高良健吾映画一覧

高良健吾が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「止められるか、俺たちを」のネタバレあらすじ結末

止められるか、俺たちをの紹介:2018年日本映画。2012年に他界した映画監督の若松孝二が遺した「若松プロダクション」の再始動第1弾として制作された伝記映画です。1960~70年代、新しいジャンルの映画作りに情熱を燃やした若松幸二と仲間たちの情熱の日々を、実在した女性助監督・吉積めぐみの視点から描きます。監督は若松プロ出身の白石和彌が、脚本は同じく若松プロ出身の井上淳一が手掛け、若松孝二役の井浦新を始め過去の若松作品に出演していた俳優陣が参加しています。
監督:白石和彌 出演者:門脇麦(吉積めぐみ)、井浦新(若松孝二)、山本浩司(足立正生)、岡部尚(沖島勲)、大西信満(大和屋竺)、タモト清嵐(秋山道男)、毎熊克哉(小水一男)、伊島空(高間賢治)、外山将平(福間健二)、藤原季節(荒井晴彦)、上川周作(斎藤博)、柴田鷹雄(磯貝一)、西本竜樹(伊東英男)、満島真之介(ミキサー助手福ちゃん)、渋川清彦(松田政男)、音尾琢真(赤塚不二夫)、高岡蒼佑(大島渚)、高良健吾(吉澤健)、奥田瑛二(葛井欣士郎)、寺島しのぶ(前田のママ)、吉澤健(カプリコンマスター)ほか

「ボックス!」のネタバレあらすじ結末

ボックス!の紹介:2010年日本映画。百田尚樹の小説を映画化した、高校のボクシング部が題材の青春映画です。市原隼人と高良健吾が演じる、まったくタイプの異なる青年2人がリングに青春を懸ける姿を鮮やかに映し出しています。
監督:李闘士男 出演:市原隼人(鏑矢義平 / カブ)、高良健吾(木樽優紀 / ユウキ)、谷村美月(丸野智子)、宝生舞(鏑矢こと美)、山崎真実(鏑矢昌美)、清水美沙(丸野祥子)、香椎由宇(高津耀子)、筧利夫(沢木一至)、諏訪雅士(稲村和明)ほか

「劇場版 夏目友人帳 うつせみに結ぶ」のネタバレあらすじ結末

劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~の紹介:2018年日本映画。月刊LaLa連載中の「夏目友人帳」は、妖(あやかし)とその姿を見ることができる夏目貴志との心温まる、そして時に切なく、時に悲しい物語たちである。2008年からはテレビアニメの放送も始まり、現在まで6期が放送されている人気シリーズとなっている。今回は初の劇場版として、原作者緑川ゆき監修により完全新作のストーリーが練り上げられた。おなじみのクラスメイトや妖たちに加え、この作品のために考えられた津村母子(おやこ)と夏目との交流が美しく丁寧に描かれている。
総監督:大森貴弘 監督:伊藤秀樹 声優: 神谷浩史(夏目貴志)、井上和彦(ニャンコ先生・斑)、小林沙苗(夏目レイコ)、藤村歩(夏目貴志:少年時代)、村瀬歩(結城大輔)、伊藤美紀(藤原塔子)、伊藤栄次(藤原滋)、堀江一眞(田沼要)、佐藤利奈(多軌透)、木村良平(西村悟)、菅沼久義(北本篤史)、沢城みゆき(笹田純)、石田彰(名取周一)、島本須美(津村容莉枝)、高良健吾(津村椋雄)ほか

「県庁おもてなし課」のネタバレあらすじ結末

県庁おもてなし課の紹介:2013年日本映画。高知県に発足した“おもてなし課”。観光がイマイチな高知をどうにかすべく、かつてパンダ誘致論を唱えた清遠の力を借りて“高知県レジャーランド化構想”の実現に向けて動き出すが・・。高知の大自然がいっぱい詰まった錦戸亮主演の高知観光どうにかしないとエンターテイメント!原作は高知県出身の人気作家、有川浩の同名小説。
監督:三宅喜重 出演:錦戸亮(掛水史貴)、堀北真希(明神多紀)、関めぐみ(清遠佐和)、甲本雅裕(下元邦宏)、松尾諭(近森圭介)、高良健吾(吉門喬介)、船越英一郎(清遠和政)、ほか

