宮部みゆき原作映画一覧

宮部みゆき原作映画のネタバレあらすじ一覧です。宮部みゆき原作のおすすめ映画、人気映画から、題材として扱われた作品まで、宮部みゆき原作映画のネタバレあらすじ一覧です。

「理由」のネタバレあらすじ結末

理由の紹介:2004年日本映画。宮部みゆきの同名の直木賞受賞作を映画化。荒川区の超高層マンションで、一家惨殺事件が起き、その容疑者として石田が指名手配されるものの、捜査が進むうちに一家の4人全員が赤の他人だったことが判明、事件は予期せぬ展開に。インタビュー形式でストーリーは進み、出演者は100名以上に及ぶ。多部未華子の映画デビュー作。
監督:大林宣彦 出演:村田雄浩(交番の石川巡査長)、寺島咲(片倉信子)、大和田伸也(1225号室住人 佐藤義男)、久本雅美(2024号室住人 葛西美枝子)、宝生舞(資産家の妻 とし子)、風吹ジュン(小糸信治の妻 小糸静子)、渡辺裕之(警察庁捜査一課警部)、柄本明(片倉ハウス主人 片倉義文)、小林聡美(2026号室住人 北畠敦子)、加瀬亮(八代祐司)、伊藤歩(宝井綾子)、小林稔侍(石田直澄の弁護士 戸村六郎)、宮崎将(石田直澄の長男 石田直己)、宮崎あおい(石田直澄の長女 石田由香里)、ほか

「模倣犯」のネタバレあらすじ結末

模倣犯の紹介:2002年日本映画。宮部みゆきが放つ本格ミステリーを、大人気アイドルグループ「SMAP」のリーダー、中居正広が務めたことで話題となった。その他有名俳優陣を起用した意欲作。
監督:森田芳光 出演者:中居正広(網川浩一/ピース)、藤井隆(高井和明)、津田寛治(栗橋浩美)、木村佳乃(前畑滋子)、山崎努(有馬義男)、伊東美咲(古川鞠子)、田口淳之介(塚田真一)、ほか

「ブレイブストーリー」のネタバレあらすじ結末

ブレイブストーリーの紹介:2006年日本映画。その日ワタルにとっては最悪な1日となった。父が家を出、同じ学校の生徒に殴られ、帰ると母が倒れていた。しかしそれがワタルの転機となった。不思議な転校生と出会いある場所への扉を見つけたワタル、その扉はビジョンと呼ばれる異世界へ通じる扉だった。ビジョンへ行くと運命を変えられる、ワタルはその転校生ミツルからそう教えられ扉をくぐる覚悟を決める。原作は作家宮部みゆきの同名小説「ブレイブ・ストーリー」。
監督:千明孝一 声の出演:松たか子(三谷亘/ワタル)、大泉洋(キ・キーマ)、常盤貴子(カッツ)、ウエンツ瑛士(芦川美鶴/ミツル)、今井美樹(運命の女神)、田中好子(三谷邦子)、伊東四朗(ラウ導師)、樹木希林(オンバ)、ほか

「ソロモンの偽証(後篇・裁判)」のネタバレあらすじ結末

ソロモンの偽証(後篇・裁判)の紹介:2015年日本映画。宮部みゆき原作の長編推理小説を映画化した『ソロモンの偽証』の後編。「前編・事件」に続いて公開となった「ソロモンの偽証 後編・裁判」で、ようやくクリスマスに死んだクラスメイトの死の真相が明らかになる。この作品は4部門で日本アカデミー賞を受賞した。
出演:藤野涼子(藤野涼子)、三宅樹理(石井杏奈)、神原和彦(板垣瑞生)、大出俊次(清水尋也)ほか

「ソロモンの偽証(前篇・事件)」のネタバレあらすじ結末

ソロモンの偽証(前篇・事件)の紹介:2015年日本映画。宮部みゆき原作の現代ミステリーの最高傑作と謳われた小説ソロモンの偽証を映画化。クリスマスの朝、学校で転落死した男子生徒は自殺と断定されたが、殺人を目撃したという告発状が届く。さらに増える犠牲者とマスコミの過熱。そして、学校内裁判が始まった。
藤野涼子(藤野涼子)、神原(板垣瑞生)、三宅樹理(石井杏奈)ほか

TOP↑