Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

永瀬正敏映画一覧

永瀬正敏が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「赤い雪 Red Snow」のネタバレあらすじ結末

赤い雪 Red Snowの紹介:2017年日本映画。一希は30年前に弟の卓巳が行方不明になった日の事を思い出していました。近所の女性が犯人ではないかと取り調べを受けていましたが、その女性も行方不明でした。ある日、木立という記者が早奈江の娘の居場所を見つけたと言ってきたことから、卓巳の失踪の真相を知ろうと動きはじめました…という内容のミステリー映画です。
監督:甲斐さやか 出演者:永瀬正敏(白川一希)、菜葉菜(江藤早百合)、井浦新(木立省吾)、夏川結衣(江藤早奈江)、佐藤浩市(宅間隆)ほか

「贅沢な骨」のネタバレあらすじ結末

贅沢な骨の紹介:2001年日本映画。ホテトル嬢のミヤコは無職のサキコという女の子と一緒にマンションで暮らしていました。ミヤコは新谷という客との行為で初めての感情を覚え、ミヤコは新谷とサキコとの3人の暮らしを始めました。しかし新谷とサキコが仲良くなっていくのを見ているうちに・・・という内容の日本映画です。
監督:行定勲 出演者:麻生久美子(ミヤコ)、つぐみ(サキコ)、永瀬正敏(新谷)、光石研(医師)、田中哲司(眼鏡の客)、津田寛治(花火のカップル)、小林美貴(花火のカップル)、森下能幸(危険な情事番頭)、高木まり子(踊る少女)、山本麻里(看護婦)、川村かおり(クラブの少女)、朝本浩文(クラブのDJ)、渡辺真起子(サキコの継母)、ほか

「多十郎殉愛記」のネタバレあらすじ結末

多十郎殉愛記(たじゅうろうじゅんあいき)の紹介:2019年日本映画。無類の剣豪なのに無為に日々を過ごす長州脱藩者と彼を想う女。やがて二人の運命を変える出来事が。『木枯し紋次郎』等の中島貞夫監督が時代劇の成立と衰退と尽きせぬ魅力を描いたドキュメンタリー映画『時代劇は死なず ちゃんばら美学考』(2015年)の監督を経て20年ぶりに手掛けた時代劇は『長恨』等の巨匠、伊藤大輔監督の霊に捧げられた。画一化された時代劇への危機感に突き動かされ、殺陣の魅力にこだわったこの作品のクライマックスは30分に及ぶ大立ち回り。
監督:中島貞夫 出演者:高良健吾(清川多十郎)、多部未華子(おとよ)、木村了(清川数馬)、寺島進(溝口蔵人)、永瀬正敏(桂小五郎)、栗塚旭(老僧)、ほか

「さいはてにて」のネタバレあらすじ結末

さいはてにて ~やさしい香りと待ちながら~の紹介:2014年日本映画。父が残した舟小屋でコーヒー店を営むことになった中年女性が民宿に住む子供達やその母と心の交流を重ねていく人間ドラマ。永作博美主演、台湾出身の女性監督チアン・ショウチョンによる作品です。
監督:チアン・ショウチョン 出演者:永作博美 (吉田岬)、佐々木希(山崎絵里子)、臼井あさ美(城山恵)、村上淳(清水俊夫)、浅田美代子(山崎由希子)、イッセー尾形(弁護士)ほか

「スマグラー おまえの未来を運べ」のネタバレあらすじ結末

スマグラー おまえの未来を運べの紹介:2011年日本映画。漫画原作を実写映画化した作品。公開初日の2日間で興行収入約5000万円を記録、映画観客動員ランキング初登場7位を記録した。「ラスト38分の衝撃 それに続く圧倒的な爽快感を体験せよ!」などのキャッチコピーも話題を牽引した。
監督:石井克人 出演:妻夫木聡(砧涼介)、永瀬正敏(ジョー / 花園丈)、松雪泰子(山岡有紀)、満島ひかり(田沼ちはる)、安藤政信(背骨 / 李銀亭 リ・インティン)、津田寛治(アロハ男)、森下能幸(コンビニ店員)、寺島進(漁師)、松田翔太(警官A)、大杉漣(警官B)、阿部力(張福儀 / チャン・フイ)、小日向文世(西尾健治)、ほか

