マコーレー・カルキン映画一覧

マコーレー・カルキンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ホーム・アローン2」のネタバレあらすじ結末

ホーム・アローン2の紹介:1992年アメリカ映画。家族とはぐれ、たった一人で泥棒に立ち向かうことになったケビンのドタバタ劇を描くコメディ。当時、プラザホテルのオーナーだった現アメリカ合衆国大統領のドナルド・トランプがカメオ出演している。ホームレスの女性=鳩おばさん役のブレンダ・フリッカーは、奇しくも私生活で本当に破産してしまったことを明かしている。劇中使用されているプラザホテルの電話番号は実際の電話番号。
監督:クリス・コロンバス 出演:マコーレー・カルキン(ケビン)、ジョー・ペシ(ハリー)、ダニエル・スターン(マーヴ)、ジョン・ハード(ピーター)、キャサリン・オハラ(ケイト)、ブレンダ・フリッカー(鳩の婦人)、ティム・カリー(ホテルの接客係)、ほか

「ホームアローン」のネタバレあらすじ結末

ホームアローンの紹介:1990年アメリカ映画。家族旅行の当日、一家は8歳の末っ子ケビンを忘れて家を出てしまう。取り残されたケビンはうるさい家族がいなくなったことを喜んでいるが、悪いことに2人組の泥棒が迫っていた。家を守るべくケビン少年は知恵を絞る。
監督:クリス・コロンバス 出演:マコーレー・カルキン(ケビン)、ジョー・ペシ(ハリー)、ダニエル・スターン(マーヴ)、ジョン・ハード(父ピーター)、ロバーツ・ブロッサム(マーリー老人)、キャサリン・オハラ(母ケイト)、デヴィン・ラトレイ(バズ)、ジョン・キャンディ(ガス・ポリンスキー)、ほか

「マイ・ガール」のネタバレあらすじ結末

マイ・ガールの紹介:1991年アメリカ映画。1972年夏、田舎に住む11歳の少女は優しい父親と、おばあちゃんと一緒に住んでいる。誰もが通りすぎた傷つきやすい季節。忘れかけた思い出の物語は涙なくしては観れません。
監督 :ハワード・ジーフ 出演:アンナ・クラムスキー(ベーダ)、マコーレー・カルキン(トーマス・J)、ダン・エイクロイド(ハリー)、ジェイミー・リー・カーティス(シェリー)、リチャード・メイサー(フィル)、グリフィン・ダン(ビクスラー先生)、レイ・バクテニカ(ダニー)、アン・ネルソン(おばあちゃん)、ピーター・マイケル・ゴーツ(Dr.ウェルティ)ほか

TOP↑