「万引き家族」のネタバレあらすじ結末

万引き家族の紹介:2018年日本映画。「誰も知らない」「そして父になる」の是枝裕和監督が、万引きという犯罪を通して繋がっていく家族の物語をオリジナル脚本で映画化。親の年金を不正受給していた家族が逮捕されるという事件から着想を得たという物語が描かれます。2018年第71回カンヌ国際映画祭で日本映画としては21年ぶりとなる最高賞パルムドールを受賞した話題作。リリー・フランキー、安藤さくら、樹木希林等、ベテラン俳優に、松岡茉優や城桧吏ら期待の若手俳優が出演。
監督:是枝裕和 出演:リリー・フランキー(柴田治)、安藤サクラ(柴田信代)、城桧吏(柴田祥太)、松岡茉優(柴田亜紀)、樹木希林(柴田初枝)、佐々木みゆ(ゆり / 凛)、池松壮亮(4番さん)、柄本明(川戸頼次)、高良健吾(前園巧)、池脇千鶴(宮部希衣)、ほか

「まほろ駅前狂騒曲」のネタバレあらすじ結末

まほろ駅前狂騒曲の紹介:2014年日本映画。直木賞作家三浦しをんの人気作「まほろ駅前シリーズ」の第3作目となる同名小説を映画化した作品。まほろ町で便利屋を営む多田と同級生の行天。腐れ縁の男二人組が様々な事情を抱える依頼人達のために奔走する様をユーモアとペーソスを交えて描いた人間ドラマです。
監督:大森立嗣 出演:瑛太(多田啓介)、松田龍平(行天春彦)、高良健吾(星良一)、真木よう子(柏木亜沙子)、麿赤兒(岡)、本上まなみ(三峯凪子)、奈良岡朋子(曽根田菊子)、新井浩文(飯島幸三)、ほか

「彼女の人生は間違いじゃない」のネタバレあらすじ結末

彼女の人生は間違いじゃないの紹介:2017年日本映画。廣木隆一の同名小説を自らのメガホンで映画化した作品です。東日本大震災後の福島の仮設住宅で父と二人暮らし、市役所で働きながらも週末は渋谷でデリヘル嬢をしている女性の日常を描いています。
監督:廣木隆一 出演者:瀧内公美(金沢みゆき)、光石研(金沢修)、高良健吾(三浦秀明)、柄本時生(新田勇人)、蓮佛美沙子(山崎沙緒里)ほか

「雷桜」のネタバレあらすじ結末

雷桜の紹介:2010年日本映画。「雷桜」は日本版「ロミオとジュリエット」として、身分違いの恋模様をテーマにした時代劇です。音楽と景色は素晴らしく、映像の美しさがあります。ロミオ役が岡田将生で、ジュリエット役が蒼井優です。2人ともみずみずしい演義で、作品を盛り上げています。男性の方が徳川家斉の息子で、女性は人里離れた村で暮らす娘です。最初は愛のない寂しい心を持った男性が、純粋な女性に出会うことで心を開き、愛や恋に目覚める過程が美しく描かれています。
監督:廣木隆一 出演:岡田将生(清水斉道)、蒼井優(雷/遊)、小出恵介(瀬田助次郎)、宮崎美子(たえ)、和田聰宏(瀬田助太郎)、須藤理彩(お初)、高良健吾(友蔵)、ほか

「月と雷」のネタバレあらすじ結末

月と雷の紹介:2016年日本映画。作家・角田光代の小説を『海を感じるとき』の安藤尋監督により映画化。主演を初音映莉子が演じ、静かな生活を望んでいた主人公の前に、父の愛人の息子が現れることで、徐々に変化が現れていきます。
監督:安藤尋 出演:初音映莉子(泰子)、高良健吾(智)、藤井武美(佐伯亜里砂)、黒田大輔(山本信太郎)、市川由衣(吉村)、村上淳(泰子の父)、木場勝己(岡本)、草刈民代(直子)、ほか

