マイク・マイヤーズ映画一覧

マイク・マイヤーズが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ウェインズ・ワールド」のネタバレあらすじ結末

ウェインズ・ワールドの紹介:1992年アメリカ映画。アメリカの人気テレビ番組「サタデー・ナイト・ライブ」の1コーナーを映画化したものです。ロック好きな二人の男が手掛けるケーブルテレビ番組「ウェインズ・ワールド」をメインに、ロックテイスト溢れる小ネタなどを挟んだコメディです。
監督:ペネロープ・スフィーリス 出演者:マイク・マイヤーズ(ウェイン・キャンベル)、ダナ・カーヴィ(ガース・アルガー)、ティア・カレル(カサンドラ・ウォン)、ロブ・ロウ(ベンジャミン・オリヴァー)、ララ・フリン・ボイル(ステイシー)ほか

「オースティン・パワーズ:デラックス」のネタバレあらすじ結末

オースティン・パワーズ:デラックスの紹介:1999年アメリカ映画。オースティン・パワーズが宿敵ドクター・イーブルを倒すため、そして奪われたモジョを奪い返すため1969年にタイムスリップ。様々な刺客を新恋人と倒していきます 。
監督:ジェイ・ローチ 出演:マイク・マイヤーズ(オースティン・パワーズ/Dr.イーブル/ファット・バスタード)、ヘザー・グレアム(フェリシティ・シャグウェル)、マイケル・ヨーク(ベイジル・エクスポジション)、ロバート・ワグナー(ナンバー・ツー)、ロブ・ロウ(若き日のナンバー・ツー)、ミンディ・スターリング(フラウ・ファルビッシナ)、ヴァーン・J・トロイヤー(ミニ・ミー)、エリザベス・ハーレイ(ヴァネッサ・ケンジントン)、ティム・ロビンス(大統領)、セス・グリーン(スコット・イーブル)、ほか

「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」のネタバレあらすじ結末

オースティン・パワーズ ゴールドメンバーの紹介:2002年アメリカ映画。ドクター・イーブルが再び地球滅亡を図ろうとした事を知ったオースティンは彼を逮捕しお手柄をあげますが、その表彰式に現れなかった彼の父親が何者かに誘拐されている事を知ります。その誘拐にドクター・イーブルの仲間、ゴールドメンバーが関与していると分かると、1975年のニューヨークへタイムマシーンで父親を助けに行きますが失敗に終わり2002年に連れて行かれる父親を追うオースティン。 そんな中、うまく脱獄に成功したドクター・イーブルは日本の新基地へと向かいます。オースティンも彼を追い、彼の地球滅亡計画を阻止しようとします。
監督:ジェイ・ローチ 出演:マイク・マイヤーズ(オースティン・パワーズ、ドクター・イーブル、ファット・バスタード、ゴールドメンバー)、ビヨンセ・ノウルズ(フォクシー・クレオパトラ)、マイケル・ケイン(ナイジェル・パワーズ)、ヴァーン・J・トロイヤー(ミニ・ミー)、松久信幸(ミスター・ロボト)ほか

「オースティン・パワーズ」のネタバレあらすじ結末

オースティン・パワーズの紹介:1997年アメリカ映画。60年代ファッションが魅力的で、オースティンやドクター・イーブルが冷凍保存されていたことで30年の時代の変化を面白く切なく感じることのできる作品です。キャリー・フィッシャーやクリスチャン・スレーター、ビート・バカラックなどカメオ出演も豪華です。
監督:ジェイ・ローチ 出演:マイク・マイヤーズ(オースティン・パワーズ/ドクター・イービル)、エリザベス・ハーレイ(バネッサ・ケンジントン)、ミミ・ロジャース(ミセス・ケンジントン)、ロバート・ワグナー(ナンバー・ツー)

「シュレック2」のネタバレあらすじ結末

シュレック2の紹介:2004年アメリカ映画。前作でフィオナの呪いを解き、めでたく結ばれたシュレックとフィオナ。新婚ホヤホヤの2人は、新たな騒動に巻き込まれます。新キャラ“長ぐつをはいた猫”が加わり、前作以上に面白さがパワーアップのシリーズ第2作です。アカデミー賞受賞は逃しましたが、歌曲賞と長編アニメ映画賞をノミネートしています。
監督:アンドリュー・アダムソン ケリー・アズベリー コンラッド・ヴァーノン 出演者:シュレック(マイク・マイヤーズ)、フィオナ姫(キャメロン・ディアス)、ドンキー(エディ・マーフィ)、長ぐつをはいた猫(アントニオ・バンデラス)、ドリス(ラリー・キング)ほか

「シュレック フォーエバー」のネタバレあらすじ結末

シュレック フォーエバーの紹介:2010年アメリカ映画。妻と3人の子供達と仲良く暮らすシュレック。彼の家では毎日ドンキーやネコのプスがやってきて楽しい日々を過ごしていた。しかしある時からこの平和な日常に物足りなさを感じ出したシュレックはある日道で出会った男と取引をする。それはかつての怪物としての日常を与える代わりにシュレックの何でもない1日を男に渡すというもの。しかしそれはその男の仕組んだ罠だった。人気CG映画シュレックシリーズの最終章。
監督:マイク・ミッチェル 出演:シュレック(マイク・マイヤーズ) フィオナ姫(キャメロン・ディアス) ドンキー(エディ・マーフィー) 長ぐつをはいたネコ(アントニオ・バンデラス) ランプルスティルスキン(ウォルト・ドーン)

「シュレック3」のネタバレあらすじ結末

シュレック3の紹介:2007年アメリカの人気フルCGアニメ映画で、今作が『シュレック』のシリーズ第3弾になります。主人公であるシュレックが結婚し、新しい家族を守るため奮闘する姿が描かれています。
監督:クリス・ミラー 声優:マイク・マイヤーズ( シュレック)、キャメロン・ディアス(フィオナ姫)、エディ・マーフィー(ドンキー)、アントニオ・バンデラス(長靴を履いた猫)、ジャスティン・ティンバーレーク(アーサー)、ルパート・エバレット(チャーミング王子)ほか

TOP↑