田あさ美(鈴木麻美)、土屋太鳳(小川蘇美(2-A))、北村匠海(出水正(2-A))、ほか

「ブタがいた教室」のネタバレあらすじ結末

ブタがいた教室の紹介:2008年日本映画。テレビ放送され話題を呼んだドキュメンタリー、大阪の小学校の新任教師による教育をもとに映画化した感動作。6年2組に1匹のブタがやってきました。2組の生徒たちはブタを育てて最後は食べようと飼い始めますが愛着のわいたペットを簡単に食べることはできず、話し合いが続きます。
監督:前田哲 原作: 出演:妻夫木聡(星先生)、大杉漣(仁科教頭)、田畑智子(池沢先生)、池田成志(小鷲先生)、ピエール瀧(榎木伸哉の父)、原田美枝子(高原校長)、ほか

「陽だまりの彼女」のネタバレあらすじ結末

陽だまりの彼女の紹介:2013年日本映画。人気小説「陽だまりの彼女」を原作とした映画です。嵐の松本潤と女優の上野樹理が温かい映像美とともに好演しています。結末が驚くものなので、その結末までの過程が無理のないように自然に描かれています。特に前半の二人の恋模様がCDのプロモーション画像のようにとてもきれいなものなので、後半の衝撃的な動きのある展開に涙してしまいます。しかし結末は希望をもたせ、人の縁に終わりがないことに気付かされ少し安心したような気持ちになります。
監督:三木孝浩 出演:松本潤(奥田浩介)、上野樹理(渡来真緒)、新藤春樹(玉山鉄二)、老女(夏木マリ)、谷村美月(峰岸ゆり)、塩見三省(渡来幸三)ほか

「ディストラクション・ベイビーズ」のネタバレあらすじ結末

ディストラクション・ベイビーズの紹介:2016年日本映画。喧嘩に明け暮れる泰良、彼の野獣のような生き方に魅せられた高校生 裕也、キャバクラで働く少女 那奈。三人の出会いにより加速する暴力。愛媛県松山市で過激なロケーション撮影がされた。
監督:真利子哲也 出演者:柳楽優弥(芦原泰良)、菅田将暉(北原裕也)、小松菜奈(那奈)、村上虹郎(芦原将太)、池松壮亮(三浦慎吾)、北村匠海(健児)、ほか

「重力ピエロ」のネタバレあらすじ結末

重力ピエロの紹介:2009年日本映画。伊坂幸太郎の同名小説『重力ピエロ』を原作とした作品。仙台市に住む奥野家には弟・春の出生に関わる秘密がありました。兄の泉水は春とともに街で頻発している放火犯を捕まえようとしますが、春がその犯人ではないかという疑惑が持ち上がります。
監督:森淳一 出演:奥野泉水(加瀬亮)、奥野春(岡田将生)、奥野正志(小日向文世)、奥野梨江子(鈴木京香)、葛城(渡辺篤郎)、夏子さん(吉高由里子)ほか

「忍たま乱太郎(2011年実写版)」のネタバレあらすじ結末

忍たま乱太郎(2011年実写版)の紹介:2011年日本映画。NHKの人気長寿アニメ「忍たま乱太郎」が豪華キャスト陣を迎え実写映画化。戦国時代、忍者を育成するための学校、忍術学園に入学した乱太郎が、個性的な仲間たちと力を合わせて困難に立ち向かうギャグコメディ。
監督:三池崇史 脚本:浦沢義雄 出演:加藤清史郎、林遼威、木村風太、寺島進、三浦貴大、中村獅童、檀れい、鹿賀丈史、松方弘樹、平幹二朗ほか

TOP↑