Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ルーカス・ヘッジズ映画一覧

ルーカス・ヘッジズが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ある少年の告白」のネタバレあらすじ結末

ある少年の告白の紹介:2018年アメリカ映画。アメリカに今もあるという性的指向の矯正施設。この映画には、原作者ガラルド・コンリーが告発本を出版するに至った、ある施設での体験とそれによって生まれた人間ドラマが描かれている。主人公ジャレッドを演じるのは、20歳のときにアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたこともあるルーカス・ヘッジズ。その両親に、ともにアカデミー賞主演男優賞・女優賞をとったラッセル・クロウとニコール・キッドマン。豪華キャスト陣の繊細かつ大胆な演技が見る者を圧倒する衝撃の実話だ。
監督:ジョエル・エドガートン 出演:ルーカス・ヘッジズ(ジャレッド・イーモンズ)、ニコール・キッドマン(母 ナンシー・イーモンズ)、ラッセル・クロウ(父 マーシャル・イーモンズ)、ジョエル・エドガートン(ヴィクター・サイクス)、ジョー・アルウィン(ヘンリー)、グザヴィエ・ドラン(ジョン)、トロイ・シヴァン(ゲイリー)、テオドール・ペルラン(ゼイヴィア)、フリー[レッド・ホット・チリペッパーズ ベーシスト](ブランドン)、ほか

「ゼロの未来」のネタバレあらすじ結末

ゼロの未来の紹介:2013年イギリス,ルーマニア,フランス,アメリカ映画。人生の意味を探る男性の姿を描いたSFドラマ。孤独に生きるコーエンは、人生の意味を教えてくれるはずの「ある電話」を心待ちにしていた。そんな折、仕事で「ゼロの定理」の解析を命じられる。「ゼロの定理」を通じて恋や友情に出会っていくコーエンは、人生の意味を見出すことが出来るのか。
監督:テリー・ギリアム 出演者:クリストフ・ヴァルツ(コーエン・レス)、デヴィッド・シューリス(ジョビー)、メラニー・ティエリー(ベインズリー)、ルーカス・ヘッジズ(ボブ)、マット・デイモン(マネージメント)ほか

「レディ・バード」のネタバレあらすじ結末

レディ・バードの紹介:2017年アメリカ映画。受験勉強のないアメリカ、高校最後の年も恋に課外活動に大忙しですが、もちろん学業成績が低いと希望の大学に行けません。主人公のレディ・バードはそんな高校生の一人、カルフォルニアの地元から飛び出しニューヨークの大学へ行くのが夢です。レディ・バードの母は家計が苦しく、娘のニューヨーク行きに大反対。2人の関係はどうなるのでしょうか?『レディ・バード』は2001年の同時多発テロとその後の経済不況、2003年のイラク戦争を背景としたアメリカの家族の愛と高校生活を描いた物語、批評家から大絶賛され興行的にも大成功した2017年のアメリカを代表する映画です。
監督:グレタ・ガーウィグ 出演:シアーシャ・ローナン(クリスティン・“レディ・バード”・マクファーソン)、ローリー・メトカーフ(マリオン・マクファーソン)、トレイシー・レッツ(ラリー・マクファーソン)、ルーカス・ヘッジズ(ダニー・オニール)、ティモテ・シャラメ(カイル・シャイブル)、ビーニー・フェルドスタイン(ジュリー・ステファンス)、スティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソン(リバイアッチ神父)、ロイス・スミス(シスター・サラ・ジョアン)、ほか

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のネタバレあらすじ結末

マンチェスター・バイ・ザ・シーの紹介:2016年アメリカ映画。償いようのない悲劇を引き起こした男が、兄の死をきっかけにそれまで失われていた肉親との交流を取り戻すドメスティックなドラマ。ケイシー・アフレックがこれまでで最高の演技を見せ、見事にアカデミー主演男優賞を受賞。監督・脚本のケネス・ロナーガンもオリジナル脚本賞を得た。
監督:ケネス・ロナーガン 出演:ケイシー・アフレック(リー・チャンドラー)、ミシェル・ウィリアムズ(ランディ)、カイル・チャンドラー(ジョー・チャンドラー)、ルーカス・ヘッジズ(パトリック)、ほか

TOP↑