韓国映画一覧

韓国映画のネタバレあらすじ一覧です。韓流ブームで日本でもヒットした作品から、韓国国内でヒットした映画まで、様々なジャンルのオススメ韓国映画をラインナップしています。

「それから」のネタバレあらすじ結末

それからの紹介:2017年韓国映画。韓国映画界の名匠ホン・サンス監督が贈るユーモラスなヒューマンドラマです。ある小さな出版社に就職した女性が社長の愛人と間違えられたことから起こる騒動を美しいモノクロ映像で描きます。
監督:ホン・サンス 出演者:キム・ミニ(ソン・アルム)、クォン・ヘヒョ(キム・ボンワン)、キム・セビョク(イ・チャンスク)、チョ・ユニ(ボンワンの妻)ほか

「今日の恋愛」のネタバレあらすじ結末

今日の恋愛の紹介:2015年韓国映画。小学生の時からの友人のヒョヌとジュンス。それから18年たっても友人から進展する事は無いが、かけがえのない親友でジュンスはヒョヌをずっと支え続けてきましたが、その二人がやっとお互いの存在を見つめなおし、ステキな恋愛関係に発展するまでのおもしろくて時に悲しく描いた未婚者には特にお勧めの作品です。
監督:パク・チンピョ 出演:イ・スンギ(ジュンス)、ムン・チェウォン(ヒョヌ)、イ・ソジン(ドンジン)、ファヨン(ヒジン)、チョン・ジュニョン(アンドリュー)、Lizzy、ソン・ガイン、ほか

「野良犬たち」のネタバレあらすじ結末

野良犬たちの紹介:2014年韓国映画。2012年に韓国で発生した実際の事件を元に作られた社会派サスペンス。不倫と賭博をくり返す三流記者が、一見平和な村の秘密を暴いてゆく。主演は「宮 Love in Palace THE MOVIE」のキム・ジョンフン。
監督:ハ・ウォンジュン 出演者:キム・ジョンフン(ソ・ユジュン)、チャ・ジホン(キム・ウンヒ)、ミョン・ゲナム(オスリ村村長)、イ・ジェポ(ドング)、キム・ソンギ(イ会長)、キム・ジョンソク(パク・ナムシク)、ほか

「私の愛、私の花嫁」のネタバレあらすじ結末

私の愛、私の花嫁の紹介:2014年韓国映画。新婚生活が終わりときめきを求め続ける二人の前に夫ヨンミンの前には変わらぬ美しいスンヒが、寂しさを隠せない妻ミヨンの前には昔の彼氏ソンウが現れます。自制心をなんとか保った2人のその後の結婚生活をコミカルに描いた作品です。1990年にヒットした同名映画のリメイク版。当時は主演パク・チョンフンとチェ・ジンシルでした。
監督:イム・チャンサン 出演:チョ・ジョンソク(ヨンミン)、シン・ミナ(ミヨン)、ユン・ジョンヒ(スンヒ)、ソ・ガンジュン(ジュンソ)、ペ・ソンウ、ほか

「キムソンダル 大河を売った詐欺師たち」のネタバレあらすじ結末

キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たちの紹介:2016年韓国映画。韓国の有名な説話に登場する伝説の老詐欺師に若さと美しさの魔性の魅力をキャラクターアレンジに加えた時代劇コメディー映画。気楽に生きていた詐欺師が私利私欲のために民を虐げる権力者に信義を胸に立ち向かうストーリー。
監督:パク・デミン 出演:ユ・スンホ(キム・イノン、キム・ソンダル)、チョ・ジェヒョン(ソン・デリョン)、コ・チャンソク(ポウォン)、ラ・ミラン(ユン菩薩)、シウミン(キョン)、ほか

「劇場版 エスカフローネ」のネタバレあらすじ結末

劇場版 エスカフローネの紹介:2000年日本,アメリカ,韓国映画。TVアニメとして放映された天空のエスカフローネを元に話の筋を変え劇場版として復活。普通の女子高生神埼ひとみは生きる意味を見失っていた。普通過ぎる日常が彼女の価値観を少し鈍らせていたのだ。そしてそんな彼女は謎の男性により異世界ガイアへと誘われる。レジスタンスの一員でありながら孤独に生きるバァンとの出会いは彼女に何をもたらすのか?
監督:赤根和樹 声優:坂本真綾(ひとみ)、関智一(バァン)、高山みなみ(ディランドゥ)、三木眞一郎(アレン)、飯塚雅弓(ソラ)、大谷育江(メルル)、中田譲治(フォルケン)、武田亜希(ミラーナ)、ほか

「恋するインターン 現場からは以上です!」のネタバレあらすじ結末

恋するインターン ~現場からは以上です!~の紹介:2015年韓国映画。就職活動が終わりやっと就職できたのは三流新聞社。そこで初日に経験した事は非常に厳しい現実であり、見習いにも決して甘くない部長の態度そしてその部長から記者としての責任感を植え付けられ、一人前の記者に成長する過程と新聞社内でのリストラや上からの圧力による様をリアルに描いた中身の濃い作品です。
監督:チョン・ギフン 出演:パク・ボヨン(ト・ラヒ)、チョン・ジェヨン (ハ・ジェグァン)、チン・ギョン(チャン代表)、オ・ダルス(局長)、ペ・ソンウ(ハン・ソヌ)、ユン・ギュンサン(ジハン)、ほか

