韓国映画一覧

韓国映画のネタバレあらすじ一覧です。韓流ブームで日本でもヒットした作品から、韓国国内でヒットした映画まで、様々なジャンルのオススメ韓国映画をラインナップしています。

「犯罪都市 THE ROUNDUP」のネタバレあらすじ結末

犯罪都市 THE ROUNDUPの紹介:2022年韓国映画。野獣のような風貌と強さを誇る主人公マ・ソクトが活躍するアクション映画。韓国を越え、やってきたベトナムで殺人鬼カンの野望を止めるべく捜査するマ・ソクト。演じるマ・ドンソクの圧倒的な強さが爽快で1番の見どころになっています。
監督:イ・サンヨン 出演:マ・ドンソク(マ・ソクト)、ソン・ソック(カン・ヘサン)、チェ・グィファ(チョン・イルマン)、パク・ジファン(チャン・イス)、ホ・ドンウォン(オ・ドンギュン)、ハジュン(カン・ホンソク)、チョン・ジェグァン(キム・サンフン)、ほか

「君だけが知らない」のネタバレあらすじ結末

君だけが知らないの紹介:2021年韓国映画。事故の影響で記憶喪失になってしまった主人公のスジン。やがてスジンは幻覚を見るようになり、とある事件に巻き込まれていく…というストーリー。二転三転していき、誰も信じられなくなる展開がスリリングで引き込まれていきます。
監督:ソ・ユミン 出演:ソ・イェジ(スジン)、キム・ガンウ(ジフン)、パク・サンウク(ギサン刑事)、ソンヒョク、ペ・ユラム、キム・ジョング、ヨム・ヘラン、キム・カンフン、ほか

「手紙と線路と小さな奇跡」のネタバレあらすじ結末

手紙と線路と小さな奇跡の紹介:2021年韓国映画。1988年に開設された韓国初の私設駅ヤンウォン駅。小さな駅を作るために動いた人たちのドラマを感動的に描きます。ミナミのために駅を作りたい。主人公のジュンギョンとそれを支える姉や父、恋人たちのドラマに自然と涙が流れます。
監督:イ・ジャンフン 出演:パク・ジョンミン(ジュンギョン)、イ・ソンミン(テユン、イム・ユナ(ラヒ)、イ・スギョン(ボギョン)、ほか

「女神の継承」のネタバレあらすじ結末

女神の継承の紹介:2021年タイ, 韓国映画。モキュメンタリーというドキュメンタリー風に制作したホラー作品。タイ東北部、イサーン地方にある一族に降り掛かる恐ろしい出来事を描いています。ラスト付近の儀式の描き方や、全員が直面する恐怖描写は一見の価値ありです。
監督:バンジョン・ピサンタナクーン 出演:ナリヤー・グルモンコルペック(ミンク)、サワニー・ウトゥンマ(ニム)、シラニ・ヤッキッティカン(ノイ)、ブーンソン・ナックプー(サンティ)、ほか

「真犯人」のネタバレあらすじ結末

真犯人の紹介:2019年韓国映画。2019年プチョン国際ファンタスティック映画祭観客賞に輝いた韓国発のサスペンス作品です。妻を殺され、親友に殺害容疑がかかった主人公の男は親友の妻と共に事件の真相を探るうちに驚愕の真実へと辿り着くさまを描きます。
監督:コ・ジョンウク 出演者:ソン・セビョク(イ・ヨンフン)、ユソン(チョン・ダヨン)、オ・ミンソク(キム・ジュンソン)、ハン・スヨン(イム・ユジョン)、チャン・ヒョクジン(パク・サンミン)、チョン・へギュン(チョ・サンピル)ほか

「ハード・ヒット 発信制限」のネタバレあらすじ結末

ハード・ヒット 発信制限の紹介:2021年韓国映画。「SEOBOK/ソボク」のチョ・ウジンが単独主演を務めた韓国発のノンストップアクションサスペンススリラーです。いつものように我が子を学校へ送り届けて車で職場に向かおうとしていた主人公の銀行支店長は謎の脅迫電話を受け、車から降りれば仕掛けた爆弾が爆発すると脅されます。支店長の運命は・・・。
監督:キム・チャンジュ 出演者:チョ・ウジン(イ・ソンギュ)、イ・ジェイン(ヘイン)、チン・ギョン(パン班長)、チ・チャンウク(ジンウー(脅迫者))、キム・ジホ(ヨンス)、リュ・スンス(警察署長)、チョン・ソクホ(ジョンホ)ほか

