ナオミ・ワッツ映画一覧

ナオミ・ワッツが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ザ・リング2」のネタバレあらすじ結末

ザ・リング2の紹介:2005年アメリカ映画。鈴木光司の小説を映画化して大ヒットした日本映画『リング』(1998年)をハリウッドでリメイクしたホラー映画『ザ・リング』のヒットを受けて製作された続編です。オリジナルの『リング』の監督を務めた中田秀夫が本作も自らメガホンを執り、前作から半年後の事件を描きます。2017年には続編『ザ・リング/リバース』(日本公開は2018年)が公開されています。
監督:中田秀夫 出演者:ナオミ・ワッツ(レイチェル・ケラー)、デヴィッド・ドーフマン(エイダン・ケラー)、ダヴェイ・チェイス(サマラ・モーガン)、サイモン・ベイカー(マックス・ローク)、シシー・スペイセク(エヴリン)、エミリー・ヴァンキャンプ(エミリー)、エリザベス・パーキンス(エマ・テンプル)ほか

「ザ・リング」のネタバレあらすじ結末

ザ・リングの紹介:2002年アメリカ映画。鈴木光司の小説を映画化し大ヒットした日本映画『リング』(1998年)をハリウッドでリメイクしたホラー作品です。見ると7日後に死ぬという呪いのビデオ見てしまったシングルマザーの記者は真相を突き止めようとしますが、今度は息子がそのビデオを見てしまい・・・。本作のヒットを受け、2005年には続編『ザ・リング2』が公開されています。
監督:ゴア・ヴァービンスキー 出演者:ナオミ・ワッツ(レイチェル・ケラー)、マーティン・ヘンダーソン(ノア)、デヴィッド・ドーフマン(エイダン・ケラー)、ブライアン・コックス(リチャード・モーガン)、ダヴェイ・チェイス(サマラ・モーガン)、リンゼイ・フロスト(ルース)ほか

「ガラスの城の約束」のネタバレあらすじ結末

ガラスの城の約束の紹介:2017年アメリカ映画。アルコール依存症、暴力的で定職につけない父親は子供を連れて放浪生活を始めます。学校にも行けずお腹の空いた子どもたちは不満ばかりです。父は「ガラスの城」なる理想の家を作ると約束しますが、父親の約束は守られるのでしょうか?『ガラスの城の約束』はいい加減な父に育てられた子供の視点から描いた自伝の映画化。原作はアメリカでベストセラーになりました。キャプテン・マーベルで注目されたブリー・ラーソンが主演、ブリーの本作での演技は批評家から高く評価されました。映画は主人公の成人した現在と少女時代の回想シーンで構成され、家族関係、親子愛などについて考えさせられる映画です。
監督:デスティン・ダニエル・クレットン 出演:ブリー・ラーソン(ジャネット・ウォールズ)、ウディ・ハレルソン(レックス・ウォールズ)、ナオミ・ワッツ(ローズマリー・ウォールズ)、マックス・グリーンフィールド(デヴィッド)、セーラ・スヌーク(ローリ)、ジョシュ・カラス(ブライアン)、ブリジェット・ランディ=ペイン(モーリーン)、ほか

「インポッシブル」のネタバレあらすじ結末

インポッシブルの紹介:2012年スペイン,アメリカ映画。2004年12月26日に東南アジアを襲ったスマトラ島沖地震による津波。休暇で東南アジアのリゾート地を訪れていた家族5人の実話を元に描かれたパニックヒューマン映画です。突然の災害によって家族は離散してしまうものの、諦めることなく生き抜いた一家の絆を描きます。
監督:J・A・バヨナ 出演:ユアン・マクレガー(ヘンリー)、ナオミ・ワッツ(マリア)、トム・ホランド(ルーカス)、サミュエル・ジョスリン(トマス)、オークリー・ペンダーガスト(サイモン)、ほか

