マーゴット・ロビー映画一覧

マーゴット・ロビーが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のネタバレあらすじ結末

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの紹介:2019年アメリカ映画。過去に華々しい活躍を見せていたハリウッド俳優 リック・ダルトン。今や落ち目となり再び栄光を取り戻そうとしていた。そんなリックを支えるクリフ・ブースは彼のスタントマン兼付き人であり、心からの親友でもある。ふたりは長い間バディを組み仕事をしてきたが、1969年のハリウッドは大きな過渡期を迎えており、時代は彼らを必要としなくなっていた。そんな中、リックの隣家に引っ越してきたのは、時代の寵児となったロマン・ポランスキー監督と新人女優のシャロン・テート夫妻。そして1969年8月9日、映画史を塗り替える事件が起こる。クエンティン・タランティーノが幼少期を過ごした60年代のハリウッド黄金期最後の瞬間を5年の歳月を費やして脚本を執筆し、監督を務めた。マーゴット・ロビー演じるシャロン・テートは実在の人物。彼女は実際に1969年ハリウッドの自宅で友人と共に惨殺された。豪華キャストによって実在とフィクションのキャラクターが入り混じった人物たちを演じている。
監督:クエンティン・タランティーノ 出演:レオナルド・ディカプリオ(リック・ダルトン)、ブラッド・ピット(クリフ・ブース)、マーゴット・ロビー(シャロン・テート)、エミール・ハーシュ(ジェイ・シブリング)、マーガレット・クアリー(プッシーキャット)、ティモシー・オリファント(ジェームズ・ステイシー)、ジュリア・バターズ(トルーディ)、オースティン・バトラー(テックス)、ダコタ・ファニング(スクィーキー・フロム)、ブルース・ダーン(ジョージ・スパーン)、マイク・モー(ブルース・リー)、ルーク・ベリー(ウェイン・モウンダー)、ダミアン・ルイス(スティーヴ・マックィーン)、アル・パチーノ(マーヴィン・シュワーズ)ほか

「ワンスアポンアタイムインハリウッド」のネタバレあらすじ結末

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの紹介:2019年アメリカ映画。1969年ハリウッド、キャリアアップに苦しむ俳優リックと彼の付き人クリフは親友としても固い絆で結ばれていた。しかしリックの家の隣に有名ディレクターのロマン・ポランスキーとシャロン・テートが引っ越して来た事により2人の人生は大きく変わるのだった。60年代のロサンゼルスを舞台に、タランティーノ監督の視点でハリウッドの黄金時代を描く。
監督:クエンティン・タランティーノ 出演:レオナルド・ディカプリオ(リック・ダルトン)、ブラッド・ピット(クリフ・ブース)、マーゴット・ロビー(シャロン・テート)、アル・パチーノ(マーヴィン・シュワルツ)、エミール・ハーシュ、マーガレット・クアリー、ティモシー・オリファント、オースティン・バトラー、ダコタ・ファニング、ブルース・ダーン、ほか

「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」のネタバレあらすじ結末

ふたりの女王 メアリーとエリザベスの紹介:2018年イギリス映画。エリザベス1世(在位1558−1603年)はスペイン無敵艦隊の撃破などの功績を世界史で習ったことを覚えている人も多いと思います。その彼女にはスコットランド女王メアリー(在位1542−1567年)というライバルがいました。カトリックで美しいメアリーに対し、プロテスタントで天然痘の後遺症の容貌に悩んだエリザベスはメアリーと対立します。今日までその栄光が歴史に残るエリザベスに対し、メアリーは悲劇の女王として記憶されます。『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』は1560年代当時は独立国家であったイングランドとスコットランドでの二人の女王とその側近たちの政治的対立と人間愛を描いた映画です。日本人に馴染みのない英国史ということもあり難解な部分もありますが、世界史を学習した人やイギリスに興味ある人にはおすすめの映画です。
監督:ジョーシー・ルーク 出演:シアーシャ・ローナン(メアリー・スチュアート / スコットランド女王)、マーゴット・ロビー(エリザベスI世 / イングランド女王)、ジャック・ロウデン(ヘンリー・スチュアート / ダーンリー卿)、ジョー・アルウィン(ロバート・ダドリー / レスター伯)、ジェンマ・チャン(ベス・オブ・ハードウィック)、マーティン・コムストン(ジェームズ・ヘップバーン / ボスウェル伯)、イスマエル・クルス・コルドバ(デビッド・リッチオ)、ブレンダン・コイル(マチュー・スチュアート)、イアン・ハート(メイトランド卿)、エイドリアン・レスター(ランドルフ卿)、ジェームズ・マッカードル(ジェームズ/スチュアート / マリ伯)、デヴィッド・テナント(ジョン・ノックス)、ガイ・ピアース(ウィリアム・セシル / バーリー男爵)、

