中川大志映画一覧

中川大志が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット」のネタバレあらすじ結末

映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレットの紹介:2021年日本映画。シリーズ累計620万部もの発行部数を誇る、原作:河本ほむら、作画:尚村透による大人気漫画『賭ケグルイ』を原作とする実写映像化シリーズの劇場版第2作です。主人公・蛇喰夢子を演じる浜辺美波をはじめメインキャストは2018年と2019年の2期にわたるテレビドラマ版、劇場版第1作『映画 賭ケグルイ』に続いての続投となり、本作は前作同様に河本ほむら完全監修による完全オリジナルストーリーとなります。ギャンブルに支配された名門学園を舞台に、最強の“賭ケグルイ(賭け狂い)”である蛇喰が、アイドルグループ「ジャニーズWEST」の藤井流星が扮する最強ヴィランを相手に自らの命を賭けたデスゲームに挑んでいきます。
監督:英勉 出演者:浜辺美波(蛇喰夢子)、藤井流星(視鬼神真玄)、高杉真宙(鈴井涼太)、森川葵(早乙女芽亜里)、中村ゆりか(五十嵐清華)、柳美稀(生志摩妄)、松村沙友理(夢見弖ユメミ)、岡本夏美(西洞院百合子)、三戸なつめ(黄泉月るな)、松田るか(皇伊月)、池田エライザ(桃喰綺羅莉)、小野寺晃良(新渡戸九)、武田智加(北小路呼子)、中川大志(討嶋)、生田絵梨花(三春滝咲良)、長井短(聚楽幸子)、田中圭(賭場二郎)ほか

「砕け散るところを見せてあげる」のネタバレあらすじ結末

砕け散るところを見せてあげるの紹介:2020年日本映画。学年一の嫌われ者の女子生徒・蔵本玻璃がいじめられている所を、男子高校生・濱田清澄が見過ごせず助けに入った事で繋がっていく関係を描いた、竹宮ゆゆこの同名小説を映画化した作品。まるでヒーローのように玻璃を守ろうとする姿が感動的に映ります。
監督:SABU 出演:中川大志(濱田清澄)、石井杏奈(蔵本玻璃)、井之脇海(田丸玄悟)、清原果耶(尾崎・妹)、松井愛莉(尾崎・姉)、北村匠海(真っ赤な嵐)、矢田亜希子(清澄の母)、木野花(おばちゃん)、堤真一(玻璃の父)、ほか

「ジョゼと虎と魚たち(アニメ版)」のネタバレあらすじ結末

ジョゼと虎と魚たちの紹介:2020年日本映画。2003年に実写映画化された田辺聖子の同名短編小説をアニメーションとしてリメイクした作品です。足が不自由ながらも絵の才能がある勝気な女性と海外留学の夢を追い求め続ける大学生との純愛ストーリーを中川大志と清原果耶のダブル主演で描き、脇を『機界戦隊ゼンカイジャー』の宮本侑芽らが固めています。
監督:タムラコータロー 声優:中川大志(鈴川恒夫)、清原果耶(山村“ジョゼ”クミ子)、宮本侑芽(二ノ宮舞)、興津和幸(松浦隼人)、Lynn(岸本花菜)、松寺千恵美(山村チヅ)、河西健吾(諭吉)、尾花かんじ(近藤教授)、内田夕夜(水嶋)、浦山迅(藤田)、盛山晋太郎(西田店長)、リリー(駅員)、てらそままさき(医師)ほか

「サムライマラソン」のネタバレあらすじ結末

サムライマラソンの紹介:2018年日本映画。江戸時代に行われた「安政遠足」を題材にした土橋章弘の原作「幕末マラソン侍」を映画化したのが本作です。監督はバーナード・ローズが手がけています。国際的なスタッフに、豪華日本人キャストが参加した意欲作になっています。
監督:バーナード・ローズ 出演:佐藤健(唐沢甚内)、小松菜奈(雪姫)、森山未來(辻村平九朗)、染谷将太(上杉広之進)、竹中直人(栗田又衛門)、豊川悦司(五百鬼裕虎)、長谷川博己(板倉勝明)、中川大志、門脇麦、ほか

