マイケル・ビーン映画一覧

マイケル・ビーンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「グリース」のネタバレあらすじ結末

グリースの紹介:1978年アメリカ映画。オリビア・ニュートン=ジョンとジョン・トラボルタという、2大スターの共演で大ヒットとなった学園ミュージカル。清純な女子高生と不良の男子高生の恋愛を、60年代スタイルでコミカルに描く。タイトル曲「グリース」を始め、「愛すれど悲し」や「愛のデュエット」など、サントラからは次々とヒット曲が誕生した。同名の舞台は、ブロードウェイで何度もロングラン上演されている。
監督:ランダル・クレイザー 出演者:オリビア・ニュートン=ジョン(サンディ・オルソン)、ジョン・トラボルタ(ダニー・ズーコ)、ストッカード・チャニング(ベティ・リゾ)、ジェフ・コナウェイ(ケニッキ―)、ディディ・コーン(フレンチ―)、バリー・バール(ドゥーディ)、マイケル・トゥッチ(ソニー)ほか

「トゥームストーン」のネタバレあらすじ結末

トゥームストーンの紹介:1993年アメリカ映画。過去に幾度も映画された、西部開拓時代の名勝負のひとつ“OK牧場の決闘”を、伝説の保安官ワイアット・アープとその盟友ドク・ホリデイの友情を交え、事実に可能な限り忠実に描いた西部劇です。
監督:ジョージ・P・コスマトス 出演者:カート・ラッセル(ワイアット・アープ)、ヴァル・キルマー(ドク・ホリデイ)、サム・エリオット(ヴァージル・アープ)、ビル・パクストン(モーガン・アープ)、パワーズ・ブース(カーリー・ビル)、マイケル・ビーン(リンゴ・キッド)、チャールトン・ヘストン(ヘンリー・フッカー)ほか

「ジェイド」のネタバレあらすじ結末

ジェイドの紹介:1995年アメリカ映画。(別題:欲望の女ジェイド/魔性の香り/ジェイド秘められた快楽に迫る殺意)富豪惨殺事件を調査する検事補が、隠された陰謀と事件に関わった謎の女ジェイドの正体を暴こうとするが、真犯人は検事補も知る意外な人物だった。
監督:ウィリアム・フリードキン 出演:デヴィッド・カルーソー、リンダ・フィオレンティーノ、チャズ・パルミンテリ、マイケル・ビーン、ほか

「ザ・マニアック」のネタバレあらすじ結末

ザ・マニアックの紹介:2011年アメリカ映画。森林地帯の奥深くで謎の失踪事件が相次いでいた。 レイプ魔の警官、追われている女、山小屋に1人で住む男。 狂気によって支配される暗い森の中で吹き荒れるバイオレンスの嵐。 あらゆる予想が裏切られる衝撃の結末とは。『ターミネーター』のマイケル・ビーン主演で初監督作品。
監督:マイケル・ビーン 出演:カイル(マイケル・ビーン)、アニー(ジェニファー・ブランク)、ハリソン(ライアン・ハニー)、クーガー(デニー・カークウッド)、メアリー(ダニエル・ハリス)ほか

「ネイビー・シールズ」のネタバレあらすじ結末

ネイビー・シールズの紹介:1990年アメリカ映画。地中海で救助活動中のアメリカ海軍ヘリがテロリストにより撃墜される。その乗組員救出の為にアメリカ海兵隊特殊部隊シールズのカラン率いるチームが派遣された。敵アジトを奇襲、人質救出は成功するが、隊員ホーキンスが撤退際に携帯式対空ミサイルを発見する。それは破壊できず、しかもそこ場には大物テロリスト、シャヒードも居たが見逃してしまった。カランとチームは、ミサイルとシャヒードを葬る為奮戦するシールズを主役としたアクション映画。
監督:ルイス・ティーグ 出演:デイル・ホーキンス(チャーリー・シーン)、ジェームズ・カラン(マイケル・ビーン)、クレア・ヴァレンズ(ジョアンヌ・ウォーリー=キルマー)、レクサー(シリル・オライリー)、デイン(ビル・バクストン)、ほか

