レオナルド・ディカプリオ映画一覧

「ギャング・オブ・ニューヨーク」のネタバレあらすじ結末

ギャング・オブ・ニューヨークの紹介:2002年アメリカ映画。1862年、南北戦争中のアメリカ。大量に流入する移民と、戦争でイギリスから独立を勝ち取ったスコットランド移民の確執が血生臭い闘争に発展する。ニューヨークですら忘れ去られた歴史を掘り起こす長編映画。名監督スコセッシがハーバート・アズベリーの『ギャング・オブ・ニューヨーク』から着想を得て、長い時間を掛けて脚本を書き上げ、ディカプリを主演にすえ製作した。
監督:マーティン・スコセッシ 出演:アムステルダム・ヴァロン(レオナルド・ディカプリオ)、ジェニー・エヴァディーン(キャメロン・ディアス)、ビル・“ザ・ブッチャー”・カッティング(ダニエル・デイ=ルイス)、ヴァロン神父(リーアム・ニーソン)、ウォルター・“モンク”・マクギン(ジョン・C・ライリー)、ジョニー・シロッコ(ヘンリー・トーマス)ほか

「ギルバート・グレイプ」のネタバレあらすじ結末

ギルバート・グレイプの紹介:1993年アメリカ映画。18歳の誕生日を目前に控えた知的障害のアーニー。彼の世話をする兄ギルバートの周りの複雑な人間関係は、やがて事件の連鎖を起こしてゆく。若かりし頃のジョニー・デップとレオナルド・ディカプリオ主演による青春映画。
監督:ラッセ・ハルストレム 出演:ジョニー・デップ(ギルバート)、ジュリエット・ルイス(ベッキー)、メアリー・スティーンバージェン(ベティ)、レオナルド・ディカプリオ(アーニー)ほか

「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」のネタバレあらすじ結末

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンの紹介:2002年アメリカ映画。天才詐欺師とFBIの攻防をスリリングに、かつ温かい視点で描いた作品。1960年代に小切手偽装犯としてその名を轟かせた天才詐欺師の自伝を元に製作された映画です。
監督:スティーブン・スピルバーグ 出演者:レオナルド・ディカプリオ(フランク)、トム・ハンクス(カール)、クリストファー・ウォーケン(フランクの父)、エイミー・アダムス(ブレンダ)ほか

「あのころ僕らは」のネタバレあらすじ結末

あのころ僕らはの紹介:2000年アメリカ映画。作品自体は1995年に作成されたものが、2000年になってようやく日の目を見たという作品で、スターとなる前のレオナルドディカプリオなどが出演しています。
監督:R・D・ロブ 出演:レオナルド・ディカプリオ(デレク)、トビー・マグワイア(イアン)、アンバー・ベンソン(エイミー)、スコット・ブルーム(ブラッド)ほか

「レヴェナント 蘇えりし者」のネタバレあらすじ結末

レヴェナント 蘇えりし者の紹介:2015年アメリカ映画。『レヴェナント 蘇えりし者』は『蘇った亡霊:ある復讐の物語』という小説で描かれているヒューグラスの半生を映画化した作品で、荒野に取り残された一人のハンターの壮絶なサバイバルを描いたドラマ。今作では主演のレオナルドディカプリオがアカデミー賞主演男優賞を受賞し、話題を呼びました。
監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ 音楽: 坂本 龍一 出演者:レオナルド・ディカプリオ(ヒュー・グラス)、トム・ハーディ(ジョン・フィッツジェラルド)、ドーナル・グリーソン(ヘンリー隊長)、ほか

「華麗なるギャツビー」のネタバレあらすじ結末

華麗なるギャツビーの紹介:2012年アメリカ映画。第66回カンヌ国際映画祭でオープニング作品として上映された。誰もが偉大と言い、みんなの憧れだったギャツビーが本当に欲しかったのは他でもないただ彼女の愛だけだった。
監督:バズ・ラーマン 出演者:レオナルド・ディカプリオ(ジェイ・ギャツビー)、トビー・マグワイア(ニック・キャラウェイ)、キャリー・マリガン(デイジー・ブキャナン)、ジョエル・エドガートン(トム・ブキャナン )、 アイラ・フィッシャー(マートル・ウィルソン)ほか

