成田凌映画一覧

成田凌が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「くれなずめ」のネタバレあらすじ結末

くれなずめの紹介:2021年日本映画。『バイプレイヤーズ』などを手掛ける松居大悟監督が自身の実体験を基にしたオリジナル舞台劇を映画化した作品です。友人の結婚披露宴のために久しぶりに再集結した高校時代の同級生のアラサー男6人。彼らが披露宴と二次会の間に過去の記憶に思いを馳せる様を描いていきます。ウルフルズが書き下ろした主題歌「ゾウはネズミ色」は劇中で使われたヒット曲「それが答えだ!」のアンサーソングとなっています。
監督:松居大悟 出演者:成田凌(吉尾和希)、若葉竜也(明石哲也)、浜野謙太(曽川拓(ソース))、藤原季節(田島大成)、目次立樹(水島勇作(ネジ))、高良健吾(藤田欽一)、飯豊まりえ(弘美)、内田理央(曽川愛)、城田優(松岡)、前田敦子(ミキエ)ほか

「ホムンクルス」のネタバレあらすじ結末

ホムンクルスの紹介:2021年日本映画。山本英夫の同名漫画を、日本ホラー界を牽引する清水崇監督が映画化したサイコミステリーです。過去の記憶を失った主人公・名越進が第六感が得られる特殊な手術を受けたことをきっかけに様々な人々の抱える心の闇に触れていく様を描きます。
監督:清水崇 出演者:綾野剛(名越進)、成田凌(伊藤学)、岸井ゆきの(謎の女)、石井杏奈(女子高生1775)、内野聖陽(組長)、伊東茄那(奈々子)、ほか

「まともじゃないのは君も一緒」のネタバレあらすじ結末

まともじゃないのは君も一緒の紹介:2020年日本映画。いま注目度ナンバーワンの俳優・成田凌と清原果耶がW主演を果たした本作は、他人とうまくコミュニケーションがとれない予備校講師と、恋愛に関する知識だけは豊富な頭でっかち女子高生とのおかしなラブストーリー。数学の講師・大野はイケメンなのに相手の言葉をすぐくり返してしまう残念な男。そんな大野にイラッとしつつ恋愛指南をする意識高い系女子の香住。ふたりの噛み合わないハイスピードな会話がなんともクセになる、そんな思わず笑っちゃう映画だ。
監督:前田弘二 脚本:高田亮 キャスト:成田凌(大野康臣)、清原果耶(秋本香住)、泉里香(戸川美奈子)、小泉孝太郎(宮本功)、山谷花純(君島彩夏)、倉悠貴(柳雄介)ほか

「窮鼠はチーズの夢を見る」のネタバレあらすじ結末

窮鼠はチーズの夢を見る(きゅうそはチーズのゆめをみる)の紹介:2019年日本映画。流されやすく浮気性な広告代理店のサラリーマン大伴恭一を演じるのは、関ジャニ∞の大倉忠義。その大伴をずっと想い続けてきた後輩の今ヶ瀬渉を成田凌が繊細に演じ、その視線や佇まいで人を愛することの苦しさを見事に表現している。「失恋ショコラティエ」などで知られる水城せとな原作のBLマンガ<窮鼠>シリーズの2作(「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」)を映画化。監督は「リバーズ・エッジ」や「ナラタージュ」などで知られる行定勲で、2020年は「劇場」に続き2本めの公開作となる。
監督:行定勲 出演:大倉忠義(大伴恭一)、成田凌(今ヶ瀬渉)、吉田志織(岡村たまき)、さとうほなみ(夏生)、咲妃みゆ(大伴知佳子)、小原徳子(井出瑠璃子)、ほか

「愛がなんだ」のネタバレあらすじ結末

愛がなんだの紹介:2018年日本映画。直木賞作家角田光代の恋愛小説を映画化したのが本作です。一人の男を一途に思い続ける主人公テルコ。そんな一途な思いも相手には届かずテルコは都合の良い女として扱われてしまいます。それでも負けじと頑張り続けるテルコの恋愛模様を描いています。
監督:今泉力哉 出演:岸井ゆきの(テルコ)、成田凌(マモル)、深川麻衣(葉子)、若葉竜也(ナカハラ)、江口のりこ(すみれ)、ほか

