宮﨑あおい映画一覧

宮﨑あおいが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」のネタバレあらすじ結末

ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~の紹介:2017年日本映画。「おくりびと」でアカデミー賞外国語映画賞に輝いた滝田洋二郎監督による感動作。作中に登場する豪華な料理の数々は、料理界の重鎮・服部幸慶氏が全面協力しています。1930年代の満州国で天皇の料理番によって生み出された幻のレシピの謎を、絶対味覚=麒麟の舌を持つ天才料理人が追います。
監督:滝田洋二郎 出演:二宮和也(佐々木充)、西島秀俊(山形直太朗)、綾野剛(柳沢健)、宮崎あおい(山形千鶴)、西畑大吾(鎌田正太郎)、竹野内豊(三宅太蔵)、ほか

「ホワイト・プラネット」のネタバレあらすじ結末

ホワイト・プラネットの紹介:2006年フランス,カナダ映画。北極圏の厳しい自然と、たくましく生きる動物達の姿を捉えたネイチャー・ドキュメンタリー。極寒の地北極には、多種多様な生き物が生息している。氷原を駆けるホッキョクグマ、地球最大規模の移動を続けるカリブー、大海を旅するクジラ。しかし地球温暖化によって北極の自然は蝕まれ、動物達にも絶滅の危機が迫っていた。大迫力の映像が、現代人に自然の尊さを訴える。
監督:ティエリー・ラコベール、ティエリー・ピアンタニーダ 出演者:ジャン=ルイ・エティエンヌ(ナレーション)、宮崎あおい(ナレーション(日本語吹替版))

「理由」のネタバレあらすじ結末

理由の紹介:2004年日本映画。宮部みゆきの同名の直木賞受賞作を映画化。荒川区の超高層マンションで、一家惨殺事件が起き、その容疑者として石田が指名手配されるものの、捜査が進むうちに一家の4人全員が赤の他人だったことが判明、事件は予期せぬ展開に。インタビュー形式でストーリーは進み、出演者は100名以上に及ぶ。多部未華子の映画デビュー作。
監督:大林宣彦 出演:村田雄浩(交番の石川巡査長)、寺島咲(片倉信子)、大和田伸也(1225号室住人 佐藤義男)、久本雅美(2024号室住人 葛西美枝子)、宝生舞(資産家の妻 とし子)、風吹ジュン(小糸信治の妻 小糸静子)、渡辺裕之(警察庁捜査一課警部)、柄本明(片倉ハウス主人 片倉義文)、小林聡美(2026号室住人 北畠敦子)、加瀬亮(八代祐司)、伊藤歩(宝井綾子)、小林稔侍(石田直澄の弁護士 戸村六郎)、宮崎将(石田直澄の長男 石田直己)、宮崎あおい(石田直澄の長女 石田由香里)、ほか

「ペタルダンス」のネタバレあらすじ結末

ペタル ダンスの紹介:2013年日本映画。自殺未遂をした大学時代の友人を訪ねるため、病院までの“女子旅”に出た3人の女たちが、その道中でそれぞれが抱える悩みを見つめ直す過程を描いたヒューマンドラマです。実力派女優4人の共演にも注目です。
監督:石川寛 出演者:宮崎あおい(ジンコ)、忽那汐里(原木)、安藤サクラ(素子)、吹石一恵(ミキ)、安藤政信(直人)、風間俊介(川田)ほか

「いぬのえいが」のネタバレあらすじ結末

いぬのえいがの紹介:2004年日本映画。この作品は犬と人間との心の触れ合いをテーマにした11編の短編ドラマで構成されたオムニバス映画です。主な短編ドラマは「A Dog’s Life」(監督:黒田昌郎)、「うちの子No.1」(監督:祢津哲久)、「CMよ、どこへ行く」(監督:黒田秀樹)、「ポチは待っていた」(監督:犬童一心)、「恋するコロ」(監督:佐藤信介)、「犬語」(監督:永井聡)、「ねぇ、マリモ」(監督:真田敦)などです。
出演者:中村獅童(山田賢太郎)、伊東美咲(白鳥美咲)、天海祐希(美春)、小西真奈美(香織)、宮崎あおい(美香)、佐藤隆太(克彦)、乙葉(知美)、荒川良々(コロの声)、川平慈英(正夫)、佐野史郎(おじさん)、渡辺えり子(おばさん)、吉川ひなの(若奥さん)、木村多江(香織の母)、清水美那(看護婦・泰代)、松岡璃奈子(看護婦・梨香)、ほか

