仲里依紗映画一覧

仲里依紗が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「羊と鋼の森」のネタバレあらすじ結末

羊と鋼の森の紹介:2017年日本映画。2016年本屋大賞を受賞した、宮下奈都の同名ベストセラー作品を、映画『orange』以来となる山崎賢人と橋本光二郎監督とのタッグで映画化したヒューマンドラマです。ピアノ調律師を目指す青年が周りの人間関係を経て成長する姿を描いています。
監督:橋本光二郎 出演者:山崎賢人(外村直樹)、鈴木亮平(柳伸二)、上白石萌音(佐倉和音)、上白石萌歌(佐倉由仁)、光石研(秋野匡史)、三浦友和(板鳥宗一郎)ほか

「ガチ☆ボーイ」のネタバレあらすじ結末

ガチ☆ボーイの紹介:2007年日本映画。プロレスの試合を見ていた五十嵐良一はプロレス研究会を訪れた。そこはガチンコのプロレスではなく作戦プロレスだった。熱心に学び事細かにメモを取った。だが2ヶ月経っても段取りを覚えられない。初試合でめちゃくちゃの試合をした。良一は事故に遭い眠るとその日の記憶が無くなる病気になったのだ。毎朝自分の書いたノートで事故以降の出来事を知るのであった。
監督:小泉徳宏 出演:佐藤隆太(五十嵐良一/マリリン仮面)、サエコ(朝岡麻子)、向井理(奥寺千尋/レッドタイフーン)、仲里依紗(五十嵐茜)、川岡大次郎(佐田正樹/ドロップキック佐田)、ほか

「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」のネタバレあらすじ結末

土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJIの紹介:2014年日本映画。この作品は、高橋のぼるの人気漫画『土竜の唄』を原作に、三池崇史が監督を、『木更津キャッツアイ』(2002年)、『舞妓Haaaan!!!』(2007年)などを手がけた宮藤官九郎が脚本を担当した実写映画。正義感だけを見込まれたて交番勤務の警察官が、ある広域暴力団の会長を逮捕するため、モグラ(潜入捜査官)としてヤクザ組織に送り込まれ奮闘する姿をコミカルに描いたコメディ・アクション映画です。
監督:三池崇史 出演:生田斗真(菊川玲二)、仲里依紗(若木純奈)、山田孝之(月原旬)、上地雄輔(黒河剣太)、斉木しげる(舘晶)、ほか

「土竜の唄 香港狂騒曲」のネタバレあらすじ結末

土竜(モグラ)の唄 香港狂騒曲の紹介:2016年日本映画。交番勤務だったダメ巡査、菊川玲二は潜入捜査官・モグラとして日浦匡也と兄弟の契りを交わし極道世界に深く潜ることになりながらも、轟周宝の尻尾をつかむ為に動いていた。その頃、警視庁では組織犯罪対策部のエースとして正義感あふれるエリート警官・兜真矢が就任する。兜は執拗に玲二を追いかけていた。そんな玲二に轟周宝にチャイニーズマフィア・仙骨竜を叩きのめすことを命じられる…。
監督:三池崇史 出演者:生田斗真(菊川玲二)、瑛太(兜真矢)、本田翼(轟迦蓮)、菜々緒(胡蜂)、上地雄輔(黒河剣太)、仲里依紗(若木純奈)、ほか

「BRAVE HEARTS(ブレイブハーツ)海猿」のネタバレあらすじ結末

BRAVE HEARTS(ブレイブハーツ)海猿の紹介:2012年日本映画。ブレイブハーツ海猿は海猿シリーズの第4作目で完結作となります。前作『THE LAST MESSAGE 海猿』で完結になる予定でしたが、ファンから熱望されたのと、遣り残したことがあるという制作側の思いもあり、原作最終話で描かれた、海上保安庁の中でも精鋭と言われる特殊救難隊に配属された仙崎と吉岡を中心にジャンボジェット機海上着水による救助を実施するストーリーをブレイブハーツ海猿では描きます。
監督: 羽住 英一郎 出演:伊藤英明(仙崎大輔)、加藤あい(仙崎環菜)、佐藤隆太(吉岡哲也)、仲里依紗(矢部美香)、三浦翔平(服部拓也)、平山浩行(村松貴史)、伊原剛志(嶋一彦)、時任三郎(下川いわお)、ほか

「ハルフウェイ」のネタバレあらすじ結末

ハルフウェイの紹介:2008年日本映画。片思いしていたシュウから夢のような告白を受けたヒロ。付き合うことになった二人は楽しい日々を送るけど、高校3年生の二人はそれぞれ希望する大学が違い、一緒にいる時間が少ない事実で悩む。
監督:北川悦吏子 出演者: 北乃きい(ヒロ)、 岡田将生(シュウ)、溝端淳平(タスク)、仲里依紗(メメ)、成宮寛貴(担任の高梨先生)、ほか

「モテキ」のネタバレあらすじ結末

モテキの紹介:2011年日本映画。突然のモテキの到来に翻弄されるモテない草食系男子の恋の葛藤を面白おかしく描いたラブ・コメディー。モテキの作中に使われている個性的な音楽やダンスも見どころの一つです。
監督:大根仁 出演者:森山未來(幸世)、長澤まさみ(みゆき)、麻生久美子(るみ子)、仲里衣紗(愛)ほか

「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」のネタバレあらすじ結末

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲の紹介:2010年日本映画。哀川翔主演の娯楽作品の第二弾で、今作ではゼブラーマンではなく、ホワイトゼブラーマンとなって悪と戦う姿が描かれていきます。
監督:三池崇史 出演者:哀川翔、仲里依紗、阿部力、井上正大ほか

「時をかける少女(アニメ)」のネタバレあらすじ結末

時をかける少女の紹介:2006年日本映画。細田守監督のアニメ版「時をかける少女」。タイムトラベラーとなった女の子が主人公。アニメ版では1983年の実写版映画「時をかける少女」の20年後の世界が舞台として描かれる。筒井康隆の名作がアニメ映画として復活する。「時をかける少女」はこれまでにドラマ、映画、小説など多数製作されている。
監督:細田守 声の出演:仲里依紗(紺野真琴)、石田卓也(間宮千昭)、板倉光隆(津田功介)、原沙知絵(芳山和子)、谷村美月(藤谷果穂)、垣内彩未(早川友梨)、関戸優希(紺野美雪)、ほか

TOP↑