「Vision ビジョン」のネタバレあらすじ結末

Vision ビジョンの紹介:2018年日本,フランス映画。河瀬直美監督の故郷・奈良を舞台に、ジュリエット・ビノシュと永瀬正敏という日仏の名優をダブル主演に据えて製作されたヒューマン・ファンタジー映画です。千年に一度だけ姿を見せるという幻の植物“Vision(ビジョン)”を巡って、フランス人エッセイストと孤独な山守の男が綴る“いのちの物語”です。
監督:河瀬直美 出演者:ジュリエット・ビノシュ(ジャンヌ)、永瀬正敏(智)、岩田剛典(鈴)、美波(花)、森山未來(岳)、田中泯(源)、夏木マリ(アキ)ほか

「パンク侍、斬られて候」のネタバレあらすじ結末

パンク侍、斬られて候の紹介:2018年日本映画。「狂い咲きサンダーロード」等で知られる鬼才、石井岳流(当時は石井聰亙)監督。原作は数々の受賞歴がある小説家であり音楽活動や役者もこなす才人、町田康。脚本は言わずと知れた宮藤官九郎。このメンツだけでも凄いのに、主役級の俳優を惜しげもなく使い、しかも全員が振り切った演技でぶつかり合う、強烈にブッ飛んだ映画が出来てしまいました。主演は、作品ごとに全く違った顔をみせる綾野剛。長い刀を振り回す殺陣シーンは綾野剛史上最高にかっこいいです!
監督:石井岳龍 脚本:宮藤官九郎 キャスト: 綾野剛(掛十之進)、北川景子(ろん)、東出昌大(黒和直仁)、染谷将太(幕暮孫兵衛)、浅野忠信(茶山半郎)、永瀬正敏(大臼延珍)、國村隼(大浦主膳)、豊川悦司(内藤帯刀)ほか

「光(河瀬直美監督)」のネタバレあらすじ結末

の紹介:2017年日本映画。2015年公開の映画『あん』の監督・河瀨直美と主演・永瀬正敏が再びタッグを組んだヒューマンドラマです。目の病により失明寸前の天才カメラマンと、視覚障がい者向けの映画用音声ガイドの原稿を手掛ける若き女性との出会い、そして出会いを機に何かが変わっていく女性の心境を描きます。
監督:河瀨直美 出演者:永瀬正敏(中森雅哉)、水崎綾女(尾崎美佐子)、神野三鈴(智子)、小市慢太郎(明俊)、白川和子(美佐子の母)、藤竜也(北林監督)、樹木希林(音声ガイダンスの声)ほか

「男はつらいよ 寅次郎の青春」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 寅次郎の青春の紹介:1992年日本映画。シリーズ第45作目。寅さんこと車寅次郎と甥の満男は、宮崎県で満男の想い人の泉と行動を共にします。寅さんは現地で理髪店を営む女性と出会い、ほのかな想いを抱くのですが…。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、吉岡秀隆(諏訪満男)、後藤久美子(及川泉)、永瀬正敏(竜介)、風吹ジュン(蝶子)ほか

「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」のネタバレあらすじ結末

腑抜けども、悲しみの愛を見せろの紹介:2007年日本映画。「桐島、部活やめるってよ」で脚光を浴びた吉田大八監督の劇映画デビュー作。女優志望の傲慢な姉とマンガ家志望の内向的な妹、およびその家族をめぐる愛憎入り混じる人間ドラマ。
監督:吉田大八 出演者:佐藤江梨子(和合澄伽)、佐津川愛美(和合清深)、永瀬正敏(和合宍道)、永作博美(和合待子)、土佐信道(小森哲生)ほか

