松山ケンイチ映画一覧

松山ケンイチが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「宮本から君へ」のネタバレあらすじ結末

宮本から君への紹介:2019年日本映画。人一倍正義感が強いが愚直で暑苦しい営業マン・宮本が自立した女と恋に落ちるが、二人を試練が待ち受けていた。1990年に連載開始した原作漫画の作者・新井英樹も宮本の父の役で出演。『ディストラクション・ベイビーズ』の真利子哲也が、全12話のテレビドラマ「宮本から君へ」に続いて監督を務めた。主演の池松壮亮にとって22歳で原作に出会って以来強い思い入れのある企画。マンション8階の外に張り出した非常階段で撮影された生々しい決闘シーンは必見。
監督:真利子哲也 出演者:池松壮亮(宮本浩)、蒼井優(中野靖子)、井浦新(風間裕二)、一ノ瀬ワタル(馬淵拓馬)、古舘寛治(岡崎部長)、ピエール瀧(馬淵敬三)、佐藤二朗(大野平八郎)、松山ケンイチ(神保和男)ほか

「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」のネタバレあらすじ結末

ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)への紹介:2007年日本映画。沖縄の美ら海水族館で実際にあった、イルカと人間との温かい交流を描いたストーリー。水族館の人気者のイルカ・フジの尾びれが壊死し、新米獣医師が奮闘。世界初となる人工尾びれを付けたフジは、再び宙を舞うことができるのか?!
監督:前田哲 出演者:松山ケンイチ(植村一也)、高畑充希(玉城ミチル)、西山茉希(青山陽子)、永作博美(日下部七海)、山崎努(福原謙三)、池内博之(比嘉剛)、坂井真紀(望月ユリ)、利重剛(仲村圭一)、田中哲司(須藤勇治)、上間宗男(玉城のオジイ)、ほか

「聖☆おにいさん 第II紀」のネタバレあらすじ結末

聖☆おにいさん 第II紀の紹介:2019年日本映画。2018年10月に2週間限定上映された『聖☆おにいさん』。映画『銀魂』シリーズやTVドラマ「今日から俺は!!」などで人気の福田雄一監督と、製作総指揮として活躍する山田孝之のコンビが放つ実写化プロジェクト第2弾が登場だ。前作に引き続きイエスを松山ケンイチ、ブッダを染谷将太がノリノリで演じている。今回は若手注目株の山田裕貴が福田組初出演。本人は興奮しすぎて現場で噛んでしまったというが、コミカルな演技で作品の良いアクセントになっている。
監督:福田雄一 製作総指揮:山田孝之 原作:中村光 出演:松山ケンイチ(イエス)、染谷将太(ブッダ)、山野海(大家:松田さん)、山田裕貴(警官)ほか

「サウスバウンド」のネタバレあらすじ結末

サウスバウンドの紹介:2007年日本映画。学生運動ばかりしていた一郎が、同じ運動をしていたさくらと駆け落ちし、3人の子供をもうけていました。一郎は学生運動時代と変わらず、いつも反体制的な発言ばかりする変わり者でした。長男の二郎がかつあげをする先輩に暴行を振るった事から、一家は一郎の故郷の西表島に移り住むことになりますが、そこでも事件が待っていました・・・という内容のファミリードラマです。
監督:森田芳光 出演者:豊川悦司(上原一郎)、天海祐希(上原さくら)、北川景子(上原洋子)、田辺修斗(上原二郎)、松本梨菜(上原桃子)、松山ケンイチ(稲垣巡査)、平田満(校長先生)、吉田日出子(区役所のおばさん)、加藤治子(お祖母ちゃん / 堀内たえ)、村井美樹(南先生)、ほか

「の・ようなもの のようなもの」のネタバレあらすじ結末

の・ようなもの のようなものの紹介:2015年日本映画。東京の下町の落語家・出船亭一門に入門した志ん田。師匠の家に住み込みで働き、師匠の一人娘・夕美に恋をしています。そんなある日、一門に在籍していた志ん魚を探し出すよう命じられる志ん田。なかなか見つからない志ん魚をやっと見つけ出したのですが…。
監督:杉山泰一 出演者:松山ケンイチ(出船亭志ん田)、北川景子(夕美)、伊藤克信(出船亭志ん魚)、尾藤イサオ(出船亭志ん米)、ピエール瀧(渡辺孝太郎)、鈴木亮平(蕎麦屋の出前)、鈴木京香(都せんべい女主人)、佐々木蔵之介(みやげ物屋の店主)、塚地武雅(銭湯の男)、笹野高史(床屋の主人)、宮川一朗太(弁当屋のオジちゃん)、仲村トオル(居酒屋の主人)、三田佳子(斉藤女会長)、ほか