「娼婦ベロニカ」のネタバレあらすじ結末

娼婦ベロニカの紹介:1998年アメリカ映画。女性が男性の所有物とされていた1580年代のベネチアで、高級娼婦として自由に生きる道を選んだ実在の女流詩人ベロニカの波乱に富んだ半生を映画化。
監督:マーシャル・ハースコヴィッツ 出演:キャサリン・マコーマック、ルーファス・シーウェル、オリヴァー・プラット、モイラ・ケリー、ジャクリーン・ビセット、ナオミ・ワッツ、フレッド・ウォード、ジェローン・クラッベ、ほか

「ファニーゲーム U.S.A.」のネタバレあらすじ結末

ファニーゲーム U.S.A.の紹介:2007年アメリカ映画。鬼才ミヒャエル・ハネケ監督が1997年に製作した同名作品をハリウッドでセルフリメイクした衝撃作。裕福な一家に降りかかる悪夢のような一日を描いたストーリーです。嫌気がするほどの挑発的な演出に注目です。
監督:ミヒャエル・ハネケ 出演:ナオミ・ワッツ(アン)、ティム・ロス(ジョージ)、マイケル・ピット(ポール)、ブラディ・コーベット(ピーター)、デヴォン・ギアハート(ジョージー)、ほか

「アバウト・レイ 16歳の決断」のネタバレあらすじ結末

アバウト・レイ 16歳の決断の紹介:2015年アメリカ映画。10年前までは世の中の片隅で隠れるように暮らしていたLGBTQと呼ばれる同性愛者など従来の性別、性的関係に当てはまらない人たち、ここ数年はアメリカでは、その権利は拡大しています。しかし、まだまだ古い世代を中心に偏見が残っています。この『アバウト・レイ 16歳の決断』はニューヨークに暮らす少女が少年になる事を決意、彼の家族の悩みと葛藤を描いた映画です。
監督:ギャビー・デラル 出演:ナオミ・ワッツ(マギー)、エル・ファニング(レイ)、スーザン・サランドン(ドリー)、テイト・ドノヴァン(クレイグ)、リンダ・エモンド(フラニー)、サム・トラメル(マシュー)、ほか

「ダイバージェントFINAL」のネタバレあらすじ結末

ダイバージェントFINALの紹介:2016年アメリカ映画。ヴェロニカ・ロス原作のSF映画シリーズの第3作です。壁で閉鎖され、人類も5つの派閥に分けられた近未来のシカゴを舞台に、シカゴの他にも世界があることを知った主人公たちの闘いを描いています。
監督:ロベルト・シュヴェンケ 出演者:シャイリーン・ウッドリー(ベアトリス・“トリス”・プライアー)、テオ・ジェームズ(トビアス・“フォー”・イートン)、マイルズ・テラー(ピーター・ヘイズ)、アンセル・エルゴート(ケイレブ・プライアー)、ナオミ・ワッツ(イブリン・ジョンソン=イートン)ほか

「フェアゲーム」のネタバレあらすじ結末

フェア・ゲームの紹介:2010年アメリカ映画。米CIAのエージェントだったヴァレリー・プレイムとその夫ジョゼフ・ウィルソンが国家の策略に巻き込まれた実際の事件「プレイム事件」を、二人の回顧録を基に映画化した伝記サスペンスです。
監督:ダグ・リーマン 出演者:ナオミ・ワッツ(ヴァレリー・プレイム)、ショーン・ペン(ジョゼフ・ウィルソン)、サム・シェパード(サム・プレイム)、デヴィッド・アンドリュース(ルイス・”スクーター”・リビー)、ブルック・スミス(ダイアナ)ほか