「グッバイ・クリストファー・ロビン」のネタバレあらすじ結末

グッバイ・クリストファー・ロビンの紹介:2017年イギリス映画。ディズニーアニメの金字塔ともなった「くまのプーさん」の原作者A・A・ミルン、そしてプーさんの登場人物“クリストファー・ロビン”のモデルとなったミルンの息子によるプーさん誕生秘話と確執を描いた伝記ドラマです。日本では劇場未公開となり、2018年の『プーと大人になった僕』公開に合わせてDVDとブルーレイが販売されました。
監督:サイモン・カーティス 出演者:ドーナル・グリーソン(アラン・アレクサンダー・ミルン)、マーゴット・ロビー(ダフネ・ド・セリンコート)、ケリー・マクドナルド(オリーヴ(ノウ))、アレックス・ロウザー(クリストファー・ロビン・ミルン)、ウィル・ティルストン(少年時代のクリストファー・ロビン・ミルン)ほか

「アニー・イン・ザ・ターミナル」のネタバレあらすじ結末

アニー・イン・ザ・ターミナルの紹介:2018年イギリス,ハンガリー,アメリカ,香港映画。イギリスの地下鉄終着駅にある街のダイナーで働くアニーには、殺し屋というもう一つの裏の顔があった。ミステリアスで美しい彼女にはリベンジという目的があり衝撃のラストを迎えることとなる。
監督:ボーン・ステイン 出演:マーゴット・ロビー(アニー)、サイモン・ペッグ(ビル)、デクスター・フレッチャー(ヴィンス)、マックス・アイアンズ(アルフレッド)、マイク・マイヤーズ(Mr.フランクリン / クリントン)ほか

「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のネタバレあらすじ結末

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダルの紹介:2017年アメリカ映画。1994年の冬季オリンピックを前にアメリカ代表金メダル有力候補のナンシー・ケリガンが襲撃されます。ライバルでアメリカ代表のトーニャ・ハーディングの元夫とボディガードが逮捕され、トーニャもその関与を疑われます。五輪を前に起こったスキャンダラスな事件は当時全米の話題になります。『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』はこの実話を元にした映画、2018年の冬季五輪を前に公開され批評家から好意的に受け取られ、興行的にも成功した映画です。トーニャの母を演じたアリソン・ジャネィはアカデミー助演女優賞を受賞しました。
監督:クレイグ・ギレスピー 出演: マーゴット・ロビー(トーニャ・ハーディング)、セバスチャン・スタン(ジェフ・ギルーリー)、ジュリアンヌ・ニコルソン(ダイアン・ローリンソン)、ボビー・カナヴェイル(マーティン・マドックス)、アリソン・ジャネイ(ラヴォナ・ハーディング)、ほか

「フランス組曲」のネタバレあらすじ結末

フランス組曲の紹介:2014年イギリス,フランス,ベルギー映画。アウシュビッツ収容所で命を落とした女流作家イレーヌ・ネミロフスキーの未完のベストセラー小説を映画化した作品。戦時下のフランスで若い人妻とドイツ人将校が禁断の恋に落ちていく様をドラマチックに描いた恋愛映画です。
監督:ソウル・ディブ 出演:ミシェル・ウィリアムズ(リュシル・アンジェリエ)、クリスティン・スコット・トーマス(アンジェリエ夫人)、マティアス・スーナールツ(ブルーノ・フォン・ファルク中尉)、サム・ライリー(ブノワ・ラバリ)、ルース・ウィルソン(マドレーヌ・ラバリ)、マーゴット・ロビー(セリーヌ・ジョゼフ)、ほか

「フォーカス」のネタバレあらすじ結末

フォーカスの紹介:2015年アメリカ映画。敏腕詐欺師のニッキーはある日、三流スリの女ジェスと出会う。ジェスはニッキーの腕を見込んでスリのやり方を教わるが、さらに近づきたいと彼の統べる詐欺集団に加わることに。ジェスは見る見るうちにスリをうまくこなせるようになり、しかもニッキーの心をも掴んでしまう。ところが詐欺に「情」は禁物、とあるミッションを境にニッキーはジェスの元を去ってしまった…。そして3年後、二人は思わぬ場所で再会するのだった。
監督:グレン・フィカーラ、ジョン・レクア 出演:ウィル・スミス(ニッキー)、マーゴット・ロビー(ジェス)、ロドリゴ・サントロ(ガリーガ)、ジェラルド・マクレイニー(オーウェンズ)、ロバート・テイラー(マキューエン)、ほか

