リーアム・ニーソン映画一覧

リーアム・ニーソンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「THE GREY 凍える太陽」のネタバレあらすじ結末

THE GREY 凍える太陽の紹介:2012年アメリカ映画。山奥の掘削現場で狼退治をするオットウェイは休暇を利用して、作業員たちと一緒に帰郷する飛行機に乗り込みました。しかし悪天候で飛行機はアラスカ山中に墜落し、オットウェイら7人が生き残りました。しかしその場所は狼の群生地で、生き残るため7人は歩きはじめました…というサバイバルアドベンチャー映画です。
監督:ジョー・カーナハン 出演者:リーアム・ニーソン(オットウェイ)、フランク・グリロ(ディアス)、ダーモット・マローニー(タルゲット)、ダラス・ロバーツ(ヘンリック)、ジョー・アンダーソン(フラナリー)、ノンソー・アノジー(バーク)、ベン・ブレイ(ヘルナンデス)ほか

「メン・イン・ブラック:インターナショナル」のネタバレあらすじ結末

メン・イン・ブラック:インターナショナルの紹介:2019年アメリカ映画。ウィル・スミス主演で人気を博した人気シリーズ第4弾で、キャストを一新して新しいMIB(メン・イン・ブラック)として描いています。敏腕エージェントだがいいかげんなHと、エリート新人のエージェントMの2人が、地球に迫る危機に挑む。「マイティソー バトルロイヤル」で共演したクリス・ヘムズワースとテッサ・トンプソンが再びタッグを組んでいます。
監督:F・ゲイリー・グレイ 出演:クリス・ヘムズワース(エージェントH)、テッサ・トンプソン(エージェントM)、エマ・トンプソン(エージェントO)、リーアム・ニーソン(ハイT)、レベッカ・ファーガソン(リザ)、レイフ・スポール(エージェントC)、ほか

「スノー・ロワイヤル」のネタバレあらすじ結末

スノー・ロワイヤルの紹介:2019年アメリカ映画。壮絶な全くかみ合わない戦いが始まるーーー。2014年公開のノルウェー映画『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』を、同作のメガホンを執ったハンス・ペテル・モランド監督自らリメイクした作品で、息子を麻薬密売組織に殺された父親が始めた復讐劇はやがて二大犯罪組織の全面抗争へと発展していきます。
監督:ハンス・ペテル・モランド 出演:リーアム・ニーソン(ネルソン・“ネルズ”・コックスマン)、ローラ・ダーン(グレース・コックスマン)、エミー・ロッサム(キンバリー・ダッシュ刑事)、トム・ベイトマン(トレヴァー・“ヴァイキング”・カルコート)、ウィリアム・フォーサイス(ブロック・“ウィングマン”・コックスマン)、ジュリア・ジョーンズ(アヤ)、ドメニク・ランバルドッツィ(マスタング)、ラオール・トゥルヒージョ(ソープ)、ベンジャミン・ホリングスワース(デクスター)、ジョン・ドーマン(ギップ)、アレクス・ポーノヴィッチ(オスガルド刑事)、クリストファー・ローガン(シヴ)、ナサニエル・アルカン(スモーク)、ベン・コットン(ウィンデックス)、トム・ジャクソン(ホワイト・ブル)ほか

「怪物はささやく」のネタバレあらすじ結末

怪物はささやくの紹介:2016年アメリカ,スペイン映画。パトリック・ネスのベストセラー小説を映画化したダークファンタジー映画です。13歳の少年と、突然彼の前に現れた巨木の怪物が繰り広げる3つの物語が描かれています。
監督:フアン・アントニオ・バヨナ 出演:ルイス・マクドゥーガル(コナー・オマーリー)、シガーニー・ウィーヴァー(祖母 / カルトン婦人)、フェリシティ・ジョーンズ(母親 / リジー・カルトン)、リーアム・ニーソン(怪物)、トビー・ケベル(コナーの父親)、ほか

「バスターのバラード」のネタバレあらすじ結末

バスターのバラードの紹介:2018年アメリカ映画。コーエン兄弟初めてのネットフリックス作品です。アメリカ開拓時代を舞台にした6つの短編ストーリーで構成されています。2018年ヴェネツィア国際映画祭で脚本賞を受賞した話題作です。
監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 出演:ティム・ブレイク・ネルソン(バスター・スクラッグス)、ジェームズ・フランコ(銀行強盗)、リーアム・ニーソン(見世物の男)、ハリー・メリング(両腕両足のない男)トム・ウェイツ(探鉱者)、ゾーイ・カザン(アリス)、ビル・ヘック(ナップ)、グレインジャー・ハインズ(アーサー)ほか

