ナタリー・ポートマン映画一覧

ナタリー・ポートマンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ポップスター」のネタバレあらすじ結末

ポップスターの紹介:2018年アメリカ映画。銃による犯罪が続くアメリカ。十代の少女セレステは銃撃されるものの奇跡的に助かります。セレステは銃撃事件から立ち直り、歌手として成功しますが、やがて酒に溺れ人生は崩壊します。彼女はマネージャー、姉や娘にも当たり散らしますが、彼らはセレステを見捨てず暖かく励まします。『ポップスター』は、ナタリー・ポートマン主演で、十代の少女セレステの悩みと、成人してもトラブル続きの彼女が悩みを乗り越え、観客を魅了する姿を描いています。
監督:ブラディ・コーベット 出演:ナタリー・ポートマン(セレステ)、ジュード・ロウ(マネージャー)、ステイシー・マーティン(エレノア)、ラフィー・キャシディ(少女時代のセレステ/セレステの娘アルビー)、ウィレム・デフォー(ナレーション)、ジェニファー・イーリー、ほか

「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」のネタバレあらすじ結末

ジョン・F・ドノヴァンの死と生の紹介:2018年カナダ,イギリス映画。成功したアメリカ俳優ジョン・F・ドノヴァン。彼は同性愛や母との葛藤という悩みを抱え、イギリスの11歳の子役ルパートと、その悩みや人生について書いた文通を始めます。やがて、謎の死をとげたドノヴァンについて、ルパートは本を書きメディアの取材に応じ、その謎の死について語ります。『ジョン・F・ドノヴァンの死と生 』は同性愛の俳優といじめに会う子役俳優との心の交友を描いた映画です。映画は成人したルパートと記者のインタビューシーン、ルパートの少年時代を振り返る回想シーン、そしてルパートがドノヴァンから受け取った手紙の内容を語る、3つのシーンで構成されます。
監督:グザヴィエ・ドラン 出演:キット・ハリントン(ジョン・F・ドノヴァン)、ナタリー・ポートマン(サム・ターナー)、ジェイコブ・トレンブレイ(ルパート・ターナー(子供時代))、スーザン・サランドン(グレース・ドノヴァン)、キャシー・ベイツ(バーバラ・ハガーメーカー)、タンディ・ニュートン(オードリー・ニューハウス)、ベン・シュネッツァー(ルパート・ターナー(青年期))、ほか

「アベンジャーズ/エンドゲーム」のネタバレあらすじ結末

アベンジャーズ/エンドゲームの紹介:2019年アメリカ映画。マーベル・コミックの人気スーパーヒーローたちが一堂に集結した一大英雄巨編『アベンジャーズ』シリーズ第4作にして完結編であり、『マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)』シリーズ第22作目であるSFアクション超大作です。「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で、サノスによって人類の半分の命が失われた世界のその後を描いており、生き残ったヒーローたちが力を合わせ、仲間や愛する人達を救うため、最後の決戦に挑む。本作品は2019年公開の全ての映画作品の中でも最重要作品であり、2008年公開の『アイアンマン』から始まったMCUシリーズの集大成にしてグランドフィナーレを飾るに相応しい作品に仕上がっています。なお、本作は『アイアンマン』シリーズおよび初代『キャプテン・アメリカ』シリーズの完結編ともなっています。
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ キャスト:ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク/アイアンマン)、クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)、マーク・ラファロ(ブルース・バナー/ハルク)、クリス・ヘムズワース(ソー)、スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)、ジェレミー・レナー(クリント・バートン/ホークアイ)、ドン・チードル(ジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシン)、ポール・ラッド(スコット・ラング/アントマン)、グウィネス・パルトロー(ペッパー・ポッツ)、ジョシュ・ブローリン(サノス)ほか

「アナイアレイション 全滅領域」のネタバレあらすじ結末

アナイアレイション -全滅領域-の紹介:2018年アメリカ映画。灯台に隕石のようなものが落ちたこときっかけに、シマーという謎の空間が生まれました。そこに多くの人間が調査へと入ったが、戻ってきたのはレナの夫ケインだけでした。夫に何があったのか真相を解明するために調査隊に志願をし、レナはシマーに入ります。そこで待ち受けていたのは・・・。
監督:アレックス・ガーランド 出演:ナタリー・ポートマン(レナ)、ジェニファー・ジェイソン・リー(ヴェントレス)、ジーナ・ロドリゲス(アニャ)、テッサ・トンプソン(ラデック)、ツバ・ノボトニー(シェパード)、オスカー・アイザック(ケイン)ほか

