間宮祥太朗映画一覧

間宮祥太朗が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ある閉ざされた雪の山荘で」のネタバレあらすじ結末

ある閉ざされた雪の山荘での紹介:2024年日本映画。全員役者、全員容疑者・・・ミステリー・サスペンスの巨匠・東野圭吾が1992年に発表した同名小説を重岡大毅(WEST.)の主演で映画化したミステリー作品です。外部とは遮断された山荘に集められた7人の劇団員。「吹雪の山荘」という仮想の状況下で舞台練習を強いられた劇団員でしたが一人、また一人と行方不明になっていき・・・。
監督:飯塚健 出演者:重岡大毅(久我和幸)、中条あやみ(中西貴子)、岡山天音(田所義雄)、西野七瀬(元村由梨江)、堀田真由(笠原温子)、戸塚純貴(雨宮恭介)、森川葵(麻倉雅美)、間宮祥太朗(本多雄一)ほか

「BLUE GIANT」のネタバレあらすじ結末

BLUE GIANTの紹介:2023年日本映画。第62回小学館漫画賞(一般向け部門)や第20回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞した石塚真一の同名漫画を映像化した長編アニメーション作品です。本作は原作の第2部にあたる「上京編」を映像化、サックス奏者を目指す主人公が東京でジャズバンドを組み、夢に向かって突き進んでいく過程を描いていきます。
監督:立川譲 声優:山田裕貴(宮本大)、間宮祥太朗(沢辺雪祈)、岡山天音(玉田俊二)、木下紗華(アキコ)、青山穣(川喜多)、乃村健次(由井)、木内秀信(天沼幸星)、東地宏樹(平)、近藤雄介(宮本雅之)、須田美玲(宮本彩花)、高橋伸也(望月)、加藤将之(五十貝勝)、四宮豪(内山)ほか 演奏:上原ひろみ(ピアノ)、馬場智章(サックス)、石若駿(ドラム)

「破戒」のネタバレあらすじ結末

破戒の紹介:2022年日本映画。明治・昭和にかけて活躍した詩人・小説家の島崎藤村が1906年に発表した同名小説で、過去に2度にわたって映画されな作品を間宮祥太朗の主演で再々映画化した文芸ドラマです。被差別部落出身であることを隠して生きてきた主人公の教師が同じ出目の活動家との出会いや士族出身の娘との恋愛を経て、理不尽な差別の現実と人間の尊厳の間で葛藤する姿を描きます。
監督:前田和男 出演者:間宮祥太朗(瀬川丑松)、石井杏奈(志保)、矢本悠馬(土屋銀之助)、高橋和也(風間敬之進)、小林綾子(蓮華寺住職の妻)、竹中直人(蓮華寺住職)、本田博太郎(校長)、大東俊介(高柳利三郎)、七瀬公(勝野文平)、田中要次(丑松の父)、石橋蓮司(大日向)、眞島秀和(猪子蓮太郎)ほか

「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 運命」のネタバレあらすじ結末

東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 運命の紹介:2023年日本映画。大人気漫画、東京リベンジャーズの実写劇場版の第2弾、原作でも人気の高い『血のハロウィン編』を前後編の二部作に分けた前編にあたります。前作の原作の再現度は変わらずに、さらにパワーアップした展開は見どころたっぷりです。
監督:英勉 原作:和久井健 出演:北村匠海(タケミチ)、山田裕貴(ドラケン)、杉野遥亮(ナオト)、今田美桜(ヒナタ)、鈴木伸之(キヨマサ)、眞栄田郷敦(三ツ谷)、清水尋也(半間)、磯村勇斗(アッくん)、高良健吾(真一郎)、永山絢斗(場地)、村上虹郎(一虎)、高杉真宙(千冬)、間宮祥太朗(稀咲)、吉沢亮(マイキー)、ほか

「ライチ☆光クラブ」のネタバレあらすじ結末

ライチ☆光クラブの紹介:2015年日本映画。古屋兎丸の同名作の漫画が原作。野村周平、古川雄輝、間宮祥太朗ら若手の俳優が集まり映画化。物語の舞台となるのは蛍光町。工場からの黒い煙と油に塗れた町の片隅にある廃工場を秘密基地とし、醜い大人になることを拒み美しくあることを選んだ9人の少年たちの物語を描く。
監督:内藤瑛亮 出演:野村周平(タミヤ)、古川雄輝(ゼラ)、中条あやみ(カノン)、間宮祥太朗(ジャイボ)、池田純矢(ニコ)、松田凌(雷蔵)、戸塚純貴(デンタク)、柾木玲弥(ダフ)、藤原季節(カネダ)、岡山天音(ヤコブ)、杉田智和(ライチ)、ほか

