メリル・ストリープ映画一覧

メリル・ストリープが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ザ・ランドロマット パナマ文書流出」のネタバレあらすじ結末

ザ・ランドロマット パナマ文書流出の紹介:2019年アメリカ映画。実際に大事件となったパナマ文書を題材にしたコメディ作品です。ユルゲンとラモンは、税金対策としてオフショアカンパニーを立ち上げ、利用する富豪たちにペーパー会社を次々作らせ、租税逃れを指南しながら私欲を肥やしていました。夫をクルージング事故で亡くし、クルージング会社からの保険金をあてにしていたエレンでしたが、クルージング会社が加入していた保険会社が実際には存在しないペーパー会社で詐欺に遭っていたことがわかり、納得のいかないエレンは独自で調べ始めます…という内容です。登場人物が多く、専門的用語も多いため少し難解です。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演者:メリル・ストリープ(エレン・マーティン)、ゲイリー・オールドマン(ユルゲン・モサック)、アントニオ・バンデラス(ラモン・フォンセカ)、ロバート・パトリック(ペリー)、デヴィッド・シュワイマー(マシュー・カーク)ほか

「愛と精霊の家」のネタバレあらすじ結末

愛と精霊の家の紹介:1993年ドイツ,デンマーク,ポルトガル映画。南米の名家の娘と野心家で財を成した男が結婚、その後の波乱に満ちた一家の生涯を描いたヒューマン・ドラマ。ベストセラー小説「精霊たちの家」を豪華スター共演で映画化。
監督:ビレ・アウグスト 出演:メリル・ストリープ(クララ・トルエバ)、ジェレミー・アイアンズ(エステバン・トルエバ)、ウィノナ・ライダー(ブランカ・トルエバ)、グレン・クローズ(フェルラ・トルエバ)、アントニオ・バンデラス(ペドロ・セグンド)、マリア・コンチータ・アロンゾ(トランジート)、ヴィンセント・ギャロ(エステバン・ガルシア)、アーミン・ミューラー=スタール(セベロ)、ヴァネッサ・レッドグレーヴ(ニベア)、ほか

「メリー・ポピンズ リターンズ」のネタバレあらすじ結末

メリー・ポピンズ リターンズの紹介:2018年アメリカ映画。前作の20年後、大人になり妻の死や金銭的な問題で苦しんでいるマイケルの元へ再び姿を現したメリーポピンズは、彼に力を貸し再び子供の様な気持ちになる事を思い出させる。そして今度はマイケルの3人の子供達を不思議な世界へと連れて行くのだった。名作『メリー・ポピンズ』から半世紀ぶりの続編。大恐慌時代を舞台にメリー・ポピンズが再び起こす奇跡を描く。
監督:ロブ・マーシャル 出演:エミリー・ブラント(メリー・ポピンズ)、リン=マヌエル・ミランダ(ジャック)、ベン・ウィショー(マイケル・バンクス)、エミリー・モーティマー(ジェーン・バンクス)、ジュリー・ウォルターズ(エレン)、ピクシー・デイヴィーズ(アナベル・バンクス)、サナニエル・サレー(ジョン・バンクス)、ジョエル・ドーソン(ジョージー・バンクス)、コリン・ファース(ミスター・ウィルキンズ)、メリル・ストリープ(トプシー)、ほか

「心みだれて」のネタバレあらすじ結末

心みだれての紹介:1986年アメリカ映画。お互い離婚歴がある男女が出会って結婚、2人の子供にも恵まれてかつて経験しなかった喜びを得るが、夫の浮気によって幸せだった今回の結婚生活も破綻を迎える。
監督:マイク・ニコルズ 出演:メリル・ストリープ(レイチェル)、ジャック・ニコルソン(マーク)、モーリン・ステイプルトン(ベラ)、ジェフ・ダニエルズ(リチャード)、ストッカード・チャニング、リチャード・メイサー、キャサリン・オハラ、ケヴィン・スペイシー、

「大いなる陰謀」のネタバレあらすじ結末

大いなる陰謀の紹介:2007年アメリカ映画。次期大統領候補としての呼び声が高いジャスパー・アーヴィング上院議員は女性ジャーナリストのジャニーン・ロスを事務所に呼び出します。彼女に与えられた時間は1時間。ジャスパー議員はアフガニスタンで展開されているある軍事作戦について話し始めます。祖国に尽くしたいと自ら軍へと志願をしたアーネストとアリアン。彼らの恩師であるスティーヴン・マレー教授は2人の選択に誇りを感じながらも戸惑いを隠せません。大学教授、上院議員、ジャーナリストの3つの視点から対テロ戦争の裏にある大いなる陰謀が浮かび上がってきます。
監督:ロバート・レッドフォード 出演:ロバート・レッドフォード(マレー教授)、メリル・ストリープ(ジャニーン・ロス記者)、トム・クルーズ(アーヴィング上院議員)、マイケル・ペーニャ(アーネスト)、デレク・ルーク(アリアン・フィンチ)、アンドリュー・ガーフィールド(トッド・ヘイズ)、ピーター・バーグ(ファルコ中佐)、ほか

