松たか子映画一覧

松たか子が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ハード・コア」のネタバレあらすじ結末

ハード・コアの紹介:2018年日本映画。狩撫麻礼といましろたかしの共作によるコミック『ハード・コア 平成地獄ブラザーズ』を、山田孝之のプロデュース兼主演、『映画 山田孝之 3D』でタッグを組んだ山下敦弘監督のコンビで映画化したカルトムービーです。世間に馴染めないチンピラな主人公(山田孝之)と対照的にエリート街道を進む弟(佐藤健)、主人公の親友(荒川良々)が古びた1体のロボットを発見したことから人生を狂わせていく様を描きます。
監督:山下敦弘 出演者:山田孝之(権藤右近)、佐藤健(権藤左近)、荒川良々(牛山)、石橋けい(水沼多恵子)、首くくり栲象(金城銀次郎)、康すおん(水沼)、松たか子(バーの女)ほか

「マスカレードホテル」のネタバレあらすじ結末

マスカレード・ホテルの紹介:2018年日本映画。今や知らない人はいないと言っても過言ではない有名作家 東野圭吾の「マスカレード」シリーズ第1弾の実写映画化作品。連続殺人事件の新たな殺人現場になると断定されたホテル・コルテシア東京で、エリート刑事とホテル従業員が犯人を追いつめていく。刑事初挑戦の木村拓哉と長澤まさみがW主演を演じて話題になりました。二転三転する展開に驚きを隠せないでしょう。
監督:鈴木雅之 出演:木村拓哉(新田浩介)、長澤まさみ(山岸尚美)、小日向文世(能瀬)、梶原善(本宮)、泉澤祐希(関根)、東根作寿英(久我)、石川恋(川本)、濱田岳(宿泊客)、前田敦子(宿泊客)、笹野高史(宿泊客)、高嶋政宏(宿泊客)、菜々緒(宿泊客)、生瀬勝久(宿泊客)、宇梶剛士(宿泊客)、橋本マナミ(宿泊客)、田口浩正(宿泊客)、勝地涼(宿泊客)、松たか子(宿泊客)、鶴見辰吾(田倉)、篠井英介(尾崎)、石橋凌(藤木)、渡部篤郎(稲垣)、ほか

「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」のネタバレあらすじ結末

アナと雪の女王/エルサのサプライズの紹介:2015年アメリカ映画。アナの誕生日の様子を描いた、大ヒット映画「アナと雪の女王」のスピンオフ短編映画。アナの誕生日パーティーを準備するエルサ。けれど身体の調子が悪そうで・・。オラフなどお馴染みのキャラクターに加え、新しいキャラクターとしてエルサがクシャミをすると飛び出す小さな雪だるま達、スノーギーズがでてきます。本作はディズニー映画「シンデレラ」と同時上映されました。
監督:ジェニファー・リークリス・バック 声優: クリステン・ベル / 神田沙也加(アナ)、イディナ・メンゼル / 松たか子(エルサ)、ジョシュ・ギャッド / ピエール瀧(オラフ)、ジョナサン・グロフ / 原慎一郎(クリストフ)、ほか

「来る」のネタバレあらすじ結末

来る の紹介:2018年日本映画。人間の嫌な部分をこれでもかと見せつける鬼才が岡田准一と妻夫木聡をW主演に迎え、得体の知れないものに迫られる恐さと日常の身近な人間に潜む怖さ、二重の恐怖を突きつける。ただのホラー映画にとどまらない良質な作品を彩るのは黒木華、小松菜奈、松たか子ら女優陣の怪演。彼女たちの演技を観るだけでも一見の価値ありの作品になっている。第22回日本ホラー小説大賞に選ばれた澤村伊智原作「ぼぎわんが、来る」の映画化。選考委員絶賛のこの作品を映画化したのはあの「告白」「渇き。」の監督を務めた中島哲也。
監督:中島哲也 キャスト:岡田准一(野崎和浩)、小松菜奈(比嘉真琴)、妻夫木聡(田原秀樹)、黒木華(田原香奈)、松たか子(比嘉琴子)、青木崇高(津田大吾)、柴田理恵(逢坂セツ子)、太賀(高梨重明)ほか

「四月物語」のネタバレあらすじ結末

四月物語の紹介:1998年日本映画。松たか子の初主演映画。「スワロウテイル」の岩井俊二監督が地方から上京してきた女子大生の何気ない日常と恋をみずみずしい映像で描いた中編作品です。
監督:岩井俊二 出演:松たか子(楡野卯月)、田辺誠一(山崎先輩)、留美(佐野さえ子)、藤井かほり(北尾照子)、光石研(サラリーマン風の男)、加藤和彦、江口洋介、石井竜也、伊武雅刀、松本幸四郎、市川染五郎、ほか