「東京リベンジャーズ」のネタバレあらすじ結末

東京リベンジャーズの紹介:2020年日本映画。旬の若手俳優を集めた人気マンガの実写化映画『東京リベンジャーズ』。監督は『映像研には手を出すな!』など実写化作品に定評のある英勉。主役の花垣武道は映画にドラマ、そしてバンドDISH//のフロントマンとしても活躍中の北村匠海。ヒロイン橘日向に今田美桜、その弟直人に杉野遥亮、そのほか磯村勇斗、吉沢亮、山田裕貴、間宮祥太朗、清水尋也、眞栄田郷敦、鈴木伸之など、全員マンガから抜け出てきたかのようなビジュアルの再現度でキャラクターを演じている。
監督: 英勉 原作:「東京卍リベンジャーズ」和久井健(週刊少年マガジン) 出演:北村匠海(花垣武道[タケミチ])、山田裕貴(龍宮寺堅[ドラケン])、杉野遥亮(橘直人[ナオト])、今田美桜(橘日向[ヒナ])、鈴木伸之(清水将貴[キヨマサ])、眞栄田郷敦(三ツ谷隆[ミツヤ])、清水尋也(半間修二[ハンマ])、磯村勇斗(千堂敦[アッくん])、間宮祥太朗(稀咲鉄太[キサキ])、吉沢亮(佐野万次郎[マイキー])ほか

「Red(夏帆&妻夫木聡主演)」のネタバレあらすじ結末

Redの紹介:2020年日本映画。夏帆&妻夫木聡主演で「ナラタージュ」「ファーストラヴ」などで知られる直木賞作家、島本理生の衝撃的な小説「Red」が映画化された。監督は「幼な子われらに生まれ」の三島由紀子。主演の夏帆は、一見幸せそうな家庭生活を送りながら、10年振りに会ったかつて愛した男に惹かれていく塔子を体当たりで演じている。塔子の運命の男 鞍田役には、監督がその演技力と色気で最初にキャスティングしたという妻夫木聡。影のある孤独な男を演じきり、監督の期待に応えている。
監督: 三島有紀子 キャスト:夏帆(村主塔子)、妻夫木聡(鞍田秋彦)、柄本佑(小鷹淳)、間宮祥太朗(村主真)、片岡礼子(ふみよ)、酒向芳(睦夫)、山本郁子(村主麻子)、浅野和之(村主宏)、余貴美子(緒方陽子)ほか

「殺さない彼と死なない彼女」のネタバレあらすじ結末

殺さない彼と死なない彼女の紹介:2019年日本映画。Twitterから生まれた、SNS漫画家・世紀末による同名4コマ漫画および『きゃぴ子』『君が代ちゃん』を間宮祥太朗と桜井日奈子のダブル主演で実写映画化した青春ドラマです。「殺す」が口癖の男子と「死にたい」が口癖の女子の風変わりな交流を軸に、3つの異なるエピソードがやがて1つの物語として結実していく様を描きます。
監督:小林啓一 出演者:間宮祥太朗(小坂れい)、桜井日奈子(鹿野なな)、恒松祐里(宮定“地味子”澄子)、堀田真由(堀田きゃぴ子)、箭内夢菜(大和撫子)、ゆうたろう(宮定八千代)、金子大地(イケメンくん)、中尾暢樹(サイコキラーくん)、佐藤玲(さっちゃん)、佐津川愛美(きゃぴ子の母)、森口瑤子(小坂の母)ほか

「ホットギミックガールミーツボーイ」のネタバレあらすじ結末

ホットギミック ガールミーツボーイの紹介:2019年日本映画。累計販売数450万部を超える相原実貴の少女漫画『ホットギミック』を『溺れるナイフ』の山戸結希監督が実写映画化した作品です。乃木坂46の堀未央奈が映画初主演を務め、3人の男の間で揺れ動く女子高生の恋の行方を描きます。
監督:山戸結希 出演者:堀未央奈(成田初)、清水尋也(橘亮輝)、板垣瑞生(小田切梓)、間宮祥太朗(成田凌)、桜田ひより(成田茜)、上村海成(八木すばる)、吉川愛(瑠璃)、志磨遼平(島崎)、黒沢あすか(成田志保子)、高橋和也(成田徹)、反町隆史(小田切実)、吉岡里帆(葛城リナ)ほか

「劇場版 お前はまだグンマを知らない」のネタバレあらすじ結末

劇場版 お前はまだグンマを知らないの紹介:2017年日本映画。千葉の高校から、群馬のアカギ高校に転校した神月が、グンマーと呼ばれる群馬気質と、地元群馬愛の異常さに戸惑いながらも、一目ぼれした篠岡に認めてもらいたいこともあって、少しずつ溶け込んでいく様子を描いた青春コメディ映画です。
監督:水野格 出演者:間宮祥太朗(神月紀)、吉村界人(轟一矢)、馬場ふみか(篠岡京)、入江甚儀(木村仁建)、加治将樹(野汁先輩)、山本博(担任)、椿鬼奴(近藤の妻)、ほんこん(近藤)、ほか

