Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

窪塚洋介映画一覧

窪塚洋介が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「東京島」のネタバレあらすじ結末

東京島の紹介:2010年日本映画。桐野夏生の同名小説を映画化。無人島での極限サバイバル生活を描いた、エンタテインメント作品。結婚20年を迎えた清子と夫は、ヨットでの旅の途中で嵐に遭い無人島に漂着。その後、若い日本人の男たちや中国人などが漂流し、島での奇妙な暮らしが始まるのですが…。
監督:篠崎誠 出演 :木村多江(清子)、窪塚洋介(ワタナベ)、福士誠治(GM・森軍司 / ユタカ)、柄本佑(オラガ)、木村了(犬吉)、染谷将太(マンタ)、山口龍人(カスカベ)、南好洋(シンちゃん)、結城貴史(ダクタリ)、清水優(アタマ)、阿部亮平(ジェイソン)、テイ龍進(ヤン)、趙民和(ムン)、鶴見辰吾(隆)、宮武祭(チキ/チータ)、ほか

「アリーキャット」のネタバレあらすじ結末

アリーキャットの紹介:2016年日本映画。飼い猫に逃げられた元ボクサーと猫を拾った整備工の青年。訳アリのシングルマザーと出会った二人は思わぬ事件へと巻き込まれていく。窪塚洋介とDragon Ashのボーカル降谷建志のW主演で贈るバディ・ムービーです。
監督:榊 英雄 出演者:窪塚洋介(マル/朝秀晃)、降谷建志(リリィ/梅津郁巳)、市川由衣(土屋冴子)、品川祐(玉木敏郎)、柳英里紗(多田瑞希)、川瀬陽太(田口直樹)、森岡豊(倉持洋一)、馬場良馬(橋本賢吾)、三浦誠己(柿沢美智也)、高川裕也(南雲壮介)、火野正平(羽柴康夫)、ほか

「モンスターズクラブ」のネタバレあらすじ結末

モンスターズクラブの紹介:2011年日本映画。瑛太と窪塚洋介の二大実力派俳優による、異色のヒューマンドラマ。両親と兄弟を亡くし、孤独な思いを抱える青年。手作り爆弾を企業やマスコミに送りつけ、現代社会への復讐を企てるテロリストとして生きていた。そんな青年の前に、死んだはずの兄と弟が現れる…。アメリカを震撼させた実在の爆弾魔「ユナボマー」事件にインスパイアされ、豊田利晃監督がメガホンをとった。共演は國村隼、草刈朝有、松田美由紀、そして今作がスクリーンデビューとなるミュージシャンのKenKenほか。
監督:豊田利晃 出演者:瑛太(垣内良一)、窪塚洋介(垣内ユキ)、KenKen(垣内ケンタ)、草刈朝有(垣内ミカナ)、松田美由紀(垣内ユリエ)、國村隼(垣内セイジロウ)ほか

「俺は、君のためにこそ死ににいく」のネタバレあらすじ結末

俺は、君のためにこそ死ににいくの紹介:2007年日本映画。石原慎太郎が脚本・制作総指揮を務め、巨額の制作費を投じて作られた戦争映画です。太平洋戦争末期、鹿児島・知覧飛行場から飛び立つ特攻隊員の短い青春を、彼らから母親のように慕われていた女性の視点から描いた群像劇です。
監督:新城卓 出演者:岸惠子(鳥濱トメ)、窪塚洋介(板東勝次)、徳重聡(中西正也)、中村倫也(河合惣一)、筒井道隆(田端絋一)、前川泰之(金山)、勝野雅奈恵(鳥濱美阿子)、多部未華子(鳥濱礼子)、遠藤憲一(川口)、勝野洋(東)、的場浩司(関行男)、伊武雅刀(大西瀧治郎)、中越典子(鶴田一枝)、石橋蓮司(鶴田正造)、桜井幸子(坂東寿子)、寺田農(坂東真太次)、戸田菜穂(田端良子)、江守徹(田端由蔵)、宮崎美子(河合惣一の母)、長門裕之(大島の祖父)ほか

「溺れる魚」のネタバレあらすじ結末

溺れる魚の紹介:2000年日本映画。戸梶圭太の同名小説を映画化したサスペンス・スリラーです。不正を犯した二人の刑事が汚職警部を追ううちに、裏社会そして意外な黒幕が絡んだ陰謀に巻き込まれていきます。
監督:堤幸彦 出演者:椎名桔平(白州勝彦)、窪塚洋介(秋吉宗貴)、仲間由紀恵(相川真紀)、IZAM(岡部哲晃)、渡辺謙(御代田警視正)ほか

「源氏物語 千年の謎」のネタバレあらすじ結末

源氏物語 千年の謎の紹介:2011年日本映画。高山由紀子の小説『源氏物語 悲しみの皇子』を映画化した歴史ドラマです。『源氏物語』の原作者・紫式部が執筆に至るまでのエピソードと彼女が描いた物語、現実と虚構が混ざり合った二つのエピソードを同時進行で描いています。
監督:鶴橋康夫 出演者(『源氏物語』編):生田斗真(光源氏)、真木よう子(藤壺中宮/桐壺更衣(二役))、多部未華子(葵の上)、芦名星(夕顔)、田中麗奈(六条御息所)ほか 出演者(『紫式部』編):中谷美紀(紫式部)、東山紀之(藤原道長)、窪塚洋介(安倍晴明)、蓮佛美沙子(藤原彰子)、甲本雅裕(藤原行成)ほか