「パターソン」のネタバレあらすじ結末

パターソンの紹介:2016年アメリカ映画。ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼は秘密のノートに詩を書きとめる詩人でもある。妻の隣で目覚め、出勤し、帰宅し、犬の散歩をしてバーでビールを飲む。そんな決まりきった生活をおくる彼の人生の中のある七日間のささやかな事件や意外な出会い。
監督:ジム・ジャームッシュ 出演者:アダム・ドライバー(パターソン)、ゴルシフテ・ファラハニ(ローラ)、バリー・シャバカ・ヘンリー(ドック)、ウィリアム・ジャクソン・ハーパー(エヴェレット)、永瀬正敏(日本の詩人)

「息子」のネタバレあらすじ結末

息子の紹介:1991年日本映画。椎名誠の小説「倉庫作業員」を山田洋次監督が映画化したもので、一人暮らしの父親とフリータの息子との確執や和解を通じて、家族の在り方のひとつについて描かれた作品です。
監督:山田洋次 出演者:三國連太郎(浅野昭男)、永瀬正敏(浅野哲夫)、和久井映見(川島征子)、原田美枝子(浅野玲子)、田中隆三(浅野忠司)ほか

「毎日かあさん」のネタバレあらすじ結末

毎日かあさんの紹介:2011年日本映画。「毎日かあさん」は漫画家の西原理恵子の実体験に基づく漫画エッセイを映画化したものです。漫画エッセイの方は毎日新聞で連載されており、アニメの方はテレビ東京で放送されました。西原理恵子は飾り気なく隠すことなくありのままの人生を描いているため、多くの人に読まれました。ある意味壮絶な人生ですが、暗さを感じさせず、日常を明るく描いているため読みやすく、誰でもどこかで自分の人生と重ね合わせることができます。映画では小泉今日子が演じていますが、「毎日かあさん」を本当に自然に演じていています。元夫である永瀬正敏と夫婦役り演じて話題になりました。映画の中でも離婚するので、リアリティがあります。元夫婦が共演するのも大変珍しいですが、この元夫婦の名演技は素晴らしいの一言です。見る価値のある映画で、人生とは何なのか考えさせられます。
監督:小林聖太郎 出演者:小泉今日子(サイバラリエコ)、永瀬正敏(カモシダユタカ)、矢部光祐(ブンジ)、小西舞優(フミ)、正司照枝(トシエ)ほか

「自殺サークル」のネタバレあらすじ結末

自殺サークルの紹介:2002年日本映画。駅のホームで54人の女子学生が集団飛び込み自殺をしました。この事件を捜査するうちに次々自殺者が増えています。単なる自殺じゃないと考えた黒田刑事は操作を進める内に家族まで巻き込まれてしまいます・・という話の。パニックスプラッターホラー映画です。
監督:園子温 出演者:石橋凌(黒田刑事)、永瀬正敏(渋沢刑事)、さとう珠緒(川口陽子)、宝生舞(沢田敦子)、野村貴志(鈴木二郎)、ローリー(ジェネシス)ほか

「蜜のあわれ」のネタバレあらすじ結末

蜜のあわれの紹介:2016年日本映画。室生犀星の幻想文学『蜜のあわれ』を映画化。登場人物の「老作家」は室生犀星自身の投影とも言われている。老作家は無邪気で愛くるしい少女赤子と仲睦まじく暮らしていた。しかし彼女には秘密があった。赤子の正体は金魚だったのだ。老作家と金魚、そして老作家に思いを寄せる幽霊の三角関係を美しくエロティックに描いた幻想ロマンス。
監督:石井岳龍 出演者:二階堂ふみ(赤井赤子)、大杉漣(老作家)、真木よう子(田村ゆり子)、高良健吾(アクタガワ)、永瀬正敏(辰夫)ほか

1 2
TOP↑