「ダウト あるカトリック学校で」のネタバレあらすじ結末

ダウト ~あるカトリック学校で~の紹介:2008年アメリカ映画。ニューヨークのカトリック学校の校長シスター・アロイシスは神父がある男子生徒と性的な関係に及んだのではないかという疑惑を募らせていました。アロイシスは神に背く行為だと知りつつ、一人真相を追求し始め、やがて神父を追い込んでいきますが…。アメリカを代表する劇作家のジョン・パトリック・シャンリーが自らの戯曲を映画化した作品。厳格なシスター役を演じたメリル・ストリープの迫真の演技が光ります。
監督:ジョン・パトリック・シャンリー 出演者:メリル・ストリープ(シスター・アロイシス)、フィリップ・シーモア・ホフマン(フリン神父)、エイミー・アダムス(シスター・ジェイムズ)、 ヴィオラ・デイヴィス(ミラー夫人)、アリス・ドラモンド(シスター・ヴェロニカ)、ほか

「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」のネタバレあらすじ結末

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴーの紹介:2018年アメリカ映画。愛の女神アフロディテの泉の伝説が残るギリシャの楽園カロカイリ島。前作ではここで小さなリゾート・ホテルを経営するシングルマザーのドナとその娘ソフィのストーリーが描かれた。そして本作では、ソフィがドナの夢だったエレガントなホテルへと改築。しかしソフィは夫スカイとのすれ違いにより危機を迎えていた。そして時はさかのぼり、大学を卒業したばかりの若き日の母ドナは広い世界へ飛び立とうとしていた。ドナと3人のパパとの間に”本当は何があったのか”という過去と、現在のソフィの身に起こる数々のサプライズ。前作の”それ以前”と”その後”がひとつになったストーリー。”マンマ・ミーア”や”ダンシング・クイーン”のほか、隠れた名曲も飛び出すABBA珠玉の楽曲の数々が物語を豊かに彩る。
監督:オル・パーカー 出演:アマンダ・セイフライド(ソフィ)、ピアース・ブロスナン(サム)、コリン・ファース(ハリー)、ステラン・スカルスガルド(ビル)、クリスティーン・バランスキー(ターニャ)、ジュリー・ウォルターズ(ロージー)、
アンディ・ガルシア(セニョール・シエンフエゴス)、シェール(ルビー)、メリル・ストリープ(ドナ)、ほか

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のネタバレあらすじ結末

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の紹介:2017年アメリカ映画。1971年に起こったアメリカ国防総省によるベトナム戦争の戦況について真実が記された機密文書『ペンタゴン・ペーパーズ』流出という実際に起こった事件を題材にした社会派ドラマ。『プラダを着た悪魔』のメリル・ストリープと『ダ・ヴィンチ・コード』のトム・ハンクスの二大名優が共演し、巨匠スティーブン・スピルバーグが監督を務めるアカデミー作品賞ノミネート作品。
監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:メリル・ストリープ(キャサリン・ケイ・グラハム)、トム・ハンクス(ベン・ブラッドリー)、トニー・ブラッドリー(サラ・ポールソン)、ボブ・オデンカーク(ベン・バグディキアン)、ロバート・マクナマラ(ブルース・グリーンウッド)、ダニエル・エルズバーグ(マシュー・リス)ほか

「未来を花束にして」のネタバレあらすじ結末

未来を花束にしての紹介:2015年イギリス映画。1912年ロンドン。モード・ワッツは過酷な労働環境の洗濯工場で働きつつ、夫サニーと幼い息子ジョージの3人で慎ましく幸せな暮らしをしていた。ところがある日、女性参政権を訴える活動家の友人に代わり公聴会で話したことをきっかけに「今と違う人生があるのでは?」と疑問を持つようになる。モードはWSPU(女性社会政治同盟)のリーダーであるエメリン・パンクハーストの演説や友人などから感化され、次第にデモに参加するようになる。現代から想像も付かない時代に、女性の人権を勝ち取る戦いをしてきた女性たち。エメリン・パンクハーストや、エメリー・ワイルディング・ディヴィソンなど実在した人々の物語と隠された史実の物語。
監督:サラ・ガヴロン 出演:キャリー・マリガン(モード・ワッツ)、ヘレナ・ボナム=カーター(イーディス・エリン)、ベン・ウィショー(モードの夫 / サニー・ワッツ)、ブレンダン・グリーソン(アーサー・スティード警部)、アンナ=マリー・ダフ(ヴァイオレット・ミラー)、メリル・ストリープ(エメリン・パンクハースト)、ナタリー・プレス(エメリー・ワイルディング・ディヴィソン)ほか

