Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

高良健吾映画一覧

高良健吾が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「人間失格 太宰治と3人の女たち」のネタバレあらすじ結末

人間失格 太宰治と3人の女たちの紹介:2019年日本映画。2019年7月に『Diner』が公開されたばかりの蜷川実花監督。その『Diner』にも出演していた小栗旬を主役に迎え、『斜陽』『人間失格』を執筆し入水心中に至るまでの太宰治と彼を取り巻く女たちの愛憎を描いた新作が『人間失格 太宰治と3人の女たち』だ。太宰の正妻美知子に宮沢りえ、『斜陽』のモデルで太宰の愛人静子に沢尻エリカ、太宰最後の愛人でともに心中した富栄に二階堂ふみ。三者三様の愛で太宰を癒やし、追い詰める様を、蜷川監督らしい花いっぱいの映像で艶やかに紡ぎ上げる。
監督:蜷川実花 出演:小栗旬(太宰治)、宮沢りえ(津島美知子)、沢尻エリカ(太田静子)、二階堂ふみ(山崎富栄)、成田凌(佐倉潤一)、千葉雄大(太田薫)、瀬戸康史(伊馬春部)、高良健吾(三島由紀夫)、藤原竜也(坂口安吾)、ほか

「ルームメイト(2013年)」のネタバレあらすじ結末

ルームメイトの紹介:2013年日本映画。交通事故で入院中の春海は、ナースの麗子と仲良くなりました。春海の退院が決まると麗子は病院を辞めると言いました。麗子の誘いでルームシェアを始めた春海と麗子でしたが、春海は麗子にもう一つの人格があることを知りはじめました…という内容の、北川景子、深田恭子のダブル主演のサスペンスホラー映画です。
監督:古澤健 出演者:北川景子(萩尾春海)、深田恭子(西村麗子)、高良健吾(工藤謙介)、尾上寛之(長谷川伸一)、大塚千弘(安藤リカ)筒井真理子(春海の母)、田口トモロヲ(山崎)ほか

「まほろ駅前多田便利軒」のネタバレあらすじ結末

まほろ駅前多田便利軒の紹介:2011年日本映画。三浦しをんの同名小説を映画化。瑛太と松田龍平を主演に迎え、架空の都市・まほろ市を舞台に物語は進みます。便利屋を営む多田と、中学の同級生・春彦。さまざまな人との出会いを通して、二人は自らの過去に向い合います。
監督:大森立嗣 出演:瑛太(多田啓介)、松田龍平(行天春彦)、片岡礼子(ルル)、鈴木杏(ハイシー)、本上まなみ(三峯凪子)、柄本佑(山下)、横山幸汰(由良)、大森南朋(囲炉裏屋亭主 山田)、梅沢昌代(山下の母)、松尾スズキ(シンちゃん)、麿赤兒(岡)、高良健吾(星)、岸部一徳(早坂)、ほか

「ひゃくはち」のネタバレあらすじ結末

ひゃくはちの紹介:2008年日本映画。早見和真の同名小説を基に、甲子園の常連である野球の強豪校に通う万年補欠の部員二人の友情と青春を描いた青春ドラマです。タイトルの“ひゃくはち(108)”とはボールの縫い目の数と人間の煩悩の数を表したものです。
監督:森義隆 出演者:斎藤嘉樹(青野雅人)、中村蒼(小林伸広)、市川由衣(相馬佐和子)、高良健吾(佐々木純平)、北条隆博(星野健太郎)、桐谷健太(コーチ)、竹内力(サンダー監督)、RED RICE(湘南乃風)、VERBAL(m-flo)ほか

「多十郎殉愛記」のネタバレあらすじ結末

多十郎殉愛記(たじゅうろうじゅんあいき)の紹介:2019年日本映画。無類の剣豪なのに無為に日々を過ごす長州脱藩者と彼を想う女。やがて二人の運命を変える出来事が。『木枯し紋次郎』等の中島貞夫監督が時代劇の成立と衰退と尽きせぬ魅力を描いたドキュメンタリー映画『時代劇は死なず ちゃんばら美学考』(2015年)の監督を経て20年ぶりに手掛けた時代劇は『長恨』等の巨匠、伊藤大輔監督の霊に捧げられた。画一化された時代劇への危機感に突き動かされ、殺陣の魅力にこだわったこの作品のクライマックスは30分に及ぶ大立ち回り。
監督:中島貞夫 出演者:高良健吾(清川多十郎)、多部未華子(おとよ)、木村了(清川数馬)、寺島進(溝口蔵人)、永瀬正敏(桂小五郎)、栗塚旭(老僧)、ほか