「あなた、そこにいてくれますか」のネタバレあらすじ結末

あなた、そこにいてくれますかの紹介:2016年韓国映画。フランスの作家ギヨーム・ミュッソのベストセラー小説『時空を超えて』を、舞台を韓国に移して映画化したSFラブストーリーです。飲めば願いを叶えてくれる薬を手に入れた中年の医師が30年前に亡くなった恋人を救うために過去に飛び、若き日の自分と愛と葛藤のストーリーを繰り広げます。
監督:ホン・ジヨン 出演者:キム・ユンソク(ハン・スヒョン)、ピョン・ヨハン(青年時代のハン・スヒョン)、チェ・ソジン(チェ・ヨナ)、キム・サンホ(カン・テホ)、アン・セハ(青年時代のカン・テホ)、パク・ヘス(ハン・スア)ほか

「ユンヒへ」のネタバレあらすじ結末

ユンヒへの紹介:2019年韓国映画。韓国の地方都市と日本・北海道小樽市を舞台に、二人の女性同士の約20年間に及ぶ心に秘めた恋の記憶と人生模様を描いたラブストーリーです。本作は韓国最大の映画賞である青龍映画賞で監督賞・脚本賞を受賞するなど数々の賞に輝いています。
監督:イム・デヒョン 出演者:キム・ヒエ(ユンヒ)、中村優子(ジュン)、キム・ソヘ(セボム)、ソン・ユビン(ギョンス)、木野花(マサコ)、ユ・ジェミョン(インホ)、瀧内公美(リョウコ)、薬丸翔(リュウスケ)ほか

「食われる家族」のネタバレあらすじ結末

食われる家族の紹介:2020年韓国映画。25年間行方不明だった妹がある日家族の元に帰ってきた。本当は嬉しいはずの出来事、しかし微かに感じた不安が実現してしまう。徐々に忍び寄ってきて主人公の周りを洗脳していく恐怖、正しいのは自分かそれとも…。
監督:ソン・ウォンピョン 出演:キム・ムヨル(ソジン)、イェ・スジョン(ユン)、ソン・ジヒョ(ユジン)、パク・ミンハ(イェナ)、ホ・ジュンソク(刑事)、ほか

「人形霊」のネタバレあらすじ結末

人形霊の紹介:2004年韓国映画。森の奥にぽつりと佇む人形の美術館に、モデルとして招待された一向。不気味な人形たちに囲まれながらも美術館で時を過ごすのだったが、一人また一人とモデルが不可解な死に方をする。しかし、それには60年前の悲しい事件が関係していたのだった…。
監督:チョン・ヨンギ 出演:イム・ウンギョン(ミナ)、キム・ユミ(ヘミ)、オク・ジヨン(ヨンハ)、イム・ヒョンジュン(ホン・ジョンギ)、シム・ヒョンタク(キム・テスン)、チョン・ホジン(チェ・ジファン / 館長)、キム・ドヨン(ジェウォン / 人形師)、ナム・ミョンニョル(独房の男)、イ・ガヨン(イ・ソニョン)、ほか