「HERO(2015年・木村拓哉主演)」のネタバレあらすじ結末

HEROの紹介:2015年日本映画。フジテレビ系列で放送された木村拓哉主演のTVドラマ『HERO』の劇場版第2弾です。キャッチコピーは「新たなる伝説が始まる」で、ある一人の若い女性の不審な交通死亡事故を発端に、常識にとらわれず自分の価値観で捜査をする検事・久利生公平と東京地検城西支部の個性的な仲間たちが、外交特権という高い壁に立ち向かっていく姿を軽妙なタッチで描いたサスペンス・ヒューマン映画です。この作品は、第33回ゴールデングロス賞(2015年)の日本映画部門・優秀銀賞を受賞し、出演した吉田羊は第40回報知映画賞助演女優賞しました。
監督:鈴木雅之 出演:木村拓哉(久利生公平)、北川景子(麻木千佳)、杉本哲太(田村雅史)、濱田岳(宇野大介)、正名僕蔵(井戸秀二)、吉田羊(馬場礼子)、松たか子(雨宮舞子)、佐藤浩市(松葉圭介)、ほか

「夢売るふたり」のネタバレあらすじ結末

夢売るふたりの紹介:2012年日本映画。「人間最大の謎は、男と女。心と性を揺さぶる衝撃のラブストーリー」というキャッチコピーで、火事で全てを失った夫婦が再起を図るため、結婚詐欺を繰り返していくという物語です。この作品はその劇中で、切なくも危うい男と女の“愛憎”をきめ細やかに描いたヒューマン・ラブストーリー映画となっています。
監督:西川美和 出演:松たか子(市澤里子)、阿部サダヲ(市澤貫也)、田中麗奈(棚橋咲月)、鈴木砂羽(睦島玲子)、安藤玉恵(太田紀代)、香川照之(外ノ池俊作/外ノ池明浩)、笑福亭鶴瓶(堂島哲治)、ほか

「東京日和」のネタバレあらすじ結末

東京日和(とうきょうびより)の紹介:1997年日本映画。写真家荒木経惟と妻陽子のフォトエッセイを原作とした竹中直人監督、主演の作品。第21回日本アカデミー賞で、優秀作品賞を始め、数々の賞を受賞している。写真家が亡き妻との日々のエピソードを振り返る内容になっている。コメディを得意とする竹中のひと味違った演技が見られ、ヒロイン中山美穂の素の美しさが光る作品である。
監督:竹中直人 出演:竹中直人(島津巳喜男)、中山美穂(島津ヨーコ)、松たか子(水谷)、三浦友和(外岡)、鈴木砂羽(宮本)、ほか

「大鹿村騒動記」のネタバレあらすじ結末

大鹿村騒動記(おおしかむらそうどうき)の紹介:2011年日本映画。延江浩の『いつか晴れるかな』を原案に、南アルプスを望む美しい光景に囲まれた長野県下伊那郡の大鹿村で、300年以上続いている大鹿歌舞伎をテーマに、笑いあり涙ありの人々の様子を描いた人情群像喜劇映画です。第35回日本アカデミー賞優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞などを受賞し、主演した原田芳雄はアカデミー賞最優秀主演男優賞、会長特別賞を受賞、岸部一徳は同賞優秀助演男優賞を受賞。主演の原田はこの作品の公開3日後に死去したため、本作品が彼の遺作となってしまいました。
監督:阪本順治 出演:風祭善・景清(原田芳雄)、風祭貴子(大楠道代)、能村治(岸部一徳)、越田一平(佐藤浩市)、織井美江(松たか子)、大地雷音(冨浦智嗣)、柴山寛治・黒衣(瑛太)、重田権三・畠山重忠(石橋蓮司)、津田義一(三國連太郎)、ほか

「ブレイブストーリー」のネタバレあらすじ結末

ブレイブストーリーの紹介:2006年日本映画。その日ワタルにとっては最悪な1日となった。父が家を出、同じ学校の生徒に殴られ、帰ると母が倒れていた。しかしそれがワタルの転機となった。不思議な転校生と出会いある場所への扉を見つけたワタル、その扉はビジョンと呼ばれる異世界へ通じる扉だった。ビジョンへ行くと運命を変えられる、ワタルはその転校生ミツルからそう教えられ扉をくぐる覚悟を決める。原作は作家宮部みゆきの同名小説「ブレイブ・ストーリー」。
監督:千明孝一 声の出演:松たか子(三谷亘/ワタル)、大泉洋(キ・キーマ)、常盤貴子(カッツ)、ウエンツ瑛士(芦川美鶴/ミツル)、今井美樹(運命の女神)、田中好子(三谷邦子)、伊東四朗(ラウ導師)、樹木希林(オンバ)、ほか