「ザ・バンク 堕ちた巨像」のネタバレあらすじ結末

ザ・バンク 堕ちた巨像の紹介:2009年アメリカ,ドイツ,イギリス映画。ヨーロッパ各地とアメリカを舞台に、違法行為に手を染めた国際メガバンクの悪事を、妨害に遭いながらも暴こうとするインターポール捜査官たちの苦闘を描いたクライム・サスペンス作品です。
監督:トム・ティクヴァ 出演者:クライヴ・オーウェン(ルイ・サリンジャー)、ナオミ・ワッツ(エレノア・ホイットマン)、アーミン・ミューラー=スタール(ウィリアム・ウェクスラー)、ウルリク・トムセン(ジョナス・スカルセン)、ブライアン・F・オバーン(コンサルタント)、ベン・ウィショー(ルネ・アンタール)ほか

「イースタン・プロミス」のネタバレあらすじ結末

イースタン・プロミスの紹介:2007年イギリス,カナダ,アメリカ映画。ロンドンの助産師アンナの働く病院にロシア人少女が担ぎ込まれた。少女は女児を出産した後、息を引き取る。彼女の遺品である日記からタチアナという名前と、ロシアンレストランの名刺を入手したアンナは、女児の身元をはっきりさせるため、単独で調査することに。しかしロシアンレストランの主人セミオンとその息子キリルは恐ろしいマフィアの一員であった…。
監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演:ヴィゴ・モーテンセン(ニコライ)、ナオミ・ワッツ(アンナ)、ヴァンサン・カッセル(キリル)、アーミン・ミューラー=スタール(セミオン)、イエジー・スコリモフスキ(ステパン)、シニード・キューザック(ヘレン)、ほか

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」のネタバレあらすじ結末

雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの紹介:2015年アメリカ映画。交通事故で妻を失ったデイヴィス。しかし悲しみを感じることも涙を流すこともできない自分に戸惑いながらも妻を愛していなかったのだという答え行きついてしまう。妻の父で上司である義父の言葉をきっかけに身の回りの「分解」を始める。
監督:ジャン=マルク・ヴァレ 出演者:ジェイク・ギレンホール(デイヴィス・ミッチェル)、ナオミ・ワッツ(カレン・モレノ)、クリス・クーパー(フィル・イーストマン)、ジュダ・ルイス(クリス・モレノ)、ほか

「追憶の森」のネタバレあらすじ結末

追憶の森の紹介:2015年アメリカ映画。富士山の麓、青木ヶ原の樹海で自殺しようとする、妻に先立たれて絶望したアメリカ人男性が樹海で謎めいた日本人男性と出会い、妻との日々を振り返りながら樹海を脱出しようとする姿を描いたヒューマンドラマです。
監督:ガス・ヴァン・サント 出演者:マシュー・マコノヒー(アーサー・ブレナン)、渡辺謙(ナカムラ・タクミ)、ナオミ・ワッツ(ジョーン・ブレナン)、ケイティ・アセルトン(ガブリエラ・ラフォルテ)、ジョーダン・ガヴァリス(エリック)ほか

「夫以外の選択肢」のネタバレあらすじ結末

夫以外の選択肢の紹介:2004年アメリカ,カナダ映画。アンドレ・デビュースの短編小説「We Don’t Live Here Anymore」と「Adultery」を原作として製作された官能ラブストーリーです。それぞれ複雑な事情を抱える二組の親友同士の夫婦が互いのパートナーと禁断の不倫関係に溺れていく姿を描いています。
監督:ジョン・カラン 出演者:マーク・ラファロ(ジャック)、ローラ・ダーン(テリー)、ピーター・クラウス(ハンク)、ナオミ・ワッツ(イーデス)ほか

「21グラム」のネタバレあらすじ結末

21グラムの紹介:2003年アメリカ映画。1人の男が起こした事故がきっかけで、出会うはずのなかった3人が絡み合い、時間軸が交差しながら展開する衝撃の作品。
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演: ナオミ・ワッツ(クリスティーナ)、ショーン・ペン(ポール)、ベニチオ・デル・トロ(ジャック)、シャルロット・ゲンスブール(メアリー)、メリッサ・レオ(マリアンヌ)

1 2

キーワードから探す

TOP↑