「弥生、三月 君を愛した30年」のネタバレあらすじ結末

弥生、三月 -君を愛した30年-の紹介:2019年日本映画。『同期のサクラ』『家政婦のミタ』『過保護のカホコ』など数多くのヒットドラマを手がけた脚本家・遊川和彦が自ら監督と脚本を務めた完全オリジナルのラブストーリーです。激動の昭和・平成・令和にまたがる約30年間の3月を背景に、運命に翻弄されながらも一途に互いを想い続けてきた二人の男女の壮絶な人生を描きます。
監督:遊川和彦 出演者:波瑠(結城弥生)、成田凌(山田太郎)、杉咲花(渡辺サクラ)、岡田健史(あゆむ)、小澤征悦(白井卓磨)、岡本玲(太郎の妻)、夙川アトム(教師)、矢島健一(弥生の父)、奥貫薫(弥生の母)、橋爪淳(サクラの父)、黒木瞳(山田真里亜)ほか

「スマホを落としただけなのに2 囚われの殺人鬼」のネタバレあらすじ結末

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼の紹介:2019年日本映画。2018年に人気を博したロングセラー小説の映画化第2弾。あれから数年後、難解な事案を解決した加賀谷にMと名乗る男から挑戦が届く。私活動をめぐっての不具合から放たれ、つかの間の休息を堪能する美乃里のスマホにも新たな魔の手が迫っていた。今作ではバリアフリー鑑賞として音声ガイドや日本語字幕が展開されている。
監督:中田秀夫 出演:千葉雄大(加賀谷学)、白石麻衣(松田美乃里)、成田凌(浦野善治)、鈴木拡樹(笹岡一)、音尾琢真(根岸剛志)、江口のりこ(荒木寛子)、奈緒(安西優香)、飯尾和樹(三宅卓也)、高橋ユウ(神宮寺紗綾子)、ko-dai(野崎隼人)、平子祐希(吉原宏樹)、谷川りさこ(藤井未央)、アキラ100%(西)、今田美桜(丹羽亮子)、田中哲司(牧田英俊)、北川景子(稲葉麻美)、田中圭(富田誠)、原田泰造(毒島徹)、井浦新(兵頭彰)、ほか

「カツベン!」のネタバレあらすじ結末

カツベン!の紹介:2019年日本映画。5年ぶりとなる周防正行監督の待望の新作。まだ映画に音がなかった時代、映画に喋りを乗せて観客を沸かせた活動弁士にスポットをあて、本物の活動弁士を目指す青年の青春と恋模様、泥棒や警察をも巻き込む大騒動を描いた、コミカルで人情味あふれる極上エンターテインメント。オーディションで選ばれた成田凌と黒島結菜をはじめ、周防作品初参加の面々から常連メンバーまで、個性的なキャストが名を連ねる。
監督:周防正行 出演:成田凌(染谷俊太郎)、黒島結菜(栗原梅子)、永瀬正敏(山岡秋聲)、高良健吾(茂木貴之)、音尾琢真(安田虎夫)、山本耕史(牧野省三)、池松壮亮(二川文太郎)、竹中直人(青木富夫)、渡辺えり(青木豊子)、井上真央(橘琴江)、小日向文世(橘重蔵)、竹野内豊(木村忠義)、成河(浜本祐介)、徳井優(定夫)、田口浩正(金造)、正名僕蔵(耕吉)、森田甘路(内藤四郎)、酒井美紀(梅子の母)、ほか

「ニワトリ★スター」のネタバレあらすじ結末

ニワトリ★スターの紹介:2017年日本映画。東京の底辺でマリファナを吸いながら、何も目的もなく自堕落な生活を楽しんでいた楽人と草太。ヤクザの八田に目をつけられたことによって、2人は別々の道を歩むことになります。人間の闇と複雑な心情を様々な映像効果で表現した作品です。
監督:かなた狼 出演:井浦新(雨屋草太)、成田凌(星野楽人)、紗羅マリー(知花月海)、阿部亮平(爬部井学)、LiLiCo(管理人)、鳥肌実(神の男)、津田寛治(八田清)、奥田瑛二(草太の父)、山田スミ子(草太の母)、ほか

「人間失格 太宰治と3人の女たち」のネタバレあらすじ結末

人間失格 太宰治と3人の女たちの紹介:2019年日本映画。2019年7月に『Diner』が公開されたばかりの蜷川実花監督。その『Diner』にも出演していた小栗旬を主役に迎え、『斜陽』『人間失格』を執筆し入水心中に至るまでの太宰治と彼を取り巻く女たちの愛憎を描いた新作が『人間失格 太宰治と3人の女たち』だ。太宰の正妻美知子に宮沢りえ、『斜陽』のモデルで太宰の愛人静子に沢尻エリカ、太宰最後の愛人でともに心中した富栄に二階堂ふみ。三者三様の愛で太宰を癒やし、追い詰める様を、蜷川監督らしい花いっぱいの映像で艶やかに紡ぎ上げる。
監督:蜷川実花 出演:小栗旬(太宰治)、宮沢りえ(津島美知子)、沢尻エリカ(太田静子)、二階堂ふみ(山崎富栄)、成田凌(佐倉潤一)、千葉雄大(太田薫)、瀬戸康史(伊馬春部)、高良健吾(三島由紀夫)、藤原竜也(坂口安吾)、ほか