「覚悟はいいかそこの女子。」のネタバレあらすじ結末

覚悟はいいかそこの女子。の紹介:2018年日本映画。椎葉ナナ原作の同名少女コミックで2018年にテレビドラマ化された作品を、主演の中川大志らドラマのキャストとスタッフ続投で映画化した青春ラブコメディです。学校で人気トップなイケメンながらも実は恋愛未経験のヘタレ男子が難攻不落を誇る学校一の美女を人生初の彼女としてゲットしようとするのですが・・・。
監督:井口昇 出演者:中川大志(古谷斗和)、唐田えりか(三輪美苑)、伊藤健太郎(新見律)、甲斐翔真(澤田惟智也)、若林時英(久瀬龍生)、荒川良々(荒木彰)、小池徹平(柾木隆次)ほか

「ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」のネタバレあらすじ結末

映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年の紹介:2015年日本映画。2018年に他界した国民的漫画家・さくらももこ原作の代表作『ちびまる子ちゃん』テレビアニメの劇場版3作目で、2015年にアニメ放送開始25周年を迎えたのを記念して前作から23年ぶりに製作された映画です。さくらももこ自身が脚本を手掛け、まる子の住む清水にホームステイで訪れた外国の子どもたちと、まる子やその仲間たちとの交流と友情を描きます。
監督:高木淳 声の出演:TARAKO(まる子)、屋良有作(ヒロシ / まる子の父)、一龍斎貞友(すみれ / まる子の母/小杉)、島田敏(友蔵 / まる子の祖父)、佐々木優子(まる子の祖母/長山治)、水谷優子(まる子の姉)、渡辺菜生子(たまちゃん)、菊池正美(花輪くん)、飛田展男(丸尾くん/穂波真太郎/浜崎辰五郎)、田野めぐみ(野口さん)、カシワクラツトム(はまじ)、永澤菜教(ブー太郎)、山本圭子(山田/はまじの母)、茶風林(永沢/ヒデじい)、中友子(藤木/たまちゃんの母)、ならはしみき(みぎわさん)、陶山章央(山根)、沼田祐介(大野くん)、真山亜子(杉山くん)、掛川裕彦(戸川先生)、真地勇志(マルコ)、中川大志(アンドレア)、劇団ひとり(シン)、ローラ(シンニー)、渡辺直美(ジュリア)、パパイヤ鈴木(ネプ)、大原櫻子(アンドレアの母)、亀田誠治(アンドレアの父)、トータス松本(大阪のおっちゃん)、キートン山田(ナレーション)ほか

「虹色デイズ」のネタバレあらすじ結末

虹色デイズの紹介:2018年日本映画。水野美波の同名人気コミックを、佐藤令於(GENERATIONS)・中川大志・高杉真宙・横浜流星といった4人の若手実力派俳優のカルテット主演で実写映画化した青春ドラマです。性格も趣味も異なる4人の仲良し高校生が、恋や友情、将来への不安などを通じて成長していく姿を描いています。
監督:飯塚健 出演者:佐藤玲於(羽柴夏樹)、中川大志(松永智也)、高杉真宙(直江剛)、横浜流星(片倉恵一)、吉川愛(小早川杏奈)、恒松裕里(筒井まり)、堀田真由(浅井幸子)、坂東希(千葉黎子)、山田裕貴(筒井昌臣)、滝藤賢一(田渕先生)ほか

「青鬼 ver.2.0」のネタバレあらすじ結末

青鬼 ver.2.0の紹介:2015年日本映画。フリーのホラーゲーム『青鬼』の映画化第2作となる本作品は前作までの世界観はそのままに登場人物を一新させ、廃屋となった洋館に閉じ込められた若者たちに襲い掛かる新たな“青鬼”の恐怖を描きます。
監督:前川英章 出演者:中川大志(ひろし)、平祐奈(杏奈)、松島庄汰(卓郎)、久松郁実(美香)、勧修寺玲旺(たけし)、タモト清嵐(シュン)ほか

「坂道のアポロン」のネタバレあらすじ結末

坂道のアポロンの紹介:2017年日本映画。横須賀から佐世保にある高校に転校してきた西見薫は誰もが恐れる不良の川渕千太郎と彼の幼なじみの迎 律子と出会います。憂うつな毎日を送る薫はジャズと出会い、千太郎とセッションをするのです。母親に捨てられた薫と教会に捨てられていた千太郎の友情、そして律子との三角関係も描く青春映画です。
監督:三木孝浩 出演:知念侑李(西見薫)、中川大志(川渕千太郎)、小松菜奈(迎律子)、真野恵里菜(深掘百合香)、山下容莉枝(伯母)、松村北斗(松岡星児)、野間口徹(千太郎の父)、中村梅雀(迎勉)、ディーン・フジオカ(桂木淳一)、ほか

