Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

三浦貴大映画一覧

三浦貴大が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「太陽の坐る場所」のネタバレあらすじ結末

太陽の坐る場所の紹介:2014年アメリカ映画。辻村深月の小説をベースに映画化されたヒューマンドラマ。卒業して10年経った今でも思春期を引きずる響子を、高校時代の回想と現在を交互にしながら映し出してゆく。
監督:矢崎仁司 出演:水川あさみ(高間響子)、木村文乃(鈴原今日子)、三浦貴大(島津謙太)、森カンナ(水上由希)、鶴見辰吾(野島)、古泉葵(高間響子 / 高校時代)、吉田まどか(鈴原今日子 / 高校時代)、大石悠馬(島津謙太 / 高校時代)、山谷花純(水上由希 / 高校時代)、

「のみとり侍」のネタバレあらすじ結末

のみとり侍(蚤とり侍)の紹介:2018年日本映画。徳川家治、老中田沼意次の時代に賄賂が横行し、お金になることは何でも許されていた。そんなある日、長岡藩のエリート侍小林は歌の会に出ていたのだが藩主牧野忠精の作品が盗作であると正直に言ってしまう。みんなのいる前で恥をかかされた忠精は逆ギレして「猫の蚤とりになって無様に暮らせ。」と左遷されてしまう。生真面目な小林は猫の蚤取りをするものと思って蚤取りの親分甚兵衛とその妻お鈴に会いに下町に行くと何か勘違いされて貧乏長屋を紹介されてそこで暮らすようになる。猫の蚤取りとは名ばかりで実際はセフレの仕事だった。
監督:鶴橋康夫 出演:阿部寛(小林寛之進)、寺島しのぶ(おみね/千鶴)、豊川悦司(清兵衛)、斎藤工(佐伯友之介)、風間杜夫(甚兵衛)、大竹しのぶ(お鈴)、前田敦子(おちえ)、松重豊(牧野備前守忠精)、桂文枝(田沼意次)、ほか

「夜空はいつでも最高密度の青色だ」のネタバレあらすじ結末

夜空はいつでも最高密度の青色だの紹介:2017年日本映画。詩人・最果タヒの同名詩集を映画化した作品で、東京を舞台に、昼は看護師・夜はガールズバーで働く女性と左目がほとんど見えない日雇い労働者、二人の孤独な男女の出会いと切ない恋を描いたラブストーリーです。2017年の第91回キネマ旬報ベスト・テンで日本映画1位を獲得しています。
監督:石井裕也 出演者:石橋静河(美香)、池松壮亮(慎二)、市川実日子(美香の母)、松田龍平(智之)、田中哲司(岩下)ほか

「HERO(2015年)」のネタバレあらすじ結末

HEROの紹介:2015年日本映画。フジテレビ系列で放送された木村拓哉主演のTVドラマ『HERO』の映画版第2作です。キャッチコピーは「新たなる伝説が始まる」で、ある一人の若い女性の不審な交通死亡事故を発端に、常識にとらわれず自分の価値観で捜査をする検事・久利生公平と東京地検城西支部の個性的な仲間たちが、外交特権という高い壁に立ち向かっていく姿を軽妙なタッチで描いたサスペンス・ヒューマン映画です。この作品は、第33回ゴールデングロス賞(2015年)の日本映画部門・優秀銀賞を受賞し、出演した吉田羊は第40回報知映画賞助演女優賞しました。
監督:鈴木雅之 出演:木村拓哉(久利生公平)、北川景子(麻木千佳)、杉本哲太(田村雅史)、濱田岳(宇野大介)、正名僕蔵(井戸秀二)、吉田羊(馬場礼子)、松たか子(雨宮舞子)、佐藤浩市(松葉圭介)、ほか

「キッズ・リターン 再会の時」のネタバレあらすじ結末

キッズ・リターン 再会の時の紹介:2013年日本映画。北野武監督の『Kids Return キッズ・リターン』の続編で10年後のマサルとシンジを描いた作品です。シンジはボクシングの道に進むも挫折し、マサルは刑務所から出所したばかりで上手く行きません。そんな中、再会しそれをきっかけに二人は昔の情熱を取り戻し再チャレンジしていきます。
監督:清水浩 出演:平岡祐太(シンジ)、三浦貴大(マサル)、倉科カナ(マナミ)、中尾明慶(ユウジ)、市川しんぺー(松本)、小倉久寛(小林)、池内博之(崎山)、杉本哲太(室沢)、ベンガル(沢田会長)、ほか

「淵に立つ」のネタバレあらすじ結末

淵に立つの紹介:2016年日本,フランス映画。平凡で穏やかな暮らしを送っていたごく普通の家庭が、ある前科者の男の出現を機に崩壊に向かっていく姿を二部構成で描いた衝撃のサスペンス映画です。
監督:深田晃司 出演者:浅野忠信(八坂草太郎)、筒井真理子(鈴岡章江)、古舘寛治(鈴岡利雄)、太賀(山上孝司)、三浦貴大(設楽篤)ほか

「ローリング」のネタバレあらすじ結末

ローリングの紹介:2015年日本映画。教え子の容子を盗撮した事件で地元を後にした元教師の権藤と、彼に連れてこられたキャバクラ嬢のみはり、そして男の元教え子だった貫一の3人の出会いで思わぬ騒動が引き起こされていく。
監督:冨永昌敬 出演:三浦貴大(貫一)、柳英里紗(みはり)、川瀬陽太(権藤)ほか