「ビューティフル・ガールズ」のネタバレあらすじ結末

ビューティフル・ガールズの紹介:1995年アメリカ映画。結婚を意識しはじめた世代の男たちが、「本当にこの愛を突き詰めるべきか」と悩む男性目線の恋愛群像劇。豪華な出演陣はもちろん、若きナタリー・ポートマンの美しさは必見。
監督:テッド・デミ 出演者:ティモシー・ハットン、マット・ディロン、ナタリー・ポートマン、ミラ・ソルヴィノ、ローレン・ホリー、ユマ・サーマン、アナベス・ギッシュ、ロージー・オドネル、マイケル・ラパポート、ほか

「ニューヨーク、アイラブユー」のネタバレあらすじ結末

ニューヨーク、アイラブユーの紹介:2008年アメリカ,フランス映画。パリを舞台にした「パリ、ジュテーム」の第二弾で、複数の監督が手がけた短編映画がオムニバス形式でストーリーが展開していく。女優のナタリー・ポートマンが監督の作品も収録されている。
出演:ヘイデン・クリステンセン(ベン)、レイチェル・ビルソン(モリー)、アンディ・ガルシア(ギャリー)、イルファン・カーン(マンスークバイ)、ナタリー・ポートマン(リフカ)、オーランド・ブルーム(デイヴィッド)、クリスティナ・リッチ(カミーユ)、マギー・Q(娼婦)、イーサン・ホーク(作家)、アントン・イェルチン(若者)、スー・チー(中国茶店の店員)、

「水曜日のエミリア」のネタバレあらすじ結末

水曜日のエミリアの紹介:2009年アメリカ映画。略奪婚した女性が、その後の人生で大いに悩み、葛藤し、そして乗り越えていくヒューマンドラマ。ジェニファー・ロペスが降板し、ナタリー・ポートマンが製作総指揮をとり主人公を演じた。
監督:ドン・ルース 出演:ナタリー・ポートマン(エミリア)、スコット・コーエン(ジャック)、チャーリー・ターハン(ウィリアム)、ローレン・アンブローズ(ミンディ)、リサ・クドロー(キャロリン)、ほか

「マーズ・アタック!」のネタバレあらすじ結末

マーズ・アタック!の紹介:1996年アメリカ映画。ある日火星から宇宙船がやってくる。アメリカ大統領デイルは、しゃれこうべのような奇妙な様相の宇宙人を大々的に歓迎するが、彼らの目的は人類のジェノサイドであった!未確認の兵器・宇宙船に次々と都市が破壊されていく中、地球を救ったのは人間のある音楽だった…!?
監督:ティム・バートン 出演:ジャック・ニコルソン、グレン・クローズ、アネット・ベニング、ピアース・ブロスナン、ダニー・デヴィート、マーティン・ショート、サラ・ジェシカ・パーカー、マイケル・J・フォックス、ナタリー・ポートマン、ジャック・ブラック、ほか

「パリ、ジュテーム」のネタバレあらすじ結末

パリ、ジュテームの紹介:2006年アメリカ映画。フランスのオムニバス映画。有名な監督たちがショートショートをつくる。この短い時間の中でそれぞれの監督らしい色々な形の愛を見ることができるのが楽しいです。どの作品が好きなのか語り合うのも楽しいです。1話が約5分で、全18話の構成となっています。

「プラネタリウム」のネタバレあらすじ結末

プラネタリウムの紹介:2016年フランス,ベルギー映画。1930年代パリ。死者と交信ができるアメリカ人のローラとケイトのバーロウ姉妹はヨーロッパツアーのためパリを訪れる。ローラがショーを仕切り、ケイトが降霊術を披露、話題の美人姉妹として順調に稼いでいた。そんな2人の才能に惚れた映画プロデューサーのコルベンは、心霊映画を撮影するために姉妹と契約、自宅へ住まわせる。降霊術で見えないものを見せようとする姉妹と、映画で見えないものを撮ろうとするコルベン。見えないものをどう捉えるかで人生の在り方や人との関わり方が変わってくることをテーマにした作品。ヴェネツィア国際映画祭やトロント国際映画祭でも上映され話題となった作品。
監督:レベッカ・ズロトヴスキ 出演:ナタリー・ポートマン(ローラ・バーロウ)、リリー=ローズ・デップ(ケイト・バーロウ)、エマニュエル・サランジェ(コルベン)、ルイ・ガレル(フェルナンド)、ほか

