成田凌映画一覧

成田凌が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「弥生、三月 君を愛した30年」のネタバレあらすじ結末

弥生、三月 -君を愛した30年-の紹介:2019年日本映画。『同期のサクラ』『家政婦のミタ』『過保護のカホコ』など数多くのヒットドラマを手がけた脚本家・遊川和彦が自ら監督と脚本を務めた完全オリジナルのラブストーリーです。激動の昭和・平成・令和にまたがる約30年間の3月を背景に、運命に翻弄されながらも一途に互いを想い続けてきた二人の男女の壮絶な人生を描きます。
監督:遊川和彦 出演者:波瑠(結城弥生)、成田凌(山田太郎)、杉咲花(渡辺サクラ)、岡田健史(あゆむ)、小澤征悦(白井卓磨)、岡本玲(太郎の妻)、夙川アトム(教師)、矢島健一(弥生の父)、奥貫薫(弥生の母)、橋爪淳(サクラの父)、黒木瞳(山田真里亜)ほか

「スマホを落としただけなのに2 囚われの殺人鬼」のネタバレあらすじ結末

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼の紹介:2019年日本映画。2018年に人気を博したロングセラー小説の映画化第2弾。あれから数年後、難解な事案を解決した加賀谷にMと名乗る男から挑戦が届く。私活動をめぐっての不具合から放たれ、つかの間の休息を堪能する美乃里のスマホにも新たな魔の手が迫っていた。今作ではバリアフリー鑑賞として音声ガイドや日本語字幕が展開されている。
監督:中田秀夫 出演:千葉雄大(加賀谷学)、白石麻衣(松田美乃里)、成田凌(浦野善治)、鈴木拡樹(笹岡一)、音尾琢真(根岸剛志)、江口のりこ(荒木寛子)、奈緒(安西優香)、飯尾和樹(三宅卓也)、高橋ユウ(神宮寺紗綾子)、ko-dai(野崎隼人)、平子祐希(吉原宏樹)、谷川りさこ(藤井未央)、アキラ100%(西)、今田美桜(丹羽亮子)、田中哲司(牧田英俊)、北川景子(稲葉麻美)、田中圭(富田誠)、原田泰造(毒島徹)、井浦新(兵頭彰)、ほか

「カツベン!」のネタバレあらすじ結末

カツベン!の紹介:2019年日本映画。5年ぶりとなる周防正行監督の待望の新作。まだ映画に音がなかった時代、映画に喋りを乗せて観客を沸かせた活動弁士にスポットをあて、本物の活動弁士を目指す青年の青春と恋模様、泥棒や警察をも巻き込む大騒動を描いた、コミカルで人情味あふれる極上エンターテインメント。オーディションで選ばれた成田凌と黒島結菜をはじめ、周防作品初参加の面々から常連メンバーまで、個性的なキャストが名を連ねる。
監督:周防正行 出演:成田凌(染谷俊太郎)、黒島結菜(栗原梅子)、永瀬正敏(山岡秋聲)、高良健吾(茂木貴之)、音尾琢真(安田虎夫)、山本耕史(牧野省三)、池松壮亮(二川文太郎)、竹中直人(青木富夫)、渡辺えり(青木豊子)、井上真央(橘琴江)、小日向文世(橘重蔵)、竹野内豊(木村忠義)、成河(浜本祐介)、徳井優(定夫)、田口浩正(金造)、正名僕蔵(耕吉)、森田甘路(内藤四郎)、酒井美紀(梅子の母)、ほか

「ニワトリ★スター」のネタバレあらすじ結末

ニワトリ★スターの紹介:2017年日本映画。東京の底辺でマリファナを吸いながら、何も目的もなく自堕落な生活を楽しんでいた楽人と草太。ヤクザの八田に目をつけられたことによって、2人は別々の道を歩むことになります。人間の闇と複雑な心情を様々な映像効果で表現した作品です。
監督:かなた狼 出演:井浦新(雨屋草太)、成田凌(星野楽人)、紗羅マリー(知花月海)、阿部亮平(爬部井学)、LiLiCo(管理人)、鳥肌実(神の男)、津田寛治(八田清)、奥田瑛二(草太の父)、山田スミ子(草太の母)、ほか

「人間失格 太宰治と3人の女たち」のネタバレあらすじ結末

人間失格 太宰治と3人の女たちの紹介:2019年日本映画。2019年7月に『Diner』が公開されたばかりの蜷川実花監督。その『Diner』にも出演していた小栗旬を主役に迎え、『斜陽』『人間失格』を執筆し入水心中に至るまでの太宰治と彼を取り巻く女たちの愛憎を描いた新作が『人間失格 太宰治と3人の女たち』だ。太宰の正妻美知子に宮沢りえ、『斜陽』のモデルで太宰の愛人静子に沢尻エリカ、太宰最後の愛人でともに心中した富栄に二階堂ふみ。三者三様の愛で太宰を癒やし、追い詰める様を、蜷川監督らしい花いっぱいの映像で艶やかに紡ぎ上げる。
監督:蜷川実花 出演:小栗旬(太宰治)、宮沢りえ(津島美知子)、沢尻エリカ(太田静子)、二階堂ふみ(山崎富栄)、成田凌(佐倉潤一)、千葉雄大(太田薫)、瀬戸康史(伊馬春部)、高良健吾(三島由紀夫)、藤原竜也(坂口安吾)、ほか