「ふがいない僕は空を見た」のネタバレあらすじ結末

ふがいない僕は空を見たの紹介:2012年日本映画。男子高校生と主婦の不倫関係を中心に、いじめや貧困、姑問題と多くの人々が抱えている苦しみがつまった物語。このような苦しみから人は逃れることがないのだろうかと暗い気持ちになるけど、命の大切さに気付き希望を胸に生きていく主人公たちに救われる気持ちになります。
監督:タナダユキ 出演:永山絢斗(斉藤卓巳)、田畑智子(岡本里美・あんず)、窪田正孝(福田良太)、小篠恵奈(あくつ純子)、田中美晴(松永七菜)、三浦貴大(田岡良文)、ほか

「CUTIE HONEY TEARS」のネタバレあらすじ結末

CUTIE HONEY TEARS(キューティーハニー・ティアーズ)の紹介:2016年日本映画。マンガとアニメ双方で人気の永井豪ヒット作「キューティーハニー」を実写映画化。荒廃した近未来が舞台で、天才科学者が創った女性アンドロイド・キューティーハニーが人類の存亡を懸けた戦いに挑む姿を描く。
監督:A.T.ヒグチリョウ 出演:西内まりや(如月瞳/キューティーハニー)、石田ニコル(ジル)、三浦貴大(早見青児)、高岡奏輔(浦木一仁)、永瀬匡(木村龍太)、岩城滉一(如月博士)、ほか

「許されざる者(2013渡辺謙)」のネタバレあらすじ結末

許されざる者の紹介:2013年日本映画。第65回アカデミー賞作品賞受賞作品。クリント・イーストウッド監督・主演の西部劇『許されざる者』(1992年)をリメイクした日本映画。キャッチコピーは「人は、どこまで許されるのか」。時代設定は原作の設定と同時期の明治時代初期、舞台は蝦夷地で、江戸幕府の残党・「人斬り・釜田十兵衛」の生き様を描いています。監督・脚本は李相日。この作品で、主演・渡辺謙は第37回日本アカデミー賞優秀主演男優賞、忽那汐里は新人俳優賞を受賞。
監督:李相日 出演:渡辺謙(釜田十兵衛)、柄本明(馬場金吾)、柳楽優弥(沢田五郎)、忽那汐里(なつめ)、三浦貴大(堀田卯之助)、佐藤浩市(大石一蔵)、小池栄子(お梶)ほか

「シンゴジラ」のネタバレあらすじ結末

シンゴジラの紹介:2016年日本映画。シンゴジラは日本版ゴジラとしては12年ぶりの映画化作品で、ゴジラシリーズ第29作目。ある日突然東京湾で水蒸気爆発が起きた。すぐに総理の耳にも入り慌ただしく動く日本政府。その原因は海の中に潜む巨大な生物ゴジラだった。目的も正体も分からないその生物ゴジラに翻弄される日本。そんな中内閣官房副長官を務める矢口はその存在に対抗する術を見つける。しかし遠くの国の人間は核を使い街もろとも破壊しようと考えていた。
監督:庵野秀明(総監督) 樋口真嗣(監督・特技監督) 出演:矢口蘭堂(長谷川博己) 赤坂秀樹(竹野内豊) カヨコ・アン・パタースン(石原さとみ) 大河内清次(大杉漣) 東竜太(柄本明) 志村祐介(高良健吾)ほか

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」のネタバレあらすじ結末

進撃の巨人 ATTACK ON TITANの紹介:2015年日本映画。100年の時を経て、再び巨人に喰われた村。家族、大切な人の仇をとるため巨人に復讐を誓うエレンだったが・・・
監督:樋口真嗣 出演:三浦春馬(エレン)、長谷川博己(シキシマ)、水原希子(ミカサ)、本郷奏多(アルミン)、三浦貴大(ジャン)、桜庭ななみ(サシャ)、ほか

「麒麟の翼」のネタバレあらすじ結末

麒麟の翼 ~劇場版・新参者~の紹介:2011年日本映画。東野圭吾の小説「加賀恭一郎シリーズ」の「新参者」を基に、阿部寛主演ドラマの劇場版。日本橋の麒麟像の下で一人の男性が殺され、被疑者と見られる男はトラックに轢かれて意識不明の重体になりました。加賀刑事は被害者の足取りを追いながら真相に迫ります。
監督:土井裕泰 出演:加賀恭一郎(阿部寛) 青柳武明(中井貴一) 青柳悠人(松坂桃李) 八島冬樹(三浦貴大) 中原香織(新垣結衣) 松宮脩平(溝端淳平) 杉野達也(山崎賢人) 吉永友之(菅田将暉)ほか

「イニシエーション・ラブ」のネタバレあらすじ結末

イニシエーション・ラブの紹介:2015年日本映画。キャッチコピーは、『最後の5分、全てが覆る。あなたは必ず、2回観る。』その特性から実写化不可能と言われていた乾くるみの小説『イニシエーション・ラブ』が、映画化した。
監督:堤幸彦 出演者:松田翔太(鈴木)、前田敦子(成岡繭子(マユ))、木村文乃(石丸美弥子)、三浦貴大(海藤)、前野朋哉(梵ちゃん)ほか

「あなたへ」のネタバレあらすじ結末

あなたへの紹介:2012年日本映画。倉島英二は富山の刑務所で指導教官として勤務している。病気で亡くなった妻・陽子から一通の絵手紙を受け取る。そこには、自分の骨を故郷の海に散骨してほしいと書かれていた。英二は何故、陽子がこんな頼みをしたのか、陽子の真意を知るために手製キャンピングカーで長崎県平戸まで旅をする。旅の途中で出会う人々の人生に関わったことで、陽子の気持ちを少しづつ理解する。
監督:降旗康男 出演:高倉健(倉島英二)、田中裕子(倉島洋子)、佐藤浩市(南原慎一)、草彅剛(田宮裕司)、綾瀬はるか(濱崎奈緒子)他

1 2
TOP↑