Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

小林聡美映画一覧

小林聡美が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「理由」のネタバレあらすじ結末

理由の紹介:2004年日本映画。宮部みゆきの同名の直木賞受賞作を映画化。荒川区の超高層マンションで、一家惨殺事件が起き、その容疑者として石田が指名手配されるものの、捜査が進むうちに一家の4人全員が赤の他人だったことが判明、事件は予期せぬ展開に。インタビュー形式でストーリーは進み、出演者は100名以上に及ぶ。多部未華子の映画デビュー作。
監督:大林宣彦 出演:村田雄浩(交番の石川巡査長)、寺島咲(片倉信子)、大和田伸也(1225号室住人 佐藤義男)、久本雅美(2024号室住人 葛西美枝子)、宝生舞(資産家の妻 とし子)、風吹ジュン(小糸信治の妻 小糸静子)、渡辺裕之(警察庁捜査一課警部)、柄本明(片倉ハウス主人 片倉義文)、小林聡美(2026号室住人 北畠敦子)、加瀬亮(八代祐司)、伊藤歩(宝井綾子)、小林稔侍(石田直澄の弁護士 戸村六郎)、宮崎将(石田直澄の長男 石田直己)、宮崎あおい(石田直澄の長女 石田由香里)、ほか

「ゴジラVSモスラ」のネタバレあらすじ結末

ゴジラVSモスラの紹介:1992年日本映画。今まで数多くのヒット作を出してきた「ゴジラ」シリーズ。その中でも、本作は特に大ヒットとなり、「シン・ゴジラ」が発表されるまで、配収記録一位の座を長年守り続けてきた。三体の怪獣による迫力のあるバトルは必見。
監督:大河原孝夫 出演:別所哲也(藤戸拓也)、小林聡美(手塚雅子)、村田雄浩(安藤健二/丸友商事社員)、米澤史織(手塚みどり)、小高恵美(三枝未希)、宝田明(南野丈二/国家環境計画局)、大沢さやか(コスモス/インファント島民)、今村恵子(コスモス/インファント島民)、ほか

「竜馬の妻とその夫と愛人」のネタバレあらすじ結末

竜馬の妻とその夫と愛人の紹介:2002年日本映画。三谷幸喜の作による舞台作品で、この舞台を鑑賞した映画監督・市川準の希望で映画化された。キャッチコピーは「しょーがないじゃん、好きなんだから」で、竜馬暗殺から13年後の横須賀を舞台に、亡き竜馬を巡っての4人の男女が繰り広げる愛の騒動を描いたラブロマンス・コメディ・時代劇映画です。この作品は第26回日本アカデミー賞優秀脚本賞、優秀美術賞を受賞しました。
監督:市川準 出演:木梨憲武(西村松兵衛)、中井貴一(菅野覚兵衛)、鈴木京香(おりょう)、江口洋介(虎蔵)、橋爪功、トータス松本(坂本竜馬)、小林聡美、ほか

「転校生」のネタバレあらすじ結末

転校生の紹介:1982年日本映画。山中恒の児童小説「おれがあいつであいつがおれで」を大林宣彦監督が映像化した青春ドラマで、「尾道三部作」のうちの1作品です。2007年にはリメイクされています。尾道を舞台に、ひょんなことから心と体が入れ替わってしまった少年と転校生の少女が引き起こす騒動を描いています。
監督:大林宣彦 出演者:尾美としのり(斉藤一夫)、小林聡美(斉藤一美)、佐藤允(斉藤明夫)、樹木希林(斉藤直子)、宍戸錠(斉藤孝造)ほか

「あやしい彼女」のネタバレあらすじ結末

あやしい彼女の紹介:2016年日本映画。大ヒットした韓国映画「怪しい彼女」のリメイクで、舞台を日本に置き換えて制作したコメディ映画です。73歳の老人がひょんなことから20歳の姿に若返ってしまったことから騒動に巻き込まれていきます。
監督:水田伸生 出演者:多部未華子(大鳥節子/20歳の瀬山カツ)、倍賞美津子(73歳の瀬山カツ)、小林聡美(瀬山幸恵)、北村匠海(瀬山翼)、志賀廣太郎(中田次郎)ほか

「海よりもまだ深く」のネタバレあらすじ結末

海よりもまだ深くの紹介:2016年日本映画。台風のおかげで、売れない小説家の良多(阿部寛)が、母と元妻と息子と久しぶりに家で過ごす。その中で、自分がかつて思い描いた未来と現在の違いを見つめて、新たなる日常に向けて歩き始める物語。『海街diary』の是枝裕和監督が阿部寛と樹木希林とのタッグを組み、なかなか大人になれない男の姿を描く感動の家族ドラマ。「海よりもまだ深く」というタイトルはテレサ・テンの「別れの予感」の歌詞が由来。
監督:是枝裕和 出演:阿部寛(篠田良多)、真木よう子(白石響子)、小林聡美(中島千奈津)、リリー・フランキー(山辺康一郎)、池松壮亮(町田健斗)、吉澤太陽(白石真悟)、橋爪功(仁井田満)、樹木希林(篠田淑子)、ほか

「めがね」のネタバレあらすじ結末

映画 めがねの紹介:2007年日本映画。海辺の町を訪れた女性と、そこで旅館を経営する宿の主人、そこに集う人々などの人間模様をつづるヒューマンドラマ。都会から来た女性が島の人々と触れ合いの中で落ち着きを取り戻していく。
監督:荻上直子 出演:小林聡美(タエコ)、市川実日子(ハルナ)、加瀬亮(ヨモギ)、光石研(ユージ)、もたいまさこ(サクラ)ほか

「紙の月」のネタバレあらすじ結末

紙の月の紹介:2014年日本映画。直木賞作家である角田光代の長編小説「紙の月」が原作。宮沢りえが演じる一見小心者で控えめな印象の主婦が、契約社員の銀行員となり、年下の男性との関係に溺れていき、最初は少しずつだが、徐々に巨額の横領に手を染めていってしまうサスペンス。
監督:吉田大八 キャスト:宮沢りえ(梅澤梨花)、池松壮亮(平林光太)、石橋蓮司(平林孝三)、田辺誠一(梅澤正文)、大島優子(相川恵子)、近藤芳正(井上祐司)、小林聡美(隅より子)、中原ひとみ(名護たまえ)、平祐奈(中学時代の梅澤梨花)、ほか

「かもめ食堂」のネタバレあらすじ結末

かもめ食堂の紹介:2005年日本映画。フィンランドのヘルシンキの食堂を舞台に、食堂の女経営者と、食堂に現れる個性豊かな客との交流の日々を描いたヒューマン・ドラマ。ゆったりと流れる優しい時間に、心癒される作品です。群ようこの小説が原作となっています。
監督:荻上直子 出演者:小林聡美(サチエ)、片桐はいり(ミドリ)、もたいまさこ(マサコ)、ヤルッコ・ニミエ(トンミ)ほか

TOP↑