「スーサイドスクワッド」のネタバレあらすじ結末

スーサイド・スクワッドの紹介:2016年アメリカ映画。特殊能力を持った超個性的なキャラクター達の属する部隊「スーサイド・スクワッド」と、魔の力によって人類を滅脳させようとする怪物エンチャントレスとの戦いを描いた作品。史上最強に”悪かわいい”ヒロインと悪党たちの物語。彼らは正義のためではなく、自らのためだけに戦います。スーサイド・スクワッドはDCヒーローが集結する「ジャスティス・リーグ」(DCエクステンテッド・ユニバース)シリーズの番外編で、「スーパーマン~マン・オブ・スティール」「バットマンvsスーパーマン~ジャスティスの誕生」からの続きです。DCコミックスに登場するたくさんの悪役が危険な任務に挑む決死部隊“スーサイド・スクワッド”を結成。悪vs悪の戦いを繰り広げるアクション映画です。
監督:デヴィッド・エアー 出演:ウィル・スミス(デッドショット(フロイド・ロートン))、ジャレッド・レトー(ジョーカー)、マーゴット・ロビー(ハーレイ・クイン(ハーリーン・クインゼル))、ほか

「ターザン:REBORN」のネタバレあらすじ結末

ターザン:REBORN(リボーン)の紹介:2016年アメリカ映画。ジャングルでゴリラに育てられた過去を持つターザンことジョンは、父の故郷イギリスで幸せに暮らしていたが、ダイヤモンドを狙う人間に侵略された故郷コンゴとさらわれた妻を助けるべく、再びジャングルへと戻る。
監督:デビッド・イェーツ 出演:アレキサンダー・スカルスガルド(ジョン・クレイトン / ターザン)、サミュエル・L・ジャクソン(ジョージ・ワシントン・ウィリアムズ)、マーゴット・ロビー(ジェーン・クレイトン)、ジャイモン・フンスー(首長ムボンガ)、クリストフ・ヴァルツ(レオン・ロム)、ジム・ブロードベント(英国首相)、ほか

「マネーショート 華麗なる大逆転」のネタバレあらすじ結末

マネーショート 華麗なる大逆転の紹介:2015年アメリカ映画。マイケルルイスが著した本「世紀の空売り、世界経済の破綻に賭けた男たち」を原作に映画化した作品。リーマンショックが起きる前に経済破綻の危機に気付いた男たちの実話を、クリスチャン・ベイルやブラッド・ピットなど豪華キャストで描く社会派ドラマ。サブプライムローンの危険性を察知した金融トレーダーらが、ウォール街を出し抜こうとする様子を描く。今作では豪華な俳優陣が熱演を繰り広げ、アカデミー賞にノミネートされました。
監督:アダム・マッケイ 出演:クリスチャン・ベイル(マイケル・バーリ)、スティーヴ・カレル(マーク・バウム)、ライアン・ゴズリング(ジャレッド・ベネット)、ブラッド・ピット(ベン・リカート)ほか

「アバウト・タイム 愛おしい時間について」のネタバレあらすじ結末

アバウト・タイム ~愛おしい時間について~の紹介:2013年イギリス映画。主人公ティムは21歳を迎えると自分にタイムトラベル能力があることを知り、歴史は変えられないが自分の人生に起きることを変えることができる。タイムトラベルで何が自分にとって大切かを再確認していく物語。
監督:リチャード・カーティス 出演: ドーナル・グリーソン(ティム)、レイチェル・マクアダムス(メアリー)、ビル・ナイ(ティムの父親)、トム・ホランダー(ハリー)、マーゴット・ロビー(シャーロット)、リンゼイ・ダンカン(ティムの母親)ほか

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のネタバレあらすじ結末

ウルフ・オブ・ウォールストリートの紹介:2013年アメリカ映画。実在する株式ブローカー ジョーダン・ベルフォードの回想録、ウォール街狂乱日記、狼と呼ばれた私のヤバすぎる人生を映画化した作品で主演のレオナルド・ディカプリオが熱演したことで話題となりました。
監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒーほか

TOP↑