韓国映画一覧

韓国映画のネタバレあらすじ一覧です。韓流ブームで日本でもヒットした作品から、韓国国内でヒットした映画まで、様々なジャンルのオススメ韓国映画をラインナップしています。

「FLU 運命の36時間」のネタバレあらすじ結末

FLU 運命の36時間の紹介:2013年韓国映画。韓国の分唐で、密入国者から鳥インフルエンザが感染し、街中に広がりはじめます。救助隊のジグに車から救出された医師のイネは、娘のミルが感染していることを知り、感染を隠していました。その頃、政府によって分唐を隔離し、感染者を生きながら焼き殺すという事が実行されていました。ミルを助けようと、ジグとイネは奮闘しますが…という内容の韓国発の感染パニック映画です。
監督:キム・ソンス 出演者:チャン・ヒョク(ジグ)、スエ(イネ)、パク・ミナ(ミル)、マ・ドンソク(チョン)、ユ・ヘジン(ベー)ほか

「スウィング・キッズ」のネタバレあらすじ結末

スウィング・キッズの紹介:2018年韓国映画。1951年、朝鮮戦争中の捕虜収容所を舞台に、対外イメージ向上のために結成されたタップダンスチーム。見所はやはりタップダンスシーン。何かを訴えるかのような熱いダンスの数々に注目です。K-POPグループ「EXO」のD.O.が主演。
監督:カン・ヒョンチョル 出演:D.O.(ロ・ギス)、ジャレッド・グライムズ(ジャクソン)、パク・ヘス(ヤン・パンネ)、オ・ジョンセ(カン・ビョンサム)、キム・ミノ(シャオパン)、ほか

「タイム・クライム」のネタバレあらすじ結末

タイム・クライムの紹介:2013年韓国映画。タイムマシンを研究するウソクらの研究チームでしたが、研究に投資するロシアの会社から資金提供を打ち切られ、撤収期限が迫っていました。そこでウソクは結果を残そうと24時間後の研修施設にタイムスリップします。24時間後の研究室は荒れ果て、研究員の姿はありません。過去に戻ったウソクが未来の監視カメラ映像を見ると、自分たちが死んでいくのが映ります。そこでウソクらは未来を変えるべく行動をしますが…という内容のSFサスペンス映画です。
監督:キム・ヒョンシク 出演者:チョン・ジェヨン(チョン・ウソク)、チェ・ダニエル(ユ・ジワン)、キム・オクビン(ソ・ヨンウン)、イ・デヨン(チョ室長)、パク・チョルミン(パク・ヨンシク)、シン・ダウン(ナムグン・スク)、オ・グァンノク(ソ博士)ほか

「ただ君だけ」のネタバレあらすじ結末

ただ君だけの紹介:2011年韓国映画。「映画は映画だ」のソ・ジソブと「トンイ」のハン・ヒョジュが描くラブストーリー。過去のあるボクサー“チョルミン”と、目が不自由だが前向きに生きる“ジョンファ”が知り合い、互いに辛い事故の記憶を乗り越え愛し合う姿を美しく描いた作品です。
監督:ソン・イルゴン 出演:ソ・ジソブ(チャン・チョルミン)、ハン・ヒョジュ(ハ・ジョンファ)、カン・シニル、パク・チョルミン、チョ・ソンハ、ほか

「名もなき野良犬の輪舞」のネタバレあらすじ結末

名もなき野良犬の輪舞(ロンド)の紹介:2017年韓国映画。犯罪組織ナンバー2の極道が刑務所で知り合い、弟分にした若き男は実は潜入捜査官でした…。極道は組織を乗っ取ろうと画策しますが…。韓国を舞台に、男と男の友情と裏切りを描いたクライム・サスペンス映画です。
監督:ビョン・ソンヒョン 出演者:ソル・ギョング(ハン・ジェホ)、イム・シワン(ヒョンス)、キム・ヒウォン(ビョンガプ)、チョン・ヘジン(チョン主任)、イ・ギョンヨン(コ・ビョンチョル)、ホ・ジュノ(キム・ソンハン)ほか