「チワワちゃん」のネタバレあらすじ結末

チワワちゃんの紹介:2019年日本映画。学生たちの遊び仲間の中心だった通称チワワという女の子が、東京湾でバラバラ死体で発見されました。殺されて当然という報道の中、友人のミキはユーコのインタビューを受け、チワワの事を話し始めました…という内容の1994年の掲載された漫画『チワワちゃん』の映画化です。
監督:二宮健 出演者:門脇麦(ミキ)、成田凌(ヨシダ)、寛一郎(カツオ)、玉城ティナ(ユミ)、吉田志織(チワワ)、村上虹郎(ナガイ)、栗山千明(ユーコ)、浅野忠信(サカタ)ほか

「さよならくちびる」のネタバレあらすじ結末

さよならくちびるの紹介:2019年日本映画。インディーズ・シーンで注目を浴び出したのに、解散を決意した女性デュオ〈ハルレオ〉。ローディー兼マネージャーのシマと三人で、最後のツアーに臨むが…。小松菜奈と門脇麦が歌唱とギターを初歩から学んでハルレオ役に挑む。この映画のために主題歌「さよならくちびる」を秦基博が、挿入歌「たちまち嵐」と「誰にだって訳がある」をあいみょんが提供している。
監督:塩田明彦 出演:小松菜奈(レオ)、門脇麦(ハル)、成田凌(シマ)、篠山輝信、松本まりか、青柳尊哉、松浦祐也、篠原ゆき子、マキタスポーツ、ほか

「翔んで埼玉」のネタバレあらすじ結末

翔んで埼玉の紹介:2018年日本映画。埼玉をディスるがなんといっても埼玉を愛してやまない郷土愛を感じる物語。東京都民に憧れ、埼玉県民ということにコンプレックスを持ちつつも千葉を敵対視して、常に競いあい、埼玉を活性化させ上昇させていくという埼玉愛にあふれたユーモラスな映画です。「パタリロ!」の作者・魔夜峰央の人気マンガを実写映画化。
監督:武内英樹 キャスト:二階堂ふみ(壇ノ浦百美)、GACKT(麻実麗)、伊勢谷友介(阿久津翔)、ブラザートム(菅原好海)、麻生久美子(菅原真紀)、島崎遥香(菅原愛海)、成田凌(五十嵐春翔)、中尾彬(壇ノ浦建造)、間宮祥太朗(埼玉県人の青年)、加藤諒(下川信男)、益若つばさ(おかよ)、武田久美子(壇ノ浦恵子)、麿赤兒(西園寺宗十郎)、竹中直人(神奈川県知事)、京本政樹(埼玉デューク)、ほか

「ビブリア古書堂の事件手帖」のネタバレあらすじ結末

ビブリア古書堂の事件手帖の紹介:2018年日本映画。過去にテレビドラマ化されたこともある三上延の同名ライトノベルを映画化したミステリー作品です。鎌倉の片隅にある古書店「ビブリア古書堂」を舞台に、若き女性店主と本の読めないアルバイトの店員が協力しあい、書籍に関わる様々なミステリーに挑みます。主題歌はサザンオールスターズが担当しています。
監督:三島有紀子 出演者:黒木華(篠川栞子)、野村周平(五浦大輔)、成田凌(稲垣)、夏帆(五浦絹子(過去))、東出昌大(田中嘉雄)ほか

「スマホを落としただけなのに」のネタバレあらすじ結末

スマホを落としただけなのに の紹介:2018年日本映画。志駕晃の同名小説「スマホを落としただけなのに」をリングなどを手掛けた中田秀夫監督、北川景子主演で映画化したSNSミステリー作品です。ごく普通の女性の恋人が偶然にもスマホを落としてしまったことから、スマホの拾い主から監視され、追い詰められていく女性。思わぬ事件に巻き込まれていき、やがて女性の秘められた過去が明らかになる様子を描きます。原作では続編となる『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』が発売されている。
監督:中田秀夫 出演者:北川景子(稲葉麻美)、千葉雄大(加賀谷学)、田中圭(富田誠)、成田凌(浦野善治)、原田泰造(毒島徹)、バカリズム(小柳守)、要潤(武井雄哉)、高橋メアリージュン(杉本加奈子)、酒井健太(大野俊也)、筧美和子(天城千尋)、桜井ユキ(山本美奈代)ほか