「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」のネタバレあらすじ結末

ケンタとジュンとカヨちゃんの国の紹介:2009年日本映画。孤児院で育った若者たちは、酷い労働環境の解体業の仕事にいら立ちを募らせていた。新しい人生の第一歩を踏み出そうとする彼らの青春ドラマ。松田翔太、高良健吾と安藤サクラの実力派俳優が共演。日々の生活に不安を抱えて生きる若者たち。人生をやりなおすために、旅に出る3人。彼らを待つ先には、いったい何があるのか。
監督:大森立嗣 出演:松田翔太(ケンタ)、高良健吾(ジュン)、安藤サクラ(カヨちゃん)、宮崎将(カズ)、柄本佑(洋輔)、洞口依子(洋輔の母)、多部未華子(ゆみか)、美保純(スナックのママ)、山本政志(二郎)、新井浩文(裕也)、小林薫(闘犬の男)、柄本明(菊ちゃん)、ほか

「蟹工船」のネタバレあらすじ結末

蟹工船の紹介:2009年日本映画。小林多喜二の同名小説を映画化。蟹工船で働く労働者と、権力者たちの対立を描いた作品。劣悪な環境の蟹工船で、一日中労働を強いられ、地獄のような日々を過ごす労働者たち。そんなある日、脱走した労働者の一人・新庄がロシア船に助けられたことにより、大きく運命を変えることとなり…。
監督:SABU 出演:松田龍平(漁夫・新庄)、西島秀俊(浅川監督)、高良健吾(雑夫・根本)、新井浩文(漁夫・塩田)、柄本時生(雑夫・清水)、木下隆行(雑夫・久米)、木本武宏(雑夫・八木)、三浦誠己(雑夫・小堀)、竹財輝之助(雑夫・畑中)、利重剛(漁夫・石場)、清水優(漁夫・木田)、滝藤賢一(雑夫・河津)、大杉漣(清水の父親)、ほか

「うつくしいひと サバ?」のネタバレあらすじ結末

うつくしいひと サバ?の紹介:2017年日本映画。熊本県出身の行定勲監督が熊本県出身者たちを集めて製作した短編映画『うつくしいひと』(2016年)の続編です。熊本地震後の被災地を舞台に、前作に登場した高良健吾扮する私立探偵がある人を探しているフランス人男性の手助けをすることになり・・・。タイトルの“サバ?”とはフランス語で「元気ですか?」「大丈夫ですか?」を意味します。
監督:行定勲 出演者:高良健吾(玉屋末吉)、米村亮太朗(田上)、中別府葵(古町明日香)、石橋静河(コガ・マリエ)、ロイック・ガルニエ(マチュー)、井手らっきょ(寿司屋の大将)、中原丈雄(川上義晴)ほか

「うつくしいひと」のネタバレあらすじ結末

うつくしいひとの紹介:2016年日本映画。熊本県出身の行定勲監督が、同じく熊本県出身者やゆかりの出演者たちを集め、熊本県の全面協力のもと全編を熊本で撮影したノスタルジックな短編ラブストーリーです。2017年には熊本地震を受けて製作された続編『うつくしいひと サバ?』が公開されています。
監督:行定勲 出演者:橋本愛(透子)、姜尚中(謎の男)、高良健吾(玉屋末吉)、石田えり(鈴子)、米村亮太朗(田上)ほか

「止められるか、俺たちを」のネタバレあらすじ結末

止められるか、俺たちをの紹介:2018年日本映画。2012年に他界した映画監督の若松孝二が遺した「若松プロダクション」の再始動第1弾として制作された伝記映画です。1960~70年代、新しいジャンルの映画作りに情熱を燃やした若松幸二と仲間たちの情熱の日々を、実在した女性助監督・吉積めぐみの視点から描きます。監督は若松プロ出身の白石和彌が、脚本は同じく若松プロ出身の井上淳一が手掛け、若松孝二役の井浦新を始め過去の若松作品に出演していた俳優陣が参加しています。
監督:白石和彌 出演者:門脇麦(吉積めぐみ)、井浦新(若松孝二)、山本浩司(足立正生)、岡部尚(沖島勲)、大西信満(大和屋竺)、タモト清嵐(秋山道男)、毎熊克哉(小水一男)、伊島空(高間賢治)、外山将平(福間健二)、藤原季節(荒井晴彦)、上川周作(斎藤博)、柴田鷹雄(磯貝一)、西本竜樹(伊東英男)、満島真之介(ミキサー助手福ちゃん)、渋川清彦(松田政男)、音尾琢真(赤塚不二夫)、高岡蒼佑(大島渚)、高良健吾(吉澤健)、奥田瑛二(葛井欣士郎)、寺島しのぶ(前田のママ)、吉澤健(カプリコンマスター)ほか