「はじまりのみち」のネタバレあらすじ結末

はじまりのみちの紹介:2013年日本映画。昭和を代表する映画監督である木下恵介の生誕100周年を記念して作られた作品。アニメ監督として有名な原恵一が初めて実写作品に挑んだ。木下恵介監督が戦時中に病気である母を疎開させるため、リヤカーに乗せて山越えをした実話をもとに、戦争という時代の荒波のなか、お互いを思いやる母子の愛情を描く。
監督:原恵一 出演:加瀬亮(木下惠介 / 正吉)、田中裕子(木下たま)、ユースケ・サンタマリア(木下敏三)、濱田岳(便利屋)、斉木しげる(木下周吉)、光石研(庄平)、濱田マリ(こまん)、山下リオ(木下作代)、藤村聖子(木下芳子)、松岡茉優(やゑ子)、相楽樹(義子)、大杉漣(松竹・城戸四郎)、宮崎あおい(学校の先生)、

「初雪の恋 ヴァージン・スノー」のネタバレあらすじ結末

初雪の恋 ヴァージン・スノーの紹介:2006年日本,韓国映画。父親の仕事の都合でキム・ミンは日本にやってきた。偶然立ち寄った神社で佐々木七重という女の子に会い惹かれるミン。大学に転入し、窓から七重が見え学校を飛び出し声を掛けた。ミンは七重に積極的にアプローチし次第に二人は惹かれあい付き合うようになる。ミンは初雪にデートをすると幸せになれると言うジンクスを話し約束を交わす。だが幸せは長く続かなかった。
監督:ハン・サンヒ 出演:イ・ジュンギ(キム・ミン)、宮崎あおい(佐々木七重)、塩谷瞬(小島康二)、森田彩華(厚佐香織)、柳生みゆ(佐々木百合)、乙葉(福山先生)、余貴美子(佐々木真由美)、ほか

「カラフル」のネタバレあらすじ結末

カラフルの紹介:2010年日本映画。森絵都による小説「カラフル」がアニメーション映画化。思春期の少年が、”生きる”という事を改めて考えることになる感動作。思春期にある学生、そしてその親たちにも是非見てほしい一作。
監督:原恵一 声優:富澤風斗(「ぼく」小林真)、宮﨑あおい(佐野唱子)、南明奈(桑原ひろか)、まいける(プラプラ)、入江甚儀(早乙女)、藤原啓治(沢田先生)、中尾明慶(小林満)

「闇の子供たち」のネタバレあらすじ結末

闇の子供たちの紹介:2008年日本映画。タイで横行する子供の人身売買、臓器売買、売春を取材する記者とボランティアの行動を鋭く切りこんだ問題作です。タイでは上映禁止になったいわくつきの内容です。ノンフィクションとして宣伝するも、問題が多くフィクションとせざるをえなくなったという経過をもちます。
監督:阪本順治  出演者:江口洋介(南部浩行)、宮崎あおい(音羽恵子)、妻夫木聡(与田博明)、佐藤浩市(梶川克仁)、鈴木砂羽(梶川みね子)、豊原功補(清水哲夫)ほか

「陰日向に咲く」のネタバレあらすじ結末

陰日向に咲く(かげひなたにさく)の紹介:2008年日本映画。パチンコ依存症で借金取りに追われるシンヤはストリップ劇場に入れられそうになっている寿子という女性を助けます。彼女は母の足跡を追っていました。一方アイドルオタクのゆうすけはみゃーこというアイドルを追いかけていますが、彼女のテレビでの扱いは良いものではありませんでした。また社会に疲れたサラリーマン・リュウタロウは自由なホームレス・モーゼに憧れます。この6人のそれぞれの話が交錯するオムニバス形式の映画で、原作は劇団ひとり。
監督:平川雄一朗 出演:岡田准一(シンヤ)、宮崎あおい(鳴子・寿子)、伊藤淳史(雷太)、平山あや(みゃーこ)、緒川たまき(ジュピター)、西田敏行(モーゼ)、塚本高史(ゆうすけ)、三浦友和(リュウタロウ)、ほか