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」のネタバレあらすじ結末

東京タワー オカンとボクと、時々、オトンの紹介:2007年日本映画。母と子、母と父、父と子というどこにでもある関係を、作者のリリーフランキーの実体験に乗せて、お互いが持ち続けてた真っすぐな愛を描いた感動ドラマ。リリー・フランキーが亡き母への思いを綴り200万部以上の大ベストセラーとなった自伝小説「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の映画化作品。
監督:松岡錠司 出演:オダギリジョー(ボク)、樹木希林(オカン)、内田也哉子(若い頃のオカン)、松たか子(ミズエ)、小林薫(オトン)、冨浦智嗣(中学、高校時代のボク)、田中祥平(小学校時代のボク)、谷端奏人(幼少時代のボク)、ほか

「告白」のネタバレあらすじ結末

告白の紹介:2010年日本映画。湊かなえの同名ベストセラー小説を映画化したものです。愛娘を自分のクラスの生徒に殺された女性中学教師が、生徒たちを相手にその真相を告白、追究し、復讐するというミステリー学園映画です。キャッチコピーは「告白が、あなたの命につきささる。」で、その内容と描写には、少年犯罪、イジメ、家庭内暴力などの過激な部分があります。しかし、現代社会が抱える学校教育での問題点などを考えさせるシリアスな内容で、第34回日本アカデミー賞では4冠を受賞、他にも多数の映画賞を受賞した作品です。
監督:中島哲也 出演:松たか子(森口悠子)、木村佳乃(下村優子(直樹の母))、岡田将生(寺田良輝(ウェルテル))、西井幸人(渡辺修哉)、藤原薫(下村直樹)、橋本愛(北原美月)ほか

「K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝」のネタバレあらすじ結末

K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝の紹介:2008年日本映画。北村想の原作を元にしているものの、怪人二十面相が超人的身体能力を備えた人物だったり、、時代設定を第二次世界大戦が「回避」されたというパラレルワールドとしての1949年とするなど、大胆な舞台設定でストーリーが展開されています。アクションにはワイヤーアクションの他、邦画の大作としては初めてパルクールにおける動作を採用しています。主人公の遠藤平吉と怪人二十面相の一連の動作をロシア人スタントマンがパルクールで培われた身体能力を駆使して表現しています。美しい映像と奇想天外なアクションが見どころです。
監督:佐藤嗣麻子 出演:金城武(遠藤平吉)、松たか子(羽柴葉子)、仲村トオル(明智小五郎)、國村隼(源治)、小日向文世(南部先生)、大滝秀治(羽柴会長)、鹿賀丈史(殿村弘三)

「HERO(2007年・木村拓哉主演)」のネタバレあらすじ結末

HERO (ヒーロー:木村拓哉主演)の紹介:2007年日本映画。フジテレビ系ドラマ『HERO』の劇場版1作目の作品です。TVシリーズのレギュラー陣に加え、特別編から中井貴一、綾瀬はるか、石橋蓮司が引き続き出演しています。特別編に名前のみで登場した代議士・花岡練三郎をタモリが本名の森田一義名義で出演したのも話題となりました。また韓国のスター俳優、イ・ビョンホンが友情出演しています。ドラマでは描かれなかった法廷の様子を中心に描いています。
監督:鈴木雅之 出演:木村拓哉(久利生 公平)、松たか子(雨宮 舞子)、大塚寧々(中村 美鈴)、阿部寛(芝山 貢)、韓国検事カン(イ・ビョンホン)、松本幸四郎(蒲生 一臣)森田一義(花岡 練三郎)ほか

「隠し剣 鬼の爪」のネタバレあらすじ結末

隠し剣 鬼の爪の紹介:2004年日本映画。東北の海坂藩士の片桐宗蔵は、裕福ではなかったが母と妹の志乃と下働きのきえとの暮らしは幸せであった。しかし、母が亡くなり、妹ときえを嫁に出して一人になってしまう。きえは宗蔵を好いていたが、身分違いの恋とあきらめて嫁に行ったのだが、嫁ぎ先で惨い仕打ちにあっていた。宗蔵はきえを家に連れ戻します。逃亡した狭間弥市郎を討つよう藩命がくだります。隠し剣 鬼の爪は、藤沢周平原作の時代劇映画です。
監督:山田洋次 出演:永瀬正敏(片桐宗蔵)、松たか子(きえ)、吉岡秀隆(島田左門)、小澤征悦(狭間弥市郎)、田畑智子(島田志乃)、高島礼子(狭間桂)、倍賞千恵子(片桐吟)、緒形拳(家老・堀将監)他

1 2
TOP↑