「珍遊記」のネタバレあらすじ結末

珍遊記の紹介:2016年日本映画。珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-という漫☆画太郎によるギャグ漫画の実写映画化作品です。西遊記をモチーフにした作品で、狂暴な男山田太郎をまともな人間にしようとする女和尚の玄じょうと太郎の珍道中の物語です。
監督:山口雄大 出演者:松山ケンイチ(山田太郎)、ピエール瀧(変身前の山田太郎)、倉科カナ(玄じょう)、田山涼成(じじい)、笹野高史(ばばあ)、溝端淳平(龍翔)、藤本泉(奈落)、ほか

「聖☆おにいさん(実写版)」のネタバレあらすじ結末

聖☆おにいさんの紹介:2018年日本映画。月刊「モーニング・ツー」にて2006年から連載中の『聖☆おにいさん』。「このマンガがすごい! 2009」オトコ編1位や手塚治虫文化賞短編賞をとった人気コミックを、「銀魂」「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一×山田孝之コンビが満を持して実写化。通常の映画とは異なり「ピッコマTV」での独占配信、そしてそれに先がけて全国43劇場+原作のご当地立川での2週間限定配信上映という独自の方法で公開された。
製作総指揮:山田孝之 監督・脚本:福田雄一 キャスト: 松山ケンイチ(イエス)、染谷将太(ブッダ)、佐藤二朗(医者)、山野海(大家:松田さん)

「マイ・バック・ページ」のネタバレあらすじ結末

マイ・バック・ページの紹介:2011年日本映画。妻夫木聡と松山ケンイチを主演に迎えて、1970年前後の学生運動が盛んだった頃を舞台にしたヒューマンドラマ。川本三郎の同名小説を元に映画化。理想を追う記者が左翼思考の学生と出会い、奇妙な絆で繋がっていく社会派映画。
監督:山下敦弘 出演:妻夫木聡(沢田雅巳)、松山ケンイチ(梅山 / 片桐優)、忽那汐里(倉田眞子)、石橋杏奈(安宅重子)、韓英恵(浅井七恵)、中村蒼(柴山洋)、中野英樹(津川 / 週刊東都記者)、山崎一(徳山健三 / 週刊東都デスク)、中村育二(島木武夫 / 週刊東都編集長)、菅原大吉(小林 / 東都ジャーナル編集長)、三浦友和(白石 / 東都新聞社社会部部長)、ほか

「春を背負って」のネタバレあらすじ結末

春を背負っての紹介:2014年日本映画。笹本稜平の同名小説を、日本を代表するカメラマン・木村大作が自身2作目の監督作品として映画化した山岳ドラマです。立山連峰を舞台に、東京でトレーダーをしていた主人公が、山小屋を経営していた父の死をきっかけに故郷に戻り、父の後を継ごうとするのですが…。撮影は一切CGに頼らず、丸1年かけて実際に立山連峰の四季折々を撮影しています。
監督:木村大作 出演者:松山ケンイチ(長嶺亨)、小林薫(長嶺勇夫)、檀ふみ(長嶺菫)、蒼井優(高澤愛)、豊川悦司(多田悟郎)、新井浩文(中川聡史)、池松壮亮(須永幸一)、仲村トオル(朝倉隆史)ほか

「神童」のネタバレあらすじ結末

神童の紹介:2006年日本映画。音楽大学を目指している菊名和音は中学生の成瀬うたと出会います。彼女はピアノの才能があり、ピアニストであった父親が亡くなってから母親に育てられ、ピアノ漬けの毎日にうんざりしていました。成り行きから和音のピアノの先生として教えることになったうたでしたが、次第に楽しんでいくようになります。しかしうたは徐々に聞こえる音に違和感を覚えるようになっていきます。主演は成海璃子さん、和音役に松山ケンイチさんが担当し、ピアニスト三浦友理枝さんも出演しています。
監督:萩生田宏治 出演:成海璃子(成瀬うた)、松山ケンイチ(菊名和音(ワオ))、手塚理美(成瀬美香)、甲本雅裕(長崎和夫)、西島秀俊(成瀬光一郎)、貫地谷しほり(加茂川香音)、串田和美(御子柴教授)、ほか