「ICHI」のネタバレあらすじ結末

ICHIの紹介:2008年日本映画。綾瀬はるかさんが女版座頭市として、盲目の女剣士を演じる時代劇です。綾瀬はるかさんの他にも大沢たかおさん、中村獅童さんなど豪華キャスト。そしてアクションにも注目の作品となっています。
監督:曽利文彦 出演:綾瀬はるか(市)、中村獅童(万鬼)、窪塚洋介(虎次)、利重剛(喜八)、佐田真由美(美津)、杉本哲太(盲目の男)、横山めぐみ(十馬の母)、柄本明(長兵衛)、竹内力(伊蔵)、大沢たかお(十馬)、ほか

「サンブンノイチ」のネタバレあらすじ結末

サンブンノイチの紹介:2013年日本映画。お笑い芸人、品川庄司の品川ヒロシが監督を務めた豪華な芸能人の顔ぶれが揃う騙し合い痛快コメディタッチな“笑える”サスペンス。人生の大逆転を賭けて悪党3人が銀行強盗をして奪った大金の分け前をめぐって壮絶な争いを繰り広げる。
監督:品川ヒロシ 出演:藤原竜也(シュウ/清原修造)、田中聖(コジ/小島一徳)、小杉竜一(健さん/金森健)、中島美嘉(まりあ)、木村了(若槻)、増田修一朗(渋柿ボディーガード)、壇蜜(元キャバ嬢のSM嬢)、哀川翔(哀川翔)、窪塚洋介(破魔翔)、池畑慎之介☆(渋柿多見子)、ほか

「愛の渦」のネタバレあらすじ結末

愛の渦(あいのうず)の紹介:2014年日本映画。三浦大輔が原作の戯曲を自らのメガホンで映画化した作品です。とあるマンションの一室で繰り広げられる乱交パーティーで複数の男女が交わり合う様子を描いたエロティックドラマです。R-18指定です。
監督:三浦大輔 出演者:門脇麦(女子大生)、池松壮亮(ニート)、新井浩文(フリーター)、滝藤賢一(サラリーマン)、窪塚洋介(店員)ほか

「ヘルタースケルター」のネタバレあらすじ結末

ヘルタースケルターの紹介:2012年日本映画。岡崎京子原作の同名漫画を沢尻エリカ主演で実写化した作品です。全身に美容整形手術を施し、誰もが羨む美貌と人気を手にしたファッションモデルが、手術の副作用とライバルの出現により精神を蝕まれていく姿が描かれています。
監督:蜷川実花 出演者:沢尻エリカ(りりこ)、水原希子(吉川こずえ)、寺島しのぶ(羽田美知子)、綾野剛(奥村伸一)、大森南朋(麻田誠)ほか

「沈黙 -サイレンス-」のネタバレあらすじ結末

沈黙 -サイレンス-の紹介:2017年アメリカ映画。遠藤周作の小説「沈黙」を、マーティン・スコセッシ監督が映画化。キリシタン弾圧の中で棄教したとされる師、フェレイラを捜すために、同僚のガルぺと共に日本に密航した宣教師ロドリゴ。彼の前に繰り広げられるおぞましいキリシタン迫害。しかし、神は「沈黙」を続けるままである。
監督:マーティン・スコセッシ 出演:アンドリュー・ガーフィールド(ロドリゴ神父)、アダム・ドライヴァー(ガルペ神父)、浅野忠信(通辞)、窪塚洋介(キチジロー)、リーアム・ニーソン(フェレイラ神父)、イッセー尾形(井上筑後守)ほか

「Laundry ランドリー」のネタバレあらすじ結末

Laundry ランドリーの紹介:2001年日本映画。「サンダンス・NHK国際映像作家賞」支援作品として制作された作品です。主演は窪塚洋介、ヒロイン役を小雪という演技派の若手俳優が共演する心温まるロードムービーです。心に傷を負った女性と頭に障害のある純真無垢な青年の心の交流を、映像とセリフ表現で淡々と繊細に描いています。監督・脚本は森淳一で、この作品が初の劇場映画作品です。
監督:森淳一 出演:窪塚洋介(テル)、小雪(水絵)、内藤剛志(サリー)ほか

「Zアイランド」のネタバレあらすじ結末

Zアイランドの紹介:2014年日本映画。Zアイランドの紹介:ゾンビで溢れかえった島から、脱出できるのか!ヤクザ×ゾンビの、全く新しいゾンビ映画!哀川翔主演111作品目にして、初めてのゾンビ映画に挑戦!
監督:品川ヒロシ 出演:哀川翔(宗形博也)、鈴木砂羽(桜)、木村祐一(反町)、宮川大輔(吉田)、RED RICE(信也)、大悟(内田)ほか

「刑務所の中」のネタバレあらすじ結末

刑務所の中の紹介:2002年日本映画。サバイバル好きの花輪は、改造拳銃を作って、銃砲刀剣類不法所持、火薬類取締法違反で逮捕されて刑務所に入れられる。しかし刑務所の中の受刑者の様子や生活を、自分の目線からユーモラスに描いたコミック映画です。
監督:崔洋一 出演:山崎努(花輪かずいち)、香川照之(伊笠)、田口トモロヲ(田辺)、松重豊(小屋)、村松利史(竹伏)、大杉漣(高橋)ほか

「GO」のネタバレあらすじ結末

GOの紹介:2001年日本映画。在日韓国人の高校生が、偏見や差別を乗り越え、日本人の女の子と結ばれるまでの経緯を描いた青春ラブ・ストーリー。金城一紀の同名小説が原作となっており、在日差別について考えさせられる内容となっています。
監督:行定勲 出演者:窪塚洋介(杉原)、柴咲コウ(桜井)、大竹しのぶ(杉原の母)、山崎努(杉原の父)ほか

1 2
TOP↑