「ジョゼと虎と魚たち(韓国版)」のネタバレあらすじ結末

ジョゼと虎と魚たちの紹介:2020年韓国映画。日本で2度映画化された(2003年の実写版、2020年のアニメ版)、田辺聖子原作の同名小説を韓国でリメイクしたラブストーリーです。舞台を韓国に置き換え、足の不自由な女性と心優しき大学生の純愛を四季が織りなす美しい映像を交えて描きます。
監督:キム・ジョングァン 出演者:ハン・ジミン(ジョゼ)、ナム・ジュヒョク(イ・ヨンソク)、ホ・ジン(タボク)、パク・イェジン(ヘソン)、チョ・ボクレ(チョルホ)、イ・ソヒ(スギョン)、イ・ソンウク(チェ・ギョン)、キム・グムスン(ヒョンナム)、チャン・セウォン(サンジュン)、ユン・ヘリ(ヒヨン)、ユ・ヨンヒョン(ソンウ)、チョン・イソ(ナヨン)、キム・スンビ(スビン)、ソル・チャンヒ(ヒョンヨン)、キム・ヒョンスク(スーパーおばあちゃん)、シム・ワンジュン(ヘソンの彼氏)、オ・ソヒョン(ダンキン店員)、チャン・セファン(カフェ新入アルバイト)、ヤン・テクホ(カーセンタースタッフ)、パク・ソギョン(ジョゼ(幼少期))、キム・ハオン(チョルホ(幼少期))、キム・スボク(古本屋の主人)ほか

「整形水」のネタバレあらすじ結末

整形水の紹介:2020年韓国映画。韓国で大流行している整形をテーマにした作品。整形水という不思議なアイテムを手に入れた女性が美を追求するがあまり、やがて恐ろしい恐怖を体験することになります。完璧な容姿を手に入れても、過去のコンプレックスからさらなる美を追い求める主人公が健気に映ります。
監督:チョ・ギョンフン 声優:ムン・ナムスク(イェジ / ソルへ)、チャン・ミンヒョク(クォン・ジフン)、チョ・ヒョンジョン(施術者 / 女社長)、キム・ボヨン(チェ・ミリ)、ほか

「殺人鬼から逃げる夜」のネタバレあらすじ結末

殺人鬼から逃げる夜の紹介:2021年韓国映画。人を殺すことを快楽にしている連続殺人鬼のドシクに狙われたのは、聴覚障害のあるギョンミでした。殺人鬼が忍び寄る音も聞こえない、助けを呼ぶ声も誰にも届かない、極限の恐怖がギョンミを襲います。ギョンミが体験したスリリングな夜を描いています。
監督:クォン・オスン 出演:チン・ギジュ(ギョンミ)、ウィ・ハジュン(ドシク)、パク・フン(ジョンタク)、キル・ヘヨン(ギョンミの母)、キム・ヘユン(ソジュン)、ほか

「弁護人」のネタバレあらすじ結末

弁護人の紹介:2013年韓国映画。釜山で学歴もなく不動産ブームに乗り事務所を開いたばかりのソン・ウンンソク(ソン・ガンホ)その後税務専門の弁護士になったウンソクに大企業から顧問弁護士の依頼を受け、順調に見えた華やかな弁護士デビューを目前にしていたその時貧乏な時代にお世話になった食堂の店主主スネ(キム・ヨンエ)の息子ジヌ(イム・シワン)が国家保安法違反事で逮捕され、その裁判で弁護士を引き受けたことで人生が変わっていくという話でソン・ガンホの熱演ぶりが釘付けになります。
監督:ヤン・ウソク 出演:ソン・ガンホ(ソン・ウンソク)、キム・ヨンエ(パク・スネ)、オ・ダルス(パク・ドンホ)、クァク・ドウォン(チャ・ドンヨン)、イム・シワン(パク・ジヌ)、ソン・ヨンチャン(裁判官)、チョン・ウォンジュン(先輩弁護士)、イ・ソンミン(イ記者)、イ・ハンナ(ウソクの妻)、リュ・スヨン(イ・チャンジュン)、ほか

「白頭山大噴火」のネタバレあらすじ結末

白頭山大噴火の紹介:2019年韓国映画。イ・ビョンホンとハ・ジョンウが初共演を果たした、観測史上最大の大噴火による大地震で朝鮮半島が迎えた危機を描いたディザスタームービー。国と国、人と人との繋がりを細やかに豪華キャストで演出しています。
監督:イ・ヘジュン、キム・ビョンソ 出演:イ・ビョンホン(リ・ジュンピョン)、ハ・ジョンウ(チョ・インチャン)、マ・ドンソク(カン・ボンネ)、チョン・ヘジン(チョン・ユギョン)、ペ・スジ(チェ・ジヨン)、ほか

1 2 3 4 5 19

キーワードから探す

TOP↑