「ユリゴコロ」のネタバレあらすじ結末

ユリゴコロの紹介:2017年日本映画。第14回大藪春彦賞受賞、第9回本屋大賞ノミネートの、沼田まほかるのミステリー小説『ユリゴコロ』を実写映画化。亮介(松坂桃李)はある日、実家の押入れから「ユリゴコロ」と書かれた一冊のノートを見つける。そこには心の拠り所を人を殺す事でしか得られない女の葛藤が綴られていた…。殺人に取りつかれた女の人生を描く。宿命に振り回される殺人者の女を「蛇にピアス」「僕らがいた」の吉高百合子が演じる。
監督:熊澤尚人 出演:吉高由里子(美紗子)、松坂桃李(亮介)、松山ケンイチ(洋介)、佐津川愛美(みつ子)、清野菜名(千絵)、清原果耶(美紗子(中学生))、木村多江(細谷)、ほか

「関ヶ原」のネタバレあらすじ結末

関ケ原の紹介:2017年日本映画。豊臣秀吉の元へと引き取られた石田三成。誰よりも秀吉を想い、誰よりも国のことを想うあまり天下を狙う家康を酷く敵視していた。2人の因縁は次第に大きくなり、とうとう西軍、東軍に分かれての合戦が目の前へと迫ることになる。作家司馬遼太郎原作の「関ヶ原」を映画化、日本最大の歴史的合戦が豪華キャストにより現代に蘇る。
監督:原田眞人 出演:岡田准一(石田三成)、有村架純(初芽)、平岳大(島左近)、東出昌大(小早川秀秋)、北村有起哉(井伊直政)、滝藤賢一(豊臣秀吉)、松山ケンイチ(直江兼続)、役所広司(徳川家康)、ほか

「天の茶助」のネタバレあらすじ結末

天の茶助の紹介:2014年日本映画。SABU監督が書き下ろした自身の小説を映画化。天界という想像を膨らませたユニークな設定の映画です。天界では、地上に生きる人間たちの人生や運命のシナリオを書きつづる天界の脚本家たちがいました。そんな彼らにお茶を振る舞う、お茶くみ係である茶助がこの物語の主人公です。彼は地上のユリという女性に魅了されていましたが、自分が不用意に脚本家に発した言葉により、天界のシナリオが書き換えられ、人間界で生きるユリが交通事故で死ぬ運命であることを知ってしまいます。ユリを助けるために茶助は人間界に降りたつことになります。ユリの暮らす沖縄に向かうこととなります。主演の茶助役には、監督の作品である「うさぎドロップ」以来2度目の主演となる松山ケンイチが演じています。独特何とか世界観があり、その中で松山ケンイチが泥臭い一面を見せていきます。
監督:SABU 出演者:松山ケンイチ(茶助)、大野いと(新城ユリ)、大杉漣(種田潤一)、伊勢谷友介(彦村ジョー)、田口浩正(チャーリー・ポン)、ほか

「渋谷怪談2」のネタバレあらすじ結末

渋谷怪談2の紹介:2003年日本映画。幸子というコインロッカーベイビーの呪いの連鎖。作品を手掛けた堀江監督は生と死を通して愛する人との永久の別れを伝えようという狙いがあって制作したそうだ。
監督:堀江慶 出演者:堀北真希(久保綾乃)、松山ケンイチ(篠原庸介)、木村茜(菊地栞)、永澤俊矢(掛沢裕一)、原史奈(村松恵)、太田千晶(小宮山千沙)、榊安奈(橘瑞穂)、細田あかり(三田友美恵)、矢島リエカ(水川あさみ)、柏原収史(宮野良平)、左近香澄(幸子、サッちゃん)、みさきゆう(根本美希)

「GANTZ」のネタバレあらすじ結末

GANTZ(ガンツ)の紹介:2010年日本映画。就活中の大学生玄野 計は、特にやりたいことも見つからず、なんとなく面接を受け続けている毎日を送っていました。ある日、駅の線路に落ちた酔っぱらいを引き上げようとしていた幼馴染の加藤 勝と再会し、加藤を助けようとしますが、二人は誤って電車に轢かれてしまいます。目を覚ました二人は黒い球があるマンションの一室に転送されていたのでした。
監督:佐藤信介 出演者:二宮和也(玄野計)、松山ケンイチ(加藤勝)、吉高由里子(小島多恵)、本郷奏多(西丈一郎)、夏菜(岸本恵)、綾野剛(謎の集団リーダー)、ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