マーク・ラファロ映画一覧

マーク・ラファロが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ウインドトーカーズ」のネタバレあらすじ結末

ウインドトーカーズの紹介:2002年アメリカ映画。第二次大戦下で暗号の通信兵“ウィンドトカーズ”となったナバホ族兵士と、彼らの護衛となった白人兵の心の葛藤と絆を描いた戦争アクション映画。
監督:ジョン・ウー 出演:ニコラス・ケイジ(ジョー・エンダース)、アダム・ビーチ(ベン・ヤージー)、クリスチャン・スレイター(ピート・オックス・ヘンダーソン)、ピーター・ストーメア(イェルムスタッド)、ノア・エメリッヒ(チック)、マーク・ラファロ(パパス)、ブライアン・ヴァン・ホルト(ハリガン)、マーティン・ヘンダーソン(ネリー)、ロジャー・ウィリー(チャーリー・ホワイトホース)、フランシス・オコナー(リタ)、ほか

「アベンジャーズ/エンドゲーム」のネタバレあらすじ結末

アベンジャーズ/エンドゲームの紹介:2019年アメリカ映画。マーベル・コミックの人気スーパーヒーローたちが一堂に集結した一大英雄巨編『アベンジャーズ』シリーズ第4作にして完結編であり、『マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)』シリーズ第22作目であるSFアクション超大作です。「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で、サノスによって人類の半分の命が失われた世界のその後を描いており、生き残ったヒーローたちが力を合わせ、仲間や愛する人達を救うため、最後の決戦に挑む。本作品は2019年公開の全ての映画作品の中でも最重要作品であり、2008年公開の『アイアンマン』から始まったMCUシリーズの集大成にしてグランドフィナーレを飾るに相応しい作品に仕上がっています。なお、本作は『アイアンマン』シリーズおよび初代『キャプテン・アメリカ』シリーズの完結編ともなっています。
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ キャスト:ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク/アイアンマン)、クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)、マーク・ラファロ(ブルース・バナー/ハルク)、クリス・ヘムズワース(ソー)、スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)、ジェレミー・レナー(クリント・バートン/ホークアイ)、ドン・チードル(ジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシン)、ポール・ラッド(スコット・ラング/アントマン)、グウィネス・パルトロー(ペッパー・ポッツ)、ジョシュ・ブローリン(サノス)ほか

「かいじゅうたちのいるところ」のネタバレあらすじ結末

かいじゅうたちのいるところの紹介:2009年アメリカ映画。モーリス・センダックの世界的ベストセラー『かいじゅうたちのいるところ』を実写映画化。人間の少年と不思議な「かいじゅうたち」の交流を描くファンタジー・アドベンチャー。8歳のマックスは、母や姉に構って貰えず不満を抱いていた。ある夜母を激怒させたマックスは家の外に飛び出し、海を渡って不思議な島に到着する。そこには毛むくじゃらで大きな体のかいじゅうたちがいた。成り行きで彼らの王様になったマックスは、皆が幸せになる場所を作ろうとする。
監督:スパイク・ジョーンズ 出演者:マックス・レコーズ(マックス)、キャサリン・キーナー(ママ)、マーク・ラファロ(ママの恋人)、ローレン・アンブローズ(KW)、クリス・クーパー(ダグラス)ほか

「オール・ザ・キングスメン」のネタバレあらすじ結末

オール・ザ・キングスメンの紹介:2006年アメリカ映画。ルイジアナの田舎から州知事にまで上りつめた一人の男の生涯を描いた物語。ウィリーは民衆の権利、貧困層の解放などを叫び、その言葉と行動で民衆を熱狂させました。”悪から善は生まれる”彼の信じた言葉です。そんな彼の行動は果たして正しいのか?
監督:スティーヴン・ザイリアン 出演:ショーン・ペン(ウィリー・スターク)、ジュード・ロウ(ジャック・バーデン)、アンソニー・ホプキンス(アーウィン判事)、ケイト・ウィンスレット(アン・スタントン)、マーク・ラファロ(アダム・スタントン)、パトリシア・クラークソン(セイディ・バーク)、ジェームズ・ガンドルフィーニ(タイニー・ダフィ)、ほか