「チワワちゃん」のネタバレあらすじ結末

チワワちゃんの紹介:2019年日本映画。学生たちの遊び仲間の中心だった通称チワワという女の子が、東京湾でバラバラ死体で発見されました。殺されて当然という報道の中、友人のミキはユーコのインタビューを受け、チワワの事を話し始めました…という内容の1994年の掲載された漫画『チワワちゃん』の映画化です。
監督:二宮健 出演者:門脇麦(ミキ)、成田凌(ヨシダ)、寛一郎(カツオ)、玉城ティナ(ユミ)、吉田志織(チワワ)、村上虹郎(ナガイ)、栗山千明(ユーコ)、浅野忠信(サカタ)ほか

「さよならくちびる」のネタバレあらすじ結末

さよならくちびるの紹介:2019年日本映画。インディーズ・シーンで注目を浴び出したのに、解散を決意した女性デュオ〈ハルレオ〉。ローディー兼マネージャーのシマと三人で、最後のツアーに臨むが…。小松菜奈と門脇麦が歌唱とギターを初歩から学んでハルレオ役に挑む。この映画のために主題歌「さよならくちびる」を秦基博が、挿入歌「たちまち嵐」と「誰にだって訳がある」をあいみょんが提供している。
監督:塩田明彦 出演:小松菜奈(レオ)、門脇麦(ハル)、成田凌(シマ)、篠山輝信、松本まりか、青柳尊哉、松浦祐也、篠原ゆき子、マキタスポーツ、ほか

「翔んで埼玉」のネタバレあらすじ結末

翔んで埼玉の紹介:2018年日本映画。埼玉をディスるがなんといっても埼玉を愛してやまない郷土愛を感じる物語。東京都民に憧れ、埼玉県民ということにコンプレックスを持ちつつも千葉を敵対視して、常に競いあい、埼玉を活性化させ上昇させていくという埼玉愛にあふれたユーモラスな映画です。「パタリロ!」の作者・魔夜峰央の人気マンガを実写映画化。
監督:武内英樹 キャスト:二階堂ふみ(壇ノ浦百美)、GACKT(麻実麗)、伊勢谷友介(阿久津翔)、ブラザートム(菅原好海)、麻生久美子(菅原真紀)、島崎遥香(菅原愛海)、成田凌(五十嵐春翔)、中尾彬(壇ノ浦建造)、間宮祥太朗(埼玉県人の青年)、加藤諒(下川信男)、益若つばさ(おかよ)、武田久美子(壇ノ浦恵子)、麿赤兒(西園寺宗十郎)、竹中直人(神奈川県知事)、京本政樹(埼玉デューク)、ほか

「ビブリア古書堂の事件手帖」のネタバレあらすじ結末

ビブリア古書堂の事件手帖の紹介:2018年日本映画。過去にテレビドラマ化されたこともある三上延の同名ライトノベルを映画化したミステリー作品です。鎌倉の片隅にある古書店「ビブリア古書堂」を舞台に、若き女性店主と本の読めないアルバイトの店員が協力しあい、書籍に関わる様々なミステリーに挑みます。主題歌はサザンオールスターズが担当しています。
監督:三島有紀子 出演者:黒木華(篠川栞子)、野村周平(五浦大輔)、成田凌(稲垣)、夏帆(五浦絹子(過去))、東出昌大(田中嘉雄)ほか

「スマホを落としただけなのに」のネタバレあらすじ結末

スマホを落としただけなのに の紹介:2018年日本映画。志駕晃の同名小説「スマホを落としただけなのに」をリングなどを手掛けた中田秀夫監督、北川景子主演で映画化したSNSミステリー作品です。ごく普通の女性の恋人が偶然にもスマホを落としてしまったことから、スマホの拾い主から監視され、追い詰められていく女性。思わぬ事件に巻き込まれていき、やがて女性の秘められた過去が明らかになる様子を描きます。原作では続編となる『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』が発売されている。
監督:中田秀夫 出演者:北川景子(稲葉麻美)、千葉雄大(加賀谷学)、田中圭(富田誠)、成田凌(浦野善治)、原田泰造(毒島徹)、バカリズム(小柳守)、要潤(武井雄哉)、高橋メアリージュン(杉本加奈子)、酒井健太(大野俊也)、筧美和子(天城千尋)、桜井ユキ(山本美奈代)ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