「アビエイター」のネタバレあらすじ結末

アビエイターの紹介:2004年アメリカ映画。アメリカの大富豪であるハワード・ヒューズの半生を描いた作品。華やかな生活の裏に隠された、ハワードの心の闇に迫っています。第62回ゴールデン・グローブ賞受賞作。
監督:マーティン・スコセッシ 出演者:レオナルド・ディカプリオ(ハワード)、ケイト・ブランシェット(キャサリン・ヘップバーン)、ケイト・ヴェッキンセイル(エヴァ・ガードナー)、ジュード・ロウ(エロール)ほか

「タイタニック」のネタバレあらすじ結末

タイタニックの紹介:1997年アメリカ映画。タイタニック号が沈没して84年の歳月が過ぎた。タイタニック号と共に沈んだとされるダイヤモンド「碧石のハート」の捜索のために、海底深く沈んでしまったタイタニック号の調査が行われていた。しかし、タイタニック号から出てきたのは皆が待ち望んだダイヤではなく、その身にダイヤのみを付けた女性の絵が出てきた。この女性の絵画の発見をテレビを通して伝えると、一人の老女から「その絵のモデルは私よ」という連絡が入り、その老女の口から、タイタニック沈没の過程にあった誰も知らない話が始まることとなる…。
監督:ジェームズ・キャメロン 出演:レオナルド・ディカプリオ(ジャック・ドーソン)、ケイト・ウィンスレット(ローズ)、キャシー・ベイツ(モリー・ブラウン)、バーナード・ヒル(エドワード・J・スミス船長)、ヴィクター・ガーバー(トーマス・アンドリュース )、グロリア・スチュアート(ローズ・カルバート(現代))ほか

「ザ・ビーチ」のネタバレあらすじ結末

ザ・ビーチの紹介:1999年アメリカ映画。大ヒットを記録したタイタニックで主演を務めたレオナルドディカプリオが次の作品として選んだのが本作で、アレックスガーランドの小説を原作としたある閉鎖的なコミュニティを舞台としたストーリーが展開されます。
監督:ダニー・ボイル 出演者:レオナルド・ディカプリオ、ティルダ・スウィントン、ロバート・カーライル、ギヨーム・カネほか

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のネタバレあらすじ結末

ウルフ・オブ・ウォールストリートの紹介:2013年アメリカ映画。実在する株式ブローカー ジョーダン・ベルフォードの回想録、ウォール街狂乱日記、狼と呼ばれた私のヤバすぎる人生を映画化した作品で主演のレオナルド・ディカプリオが熱演したことで話題となりました。
監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒーほか

「ジャンゴ 繋がれざる者」のネタバレあらすじ結末

ジャンゴ 繋がれざるの紹介:2012年アメリカ映画。奇才、クエンティン タランティーノ監督が初めて西部劇を撮った作品で、奴隷時代のころを華麗なタッチで映像に写し、大ヒットを記録します。
監督:クエンティン・タランティーノ 出演:ジェイミー・フォックス、レオナルド・ディカプリオ、クリストフ・ヴァルツ、ケリー・ワシントンほか

「インセプション」のネタバレあらすじ結末

インセプションの紹介:2010年アメリカ映画。夢の中に潜入し人間のアイデアを盗む(エクストラクト)人たちを描いた作品で、これまでの映画にはなかった重厚なストーリーに世界中が絶賛し、インセプションは大ヒットを記録します。人生を取り戻すチャンス「インセプション」という難易度の高いミッションが与えられる。インセプションのラストシーンには多くの議論が起こりました。
監督:クリストファー・ノーラン 出演:レオナルド・ディカプリオ(コブ)、渡辺謙(サイトー)、ジョセフ・ゴードン=レヴィット(アーサー)、マリオン・コティヤール(モル)、エレン・ペイジ(アリアドネ)、トム・ハーディ(イームス)、ディリープ・ラオ(ユスフ)、キリアン・マーフィ(ロバート・フィッシャー)、トム・ベレンジャー(ブラウニング)、マイケル・ケイン(マイルズ)、ピート・ポスルスウェイト(モーリス・フィッシャー)、ルーカス・ハース(ナッシュ)、ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