「クロッシング・デイ」のネタバレあらすじ結末

クロッシング・デイの紹介:2008年アメリカ映画。「今始まる壮絶なクライマックス。」「全てを賭けて、のし上がる男たちの挽歌。」と、数々のTVドラマに出演した俳優ブライアン・グッドマンが、最悪の治安と言われるアメリカ・サウスボストンで育った自らの半生を元に描いたクライムドラマです。原題「What Doesn’t Kill You」はニーチェの言葉「What doesn’t kill you makes you stronger.」(あなたを殺さなかったものがあなたを強くする)を省略したものです。
監督:ブライアン・グッドマン 出演:マーク・ラファロ(ブライアン)、イーサン・ホーク(ポール)、アマンダ・ピート(ステイシー)、ウィル・ライマン(サリー)、ブライアン・グッドマン(パット・ケリー)、ドニー・ウォールバーグ(モラン刑事)、アンジェラ・フェザーストーン(ケイティ)、ほか

「アベンジャーズ3/インフィニティ・ウォー」のネタバレあらすじ結末

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの紹介:2018年アメリカ映画。人類を守るために、最強ヒーローたちが集結した究極のチーム、アベンジャーズ。今回の敵は絶大なるパワーで銀河に破滅と恐怖をもたらそうとするサノス。宇宙に散らばる究極の力を持つ石、インフィニティ・ストーンを集め宇宙を支配しようとする。6つのストーン全てを手にした者は無限大の力が与えられることとなる。サノスを倒すために、アベンジャーズに加え、銀河一の落ちこぼれチーム”ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”、魔術を操るドクター・ストレンジ、そしてワカンダの王ブラックパンサーが集結。アベンジャーズの究極の戦いが始まる。2008年の『アイアンマン』公開以来、18本のヒーロー映画を展開してきたマーベルの記念すべき10周年目の作品。
監督:アンソニー&ジョー・ルッソ 出演:ロバート・ダウニーJr.(アイアンマン/トニー・スターク )、クリス・ヘムズワース(ソー)、 マーク・ラファロ(ハルク/ブルース・バナー)、クリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース)、スカーレット・ヨハンソン(ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ)、ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ/スティーヴン・ストレンジ)、ドン・チードル(ウォーマシン/ジェームズ・ローズ)、トム・ホランド(アイアン・スパイダー/ピーター・パーカー)、チャドウィック・ボーズマン(ブラック・パンサー/ティ・チャラ)、ポール・ベタニー(ヴィジョン)、エリザベス・オルセン(スカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフ)、アンソニー・マッキー(ファルコン/サム・ウィルソン)、クリス・プラット(スター・ロード/ピーター・クイル)ほか

「マイティ・ソー バトルロイヤル」のネタバレあらすじ結末

マイティ・ソー バトルロイヤルの紹介:2017年アメリカ映画。オーディンの死と共にソーの前に現れたのは死の女神ヘラ。彼女はソーを辺境の地へと追いやり同時にアスガルドを支配するため侵略を開始する。アスガルド支配は始まりに過ぎない、彼女の目的は全宇宙の支配である。マーベルシネマティックユニバースから人気シリーズ「マイティ・ソー」の第3弾。本作に登場する最強の敵ヘラ役にはケイト・ブランシェットが起用されている。
監督:タイカ・ワイティティ 出演:クリス・ヘムズワース(ソー)、トム・ヒドルストン(ロキ)、ケイト・ブランシェット(ヘラ)、イドリス・エルバ(ヘイムダル)、ジェフ・ゴールドブラム(グランドマスター)、テッサ・トンプソン(ヴァルキリー)、カール・アーバン(スカージ)、浅野忠信(ホーガン)、ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ)、マーク・ラファロ(ハルク/ブルース・バナー)、アンソニー・ホプキンス(オーディン)、ほか

「13ラブ30 サーティンラブサーティ」のネタバレあらすじ結末

13 ラブ 30 サーティン・ラブ・サーティの紹介:2004年アメリカ映画。13歳の誕生日を迎えたジェナは大人の女性に憧れており早く30歳になりたいと願っていました。誕生日パーティーに幼馴染のマットから手作りドールハウスをもらい願いの叶う粉をふりかけてもらいました。その後目覚めた彼女は30歳、雑誌記者の敏腕編集者として順風満帆な生活をしていた。理想と現実のギャップに戸惑いながらも本当に大切なものを見つけていく様子を描く。
監督:ゲイリー・ウィニック 出演:ジェニファー・ガーナー(ジェナ)、マーク・ラファロ(マット)、ジュディ・グリア(ルーシー)、アンディ・サーキス(リチャード)、キャシー・ベイカー(ビバリー)、ほか