「疑惑に抱かれて」のネタバレあらすじ結末

疑惑に抱かれての紹介:1991年アメリカ映画。離婚のために不貞を偽装しようとした有名な画家が殺された。偽装を依頼され私立探偵、画家の妻、愛人に容疑がかけられるがその真相は意外なものだった。
監督:サイモン・ムーア 出演:リーアム・ニーソン(トニー・アーロン)、ローラ・サン・ジャコモ(アンジェリン)、ケネス・クラナム(フランク)、アルフォンシア・エマニュエル(セリーナ)、ほか

「タイタンの逆襲」のネタバレあらすじ結末

タイタンの逆襲の紹介:2012年アメリカ映画。ギリシャ神話を基にしたアドベンチャー・ファンタジー映画『タイタンの戦い』(2010年公開)の続編です。前作の戦いから10年、全知全能の神ゼウスと人間との間に生まれた半神の英雄ペルセウスが、捕えられたゼウスを救い出しタイタンの王クロノスの復活を阻止するため新たな戦いに突入していきます。
監督:ジョナサン・リーベスマン 出演者:サム・ワーシントン(ペルセウス)、リーアム・ニーソン(ゼウス)、レイフ・ファインズ(ハデス)、トビー・ケベル(アゲノール)、ロザムンド・パイク(アンドロメダ)、ビル・ナイ(ヘパイストス)、ダニー・ヒューストン(ポセイドン)、エドガー・ラミレス(アレス)、ジョン・ベル(ヘレイオス)、リリー・ジェームズ(コリーナ)、アレハンドロ・ナランホ(マンティウス)、フレディー・ドラブル(アポロ)、キャスリン・カーペンター(アテナ)、シニード・キューザック(クレア)、アシエル・マカザガ(セロン)、スペンサー・ウィルディング(ミノタウロス)、マーティン・ベイフィール(サイクロプス)ほか

「セラフィム・フォールズ」のネタバレあらすじ結末

セラフィム・フォールズの紹介:2006年アメリカ映画。リーアム・ニーソンとピアース・ブロスナンのダブル主演で贈る西部劇です。かつて“セラフィム・フォールズ”という土地で起こった不幸な出来事を巡り、復讐心に燃える男と追われる男の、雪山そして荒野で繰り広げられる攻防戦を描きます。
監督:デヴィッド・フォン・アンケン 出演:リーアム・ニーソン(カーヴァー)、ピアース・ブロスナン(ギデオン)、マイケル・ウィンコット(ヘイズ)、アンジェリカ・ヒューストン(マダム・ルイーズ)、エド・ローター(パーソンズ)ほか

「サード・パーソン」のネタバレあらすじ結末

サード・パーソンの紹介:2013年イギリス,アメリカ,ドイツ,ベルギー映画。三つの都市で展開されていく男女、そして親と子の物語。離れながらそれは不思議とリンクする、謎解きオムニバス恋愛ミステリー。
監督:ポール・ハギス 出演:リーアム・ニーソン、ミラ・クニス、エイドリアン・ブロディ、オリヴィア・ワイルド、ジェームズ・フランコ、モラン・アティアス、ほか

「トレイン・ミッション」のネタバレあらすじ結末

トレイン・ミッションの紹介:2018年アメリカ,イギリス映画。ニューヨーク中心部と郊外を結ぶ通勤電車。マイケルは住宅ローンと息子の学費の支払いを抱え真面目に働き続けた保険会社を突然リストラされてしまう。途方に暮れながら10年乗り続けた電車で帰路についた彼の前に謎の女が現れ、乗客からある人物を探し出せば10万ドルを支払うと持ちかける。リミットは終点コールド・スプリング駅に着くまで。女が持ちかけた謎解きはやがて大きな陰謀へとつながっていく。
監督:ジャウマ・コレット=セラ 出演:リーアム・ニーソン(マイケル・マコーリー)、ヴェラ・ファーミガ(ジョアンナ)、パトリック・ウィルソン(マーフィー)、ジョナサン・バンクス(ウォルト)、エリザベス・マクガヴァン(カレン・マコーリー)、フローレンス・ピュー(グウェン)、サム・ニール(ホーソーン警部)、ほか