「T.R.Y. トライ」のネタバレあらすじ結末

T.R.Y. トライの紹介:2002年日本,中国,韓国映画。原作は横溝正史ミステリ大賞を受賞した井上尚登のベストセラー小説。この映画は、日中韓の合作です。上海で暗躍する日本人ペテン師の伊沢が、中国人革命軍のために武器を手に入れようと画策する物語。ラストは想像を超えるどんでん返しの連続です。
監督:大森一樹 出演者:織田裕二(伊沢修)、黒木瞳(喜春)、邵兵(関飛虎)、孫暢敏(パク・チャイク)、楊若兮(丁愛鈴)、ピーター・ホー(肖丁)、今井雅之(東謙介)、市原隼人(陳思平)、渡辺謙(東正信)

「ハッピーログイン」のネタバレあらすじ結末

ハッピーログインの紹介:2015年韓国映画。人気俳優のジヌとの子供ボムをジヌに何も告げずに一人で育てる脚本家のギョンアとボムの存在を知ったジヌ。耳の聞こえない作曲家のスホとプロジューサーのナヨン。奥手な40代のシェフソンチャンと結婚にあせる40代キャビンアテンダントのジュラン。それぞれがSNSでつながり恋を成熟させていくというテンポの良いラブコメディーです。
監督:パク・ヒョンジン 出演:イ・ミヨン(チョ・ギョンア)、ユ・アイン(ノ・ジヌ)、チェ・ジウ(ハム・ジュラン)、キム・ジュヒョク(チョン・ソンチャン)、カン・ハヌル(イ・スホ)、イ・ソム(チャン・ナヨン)、ほか

「コンフィデンシャル/共助」のネタバレあらすじ結末

コンフィデンシャル/共助の紹介:2017年韓国映画。偽札組織に妻と仲間を殺された北朝鮮のエリート刑事と韓国の熱血刑事が互いの立場を越えたコンビを組み、型破りな史上初の南北共助捜査に乗り出す姿を描いたポリスアクションです。韓国では2017年上半期の動員数ナンバーワンヒットを記録しています。
監督:キム・ソンフン 出演者:ヒョンビン(イム・チョルリョン)、ユ・ヘジン(カン・ジンテ)、キム・ジュヒョク(チャ・ギソン)、イム・ユナ(パク・ミニョン)、チャン・ヨンナム(ソヨン)、イ・ドンフィ(パク・ミョンホ)ほか

「LUCK-KEY/ラッキー」のネタバレあらすじ結末

LUCK-KEY/ラッキーの紹介:2016年韓国映画。内田けんじ監督の映画『鍵泥棒のメソッド』(2012年)を韓国でリメイクしたコメディ映画です。記憶喪失になった伝説の殺し屋と貧乏な俳優の人生が入れ替わったことから巻き起こる騒動をコミカルに描きます。
監督:イ・ゲビョク 出演者:イ・ジュン(チェ・ヒョンウク)、ユ・ヘジン(ユン・ジェソン)、チョ・ユニ(リナ)、イム・ジヨン(ソン・ウンジュ)、ゴジュン(グォン・ヒラク)ほか

「殺人の追憶」のネタバレあらすじ結末

殺人の追憶の紹介:2003年韓国映画。実際の連続強姦殺人事件を基につくられたクライム・サスペンス作品。ポン・ジュノ監督のみせる韓国ならではの暴力的な冷たい色味の作品はたまりません。ラストはとても心が苦しくなる衝撃の結末が待っています。
監督:ポン・ジュノ 出演:ソン・ガンホ(パク刑事)、キム・サンギョン(ソ・テユン刑事)、キム・レハ(チョ・ヨング)、パク・ノシク(クァンホ)

「トンネル 闇に鎖された男」のネタバレあらすじ結末

トンネル 闇に鎖(とざ)された男の紹介:2016年韓国映画。韓国・ソウル近郊を舞台に、トンネル崩落事故に巻き込まれた男の運命と、無事を願う家族や決死の救出を試みる救助隊の奮闘、そして事故の裏側にある驚愕の事実を描いた社会派ドラマです。
監督:キム・ソンフン 出演者:ハ・ジョンウ(イ・ジョンス)、ペ・ドゥナ(セヒョン)、オ・ダルス(キム・デギョン)、ナム・ジヒョン(ミナ)、キム・ヘスク(長官)ほか

「嘆きのピエタ」のネタバレあらすじ結末

嘆きのピエタの紹介:2012年韓国映画。韓国映画史上初めてヴェネツィア国際映画祭の金獅子賞を獲得したバイオレンスな人間ドラマです。血も涙もない消費者金融の取り立て屋が、自分の母を名乗る人物に出会ったことから始まる奇妙な関係と衝撃の事実を描いています。
監督:キム・ギドク 出演者:イ・ジョンジン(イ・ガンド)、チョ・ミンス(ミソン)、ウ・ギホン(フンチョル)、カン・ウンジン(ミョンジャ)、クォン・セイン(ギターの男)ほか

「風と共に去りぬ!?」のネタバレあらすじ結末

風と共に去りぬ!?の紹介:2012年韓国映画。2012年韓国映画動員数4位を記録した時代劇アクションコメディー。悪徳役人の陰謀に巻き込まれた男の復讐大作戦ストーリー。個性的なアウトロー集団が織りなす氷奪還作戦をコメディタッチに描いた作品です。
監督:キム・ジュホ 出演:チャ・テヒョン(イ・ドンム)、オ・ジホ(ペク・トンス)、ミン・ヒョリン(ペク・スリョン)、ソン・ドンイル(チャン・スギュン)、シン・ジョングン(ソク・テヒョン)、コ・チャンソク(ホン・ソクチャン)ほか

1 2 3 4 5 9
TOP↑