「蝶の眠り」のネタバレあらすじ結末

蝶の眠りの紹介:2017年日本,韓国映画。5年ぶりに映画主演を務めた中山美穂と、韓国俳優のキム・ジェウクとが共演した大人のラブストーリー。アルツハイマー病に侵された女性が人生の最後をどう迎えるか、そして年の差を超えた究極の愛が描かれている。
監督:チョン・ジェウン 出演者:中山美穂(松村涼子)、キム・ジェウク(ソ・チャネ)、石橋杏奈(アンナ)、菅田俊(綾峰龍二)、勝村政信(石井)、永瀬正敏(大村)、ほか

「チスル」のネタバレあらすじ結末

チスルの紹介:2013年韓国映画。韓国の済州島で実際に起こった、島民3万人惨殺事件を再現した作品です。突然、指令が下され上陸した軍人たち、宣告文を見て逃げて隠れる島民たち、それぞれの視点から同時進行させていく内容で、リアリティを出すためモノクロ映像になっています。
監督:オ・ミョル 出演者:ヤン・ジョンウォン(ヨンピル)、イ・ギョンジュン(ギョンジュン)、ソン・ミンチョル(マンチェル)、ホン・サンピョ、ムン・ソクポン、パク・スンドン、カン・ヒほか

「国家が破産する日」のネタバレあらすじ結末

国家が破産する日の紹介:2018年韓国映画。残された時間は7日間――。1997年に実際に韓国を襲った通貨危機の裏側を、危機を回避しようとする韓国銀行の通貨政策チーム長・危機を利用して一儲けを目論む金融コンサルタント・政府の言うことを何の疑いもなく信じる町工場の経営者という立場の異なる三人の視点から描いた社会派エンターテイメント映画です。
監督:チェ・グクヒ 出演者:キム・ヘス(ハン・シヒョン)、ユ・アイン(ユン・ジョンハク)、ホ・ジュノ(ガプス)、チョ・ウジン(パク・デヨン)、ヴァンサン・カッセル(IMF専務理事)、クォン・ヘヒョ、キム・ミンサン、オム・ヒョソプ、キム・ホンパ、ほか

「パラサイト 半地下の家族」のネタバレあらすじ結末

パラサイト 半地下の家族の紹介:2019年韓国映画。『殺人の追憶』『グエムル 漢江の怪物』『スノーピアサー』などを手掛けた韓国映画界の鬼才ポン・ジュノ監督と名優ソン・ガンホが4度目のタッグを組み、韓国の貧困層と富裕層の格差社会をテーマにした予測不能のブラックコメディ作品です。第72回カンヌ国際映画祭では韓国映画初となる最高賞パルムドールを、第92回アカデミー賞では非英語作品として初となる作品賞・監督賞・脚本賞・国際長編映画賞の4冠を受賞しました。
監督:ポン・ジュノ 出演者:ソン・ガンホ(キム・ギテク)、チェ・ウシク(キム・ギウ)、パク・ソダム(キム・ギジョン)、チャン・ヘジン(キム・チュンスク)、イ・ソンギュン(パク・ドンイク)、チョ・ヨジョン(パク・ヨンギョ)、チョン・ジソ(パク・ダヘ)、チョン・ヒョンジュン(パク・ダソン)、イ・ジョンウン(ムングァン)、パク・ミョンフン(グンセ)、パク・ソジュン(ミニョク)ほか

「あいつの声」のネタバレあらすじ結末

あいつの声の紹介:2007年韓国映画。国民的人気キャスターのハン・ギョンベの息子サンウが誘拐されます。犯人は1億ウォンの身代金を要求し、金を用意したギョンベは刑事を車のトランクに隠れさせ、犯人との接触を図りますが、周到な犯人にことごとく見透かされ交渉は行き詰まりました…という実際に1991年に起きた、会社経営者の息子のイ・ヒョンホ少年誘拐事件を題材にしています。作品のエンディングでは、実際の脅迫電話と犯人の似顔絵を流し、イ・ヒョンホ君への追悼も映し出されます。
監督:パク・チョンピョ 出演者:ソル・ギョング(ハン・ギョンベ )、キム・ナムジュ(オ・ジソン)、カン・ドンウォン(犯人)、イ・ヒョンチョル(サンウ)、キム・ヨンチョル(キム刑事)ほか