「ジェーン」のネタバレあらすじ結末

ジェーンの紹介:2016年アメリカ映画。「スター・ウォーズ」シリーズで共演したナタリー・ポートマンとユアン・マクレガーが再びタッグを組んだ西部劇です。主人公の女性と夫、元恋人、そして宿敵のならず者との宿命の愛想劇と対決が描かれます。
監督:ギャヴィン・オコナー 出演者:ナタリー・ポートマン(ジェーン・ハモンド)、ユアン・マクレガー(ジョン・ビショップ)、ジョエル・エドガートン(ダン・フロスト)、ノア・エメリッヒ(ビル・“ハム”・ハモンド)、ボイド・ホルブルック(ヴィック・ビショップ)ほか

「抱きたいカンケイ」のネタバレあらすじ結末

抱きたいカンケイの紹介:2011年アメリカ映画。15年前、林間学校で知り合ったアダムとエマ。二人はその後も何度も偶然出会うことになる。しかし、まったく性格が違う二人の間に恋が芽生えることはなかった。二人が互いに社会人になったある日、アダムはひどく泥酔して気が付くとエマのシェアハウスにいた。そのことをきっかけに体を重ねた二人。アダムはエマに惚れこんでしまうが、エマにとって恋愛とは面倒事。体のカンケイのみを条件に二人はセックス フレンドとなる。
監督:アイヴァン・ライトマン 出演者: ナタリー・ポートマン(エマ)、アシュトン・カッチャー(アダム)、ケヴィン・クライン(アルヴィン)、レイク・ベル(ルーシー)

「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」のネタバレあらすじ結末

ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命の紹介:2016年アメリカ,チリ,フランス映画。アメリカのジョン・F・ケネディ元大統領の夫人だったジャクリーン・ケネディ。最愛の夫の暗殺事件からの4日間、彼女が取った行動とは…。かつてジャッキーの愛称で親しまれた元ファーストレディの知られざる姿に迫った歴史ドラマです。
監督:パブロ・ラライン 出演:ナタリー・ポートマン(ジャクリーン・”ジャッキー”・ケネディ)、キャスパー・フィリップソン(ジョン・F・ケネディ)、グレタ・ガーウィグ(パメラ・ターナー)、ピーター・サースガード(ロバート・F・ケネディ)、マックス・カセラ(ジャック・ヴァレンティ)ほか

「聖杯たちの騎士」のネタバレあらすじ結末

聖杯たちの騎士の紹介:2015年アメリカ映画。成功を収め享楽的な生活に溺れる脚本家リック。だが彼の心は満たされなかった。リックと6人の女たちとの出会いが八つの章――タロット・カードにちなんで名づけられた「月」、「吊るされた男」、「隠者」、「審判」、「塔」、「女教皇」、「死」の七つの章と、第8章「自由」――にわたって、壮大な空、大地、水、そしてロサンゼルスやラスベガスと共に語られる。
監督:テレンス・マリック 出演:クリスチャン・ベイル(リック)、 ケイト・ブランシェット(ナンシー)、ナタリー・ポートマン(エリザベス)、ブライアン・デネヒー(ジョセフ)、テリーサ・パーマー(カレン)、アントニオ・バンデラス(トニオ)

「マイ・ブラザー」のネタバレあらすじ結末

マイ・ブラザーの紹介:2009年アメリカ映画。アメリカ軍、大尉の家族おもいなサムは、あるひアフガニスタンへの派遣を命じられます。そんな正義感の強いサムと正反対の弟のトミーは刑務所から出世しますが、サムの戦死が家族に伝えられます。トミーになにかと世話を焼いていたサムの家族のために、トミーは心機一転手助けをしはじめますが、ある日戦死とされたサムが、まったくの別人のようになって帰還します。
監督:ジム・シェリダン 出演者:トビー・マグワイア(サム・ケイヒル)、ジェイク・ギレンホール(トミー・ケイヒル)、ナタリー・ポートマン(グレース・ケイヒル)ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