「フォックスキャッチャー」のネタバレあらすじ結末

フォックスキャッチャーの紹介:2014年アメリカ映画。1996年に発生したロサンゼルス五輪レスリングの金メダリスト、デイヴ・シュルツ殺人事件を中心に、実話を基に描いた伝記作品です。ベネット・ミラー監督はこの作品でカンヌ国際映画祭の監督賞を受賞しています。
監督:ベネット・ミラー 出演者:スティーヴ・カレル(ジョン・デュポン)、チャニング・テイタム(マーク・シュルツ)、マーク・ラファロ(デイヴ・シュルツ)、ヴァネッサ・レッドグレイヴ(ジーン・デュポン)、シエナ・ミラー(ナンシー・シュルツ)ほか

「夫以外の選択肢」のネタバレあらすじ結末

夫以外の選択肢の紹介:2004年アメリカ,カナダ映画。アンドレ・デビュースの短編小説「We Don’t Live Here Anymore」と「Adultery」を原作として製作された官能ラブストーリーです。それぞれ複雑な事情を抱える二組の親友同士の夫婦が互いのパートナーと禁断の不倫関係に溺れていく姿を描いています。
監督:ジョン・カラン 出演者:マーク・ラファロ(ジャック)、ローラ・ダーン(テリー)、ピーター・クラウス(ハンク)、ナオミ・ワッツ(イーデス)ほか

「死ぬまでにしたい10のこと」のネタバレあらすじ結末

死ぬまでにしたい10のことの紹介:2003年カナダ,スペイン映画。余命わずかの女性が、自分のやりたい10のことを書き出し迫りくる死の恐怖を向き合いながら、日々を生きる物語。所々に出てくる語り手がYou=主人公のこと、となっておりまるで自分が主人公かのような気持ちになる。
監督:イザベル・コヘット 出演:サラ・ポーリー(アン)、スコット・スピードマン(ドン)、デボラ・ハリー(アンの母)、マーク・ラファロ(リー)、アルフレッド・モリナ(アンの父)、ほか

「ゾディアック」のネタバレあらすじ結末

ゾディアックの紹介:2006年アメリカ映画。「セブン」や「ファイト・クラブ」で有名なデヴィッド・フィンチャー監督による本格サスペンス。実際にアメリカで起きた連続殺人、ゾディアック事件を原題としている。
監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ジェイク・ギレンホール(ロバート・グレイスミス)、マーク・ラファロ(デイブ・トースキー刑事)、ロバート・ダウニー・Jr(ポール・エイブリー)、アンソニー・エドワーズ(ウィリアム・アームストロング刑事)、ほか

「イン・ザ・カット」のネタバレあらすじ結末

イン・ザ・カットの紹介:2003年アメリカ映画。他人とのかかわりを避け、空想の中で欲求を満たす生活を送る大学講師の女性が、猟奇殺人の容疑者を目撃したことで事件に巻き込まれていく官能サスペンス。
監督:ジェーン・カンピオン 出演:メグ・ライアン(フラニー)、マーク・ラファロ(マロイ)、ジェニファー・ジェイソン・リー(ポーリーン)、ケヴィン・ベーコン(ジョン・グラハム)、ほか

「スポットライト 世紀のスクープ」のネタバレあらすじ結末

スポットライト 世紀のスクープの紹介:2015年アメリカ映画。2001年にボストン・グローブ社が、ボストンの神父に数十人による児童性的虐待の事実と教会の隠ぺいを発表した、というものを映画化した「ジャーナリズム映画」。世界各国で賞を受賞し、アカデミー賞では6部門にノミネートされた。うち作品賞・脚本賞を受賞した。
監督:トム・マッカーシー 出演:マーク・ラファロ(レゼンデス)、マイケル・キートン(ロビー)、レイチェル・マクアダムス(サーシャ・ファイファー)、リーヴ・シュレイバー(バロン局長)、ブライアン・ダーシー・ジェームズ(キャロル)

「シャッターアイランド」のネタバレあらすじ結末

シャッターアイランドの紹介:2009年アメリカ映画。連邦保安官のテディは精神病院で囚人が脱獄したため、調査するためにシャッターアイランドへ乗り込む。テディは次第に病院で陰謀が企てられた可能性に気付くが…。レオナルド・ディカプリオが主演の本格サスペンス。その、全く読めない圧倒的なオチが魅力。レオナルド・ディカプリオが出演する数多くの作品の中でも、トップレベルの一本。
監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ(テディ・ダニエルズ)、マーク・ラファロ(チャック・オール)、ベン・キングズレー(ジョン・コーリー医師)、ミシェル・ウィリアムズ(ドロレス・シャナル)、エミリー・モーティマー(レイチェル・ソランド)、マックス・フォン・シドー(ジェレマイアー・ネーリング医師)、ほか

1 2
TOP↑