「全員死刑」のネタバレあらすじ結末

全員死刑の紹介:2017年日本映画。借金苦と生活費に困窮するヤクザの首塚一家は、金を借りている近所の資産家の吉田家から、金を強奪しようと計画しました。そして吉田家の家族を次々殺害し、逮捕されて死刑が確定するまでの様子をコミカルに描いた犯罪映画です。2004年に福岡県大牟田市で起った、家族全員殺害事件を元にした作品ですが、実際の事件の内容とは変更された作品になっています。
監督:小林勇貴 出演者:間宮祥太朗(首塚タカノリ)、毎熊克哉(首塚サトシ)、六平直政(首塚テツジ)、入絵加奈子(首塚ナオミ)、清水葉月(カオリ)、落合モトキ(吉田カツユキ)、藤原季節(吉田ショウジ)、鳥居みゆき(パトラ)ほか

「黒い暴動」のネタバレあらすじ結末

黒い暴動の紹介:2016年日本映画。かつてガングロギャルだった女子高生たちがアラサー女性となり、自分たちの生き方を見つめ直す青春映画。田舎の高校に通う美羽は平凡な毎日に退屈していました。ある日ギャル集団の「ブラック・ハマナス」のリーダー・紗都美と出会い、人生が変わった美羽は…。
監督:宇賀那健一 出演者:馬場ふみか(美羽)、柳英里紗(彩香)、平松可奈子(あおい)、今井華(紗都美)、間宮祥太朗(柴田)、稲川実代子、川瀬陽太、山本浩司、三浦誠己、加藤雅美、ほか

「翔んで埼玉」のネタバレあらすじ結末

翔んで埼玉の紹介:2018年日本映画。埼玉をディスるがなんといっても埼玉を愛してやまない郷土愛を感じる物語。東京都民に憧れ、埼玉県民ということにコンプレックスを持ちつつも千葉を敵対視して、常に競いあい、埼玉を活性化させ上昇させていくという埼玉愛にあふれたユーモラスな映画です。「パタリロ!」の作者・魔夜峰央の人気マンガを実写映画化。
監督:武内英樹 キャスト:二階堂ふみ(壇ノ浦百美)、GACKT(麻実麗)、伊勢谷友介(阿久津翔)、ブラザートム(菅原好海)、麻生久美子(菅原真紀)、島崎遥香(菅原愛海)、成田凌(五十嵐春翔)、中尾彬(壇ノ浦建造)、間宮祥太朗(埼玉県人の青年)、加藤諒(下川信男)、益若つばさ(おかよ)、武田久美子(壇ノ浦恵子)、麿赤兒(西園寺宗十郎)、竹中直人(神奈川県知事)、京本政樹(埼玉デューク)、ほか

「食べる女」のネタバレあらすじ結末

食べる女の紹介:2018年日本映画。『失楽園』などの映画作品から特撮、アニメに至るまで幅広く活躍する脚本家・筒井ともみの短編小説集『食べる女』『続・食べる女』を原作として、筒井自ら企画・製作・脚本を手掛けて映画化した群像劇です。「食」と「性」をテーマに、年齢も職業も性格も違う8人の女性の日常をコミカルに綴っています。
監督:生野慈朗 出演者:小泉今日子(餅月敦子(トン子))、沢尻エリカ(小麦田圭子(ドド))、前田敦子(白子多実子)、広瀬アリス(本津あかり)、山田優(茄子田珠美)、壇蜜(米坂ツヤコ)、シャーロット・ケイト・フォックス(豆乃・リサ・マチルダ(マチ))、鈴木京香(鴨舌美冬)、ユースケ・サンタマリア(タナベ)、池内博之(豆乃修治)、勝地涼(白石)、小池徹平(友太)、笠原秀幸(矢々田)、間宮祥太朗(シノザキ)ほか

「トリガール!」のネタバレあらすじ結末

トリガール!の紹介:2017年日本映画。鳥人間コンテストの常連出場チームである、芝浦工業大学の人力飛行機チームをモデルにした映画です。部長の圭に一目ぼれして入部したゆきなは部類の脚力があり、犬猿の仲の坂場とコンビを組み鳥人間大会に出場するために奮闘する様子を描いた作品です。
監督:英勉 出演者:土屋太鳳(鳥山ゆきな)、間宮祥太朗(坂場大志)、高杉真宙(高橋圭)、池田エライザ(島村和美)、矢本悠馬(古沢)、前原滉(横原)、佐生雪(メガネ女子)、ナダル(アナウンサー)、羽鳥慎一(ペラ夫)、轟二郎(轟二郎似の住職)、ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