「ReLIFE リライフ」のネタバレあらすじ結末

ReLIFE リライフの紹介:2017年日本映画。夜宵草の同名漫画を実写映画化したSF青春ドラマです。仕事を辞め、再就職もままならない男がある実験に参加、1年間だけ17歳の高校生として人生をやり直そうとするストーリーです。
監督:古澤健 出演者:中川大志(海崎新太)、平祐奈(日代千鶴)、高杉真宙(大神和臣)、池田エライザ(狩生玲奈)、千葉雄大(夜明了)ほか

「きょうのキラ君」のネタバレあらすじ結末

きょうのキラ君の紹介:2017年日本映画。みきもと凜の原作漫画「きょうのキラ君」を実写映画化。学校の女子にモテモテの吉良ゆいじに恋をしたヒロイン、岡村ニノンが、他人とうまく付き合うのが苦手にもかかわらず、ある秘密を持っているキラ君を笑顔にするため奔走する様子が描かれるラブストーリー。どうか2人の恋が終わらないで!と願わずにはいられない。
監督:川村恭祐 出演者:中川大志(吉良ゆいじ/キラ)、飯豊まりえ(岡村二ノン)、葉山奨之(矢部和弘)、平佑奈(矢作澪)、安田顕(二ノンの父)、三浦理恵子(二ノンの母)、岡田浩暉(キラの父)

「全員、片想い」のネタバレあらすじ結末

全員、片想いの紹介:2016年日本映画。ラジオパーソナリティの三崎遥は7週連続切ない片思いの特集をすることになった。第1週幼馴染との片思い。第2週上司への片思い。第3週耳の聴こえない少女の片思い。毎週毎週片思いをラジオで伝える中、三崎自身も同じラジオ局の由衣が気になって行く。それぞれの愛おしく切ない片思いと、三崎と由衣の恋の行方は。
出演:加藤雅也(三崎遥)、芳賀優里亜(由依)、伊藤沙莉(ノムラ)、中川大志(サタケ)、広瀬アリス、斎藤工、志尊淳、千葉雄大、清水富美加、橋本マナミ、ほか

「通学シリーズ 通学途中」のネタバレあらすじ結末

通学シリーズ 通学途中の紹介:2015年日本映画。スマホ小説の映像化作品で、同シリーズの「通学電車」と世界観を共有した作品です。恋に奥手な女子高生が惚れた相手には既に彼女がいました。そんな女子高生を見守る美術部の男。彼らの恋の行方は…。
監督:川野浩司 出演者:中川大志(コウ)、森川葵(ユキ)、藤本泉(ユカ)、赤楚衛二(キョースケ)、千葉雄大(ハル)ほか

「通学シリーズ 通学電車」のネタバレあらすじ結末

通学シリーズ 通学電車の紹介:2015年日本映画。スマホ小説シリーズの映像化作品で、「通学途中」と世界観を共有しています。通学中の電車に乗り合わせる男に片想いをした女が不思議な出来事に巻き込まれていく姿を描いていたラブストーリーです。
監督:川野浩司 出演者:千葉雄大(ハル)、松井愛莉(ユウナ)、吉沢亮(トモ)、阿部菜渚美(ナナ)、藤本泉(ユカ)ほか

「四月は君の嘘」のネタバレあらすじ結末

四月は君の嘘の紹介:2016年日本映画。2011年~2015年にかけて「月刊少年マガジン」で連載された漫画「四月は君の嘘」を実写映画化。母の死がきっかけでピアノが弾けなくなった天才ピアニスト有馬公生は、バイオリニストで自由奔放な宮園かをりに惹かれていく。この出会いをきっかけに、ピアノと母との思い出に向き合っていく公生、そして、かをりもある秘密を抱えていた。お互いの才能を認め成長していく様子を切なく恋模様を織り交ぜて描く。「少年漫画」とされているが少女漫画のように描かれ男女問わず注目の作品。主人公宮園かをりがつく「美しい嘘」、その内容が明かされるラストシーンは感動、きっと誰もが涙するだろう。そんな主人公「宮園かをり」を演じるのは広瀬すず。かをりが嘘をつく相手「有馬公生」を演じるのは、数々のドラマや映画で人気の若手実力派、山﨑賢人が演じる。
監督:新城毅彦 原作:新川直司 キャスト:広瀬すず(宮園かをり)、山崎賢人(有馬公生)、石井杏奈(澤部椿)、中川大志(渡亮太)、甲本雅裕(本田博太郎)、板谷由夏(瀬戸紘子)、檀れい(有馬早希)、ほか

キーワードから探す

TOP↑