「ボックス!」のネタバレあらすじ結末

ボックス!の紹介:2010年日本映画。百田尚樹の小説を映画化した、高校のボクシング部が題材の青春映画です。市原隼人と高良健吾が演じる、まったくタイプの異なる青年2人がリングに青春を懸ける姿を鮮やかに映し出しています。
監督:李闘士男 出演:市原隼人(鏑矢義平 / カブ)、高良健吾(木樽優紀 / ユウキ)、谷村美月(丸野智子)、宝生舞(鏑矢こと美)、山崎真実(鏑矢昌美)、清水美沙(丸野祥子)、香椎由宇(高津耀子)、筧利夫(沢木一至)、諏訪雅士(稲村和明)ほか

「劇場版 夏目友人帳 うつせみに結ぶ」のネタバレあらすじ結末

劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~の紹介:2018年日本映画。月刊LaLa連載中の「夏目友人帳」は、妖(あやかし)とその姿を見ることができる夏目貴志との心温まる、そして時に切なく、時に悲しい物語たちである。2008年からはテレビアニメの放送も始まり、現在まで6期が放送されている人気シリーズとなっている。今回は初の劇場版として、原作者緑川ゆき監修により完全新作のストーリーが練り上げられた。おなじみのクラスメイトや妖たちに加え、この作品のために考えられた津村母子(おやこ)と夏目との交流が美しく丁寧に描かれている。
総監督:大森貴弘 監督:伊藤秀樹 声優: 神谷浩史(夏目貴志)、井上和彦(ニャンコ先生・斑)、小林沙苗(夏目レイコ)、藤村歩(夏目貴志:少年時代)、村瀬歩(結城大輔)、伊藤美紀(藤原塔子)、伊藤栄次(藤原滋)、堀江一眞(田沼要)、佐藤利奈(多軌透)、木村良平(西村悟)、菅沼久義(北本篤史)、沢城みゆき(笹田純)、石田彰(名取周一)、島本須美(津村容莉枝)、高良健吾(津村椋雄)ほか

「県庁おもてなし課」のネタバレあらすじ結末

県庁おもてなし課の紹介:2013年日本映画。高知県に発足した“おもてなし課”。観光がイマイチな高知をどうにかすべく、かつてパンダ誘致論を唱えた清遠の力を借りて“高知県レジャーランド化構想”の実現に向けて動き出すが・・。高知の大自然がいっぱい詰まった錦戸亮主演の高知観光どうにかしないとエンターテイメント!原作は高知県出身の人気作家、有川浩の同名小説。
監督:三宅喜重 出演:錦戸亮(掛水史貴)、堀北真希(明神多紀)、関めぐみ(清遠佐和)、甲本雅裕(下元邦宏)、松尾諭(近森圭介)、高良健吾(吉門喬介)、船越英一郎(清遠和政)、ほか

「万引き家族」のネタバレあらすじ結末

万引き家族の紹介:2018年日本映画。万引きという犯罪を通して繋がっていく家族の物語を「誰も知らない」「そして父になる」の是枝裕和監督がオリジナル脚本で映画化。親の年金を不正受給していた家族が逮捕されるという実際の事件から着想を得たという物語で、育児放棄などの題材も交えながら、一人の少年の成長と選択を描きます。2018年第71回カンヌ国際映画祭で日本映画としては21年ぶりとなる最高賞パルムドールを受賞した話題作。リリー・フランキー、安藤さくら、樹木希林等、ベテラン俳優に、松岡茉優や城桧吏ら期待の若手俳優が出演。
監督:是枝裕和 出演:リリー・フランキー(柴田治)、安藤サクラ(柴田信代)、城桧吏(柴田祥太)、松岡茉優(柴田亜紀)、樹木希林(柴田初枝)、佐々木みゆ(ゆり / 凛)、池松壮亮(4番さん)、柄本明(川戸頼次)、高良健吾(前園巧)、池脇千鶴(宮部希衣)、ほか

「まほろ駅前狂騒曲」のネタバレあらすじ結末

まほろ駅前狂騒曲の紹介:2014年日本映画。直木賞作家三浦しをんの人気作「まほろ駅前シリーズ」の第3作目となる同名小説を映画化した作品。まほろ町で便利屋を営む多田と同級生の行天。腐れ縁の男二人組が様々な事情を抱える依頼人達のために奔走する様をユーモアとペーソスを交えて描いた人間ドラマです。
監督:大森立嗣 出演:瑛太(多田啓介)、松田龍平(行天春彦)、高良健吾(星良一)、真木よう子(柏木亜沙子)、麿赤兒(岡)、本上まなみ(三峯凪子)、奈良岡朋子(曽根田菊子)、新井浩文(飯島幸三)、ほか

1 2 3
TOP↑