「おにいちゃんのハナビ」のネタバレあらすじ結末

おにいちゃんのハナビの紹介:2010年日本映画。巨大花火大会“片貝まつり”で知られる新潟県小千谷市片貝町を舞台に、実話に基づいて製作されたヒューマンドラマです。白血病を患った妹の療養のため新潟県に移り住んだ兄が、妹のために一世一代の大花火を打ち上げようと奮闘します。
監督:国本雅広 出演者:高良健吾(須藤太郎)、谷村美月(須藤華)、宮崎美子(須藤登茂子)、大杉漣(須藤邦昌)、早織(岡崎佳代)ほか

「蛇にピアス」のネタバレあらすじ結末

蛇にピアスの紹介:2008年日本映画。金原ひとみの芥川賞受賞作を映画化した作品です。龍の入れ墨と蛇のようなスプリット・タンを持つ男と出会った少女が自らも入れ墨などの肉体改造にのめり込んでいく姿を描いています。主演・吉高由里子の大胆なヌードや過激な濡れ場が話題となりました。
監督:蜷川幸雄 出演者:吉高由里子(ルイ)、高良健吾(アマ)、ARATA(シバ)、あびる優(マキ)、ソニン(ユリ)ほか

「蜜のあわれ」のネタバレあらすじ結末

蜜のあわれの紹介:2016年日本映画。室生犀星の幻想文学『蜜のあわれ』を映画化。登場人物の「老作家」は室生犀星自身の投影とも言われている。老作家は無邪気で愛くるしい少女赤子と仲睦まじく暮らしていた。しかし彼女には秘密があった。赤子の正体は金魚だったのだ。老作家と金魚、そして老作家に思いを寄せる幽霊の三角関係を美しくエロティックに描いた幻想ロマンス。
監督:石井岳龍 出演者:二階堂ふみ(赤井赤子)、大杉漣(老作家)、真木よう子(田村ゆり子)、高良健吾(アクタガワ)、永瀬正敏(辰夫)ほか

「きみはいい子」のネタバレあらすじ結末

きみはいい子の紹介:2014年日本映画。中脇初枝の短編集の映画化作品で、新米教師や母親、老人らからの視点を通じて「児童虐待」や「いじめ」などというテーマを見つめ直すヒューマンドラマです。
監督:呉美保 出演者:高良健吾(岡野匡)、尾野真千子(水木雅美)、池脇千鶴(大宮陽子)、高橋和也(大宮拓也)、喜多道枝(佐々木あきこ)ほか

「悼む人」のネタバレあらすじ結末

悼む人の紹介:2014年日本映画。天童荒太の直木賞受賞作を映画化。旅をしながら、人が亡くなった場所を歩き「誰に愛され、誰を愛したでしょう。どんなことで感謝されたでしょうか」と悼む青年の物語。
監督:堤幸彦 出演:高良健吾(坂築静人)、石田ゆり子(奈儀倖世)、井浦新(甲水朔也)、椎名桔平(蒔野抗太郎)、貫地谷しほり(坂築美汐)、麻生祐未(沼田響子)、大竹しのぶ(坂築巡子)、平田満(坂築鷹彦)ほか

「ふきげんな過去」のネタバレあらすじ結末

ふきげんな過去の紹介:2015年日本映画。『ジ、エクストリーム、スキヤキ』で映画監督デビューを果たした前田司郎の監督作品第2作目。死んだはずの伯母の出現により、変わっていく18歳の女子高校生の、ひと夏の物語を描いた作品。
監督:前田司郎 出演者:小泉今日子(未来子)、二階堂ふみ(果子)、高良健吾(康則)、板尾創路(タイチ)、黒川芽以(レイ)ほか

1 2 3
TOP↑