「ここは退屈迎えに来て」のネタバレあらすじ結末

ここは退屈迎えに来ての紹介:2018年日本映画。山内マリコの同名小説を橋本愛と門脇麦のダブル主演で映画化した作品です。地方都市に住む二人の女性と一人の男性の馴れ初めを周囲の人々の時を超えた群像劇と共に描き上げた切ない青春ドラマです。
監督:廣木隆一 出演者:橋本愛(「私」)、門脇麦(「あたし」)、成田凌(椎名くん)、渡辺大知(新保くん)、岸井ゆきの(山下南)、内田理央(森繁あかね)、柳ゆり菜(サツキ)、瀧内公美(まなみ先生)、亀田侑樹(遠藤)、片山友希(なっちゃん)、木崎絹子(椎名朝子)、マキタスポーツ(皆川光司)、村上淳(須賀さん)ほか

「劇場版コードブルー ドクターヘリ緊急救命」のネタバレあらすじ結末

劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命の紹介:2018年日本映画。2008年に夏に放送された「コードブルー ドクターヘリ緊急救命」から10年後。フライトドクター、フライトナースとして成長してきた彼らに別れの時が近づいていた。シーズン3期とスペシャルドラマ2本を経て、ついに劇場版映画として最終章を迎えたコードブルー。キャスト陣や主題歌Mr.Children「HANABI」はそのままに、たて続けに起こるかつてない大事故に立ち向かう姿がスクリーンいっぱいに映し出される。それぞれの道を歩き始める彼らの旅立ちを涙とともに見守ろう。
監督:西浦正記 キャスト:山下智久(藍沢耕作)、新垣結衣(白石恵)、(緋山美帆子)、比嘉愛未(冴島はるか)、浅利陽介(藤川一男)、有岡大貴(名取颯馬)、成田凌(灰谷俊平)、新木優子(横峯あかり)、馬場ふみか(雪村双葉)、新田真剣佑(岩田彰生)、かたせ梨乃(雪村沙代)、山谷花純(富澤未知)、丸山智己(緒方博嗣)、平埜生成(杉原剛志)、杉本哲太(西条章)、安藤政信(新海広紀)、椎名桔平(橘啓輔)、ほか

「ラブ×ドック」のネタバレあらすじ結末

ラブ×ドックの紹介:2017年日本映画。30過ぎてからは女として生きるにしてもかわいいだけじゃダメ。仕事や恋にと色々傷つくことも多くなり頭打ちに。それでも諦めずに頑張るパティシエの剛田飛鳥は、ある日ネットで不思議な恋愛クリニック「ラブドック」を見つける。そこには遺伝子レベルでその人の恋愛傾向や恋愛体質を調べて危険な恋愛を阻止できる注射があるという。若いときとは違う恋愛でちょっとカッコ悪かったり、あせったり、疑ったり、期待したりしながらそれでも全力で幸せになろうとするラブコメディ。
監督:鈴木おさむ 出演:吉田羊(剛田飛鳥)、野村周平(花田星矢)、大久保佳代子(細谷千種)、篠原篤(権田健一)、唐田えりか(上田美咲)、川畑要(卓球バーの店長)、山田純大(飛鳥の元カレ)、音尾琢真(飛鳥の元同僚)、大鶴義丹(熱帯魚屋の店長)、成田凌(桜木美木)、広末涼子(冬木玲子)、吉田鋼太郎(淡井淳治)、玉木宏(野村俊介)、ほか

「新宿スワンII」のネタバレあらすじ結末

新宿スワンIIの紹介:2017年日本映画。スカウトマンが増えた新宿でバーストと渋谷のスカウトパラサイツが縄張り争いをしていた。そんな中バースト社長が島を増やすと言いだす。横浜進出だ。横浜には白鳥龍彦と関玄介が行くことになった。横浜には関の因縁の相手で横浜を仕切る滝正樹、突然バーストから姿を消した洋介がいるという。そして滝が仕切る横浜ウィザードと新宿バーストの戦いが始まる。
監督:園子温 出演:綾野剛(白鳥龍彦)、浅野忠信(滝マサキ)、伊勢谷友介(真虎)、深水元基(関玄介)、金子ノブアキ(葉山豊)、ほか

「キセキ あの日のソビト」のネタバレあらすじ結末

キセキ あの日のソビトの紹介:2017年日本映画。4人組音楽グループのGReeeeN。彼らの代表曲である「キセキ」が誕生した秘話を映画化した青春ドラマ。GReeeeNのプロデュースを手掛けてきたジンと、弟でリーダーのヒデ。彼らが家族や仲間と衝突しながらも、音楽を志し突き進む姿を描きます。
監督:兼重淳 出演:松坂桃李(ジン)、菅田将暉(ヒデ)、忽那汐里(理香)、平祐奈(結衣)、横浜流星(ナビ)、成田凌(クニ)、杉野遥亮(ソウ)、早織(ふみ)、奥野瑛太(トシオ)、野間口徹、 麻生祐未、小林薫、ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