「天地明察」のネタバレあらすじ結末

天地明察(てんちめいさつ)の紹介:2012年日本映画。碁打ちの安井算哲は独自の算術や天文学に興味を持つことから全国の北極出地を命じられます。北極星の位置を確認し、緯度を正確に測ることが難しい中、明察していき天職といわれるようになります。しかしその中で現在の暦がずれていることを聞かされ、このままでは日食月食の予測すら難しいといわれ、改暦を考えるようになります。実在した人物、初代天文方・渋川春海の生涯のお話です。
監督:滝田洋二郎 出演:岡田准一(安井算哲/渋川春海)、宮崎あおい(村瀬えん)、佐藤隆太(村瀬義益)、市川猿之助(関孝和)、横山裕(本因坊道策)、中井貴一(水戸光圀)、松本幸四郎(保科正之)、ほか

「バンクーバーの朝日」のネタバレあらすじ結末

バンクーバーの朝日の紹介:2014年日本映画。「バンクーバー朝日」という実際に海外で活躍した野球チームを描いた実話。その世界情景を描き出しながら当時の日本人の苦悩、そして現在にも繋がっている日本人らしい戦い方は日本人なら見るべきポイント。
監督:石井裕也 出演:妻夫木聡(レジー笠原)、亀梨和也(ロイ永西)、勝地涼(ケイ北本)、上地雄輔(トム三宅)、池松壮亮(フランク野島)、ほか

「きいろいゾウ」のネタバレあらすじ結末

きいろいゾウの紹介:2012年日本映画。西加奈子原作の同名小説を映像化した今作は、過去に傷を持つ売れない小説家と、動物や植物の声を聞くことができる妻が、近所の住民らとのふれあいや過去の清算などを経て絆を深めていくストーリーです。
監督:廣木隆一 出演者:宮崎あおい(妻利愛子/ツマ)、向井理(武辜歩/ムコ)、濱田龍臣(大地)、リリー・フランキー(夏目)、緒川たまき(緑)、柄本明(アレチ)、ほか

「北のカナリアたち」のネタバレあらすじ結末

北のカナリアたちの紹介:2012年日本映画。湊かなえの短編集『往復書簡』の中の「二十年後の宿題」を映画化。北海道の分校で小学校教師だった川島はるは、6人の教え子たちと過ごしていましたが、ある日悲しい事故がきっかけで、はるは北海道を離れます。その後、成人した6人のうちの1人が事件を起こしたことから、はるはもう一度北海道へ戻り、教え子1人1人と再会していきます。
監督:阪本順治 出演:吉永小百合(川島はる)、柴田恭兵(川島行夫)、仲村トオル(阿部英輔)、森山未來(鈴木信人)、満島ひかり(戸田真奈美)、勝地涼(生島直樹)、宮崎あおい(安藤結花)、小池栄子(藤本七重)、松田龍平(松田勇)、里見浩太朗(堀田久)、ほか

「劔岳 点の記」のネタバレあらすじ結末

劔岳 点の記(つるぎだけ てんのき)の紹介:2008年日本映画。この作品は、明治時代末期に日本地図を完成させるために、陸軍陸地測量部(現在の国土地理院)により実際に北アルプスの立山連峰で行われた山岳測量計画を、信念と勇気をもち多難な山岳測量に挑んだ男たちを描いた新田次郎の同名小説を原作とした感動のヒューマンドラマ映画です。第33回日本アカデミー賞最優秀監督賞、第52回ブルーリボン賞作品賞など多数の賞を受賞した作品でもあります。
監督:木村大作 出演:浅野忠信(柴崎芳太郎(陸軍参謀本部 陸地測量部測量手))、香川照之(宇治長次郎(測量隊案内人))、松田龍平(生田信(陸軍参謀本部 陸地測量部測夫))、宮崎あおい(柴崎葉津よ(柴崎芳太郎の妻))、小澤征悦(玉井要人(日本陸軍大尉))、石橋蓮司(岡田佐吉(立山温泉の宿の主人))、國村隼(矢口誠一郎(日本陸軍中佐))、役所広司(古田盛作(元陸軍参謀本部 陸地測量部測量手))、ほか

1 2 3
TOP↑