「キングダム・オブ・ヘブン」のネタバレあらすじ結末

キングダム・オブ・ヘブンの紹介:2005年アメリカ映画。聖地エルサレムを巡ってエルサレム王・イスラム王・十字軍が抗争を繰り広げた中世、鍛冶屋となっていた騎士の子が立ち上がり、たった一人でエルサレムの防衛に成功した史実を忠実に描いた歴史スペクタクル巨編です。
監督:リドリー・スコット 出演者:オーランド・ブルーム(バリアン・オブ・イベリン)、エヴァ・グリーン(シビラ)、リーアム・ニーソン(ゴッドフリー・オブ・イベリン)、ジェレミー・アイアンズ(ティベリウス卿)、マートン・チョーカシュ(ギー・ド・リュジニャン)、エドワード・ノートン(ボードゥアン4世)、ハッサン・マスード(サラディン)ほか

「ザ・シークレットマン」のネタバレあらすじ結末

ザ・シークレットマンの紹介:2017年アメリカ映画。ニクソン大統領を辞任させたウォーター・ゲート事件、ワシントン・ポスト(アメリカの新聞)らマスコミがニクソン政権と対決しニクソンを辞任させたと言われます。しかし、その背後にはニクソン政権とその管轄下にある司法省、大統領の不正を暴こうとするFBIの対立がありました。ニクソン辞任を実現しようとするFBIは大統領の不正をワシントン・ポストに提供する形で真相究明とニクソン辞任を実現しました。「ディープ・スロート」(Deep Throat 内部告発者)と呼ばれワシントンポストに情報を提供した人物は長年の謎でした。2005年に元FBIのマーク・フェルトが「ディープ・スロ=ト」であったことが判明しました。『ザ・シークレットマン』はマーク・フェルトが大統領の不正を暴き、ニクソン辞任を実現したストーリーです。
監督:ピーター・ランデズマン 出演:リーアム・ニーソン(マーク・フェルト)、ダイアン・レイン(オードリー・フェルト)、マートン・ソーカス(L. パトリック・グレイ)、アイク・バリンホルツ(アンジェロ・ラノ)、トニー・ゴールドウィン(エド・ミラー)、ブルース・グリーンウッド(サンディ・スミス)、マイケル・C・ホール(ジョン・ディーン)、ほか

「荒野はつらいよ」のネタバレあらすじ結末

荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~の紹介:2014年アメリカ映画。主役のアルバートは 監督であるセス・マクファーレン氏で脚本も務め、作品は荒野での生活にうんざりする心優しい羊飼いの男性と一流の射撃の腕を持つ美女アナとの恋愛を死闘シーンもたくさんあるがコミカルなタッチで描かれています。
監督:セス・マクファーレン 出演: セス・マクファーレン(アルバート)、シャーリーズ・セロン(アナ)、アマンダ・セイフライド(ルイーズ)、ジョヴァンニ・リビシ(エドワード)、ニール・パトリック・ハリス(フォイ)、サラ・シルヴァーマン(ルース)、リーアム・ニーソン(クリンチ)、ほか

「プルートで朝食を」のネタバレあらすじ結末

プルートで朝食をの紹介:2005年アイルランド,イギリス映画。男の身体に女の心を抱えたパトリック、母の面影を追って来たロンドンで、数々の苦難の越え彼はいったい何をみつけるのか。
監督:ニール・ジョーダン 出演:キリアン・マーフィ(パトリック・“キトゥン”・ブレイデン)、リーアム・ニーソン(リーアム神父)、ルース・ネッガ(チャーリー)、ローレンス・キンラン(アーウィン)、スティーヴン・レイ(バーティ・ヴォーン)、ブレンダン・グリーソン(ジョン・ジョー・ケニー)、ほか

「誘拐の掟」のネタバレあらすじ結末

誘拐の掟の紹介:2014年アメリカ映画。だらしない風貌だが刑事のマットは酒に溺れ、重大な判断ミスをしてしまい辞職する。酒を断ち、探偵の真似事をする彼に、断酒会で出会った男が仕事を頼んでくる。その仕事は妻を誘拐され惨殺されたその男の弟が犯人を捜して欲しいという依頼だった。彼はその依頼を通し、過去の罪を継ぐない、自分の新たな一歩を踏み出す為に奔走する。リーアム・ニーソン主演の重厚なクライムスリラー映画。
監督:スコット・フランク 出演者:リーアム・ニーソン(マット・スカダー)、ダン・スティーヴンス(ケニー・クリスト)、デヴィッド・ハーバー(レイ)、アストロ(TJ)、ダニエル・ローズ・ラッセル(ルシア)、ほか

1 2 3
TOP↑