「いつか眠りにつく前に」のネタバレあらすじ結末

いつか眠りにつく前にの紹介:2007年アメリカ,ドイツ映画。病によって人生の最期をむかえ、秘めた過去を思い起こす老いた母と、それぞれ悩みをかかえながらも母に寄り添い、自分の人生を見つめ直す娘たちの姿を描く。
監督:ラホス・コルタイ 出演:クレア・デインズ(アン・グラント)、トニ・コレット(ニナ)、ヴァネッサ・レッドグレーヴ(アン・ロード)、パトリック・ウィルソン(ハリス・アーデン)、ヒュー・ダンシー(バディ・ウィッテンボーン)、ナターシャ・リチャードソン(コンスタンス)、メリル・ストリープ(ライラ)、ほか

「めぐりあう時間たち」のネタバレあらすじ結末

めぐりあう時間たちの紹介:2002年アメリカ映画。三つの時代、三人の女達が、家庭、友情、同性愛、自立心、自分の心にある自分らしさに葛藤し、逡巡し、そして決断して行く。三つの人生が、一つの言葉と一つの作品を通じ繋がっていく。実力派3女優が共演するヒューマンドラマ。
監督:スティーヴン・ダルドリー 出演者:ニコール・キッドマン(ヴァージニア・ウルフ)、ジュリアン・ムーア(ローラ・ブラウン)、メリル・ストリープ(クラリッサ・ヴォーン)、スティーヴン・ディレイン(レナード・ウルフ)、ミランダ・リチャードソン(ヴァネッサ・ベル)、エド・ハリス(リチャード・ブラウン )、クレア・デインズ(ジュリア・ヴォーガン)、ほか

「激流」のネタバレあらすじ結末

激流の紹介:1994年アメリカ映画。川下りを趣味とする離反しかけた一家が逃亡中の凶悪犯と遭遇してしまい、人質に取られて非常に危険な急流下りを強いられるサスペンス・アドベンチャー作品です。ほぼ全編は実際の川で撮影されており、ダイナミックな自然描写と迫力ある激流の描写が見どころです。
監督:カーティス・ハンソン 出演者:メリル・ストリープ(ゲイル・ハートマン)、ケヴィン・ベーコン(ウェイド)、デイヴィッド・ストラザーン(トム・ハートマン)、ジョゼフ・マゼロ(ローク・ハートマン)、ジョン・C・ライリー(テリー)ほか

「クライシス・オブ・アメリカ」のネタバレあらすじ結末

クライシス・オブ・アメリカの紹介:2004年アメリカ映画。影なき狙撃者のリメイク。リチャード・コンドンの小説を原作にした1962年公開の映画「影なき狙撃者」を、舞台を湾岸戦争後に置き換えてリメイクした社会派サスペンス作品です。湾岸戦争の英雄として政界入りを果たした元軍人の上官がその行動に疑問を抱くうち、国家をも揺るがす陰謀に巻き込まれていきます。
監督:ジョナサン・デミ 出演者:デンゼル・ワシントン(ベン・マルコ)、メリル・ストリープ(エレノア・ショー)、リーヴ・シュレイバー(レイモンド・ショー)、ジェフリー・ライト(アル・メルヴィン)、キンバリー・エリス(ユジェニー・ローズ)ほか

「マイ・ルーム」のネタバレあらすじ結末

マイ・ルームの紹介:1996年アメリカ映画。白血病に侵された女性と、長年絶縁状態だった妹とその家族との再会と新たな絆を豪華キャストで描くヒューマンドラマです。
監督:ジェリー・ザックス 出演者:メリル・ストリープ(リー)、ダイアン・キートン(ベッシー)、レオナルド・ディカプリオ(ハンク)、ロバート・デ・ニーロ(ウォーリー医師)、ヒューム・クローニン(マーヴィン)ほか

「愛と哀しみの果て」のネタバレあらすじ結末

愛と哀しみの果ての紹介:1985年アメリカ映画。20世紀初頭、裕福なデンマークの令嬢が生きがいを求めてアフリカに渡り、現地での仕事や愛に生きた半生を描いた人生ドラマ。アカデミー作品賞を受賞。
監督:シドニー・ポラック 出演:メリル・ストリープ(カレン)、ロバート・レッドフォード(デニス)、クラウス・マリア・ブランダウアー(ブロア)、マイケル・キッチン(コール)、マリック・ボーウェンズ(ファラ)、ほか

1 2 3
TOP↑