「シャドウ・エフェクト」のネタバレあらすじ結末

シャドウ・エフェクトの紹介:2017年アメリカ映画。平凡な人生を送る男の脳裏にたびたび浮かぶ信じられない光景。それは要人達を次々と暗殺し、直後に自ら命を絶つ自分の姿だった。この恐ろしいビジョンは単なる妄想か、それとも何かの罠なのか。真実を追い求めた男は、ある驚くべき陰謀にたどりつく。「ターミネーター」のカイル・リースこと、マイケル・ビーンの悪役ぶりが見どころの奇想天外なサスペンス・アクション。
監督:オービン・オルソン/アマリヤ・オルソン 出演者:キャム・ギガンデット(ガブリエル・ホワース)、ジョナサン・リース=マイヤーズ(リーズ)、マイケル・ビーン(ホッジ保安官)、ブリット・ショウ(ブリン・ホワース)、カレン・モス(フランシス州知事)、マーク・アッシュワース(ジャック)ほか

「ザ・ロック」のネタバレあらすじ結末

ザ・ロックの紹介:1996年アメリカ映画。米政府から不当に扱われた部下の死に怒ったアメリカ海兵隊員の英雄たちの猛毒化学兵器テロに、FBI化学兵器専門家と元英国諜報部員の囚人が立ち上がり、テロ事件解決に向けての攻防を描いたアクション映画です。ドン・シンプソンの遺作となり、最後に「この作品をドン・シンプソンの思い出に捧げる」というテロップが出てきます。
監督:マイケル・ベイ 出演:ニコラス・ケイジ(スタンリー・グッドスピード博士)、ショーン・コネリー(ジョン・パトリック・メイソン)、エド・ハリス(フランシス・X・ハメル准将)、マイケル・ビーン(アンダーソン隊長)、ほか

「アビス」のネタバレあらすじ結末

アビスの紹介:1989年アメリカ映画。「ターミネーター」と「エイリアン2」で大ヒットをとばしたジェームズ・キャメロン監督が莫大な製作費を投じて作り上げた深海SF大作。当時CGによる水の生物の映像が大きな話題を呼んだ。
監督:ジェームズ・キャメロン・出演:エド・ハリス(バッド・ブリッグマン)、メアリー・エリザベス・マストラントニオ(リンジー)、マイケル・ビーン(コフィ大尉)、ほか

「エイリアン2」のネタバレあらすじ結末

エイリアン2の紹介:1986年アメリカ映画。巨匠リドリースコット監督が恐怖に満ちた第1作を手がけたことで、今度はターミネーター等のアクション映画監督で知られるジェームズキャメロンが制作し、テイストがガラリと変わります。ノストロモ号事件で唯一の生き残った二等航海士リプリーが乗った宇宙船は57年後にようやく発見される。エイリアンの存在と危険性を訴えるリプリーだったが、彼女を驚愕の事実が襲う。
監督:ジェームズ・キャメロン 出演:シガーニー・ウィーヴァー(リプリー)、マイケル・ビーン(ヒックス)、キャリー・ヘン(レベッカ・“ニュート”・ジョーダン)、ランス・ヘンリクセン(ビショップ)、ポール・ライザー(バーク)、ジャネット・ゴールドスタイン(ヴァスクェス)、ほか

「ターミネーター」のネタバレあらすじ結末

ターミネーター(原題: The Terminator)の紹介:1984年アメリカ作品。アーノルド・シュワルツェネッガーによるターミネーターシリーズ第1作目。2029年、マシンが人類を支配する世界となり、マシンに反旗を翻した残りの人類は、必死の抵抗をし、マシンを劣勢に追い込むことに成功。それに業を煮やしたマシンは人類の抵抗軍リーダー:ジョン・コナーが生まれてくる前に抹殺しようと、彼の母サラがいる1984年へ殺人マシーンを送り込む。
監督:ジェームズ・キャメロン 出演:アーノルド・シュワルツェネッガー(ターミネーター)、マイケル・ビーン(カイル・リース)、リンダ・ハミルトン(サラ・コナー)、ポール・ウィンフィールド(エド・トラクスラー警部補)、ランス・ヘンリクセン(ブコヴィッチ)、アール・ボーエン(ドクター・シルバーマン)、ベス・モッタ(ジンジャー)、リック・ロソヴィッチ(マット)、ほか

「ターミネーターシリーズ(1~3)」のネタバレあらすじ結末

ターミネーターシリーズ(1~3)の紹介:映画ターミネーターシリーズはジェームズ・キャメロン監督が手がけたSFアクション映画です。 ターミネーター2まではジェームズ・キャメロンが監督を担当し、3作目はジョナサン・モストウが監督しています。いずれもアーノルド・シュワルツェネッガーが殺人マシーン、ターミネーターを演じています。
監督:ジェームズ・キャメロン、ジョナサン・モストウ 出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、マイケル・ビーン、エドワード・ファーロング、ニック・スタール、ロバート・パトリック、クリスタナ・ローケンほか

TOP↑