「奴が嘲笑う」のネタバレあらすじ結末

奴が嘲笑うの紹介:2015年韓国映画。若手エリート弁護士ホソンが、新薬「ロミックス」の副作用の裁判を製薬側の弁護人として担当していました。その後、女子大生殺害事件の容疑者の弁護を担当したホソンは、調べるうちに、新薬ロミックス訴訟と女子大生殺害事件が関係していることに気づき…という内容のコメディタッチのサスペンス映画です。
監督:ホ・ジョンホ 出演者:イ・ソンギュン(ピョン・ホソン)、キム・ゴウン(チン・ソンミン)、チャン・ヒョンソン(ムン・ジフン)、キム・ユネ(ハン・ミンジョン)、チェ・ジェウン(キム・ジョンファン)ほか

「殺人の疑惑」のネタバレあらすじ結末

殺人の疑惑の紹介:2013年韓国映画。父と二人暮らしをする女子大生のダウンは、幼い頃から男手ひとつで育ててくれた父を愛し、父もまたダウンを溺愛しています。そのころ15年前に発生したハン・チェジン誘拐事件が時効を迎えようとしていました。事件に興味を持ったダウンは、犯人の脅迫電話の肉声を聞いて愕然とします。それは父の口癖や喋り方とそっくりだったのです。友人のジェギョンと調べるうち、父への疑惑がどんどん深まっていき…という内容の韓国のサスペンス映画です。
監督:クク・ドンソク 出演者:ソン・イェジン(チョン・ダウン)、キム・ガプス(チョン・スンマン)、カン・シニル(ハン・サンス)、イム・ヒョンジュン(シム・ジュニョン)、イ・ギュハン(キム・ジェギョン)ほか

「グッバイ・シングル」のネタバレあらすじ結末

グッバイ・シングルの紹介:2016年韓国映画。人気も知名度も高い女優ジュヨンでしたが、年齢を重ね先行きが不安になり、産婦人科で知り合った中学生で妊娠したダンジと、生まれて来る子供を自分の子にするという契約を結び、自らは妊娠と偽る事から始まるコメディ映画です。内容は奥深く一つの命の大切さ、少女の胸の内を思い知らされる映画でもあり、涙をさそうシーンも多々あります。又、挿入歌はテンポも良く耳に残る歌で映画の良さを引き出しています。
監督:キム・テゴン 出演:キム・ヘス(ジュヨン)、マ・ドンソク(ピョング)、キム・ヒョンス(ダン・ジウ)、ソ・ヒョンジン(サング)、クアク・シヤン(ジウ・ホーン) 他

「トップスター」のネタバレあらすじ結末

トップスターの紹介:2013年韓国映画。俳優志望のテシクが、人気俳優ウォンジュンのマネージャーから俳優になり、ウォンジュンのようなスターを目指します。いつしか壊れていくウォンジュンとの仲、徐々に変わっていくテシク、彼はどうなっていくのか・・・。華やかな世界の表と裏を描いた人間ドラマです。
監督:パク・チュンフン 出演:オム・テウン(テシク)、キム・ミンジュン(ウォンジュン)、ソ・イヒョン(ミナ)、アン・ソンギ(キム)、キム・スロ(ガンチョル)、カン・ソンジン(パク)、ほか

「マリオネット 私が殺された日」のネタバレあらすじ結末

マリオネット 私が殺された日の紹介:2017年韓国映画。女子高生のミナは同級生の男たちに集団強姦され、その動画をネット上にアップロードされてしまう。犯人逮捕後、マスコミに追われて街を出たミナは、ソリンという名前で新たな人生をスタートさせる。過去のトラウマに苦しむミナだったが、教師になり結婚も控え、ようやく幸せを掴もうとしていた。しかし、そんなミナを再び悪夢が襲うのだった。
監督:イ・ハンウク 出演:イ・ユヨン(ハン・ソリン / ミナ)、キム・ヒウォン(オ・グクチョル)、オ・ハニ、イ・ハクジュ、ほか

1 2 3 4 5 13

キーワードから探す

TOP↑